110130 (4)
有楽町駅、東京方面のガード下。通りがかりに、焼き物の油の匂いに惹かれ、ちょいと一杯やりたくなったので、目についた一軒に入ってみる。「もつ焼き」が売りらしき『三喜』なる店へ。

110130 (2)
期待を裏切らぬ、くたびれた雰囲気の店内は、正におっさん酒場。妙に落ち着ける。頭上を電車が通り、頻繁に振動が伝わってくるのも独特の心地。老夫婦が切り盛りしているようで、あんまり愛想はないが、さほど気にはならない。むしろ気楽でいい。

110130 (1)
焼酎お湯割りで体を暖めた後、お代わりにチューハイ。ホッピーやハイボールは残念ながら無かった。つまみは、もつ焼きと冷奴。

110130 (3)
2~3杯飲んでも2000円でお釣りがくる、この良心的な値段に安心。もつ焼きは1皿4本で360円(1本90円)。少し焦げがあったが、この値段なら許せるレベル。次に来たら、「鯨ベーコン」でも頼んでみるか。

110130
反対方向の銀座・日比谷方面にあるガード下に比べ、こちらのほうが入りにくく怪しい雰囲気に満ちていて、それだけに値段も幾分か庶民的でリーズナブル。今後はこちらを開拓してみるか。