110227-09
先日、仕事でふらりと大阪へ行ってきたのだが、難波でうまい店に立ち寄ってきたので紹介しておこう。実は以前、大阪の友人に紹介された店で、中華料理ならぬ、「華風料理・一芳亭」である。大阪で食べるものといえば、たこ焼きとかお好み焼きなどの「粉もの」が多くなりがちだが、中華もどうして侮れぬものがある。それも、気どった本格的な店ではなく、こういう庶民的な雰囲気の店が旨かったりする。

110227-08
昭和8年創業とか。それだけに、店内の様子はご覧の通りで、お世辞にも綺麗だとか広いとはいえないし、内装も極めて無骨。注文を取りに来るオバちゃんたちも、コテコテな地元臭が漂っている。東西を問わずこういう雰囲気は大好きである。

P1320274
一番の名物「しゅうまい」は、5個で310円。玉子入りなので、皮が黄色味がかって、見た目にも美しいのが特徴。関西らしいあっさりとした味で、外側ふんわり、中身の具が肉汁たっぷりで柔らか。白飯と一緒に味わうのもいいが、やはり酒飲みとしてはビールなどとともにちびちび味わいたい。そうやって食べていると、いくらでも口に入ってしまうので怖いのだが…(笑)。
シュウマイといえば、私の地元・横浜も美味しいシュウマイの街として有名で、崎陽軒をはじめ、中華料理屋で割と気軽に食べられるのだが、餃子と違って意外に値段が高い店も多い。その点で、大阪でもこのレベルのシュウマイに出会えたのに感激である。


110227-05
紹興酒を取り寄せて、一緒に頼んだのが「春巻き」(870円)。とりあえず、この店で一番高いものを頼んでみたのだが、オムレツ巻きといった具合の皮の厚さで、見た目もかなりユニークな春巻きだった。味のほうも、しゅうまい同様に申しぶんない。

110227-03
若とり唐揚げ(1220円)。骨付きでパリパリの皮がいい感じだ。2~3人前はあるこの量だから、割高感はない。大と小で100円しか違わないのが疑問といえば疑問か?

110227-04
春巻きと唐揚げは例外的に少しお高いが、ほかのメニューはご覧の通り、庶民的な値段。今回は頼まなかったが、この店は炒め物やスープの味も絶品である。


110227-01
喰った喰った……いや、喰いすぎた(笑)。あ、ちなみに「しゅうまい」はテイクアウトも可能。大阪へ行かれる機会があれば、全力でお勧めしたい店といえる。

華風料理・一芳亭
http://www.ippoutei.com/

関連ランキング:中華料理 | 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅