先日、学生時代の友人2人が、静岡から上って来てくれた。
東京や横浜に住む友人らも呼んで関内に集合して迎え、
焼き鳥の老舗・鳥伊勢で飲む。

100811 (1).jpg

この店は伊勢佐木町が本店で、関内と桜木町に支店がある。
今回行った関内店は、一番老舗らしいたたずまいがあって好きだ。
あいにく店の前の道路が工事中で、外観を撮り損ねた。
別の機会に撮って上げておこう。

小上がりの座敷に通され、まずはビールを1杯。
続いて焼き鳥をじゃんじゃん注文する。

100811.jpg

1本あたり200円台と割高だが、
串に刺さった大ぶりな肉は、それぞれ良い味を出している。
つくね、皮が美味。

100811 (3).JPG

とくに、ウズラの姿焼きは珍味で、なかなか他ではお目にかかれない。
頭から足の先まで、形が残っているので、ちょいと残酷な気分にもなり、
1本780円するが、試してみる価値はあるだろう。

隣の器は、鶏スープ。無料かつ、お代わり自由というサービスが嬉しい。

100811 (2).jpg

日本酒(大関)を頼むと、やかんに入れて枡に注いでくれる。
溢れそうなほど、豪快な注ぎぶりが潔い。

4人でたらふく食って、一人5500円と多少高くはなったが、
十数年ぶりに会う友人らを迎えるのだから、やはり美味い店でなくては。
昔、20代前半の頃に行った店の味なんて、たかが知れていたから。

今回女っ気はなかったが、たまには気心知れた男同士で語らうのも良いもの。
美味い酒肴に酔いしれるうち、
さらに人数も増え、2軒、3軒と宴は続いたのであった。



関連ランキング:焼き鳥 | 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅