浅間模型 製品情報

草軽電鉄の車両を中心とした、“信州の鉄道模型屋” を目指すガレージキットメーカーの製品情報。

PA131596

PA131594


10
1314日、大田区産業プラザにて開催された、日本鉄道模型ショウに参加しました。
今回は、Rail Classic様のブースにお邪魔させて頂きました。
当日はたいへんたくさんの方が見えられて、熱心に見ていく方、昔を懐かしむ方など、
おはなしもはずみました。
次回もお店を出せるよう、頑張りたいと思います。

 本来順番が逆なのですが、写真の隅に写っている、“伊香保軌道線 電車化パーツ” も準備中です。


引き続き、直販は行いますので、どうぞご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

930日に開催された、第14回 軽便鉄道模型祭に参加しました。

今回は、同じOナローの浜頓模型部様との共同出店でした。

あいにくの天気でしたが、たいへん多くの方に見ていただくことができ、お褒めの言葉も頂きました。


次回、浅間模型は、10月13・14日開催の日本鉄道模型ショウに出店いたします。
(Classic Rail 様ブースでの販売になります)
ご来場の際は、是非ともご覧ください!。


草軽電鉄 ホハ10型(Oナロー 1/48  16.5㎜ゲージ)
ご要望の多かった塗装済み完成品を、極少量ですが再生産いたしました。  

キット:¥24,000(税込会場特価)、塗装済完成品:¥63,000です。

P8191405

 

PA021589-1

Oナロー 1/48 16.5 ㎜
草軽電鉄
 ホハ10   真鍮製トータルキット
(台車・車輪・インレタ入り)
発売中!  ¥ 24,000-(税別)

塗装済完成品もご用意しております。(再生産)
 ¥ 60,000-(税別)
※ 2回目生産分は、屋根をグレーに塗装しております。
  今回も極少量の生産ですので、お求めはお早めに。

お問い合わせ・ご購入希望の方は下記メールまでご連絡下さい。 折返しご案内いたします。
mitsuwado@shore.ocn.ne.jp


の度は浅間模型のブログに来店していただき、心より感謝いたします。

今回、発売になります草軽電鉄の客車、ホハ10型をご紹介させていただきます。
実車に関しての記事はこちらになりますので、併せて是非ご覧ください。

P7191326

P7011307使用
機関車とつなげてみれば、気分はもう浅間高原…   (機関車は参考です:念のため)

この独特な雰囲気を醸し出す木造の車両の雰囲気を模型で再現するために、屋根の形状や外釣りのドアなど、形状には非常に拘りました。
車体は、エッチングした0.4ミリ真鍮板で構成します。前作のホヘ19型同様、“コ” の字に折り曲げた2ピースを交互に付ける、という方式にしました。これにより、車体を簡単に歪みなく箱状にすることができます。

屋根は、両端側が櫛形に抜けたエッチング板にRをつけて作ります。
また、この車両を特徴づける外釣りのドアは、開閉できるように工作することも可能です。もちろん室内のディティールもあります。
完成後の出来栄えを大きく左右する、車体表記のインレタも入っていますので、ご安心下さい。
 

P6301281
新規製作の軸距離25.5㎜ アーチバー台車
車輪はKedeeの12.7㎜径車輪(もちろん同包)

P7191328

そしてこの模型のために、今回新たにロストワックスのアーチバー台車を新規で製作いたしました。

草軽電鉄の客車や貨車はのほとんどは、ホールベース1220ミリ、という長いアーチバー台車で、そこには610ミリ径の大きなプレート車輪が付いていました。
つまり、この“ばかでかい”ともいえる台車と車輪(スケールにすると、それぞれ25.5ミリ/12.7ミリ)が、この車両の大きな特徴といえましょう。
車輪はKedee製を同封しております。
これによって、草軽の付随車としては初めのスケールモデルを実現しました。
Oナローというサイズから、その存在感を是非お確かめください。

P7011305

P7191341
室内も手は抜いておりません。

発売は、8月を予定しております。

ナローガレージ様でお取扱いいただいておりますが、8月17~19日に東京ビックサイトで開催される、国際鉄道模型コンベンションに城東電軌様と一緒に参加する予定で、そこでもお取り扱いいたします。
ガレージキット、という性格上、製作数は多くはありませんので、購入をお考えの場合はどうぞお早めに。
また少量ですが、塗装済み完成品もご用意いたします。こちらの価格はまだ未定です。


お問い合わせ・ご購入希望の方は、下記メールまでご連絡下さい。
折返しご案内いたします。
mitsuwado@shore.ocn.ne.jp


↑このページのトップヘ