しゃしんてん

北軽井沢観光協会の協力をいただき、この秋、わたし(小林)の主催で草軽の写真展を開催することになりました。
期間は9月10日(日)から24日(日)まで、会場は群馬県長野原町北軽井沢、そこに保存されている草軽の旧駅舎で、デキ12型の原寸木製模型が目印です。
内容は、草軽が通った軽井沢町・長野原町・嬬恋村・草津町の4町村のうちの長野原町部分に限定したもので、北軽井沢の情景が中心になっています。

ご周知のとおり、国境平の北で群馬県に入ってから、スイッチバックの二度上を通り、栗平・北軽井沢・吾妻・小代を過ぎて、嬬恋の手前までが、この長野原町を通る部分です。その間距離約20㎞、標高1300m近い高原地帯から吾妻川近くまで下りてくるその標高差は400m。ここを走る電車の車窓は変化の連続で、浅間山に抱かれた厳しくも美しい高原風景でした。

今回、竹中泰彦・田中一水・宮松丈夫(写真提供:宮松慶夫)の各氏のご好意を得てその珠玉の作品の数々を、未発表のものも多く含めて展示いたします。
そこには廃止間際とはいえ、デキ12型に引かれた列車が生き生きと走ります。また電車だけではなく、各駅の雰囲気や人々の表情などが57年の年月を超えて蘇ります。

 
北軽井沢へは車だと、軽井沢から白糸の滝経由・星野温泉経由、共に約30分。
電車の場合は、JR軽井沢駅から草軽交通のバスで30分。 また、渋谷から北軽井沢を経由して草津温泉へ行く高速バスが1日4往復運行されていますので、これも便利です。
詳細は上記のパンフレットをご覧下さい。
わたし(小林)は、土・日・祝日には会場にいる予定です。またその時にはわたしの拙い模型(Oナロー)も併せて展示させて頂く予定です。

確かに “近くて便利な場所” ではありませんが、あれこれ理由を付けてでも是非足をお運び運下さい。お待ちしております。

〈鉄道青年〉