宮城県の塩釜市に立ち寄ってきた。
このあたりは、魚がうまい。とくに寿司で有名とか。
来たからには食っていかねば、とJR本塩釜で降りて、
駅前の「闇市」といわれる商店街へ。

090117-01.JPG

漁港に近い小さな商店街。
トロ箱が積まれ、市場のように魚がどっさり並んでいる。
生ものでなければ、沢山買って帰りたいところだが。

090117-03.JPG

入ったのは、寿司屋の「すし哲」。
先代社長の名前「哲郎」からついたそうで、地元では結構有名な店のようだ。
同じ哲同士、こりゃ縁起がいいということで、入ってみる。

090117-04.JPG

この頑固そうな親方が、現・二代目主人。

回転寿司のような気楽さもいいが、やはり、
カウンターで職人の仕事を眺めながらの寿司は旨い。

090117-02.JPG

下駄のような板ではなく、丸い陶器の皿で
提供されるのが、なかなかお洒落ではないか。
もちろん味の方も絶品である。
魚の選び方からして尋常ではないのだろうなと感じた。