正月といえば、私が子供のころは店の多くが閉まっていて、街の風景もだいぶ大人しかったものだが、今時分は24時間営業の店が慌しく営業し、それらしい風情も薄く、常とあまり変わらない印象を受ける。

P1050512

外出の途中、上野駅前の喫茶店「ギャラン」で一息つく。正月の上野はさすがに活気があり、多くの人で賑わっている。道行く人の顔もお祭りムードで、好意的な人ごみと言えるかもしれない。

P1050514

そんな中、静かに佇むこの店。店内はかなり広く、ゴージャスな造りだが、どこか昭和らしい懐かしさを覚える。東京では珍しいミックスジュースなんかも置いてあり、いわゆる「昔の上野」を思い出させてくれる貴重な店といえる。 いまは、上野駅もずいぶんと小奇麗になってしまったものだから。

昔の上野といえば。「あしたのジョー」のアニメ版で、丈がドサ回りに出る前に、上野駅で少年とラーメンを喰う回の話があるのだが、あの薄汚れた感じの上野駅が好きである。「男はつらいよ」など、昔の映画などを見ていると、「北の玄関口」である上野駅の出番はかなり多い。あの頃の上野駅に行ってみたい……。

PICT6896

ふと飲みたくなって頼んだものは、ソーダ水。いや、まあ正月で酒ばかり飲んでいるのも飽きたからね(笑)。

P1050519

これが、「ミックス・ジュース」。大阪の喫茶店では定番だが、東京ではあまり見かけない飲み物だ。この店の難点といえば、ドリンクが500~600円する点で、ちょっと値段が高いところかな。まあ、それだけに客層も落ち着いており、「大人の雰囲気」は味わえるが。カレーやスパゲティ、サンドイッチなどの食い物メニューも結構揃っているが、それらはまだ味わっていないので、いずれ食したいと思う。

さて、今年もそれなりに頑張って、ブログを綴っていく所存也。ということで、昔馴染みの人が、どのぐらい見てくれているか分からないが、改めて新年の挨拶をしておきます。もちろん、いつも見てくださっている人や、最近見始めてくださった方も含め、皆様今年もよろしくお願いします。

P1050513

(これは夏に撮った写真。なので、かき氷のPOPが…)