先日、知り合いの編集者たちと大井町へ。
打ち合わせも兼ねた?昼間酒である。

品川区のはずれにある大井町は、蒲田と並ぶ酒飲み天国。
昼間から酒を飲ませる店もいくつかあり、 この東京らしくない雰囲気が好きだ。



この日は昼から4軒もハシゴをしたのだが、
全部書くと長くなるので、 うち2軒のことだけを書くとしよう。
まず上の写真は、アーケード街の蕎麦店「小ざわ家」。
おばあちゃんが一人でやっているが、味は悪くない。



酒は瓶入りの二級酒。
20円高い一級酒は品切れだそうで、この適当さがまた良い。
お通しは、蒲田の鳥万と同じ袋入りの柿ピー。

メニューが無意味に豊富な店でもあり、
短冊に書かれたモツ煮込、みそ田楽の文字に惹かれて注文。
いずれも店構えに比してなかなかイケル。

昼間酒に豪勢なものは必要ない。とても気の利いた肴である。
普段なら、せいろでしめくくるところだが、
冷や麦がメニューにあったので、それで〆た。



次に向かったのは、「肉のまえかわ」。
ここはタダの肉屋ではない。

夕方4時から店内を立ち飲み屋として開放する店で、
コロッケや焼鳥などをつまみに飲めるため、
どこからともなく親父たちが集まってくる。



肉屋のコロッケは旨い。カウンターで注文すると、
食べやすい大きさに切って串を刺してくれる。
芋ついでにポテトサラダも注文。 これにはコップ酒がよく似合う。



店先ではおねえちゃんが、焼鳥を焼いていて
注文すればその場で焼き立てが食べられる。
通りがかる人が、テイクアウトをする様子も見られた。



焼いてもらったウインナーとネギ。
ビールは冷蔵庫から勝手にとる仕組みだ。
通りに面しているので、通行人の視線を
浴びながらの立ち飲みは最高である。

この後、蒲田へ移動して鳥万で〆。 安上がりに美味しく酔えた。