哲舟の呑む喰う浸かる、歴史に憩う

※歴史をはじめ、史跡・酒場・温泉めぐりの話題などをゆるりと綴っております。リンクはフリーですが、無断転載はご遠慮ください。
※コメントは承認制にしてありますので、掲載を希望されない方は、そのように書いてくだされば幸いです。(哲舟/上永哲矢)

グルメ・呑み喰い処

黒田官兵衛の足跡を追う、城とグルメと温泉たび(4) ~兵庫・番外 編~

2月は短いせいか、なんだか気ぜわしくて毎年あっという間に過ぎてしまう。
前回記してから、またしばらく間が開いてしまったが、先日行った
姫路・鳥取・岡山の旅路からの続きと雑感を上げて、締めくくりとしたいと思う。

IMG_0410+1
岡山であまりのんびり出来なかったのは残念だが、やむなく神戸まで戻って、
そこから、「粉もの」の町、新長田へ。友人に紹介してもらった「ひろちゃん」という店で、念願の明石焼きを食べる。姫路のタコピアで食したのは「明石焼き風たこ焼き」だったので、今度は本当の明石焼きを食べたいと思っていたのだ。やかんに入った出汁を椀に注ぎ、それに付けて食べる、ふんわり柔らかい粉物。地元の人は単に「玉子焼き」と呼ぶ理由がわかる。出汁はそのまま飲んでも上品な薄味で、とても美味しい。

IMG_0416+1
これも関東に居たら、ほとんど食べる機会のない「ソバめし」。焼きそばとご飯を
一緒に炒めるという、ユニークな食い物。それにしても関西人は本当に焼き物、粉物が大好きなんだなあ。食は生活の一部だから、鉄板もまた生活の一部。関東では粉物屋というと、大抵は自分で焼かなければいけないのだが、関西はお店の人が焼いてくれるのも、美味しい理由かもしれない。そのほうが楽に美味しく食べられていい。

IMG_0418+1
そのまま元町のホテルに泊まり、翌朝はホテルに荷物を預かってもらって、
神戸電鉄の粟生(あお)線に、のんびり揺られ「三木上の丸」駅へ。兵庫県三木市別所町にある、とても長閑な駅。あいにくの雨となったが、気にせず向かう。

IMG_0422+1
ここに何があるのかといえば、駅から歩いてすぐのところに、三木城の跡があるのだ。
そう、三木城といえば、秀吉が「三木の干殺し」と呼ばれる苛烈な兵糧攻めを行なったところ。また、竹中半兵衛がこの陣中に没したことで知られる。

IMG_0421+1
こういう絶壁を登ってみると、その昔は堅城だったのだろうな、と感じさせる。

IMG_0475+1
本丸に到着。何もないのかと思ったら、以外に色々な遺構があって、
これは「カンカン井戸」と呼ばれる当時から残る井戸。石を投げ込むと「カンカン」と音がすることから付いた名前だそうだ。鉄柵に覆われ、石は投げられないようになっている。

IMG_0452+1
当時の城主、別所長治の銅像もあった。背後の丘には辞世の句を刻んだ石碑がある。
「今はただ うらみもあらじ 諸人の いのちにかはる 我身とおもへば 」
鳥取城の吉川経家、備中高松城の清水宗治と同様、開城の条件として我が身を犠牲にした義将。これら3名は、もう少し有名になってもいいのではないかと思う。

IMG_0440+1
長治の自刃や、三木合戦の様子を描いた絵の描かれた案内板があった。
ちなみに黒田官兵衛は、この合戦が始まってまもなく、有岡城(伊丹城)で捕らえられ、1年間の幽閉生活を送る羽目になった。助け出された後、官兵衛はこの三木城攻めの陣中に復帰したという。

IMG_0479+1
本丸跡から城下を見下ろす。今回の旅では、秀吉が行なった「三大城攻め」と呼ばれる戦の舞台、
鳥取城(鳥取)、備中高松城(岡山)、三木城(兵庫)を、一度に訪ねることができたのも、これまた嬉しい限りであった。鳥取城と三木城はそれぞれ「渇え殺し」「干し殺し」と呼ばれる過酷な兵糧攻めをかけられ、備中高松城は有名な「水攻め」である。


IMG_0491+1
さて、再び神戸・元町方面へ戻って、近くにある花隈城を見にいく。ここは
荒木村重が有岡城、尼崎城で信長の軍勢に敗れたあと、執念深く立て籠もった城の跡。村重は結局ここでも破れ、毛利家を頼って中国地方へと落ち延びていく。

IMG_0489+1
現在、城跡にはかなりの量の石垣が積まれて天守台が設けられるなど、公園化しているが、
この石垣は当時のものではなく、模擬的に造られたものらしい。荒木村重が逃げた後、これを攻め落とした池田恒興がすぐ近くに兵庫城を築くため、花隈城は取り壊した。いずれにしろ当時はかなり大規模な城だったようだ。

IMG_0551+1
そのまま、神戸の南京町(中華街)へ。春節の催し準備の真っ最中で、程よい賑わい。

IMG_0503+1
南京町に来たからには、名物「豚まん」で有名な老祥記(ろうしょうき)へ。
土日などは行列が絶えない店だが、雨模様で平日の午前中ということもあり、2~3人しか並んでいなかったが幸運だった。

IMG_0502+1
持ち帰る人が多いし、私も今まではそうしてきたのだが、今回は店内で
出来たてをいただいてみることにした。フカフカして旨い。1個90円。これでビールでもあれば最高なのだが、この店は本当に豚まんしか無いのである・・・(笑)。豚まんといっても、一口サイズの小さいものなので、10個も平らげてしまった。

IMG_0541
少し海岸のほうへ歩き、「神戸華僑歴史博物館」をサラッと見学し、海軍操練所の跡へ。
ここは幕末に、勝海舟が築いた海軍学校があったところ。当時、ここに坂本龍馬、陸奥宗光なども通っていた。なかなか面白いモニュメントが建っている。

さて、この旅もそろそろ終わりが近づいてきた。
新神戸駅に出て駅弁を買い、新幹線で帰京。なんとも名残惜しいが仕方ない。

prod_123
ちなみに購入した弁当は、これ。「官兵衛の築城弁当」。
写真がうまく撮れなかったので淡路屋のサイトから拝借した。城型の陶器はなかなか良くできているが、たいそう重くて嵩張るので、持って帰ってくるのに苦労した(笑)。中身は鶏つくね、鶏唐揚げ、きんぴら蓮根、官兵衛焼き印入り卵焼、竹炭薩摩揚げ、菜の花煮、人参煮、かやく御飯。味は普通においしいが、、容器に比べて中身には取り立てて特徴がないかな。

130210-74
官兵衛の弁当は持ち帰ってきたもので、実は新幹線の中で食べたのは、
この「肉めし」(1000円)。淡路屋の主力商品。国産牛のもも肉のローストをサフラン風味のご飯に敷き詰めてある。これ、結構好き。量がやや少ないのと、添え物がしょぼいのは難点だが。関東の駅弁大会とか東京駅の駅弁屋では淡路屋の弁当は売っていないので、なかなか食べるチャンスがない。

P1280868
あと、お土産で買ったものといえばこちら。姫路城の売店にて。官兵衛のお椀方の兜を模した、ぐい飲みだ。実用にするよりも飾っておきたくなる。

P1280883
姫路城のお屋敷庭園の建物玄関に展示されていた官兵衛の騎馬人形。
なかなか精巧に出来ているので、欲しかったけどもちろん売り物ではない・・・(笑)。

とまあ、こんな感じで有意義な4日間の旅でございました。鳥取や岡山は、いずれも随分と昔に行って以来、久しく足を運んでいなかったので、今回は本当にいい機会だった。またいつでも行きたいものだ。

P1280996+1
最後に1枚。太閤ヶ平(秀吉本陣)から見た鳥取城。

KOBE三国志ガーデンを初訪問! 神戸関帝廟も3年ぶり参拝。

130210-78
先週、兵庫県は神戸市の新長田という街にある、KOBE 三国志ガーデンを訪ねてきた。
写真は、駅前にある鉄人28号の巨大像。漫画家・横山光輝氏の出身地でもあることにちなんだものだ。

神戸には何度か行っているにも関わらず、なかなか立ち寄る機会がなかったのだが、
このたび関西出張のついでに足を延ばし、やっと訪ねることが出来た。

折りよく、同じく仕事で神戸に出張中の伏竜舎さん、
わざわざこの日のために東京からきた、おさっちさんと合流し、同行とあいなった。
また幸運にも、現地在住で新長田の三国志イベントにも関わっていらっしゃる、
あきよんさんに道案内をしていただけることになった。地元の方がいてくれると本当に心強い。

130210-39130210-57
新長田は、阪神大震災で甚大な被害を受けた街で、そのためにさまざまな町興しに取り組んでいる。
「三国志」をテーマとした展示施設の整備やイベント開催などを数多く行なってきたが、
その取り組みのひとつが、商店街全体による三国志、横山光輝ワールドだ。

130210-40130210-48
商店街のアーケードには、延々と横光三国志の人物の垂幕が下がっている。
50音順で最初は伊籍、最後は魯粛だった。さすがに阿会喃(あかいなん)は無理か(笑) 。
新長田の商店街は、初訪問なのにどこか懐かしかった・・・。
平日の昼間のせいか、人の姿は少なかったし、シャッターが下りている店も目立ったが、
これは新長田のみならず、他の多くの地方商店街にもいえることではある。

130210-45130210-49
商店街のあちこちに、三国志の人物をかたどった石像、街の人々が扮した看板がある。
石像は孔明、劉備、曹操、孫権、周瑜、関羽があるが、なぜか司馬懿だけは胸像が・・・(笑)。

130210-32
そして、商店街の中ほどにあるのが、KOBE 三国志ガーデン。
2年前にオープンした、三国志演義ミュージアムだ。

内部にある「ジオラマ館」では三国志の名場面の数々を人形で再現した、リアルなジオラマや、
映画「レッドクリフ」で使われた実物の小道具などが展示され、オリジナルアニメの上映室など
なかなかに見せてくれた。正直、ここは国内の三国志関連施設では右に出るものはないほどの
充実度で、たいそう感心させられた。

P2070423
ジオラマ館の正面は庭園になっていて、京劇のお面が壁にはめ込まれていた。
休日は、休日だけオープンする体験館で衣装を借りて撮影などができるようだ。
ただ、体験館、交流館とも平日は開いておらず、見学できなかったのが残念。

このご時世、常時開館はなかなか難しいのかもしれないが、
わざわざ東京から来たのに・・・という思いをしたのは事実だ。

また、今回せっかく現地に行くのだからと、このミュージアム設立の発起人ともいえる
英傑群像」の岡本氏に予めメールを送って訪問を知らせていたので、挨拶してきた。
私も関東の三国志イベントには関わる機会が多いだけに、
東西の三国志ファンの架け橋の契機をつくる良い機会かと思ったのだ。
今回はご多忙とのことで、ほんの数分の立ち話程度で
込み入った話はできなかったが、一応お会いできただけでもよしとするか。

神戸には、関羽を祀る「関帝廟」や、中華街「南京街」があって、
しかも港町という点で、私の故郷である横浜とも大変よく似た街といえるが、
「三国志」を前面に押し出した取り組みという点では神戸に一日の長がある。

しかし、ゆくゆくは横浜や東京でもこういう三国志ミュージアムや
三国志フェス」をさらに発展させたビッグなイベントを開き、
東西の三国志ファンが一体となった活動ができれば最高だと思う。
今回の神戸訪問はそのための勉強、視察を兼ねたものでもあった。

130210-35
ミュージアムの向かいには、ギャラリーがあって、ここでも三国志にまつわる
さまざまな展示物を見ることができた。さまざまなメディアの歴史を示した三国志年表、
趙雲の騎馬像などが無料で見られる施設で、さまざまな三国志グッズも販売している。

BClrWZ3CUAA5zxO
私が購入したのは、この「曹操の贈り物」絵皿。1050円也。ひと目で気に入った。
ちょうどこのぐらいの大きさの皿が欲しかったのもあって・・・(笑)

130210-41
昼食は、お好み焼き。店名は司馬・・・ではなく、「志ば多」。

P2070393
新長田は「粉もん」がうまいことで定評のあるので、
ぜひ食べたいと思っていたら、あきよんさんがいい店に案内してくれた。

京都でもそうだったが、関西は店の人がちゃんと丁寧に焼いてくれるから、いい。
東京のお好み焼き店は、自分で焼く店が主流で、それはそれで楽しいのだが、
せっかく金を払って注文するのだから、プロに焼いて欲しいのである。
写真に映ってる焼きそばは食べなかったが、これをオムレツで包んだやつが、また旨そうで・・・。

130210-42
牛すじ焼き、ぶた、貝などノーマルのお好み焼きが500円からと値段も良心的。
私は、せっかくなので名物と書いてあった「三国志焼き」(850円)を注文。
こんなふうに、新長田では「三国志メニュー」を置く店が何軒か存在するようだ。
三国志焼きなので3つに切ってみた(笑)。具はえび、いか、牛すじ。
大阪風と広島風の中間といった口当たり、いい焼き加減、ふくよかな食感でうまい。

130210-30130210-55
なおも商店街を散策。なぜか店先で三国志グッズを売るお茶屋のおじさんとの会話を楽しんだり、
作業服店なのに孔明の壁画がある店をひやかしたりした(笑)。
新長田は人情味があって、ちょっとまったりしてて、三国志抜きでも魅力的な街だ。

130210-77
あと、街を歩いていると、あちこちに三国志の「ゆるキャラ」の絵があったが・・・
これはイラストレーターで三国志仲間でもある明加(はるか)さんの絵。

P2070426
名前が出ているわけではないが、誰の絵なのかは見慣れていることもあってすぐに分かる。
看板やグッズはおろか、自販機やUFOキャッチャーの機械にまで絵が入っていて・・・
これって凄いことではなかろうか?と、改めて感服した次第である。

130210-59
新長田を後にして元町方面へ向かい、神戸関帝廟に参拝。やはり聖地ははずせない。

130210-62
親切なタクシー運ちゃんにシャッターを押してもらって記念撮影。

P2070469
関帝廟参拝の後、そのままタクシーで南京町(中華街)へ。
週末に春節が控えているだけあって、正月飾りがにぎやかだった。

130210-63
南京町とくれば、豚まんの「老祥記」である。

130210-64
1ヶ90円の小さな饅頭。いつも行列しているが、ふだんは並ぶのが嫌いな私も、
ここの饅頭なら、少し並んでも買いたいと思う。相変わらずジューシーで旨かったなぁ。

130210-69130210-70
その後は、三ノ宮まで20分ほど歩いて、四川料理店「長江」で打ち上げ。
ここは3年前に私がひとりで利用した店で、当時は南京町にあったが最近、三ノ宮に移転したらしい。
辛い料理と紹興酒に舌鼓を打ち、東西の三国志好き(といっても西はあきよんさん1人だったが)
同士、杯を交わし、交流談義に華を咲かせ、時間ぎりぎりまで楽しんだのであった。

本当に楽しいときはあっという間に過ぎる。
もう2日ほど居られれば良かったのだが、なかなかそうもいかない浮世のつらさ(笑)。
後ろ髪をひかれる思いで三国志兄弟3人、神戸を後にしたのであった。

忍城のまち行田で、足袋(たび)の工場を見学してきた。

121211-17
映画 「のぼうの城」で、にわかに脚光を浴びている、埼玉県の行田市。
石田三成が水攻めにしたとされる、忍城跡があることで有名な街だ。

去年、ここを訪れて忍城や、ゼリーフライの日記を書いたときはあまり反応がなかったが、
今年は映画の影響で、かなりの人が同記事を検索して観に来てくれているらしい。

121211-08
まだ訪れていなかった、丸墓山古墳にも行ってみた。石田三成が本陣を置いたところである。
山といっても古墳だから大した高さではないが、それでも街を一望する眺めは素晴らしい。
当然、忍城の戦いがあった頃とは様変わりしているが、往時を偲ぶには絶好のスポットといえる。

121211-01
さて、今回の目的は何かというと、レキシズルのIT奉行・小松さん(左)のお招きにより、
足袋(たび)の工場を見学させてもらいに来たのである。
そう、行田は日本一の足袋の産地。今でも国内シェアの8割をまかなっているとか。
右にいらっしゃるのが、「後藤足袋有限会社」の後藤安男さんで、この道40年の社長さん。

121211-02
さっそく、工場の中に入れてもらうと、職人さんたちが一所懸命、足袋作りに精を出していらした。

121211-18
皆さん、まさにベテランといった風格。我々にとって、初めて見るような機械を
器用に使いこなし、それぞれの工程で作業に没頭している。機械はドイツ製のものだそうだ。
この工場は後藤社長のお父さん、お兄さんと続いてきて、約70年の歴史があるとのこと。

121211-16
若奥さん風の人も、しゃきしゃきと手を動かしている。
細かい説明は省くが、ここでは全9工程の作業が行われていた。

121211-20
レキシズルスペースで使われている、ポップ足袋は受注生産の特注品のため、
通常の白い足袋の合間をみて、注文された数だけがつくられている。
ひときわ異彩を放つデザインの柄足袋だが、実に手際よく完成されていく。
一通り見ていたが、1足あたり15分もかからなかったのではなかろうか?

121211-03
完成の図。この工場では、1日にだいたい1000足ほどが生産される。
1ヶ月あたりで2万~2万5千も作るとか。今の時代、日常的に足袋を履く人は少ないが、
それでも、この小さな工場で、そんなに作られているのを聞くと、すごいなあと思う。

日本の伝統文化、そして、それを作る職人さんたち、どちらも本当に素晴らしい。
こういう現場を見ると、我々も日本文化を守っていかねば・・・と強く思う。

121211-10
いやあ、良いものを見せてもらった。
ちょうど昼時なので空腹を満たしに、小松さんの案内で、うどん屋に入る。
「奥秩父」という名前の、手打ちうどん屋。地元では割と有名らしい、民家風の店だ。

行田といえば、やっぱり「ゼリーフライ」や「フライ」がすぐに思い浮かぶが、
実は先週も来てそれは食べているので、
さすがに違うものが食べたくて、うどん屋に入ったのだ。実は埼玉は、うどん処なのである。

121211-13
「きのこ汁うどん」の大盛(700円)を注文した。もりうどんにして、麺の食感を楽しむ。
つけ汁は熱くて、きのこがタップリと入っている。他に肉うどん、鴨南うどんがある。
写真でお分かりのように、不揃いの太さの麺は、きしめんを思わせる。まさに手打ちならでは。
しっかりとした弾力があって、箸が進むこと・・・。

蕎麦は置かずに、うどんだけで勝負しているのが素晴らしい。
フライといい、うどんといい、小麦粉料理が伝統的なのは、米が貴重だった時代の名残なのだろうな。

121211-04
棟方志功が愛したことで有名な、「十万石まんじゅう」の本舗、ふくさやにも立ち寄り。

121211-05
おなじみの「十万石」の焼印の代わりに、のぼうの城の登場人物らの名が刻まれた商品もあった。
こういう商品で地元が盛り上がるのは良いことである。

121211-07
秩父鉄道の「行田市駅」に到着。改札の横にも、のぼう様のパネルが・・・(笑)。
この日は久しぶりに時間ができたので、このまま秩父へと電車に揺られて行ってみることにした。
とりあえず、今日はここまで。続きはまた。
 

たこ料理専門店の「タコ小屋」(田町)で、タコ三昧の晩餐

P1180415
JR田町駅の南口(芝浦側)に、3月下旬からオープンした「タコ小屋」を訪問。
名前のとおり「たこ料理」の専門店である。
タコの干物がぶら下がっていたり、トロ箱をかついだ店員が歩いていたり、
店内は、なかなかの活気に満ちている。

12041009 12041008
写真のタコのカルパッチョ、タコ・ハイボールをはじめ、
たこのアラビアータ、たこのメンチカツ、大粒たこ焼き、たこ飯などなど、まさにタコ尽くしのメニュー。

12041004
店内の水槽には、タコがゆらゆら泳いでいたりして。
タコ以外にも、サザエやホタテ、ハマグリなど新鮮な貝類が駕籠をにぎわす。
どれもまだ動いているし、生きている。

12041005
それをジュージューと、網焼きでいただく。磯の香りが漂って食欲をそそる。
北海道ほか、各地から仕入れたもので、鮮度良好。
熱々のホタテにバターを落として食べるのがまた香ばしくて・・・良かった。
牛タンやソーセージなど、タコ以外のつまみも色々ある。

1204101112041003
もちろん、タコも焼いて味わえる。真だこ、飯だこ、水だこ、手長だこと4種が盛られた
「焼きたこたこ」は、店員のお姉さん方が焼いてくれた。彼女たちは「タコガール」という。
ノリも愛想もいいので、タコガール目当てに通う客もいるのではないかな?

12041006
海の幸がおいしいので、「日本酒が欲しいなあ」と言っていたら、
お勧めの日本酒をもってきてくれた。播磨の酒だそうだ。
純米酒で、刺身にも焼き物にもよく合う。

12041001
あと、明石焼き(玉子焼き)も、フワフワした食感、出汁との相性がよく、おいしかった。
明石焼き、個人的に好物なので、ときどき食べたくなることがあるのだが、
東京にはあまり食べさせてくれるところがないので、重宝したい。
「たこ焼き」もメニューを見るとあるようだから、粉物メインに食べに行くのも良さそう。 

「たこ料理」だけをこんなに食べたのも初めてで、それだけで満腹になってしまうという貴重な店。
値段はそこそこ。一通りたくさん飲み食いして4000~5000円ぐらいだろうか。
店内は開放的な造りなので、静かに飲むよりはワイワイガヤガヤしたい人に向いている。

繁華街としての魅力に乏しい田町という立地はやや難点だが、
タコが嫌いでなければ、話の種にもなるし、足を運んでみるのもいいだろう。

関連ランキング:居酒屋 | 田町駅三田駅芝浦ふ頭駅

煮込み・やきとん・ワインの組合せがおいしい大衆酒場「山利喜」

09
江東区森下。清澄通りと新大橋通りがまじわる森下交差点近くには、
池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」にも、ひんぱんに登場する「二ツ目橋」(二之橋)が架かる。
昭和の中ごろまで、この一帯はドヤ街だったところで、今も下町の風情が色濃い。

13
そんな街の歴史を、古くから見守ってきた店が「山利喜」。
創業は大正14年(1924)、すでに三代続く大衆酒場である。
「やまりき」という店名は、創業者の山田利喜造の名前からとられたようだ。

25
歴史ある店ということで、もっと古びた感じだと思っていたが、意外にも5階建てのビル。
2009年に建物老朽化のために建て替えたそうで、すぐ近くには3階建ての新館もある。
もっと昔から知っていれば・・・と一瞬悔いたが、中に入ると新しさの中にも老舗らしい気品と風情が漂っていた。

22
この店一番の名物は、「煮込み」(580円)。煮込みにしては高価な値段ながら、
運ばれてきたものを見ると、素焼きの皿にぎっしり乗った大ぶりのモツが、
まだグツグツと音を立てて煮えており、妙に納得してしまう。

なんでも、ツユは40年継ぎ足しで使っているとか。
野菜や豆腐はなく、肉だけが入った煮込みは純粋に肉と脂の味を堪能できる。
毎日6時間煮込んでいるだけあって、プリプリとして軟らかく、口の中でとろける感覚。

味付けは八丁味噌系。かなり脂の多い部位を使っているので、脂っこい。
脂ギッシュなので、個人的にはもう少しあっさりしているほうが好みだが・・・これはこれで美味しい。
そんなことを言いつつ、一皿ではあきたらず、お代わりをしてしまった(笑)。

24
店のほうでも推奨しているのが、ガーリックトーストと(3切れ300円)一緒に味わう食べ方。
肉をトーストにのせてもいいし、煮込みの残り汁に浸して食べてもいい。これまた美味しい…。
こういう脂っこくて、体に悪そうなものほど美味しさを感じるのはなぜだろう・・・(笑)。

じつに新鮮な味わいだ。
3代目主人はもともと、フレンチの職人だったから、こういう粋な組み合わせができたようだ。

18
だから、豚肉と鶏レバーのテリーヌ(800円)とか、
春キャベツとクルトンのサラダ(500円)など、欧風のつまみも何種類か出している。

14
肉や洋食に合うものといえば、ワインである。1本3200円から、ちゃんと揃えてある。
煮込みに赤ワインなんて、普段はあまりやろうと思わないが、いざ試してみると、これがいける。

02 04
もうひとつの名物が「やきとん」だ。1本150円から。まず良心的なお値段。
かしら、しろ、がつ、たん、軟骨など10種類ほどあり、いずれもしっかりとした歯応えと味付け。
やきとんには、ワインよりもやはり焼酎などのほうがしっくり来る。

「伝説」というオリジナルの麦ボトル(900ml 3000円)があった。
程好い麦の風味が飲みやすく、ワインとともに空にしてしまったのは言うまでもない(笑)。

創業者は太平洋戦争でなくなり、店も焼け、先代(2代目)主人は、バラックから店を建て直したという。
建物や雰囲気は新しくなっているが、そうした歴史のある店は、やはりどこか違うなと感じた。
開店前からちょっとした行列ができる人気店だから、お訪ねの際は予約するか開店直後に駆け込むべし。

この店、昔いた会社の上司の行きつけであり、
10年近くぶりにお会いして一緒に飲んだのだが、とても気持ち良く酔うことができた。

関連ランキング:居酒屋 | 森下駅清澄白河駅菊川駅

 

食べログの投稿、50軒突破。お店選びの参考になれば・・・

去年の暮れあたりから、グルメサイトの「食べログ」へ
気に入った飲食店を中心に、口コミ(レビュー)をポツポツと投稿している。

先ごろ、レビューした店舗数が50軒を超えたので、
ご興味のある方は、私のユーザーページを覗いてみていただきたい。

ご覧の通り、大衆酒場に居酒屋、B級レストランに食堂、歴史ある喫茶店など、
ディープな店が大半だ。なにせ、私の好みですから・・・(笑)。
このブログで紹介済みの店のほか、未紹介の店も一部載せている。

「食べログ」は、近ごろ業者によるレビューの「やらせ疑惑」などが話題にのぼったりして、
マイナスのイメージもあるが、ユーザーによる純粋な書き込みか、
宣伝目的の「やらせ」かどうかは、よく内容を読んでみればだいたい分かるものだ。
今は運営側でも相応の対応をしているため、露骨なやらせは目立たなくなったように思える。

店の紹介を見ていると、点数の高低に注目が行きがちだが、
点数は個人の主観的なものだから、あくまで目安にしかならないと思う。
客と店との相性の問題もあるし、最終的には「自分が行ってみて」感じるしかない。

現在までの、私のスタンスとしては気に入らなかった店は載せていない。
原則として、大体★3.5以上の気に入った店を投稿しているが、
もちろん人によって「合わない」と感じる店もあれば、それ以上に気に入る店もあるだろう。

それを念頭において利用すれば、「食べログ」は、
店えらびの参考になるし、なかなか面白いサイトだと思う。

まあ、私も自サイトで8~9年前ほど前から飲食店のレビューページをやってきたが、
多くの店を訪問しているにもかかわらず、HTMLの更新は手間がかかるので、
すっかり更新も止まってしまい、なんとかしなければ・・・と思っていたところでもあった。

備忘録も兼ね、「食べログ」という便利なものを利用しない手はないかな・・・と感じた次第である。

それにしても・・・50軒投稿するのは、かなりの手間がかかっているのだが、
上には上がいるというか、投稿数500軒とか1000軒を超えるヘビーユーザーもザラだ。

いったい、どのぐらいの時間をかけているのか。
ヘビーユーザーの「食べログ」にかける情熱、恐ろしくもなってくる・・・

自分は無理せず背伸びせず、まずは100軒を目標にコツコツやっていきたいと思う。
100軒を超えると名前が濃く表示され、多少は点数への影響力も出てくるみたいだし。
載せるネタはあるのだけど、なにしろ時間が、ねえ・・・。

読者の方で、「食べログ」にアカウントをお持ちの方は、ぜひ教えてください。
相互に、お気に入り登録でもしあおうではありませんか。

未登録の人は、読む専門でもお気に入りの店を登録できるし、
これを機にSNS感覚で、アカウント作ってみるのも面白いと思います。

食べログTOPページ
哲坊のレビュー集
 
プロフィール
Special link バナー
ドラマ曹操公式ブログ

歴人マガジン

三国志TKオフィシャルブログ

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ