2005年08月16日

代打日記 ジーパン

ジーパン1 

 

 

 

おい。Tetsuharu。

お前、最近ブログ更新してねえな・・・・。

 

 

ジーパン2

 

 

 

 

オイ!

どうしたっつうんだよ!なんとか言えよぉ!

Tetsuharu よぉ!

なにぃ?仕事が忙しくて帰ってくるのが遅い?それでSWGにIN出来ねえ?最近は短時間でも1人でも何とか遊べる別ゲーに手を出してる?ブログも更新できねえ?

フザケンナ!

お前はそれでいいかもしれねえ!だがな!お遍路はどうする?!どうするんだよ?!ああ、そんなもん誰も見てねえよ。誰も見てねえがお前、自分でやるっていっ・・・・・・ムグッ!?!??

 

 ジーパン3 

  

 

 

あ・・・・・・・・・。

 

な・・・・・・・・・。

 

ジーパン4

 

 

 

 

ゆうこリンでぇーっす!

 

 

 

ジーパン2

 

 

 

 

お前、今、俺が「なんじゃこりゃーっ」って言うと思ったべ?!なぁ?思ったべ?!

ザマミロ!バーカ!バーカ!

 

 

ジーパン5

 

 

 

 

あ、、やべ。

ボーっとしてきた・・・。熱あるかもしんねー。

 

 

 

オイ。

一つだけ聞かせろ。

お遍路・・・SWG・・・やる気あんのか?

 

そうか。やる気マンマンか・・・・。

ああ、SWGにはチョクチョクINするのか・・・。

 

・・・で、お遍路はどうするんだ?

 

再開の目処がついたら、このブログ上で告知するのか・・・・・。

 

そうか・・・・。分かった・・・・・・。

 

 

ジーパン6 

がんばれよ・・・・。

 

 

 

 

ジーパン5

 

 

 

 

あと、ヒエピタ買って来てくんない?

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 23:37Comments(5)TrackBack(0)代打日記

2005年08月03日

<遍路の豚>3日目〜4日目<帝国軍アウトポスト→帝国vs反乱同盟 戦場→ナシャル>

皆々様のご協力を得、拙僧は順調にお遍路の行程を進めさせていただいているので御座います。まことにありがたいことで御座います。
 
今回はと申しますと、帝国軍アウトポストを出発し、まずは 帝国vs反乱同盟 戦場を目指して参ります。
 
 

お遍路 3日目 1ログインいたしますと、目の前に拙僧とそっくりな装束に身を纏われたお方がいらっしゃいました。拙僧は見ず知らずのお方であるにも関わらず反射的にお靴をお舐めしたのでございます。

ひとしきりお靴をお舐めした後、今回の旅の趣旨等を説明させていただき、是非チャットチャンネル「OhHenro」をご覧くださるようお願い申し上げたので御座います。

このお方はその旨快諾してくださり、その後拙僧の醜態を見守ってくださっていたようで御座います。励ましのお言葉まで頂戴し、わたくしめはうれしさの余り涙と失禁で池をこしらえた程で御座います。

お遍路 3日目 2今回もRago様が同行してくださいます。

ありがたいことで御座います。

Rago様の大きなお背中に向かい、合掌。

 

お遍路 3日目 3案外と最初の目的地である戦場は近こう御座いました。

拙僧はてっきり、地上戦の戦場であると勝手に思い込んでいたしだいで御座いますが、意表をついて、空中戦だった様でございます。ボマーが数機、AT−AT一機、その他の残骸などが散らばっておりました。

この中にいらっしゃるであろう、帝国軍様のパイロット様のご冥福を祈り、更に先へと歩を進めて参ります。

 お遍路 3日目 4

Pinga様とも合流。合掌。

 

 

 しばらく進みますと、またしてもあの不思議な感覚に見舞われたのでございます。

あのお方の香り。あのお方の息遣い。

あのお方が近くにいらっしゃる・・・・。

その様な妄想に再び取り付かれてしまい、拙僧が腰が抜けたようにその場に座り込もうとしたその時。

お遍路 3日目 5轟く銃声。拙僧の体を貫く弾丸。

−この痛みは幻ではない−

ひっくり返りざまに山の上のほうを見上げたのでございますが、拙僧ははっきりと視野の片隅にあのお方の姿を捉えたので御座います。

Daxter様だ!!

心の優しいDaxter様の事でございます。

この様な惨めな豚をいっそ屠殺して下さろうとしたので御座いましょう。なんとお情け深い方で御座いましょうか!

しかしながら、この豚。無駄にしぶとう御座います。現に今、こうして生き恥を晒しているので御座います。ああ、Daxter様が頭を狙って下さっていたのなら・・・・・!

お遍路 3日目 6

Daxter様はこの様な謎の置き土産を残して去っていってしまわれました・・・・。

ああ・・・。

 

 

お遍路 3日目 7なんとか気を取り直し、更に数キロ進んだところでキャンプを張り、3日目を終えたので御座いました。

 

 

お遍路 4日目 14日目。

ログインいたしますと、驚くべきことにそこには既にPinga様が!

更に間をおかずにMondaru様までおいでになりました。ああ!幸せで御座います!

 

お遍路 4日目 2更にRago様とも合流し、本日のお遍路の旅を勧めて参ります。

 

 

 お遍路 4日目 3

程なくして激しい雨。

この雨はこれからの旅の何かを暗示しているのでございましょうか。

 

お遍路 4日目 4何事も無く、数キロ、ホテホテと歩を進めて参りますと、Quen'gno(顕如)様とおっしゃる高名な僧侶様が合流して下さいました!なんと心強いことで御座いましょうか!

早速お靴をお舐めします。(写真見づろう御座いますが、お靴をおなめして差し上げているところで御座います)

 お遍路 4日目 5

目的地、ナシャルが次第に近づいて参ります。

すると、プレイヤーシティーを発見いたしました。早速空き巣に入ります。

 

その時、なんとDaxter様がお越し下さいました。今回はただ普通に一行の前へと姿をお著しになったので御座います。わたくしめは狂喜乱舞したので御座いますが、他の皆様に優しく羽交い絞めにしていただいた後、なにやら注射を打って頂き落ち着きを取り戻したので御座います。

お遍路 4日目 6

あるお宅の一室を無断でお借りし、休憩。

すると、Daxter様。

「今日はメッセージを届けにきた」

との事で御座います。

そのメッセージとやらを受け取ります。

 

お遍路 4日目 7

セキュアトレードの中にはこの様なものが・・・。

 

 

「さらば」と言い残し、Daxter様は去っていかれました。

Daxter様。拙僧は、この豚は幸せで御座います!!

お遍路 4日目 8

更に歩を進め、草むらを掻き分け外に出ますと、目の前に現れ出たるはナシャル。今回の目的地で御座います。

 

 

お遍路 4日目 9実は当初より、ナシャルに到着したならば、レースに参加しようと決めていたので御座います。早速レースドロイド様に話しかけレーススタートで御座います。

今回は一切ビークルを使わずにレースを行うことと致しました。

お遍路 4日目 10

ひたすら川の中を進むレースでございます。

顕如様は足がつったとお叫びになられました。大丈夫で御座いましょうか?

 

拙僧は実況をすべく、チャットチャンネル「OhHenro」に発言をしていたので御座いますが、その時ふと疑問が。

他の同行してくださっている皆様もチャットで会話をしておられます。にもかかわらず話しておられる間も進んでおられる。片や拙僧はといいますと、発言するたびに足が止まるのでございます。それは当然の事でございます。なぜならば、拙僧は(拙僧に限らず殆どの方が)両手でタイプするので御座います。おのずと手はマウスからまたは、矢印キーから離れるので御座います。

ドンドン突き放されていく拙僧。

思い余って聞いてみたので御座います。何故皆様は進みながら会話できるのでございますか・・と・・・。

NumLockを押すとオートラン。

耳を疑う言葉が返ってまいりました。

拙僧は、拙僧はコレまで何をしていたので御座いましょうか。指もつぶれよとばかりにマウス、または矢印キーを押したい放題。しゃべる際には指を離したい放題。とまりたい放題。バカ丸出し放題。よだれ鼻水出し放題。

無知で御座います。余りに無知で御座います!

お遍路 4日目 11

余りに突き放されてしまった為、この豚は「泳いでいこう」という暗黙の了解を無視し、卑怯にも丘に上がりバーストランを敢行したので御座います。

 

 

お遍路 4日目 12

結果、なんと皆様をごぼう抜き。不遜にも1位でゴールインしたので御座います。

なんと卑怯な豚で御座いましょうか。なんと醜く性根の腐った豚で御座いましょうか。

 

なにはともあれ、約45分間泳ぎ続け、なんとか全員無事完走させていただき、本日のお遍路、コレにて終了で御座います。

 

次回はナシャルを出発し、失われしデュプリンの村を目指して参ります。


<再掲>

  チャットチャンネル「OhHenro」をよろしくお願いいたします!

Japan-Katana > Chat-public > OhHenro

コチラにて、お遍路の様子を実況いたしております。画面に余裕のある皆様は、是非画面の片隅に、このチャットタブを展開していただき、拙僧の無様な旅の模様を嘲笑して下さいまし!

なお、発言は自由。応援して下さるなり、罵って下さるなり、全く無関係な雑談もOKで御座います。拙僧の在、不在に関わらずご自由にお使い下さいまし!


告知

「男掘廖〆週土曜日 8月6日 22時頃より撮影再開

先週日曜日、予定通り撮影をいたしましたが、まだまだシーンが足りないので御座います。途中参加全く問題御座いません。お暇な方は是非ご参加下さいまし!

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 23:38Comments(6)TrackBack(0)遍路の豚 でございます

2005年07月31日

<遍路の豚> 2日目 <失われしアクアリッシュ主戦派の洞窟→帝国軍アウトポスト>

今回は失われしアクアリッシュ主戦派の洞窟を後にし、帝国軍アウトポストを目指して参ります。
 
洞窟を脱出し、順調に北東へと歩を進めて参りますと、本日もまたOsy様が応援に駆け付けて下さったので御座います。

お遍路 二日目3

 

 

 

 

さらにJimny様、Mondaru様、Rago様も応援に駆け付けて下さいました。

 お遍路 二日目4

 

 

 

お遍路 2日目5

皆様。誠に有難う御座います。拙僧は、いえ、この豚は、この旅が終了した暁には、皆様の前で見事腹を掻っ捌きこのご恩に報いたいと思う所存で御座います。

それまでに運営の皆様にご尽力いただき、/seppuku を完成させていただきとう御座います!(これまでにも何度、「/seppuku」とタイプし、「はあ、まだ実装されないのでございますか・・・。」とひとりごちた事で御座いましょうか!)

 

さらにしばらく進んで参りますと、目的地帝国軍アウトポストまで300mといったところにプレイヤーの集落(プレイヤーシティーではなさそうでございました)を発見いたしました。我々は早速パブリック設定の家へ無断進入をし、どうやらこのあたりに住むプレイヤーの殆どが、内装品などから察するに、活発に活動を現在もされているアクティブなプレイヤーらしいということが分かったので御座います。

アウトポストにSPが有り便利であるとはいえ、このような辺境の地にお住まいになる方がこれ程大勢いらっしゃるとは。

お遍路 二日目6

 

 

 

 この付近で、またしても拙僧は幻覚を見たので御座います。

何処からとも無く聞こえるビークルの音。姿はみえねど、身に覚えのあるパンチの感触。ふうわりと漂う芳しきあのお方の香り。

拙僧が周りを見渡したときには、そのビークルの音は遥か彼方へ・・・・。

やはり幻覚で御座いましょう。修行が足りないので御座います。

 

そして、ようやく目的地、帝国軍アウトポストへと到着いたしました。

聞けば、ココは帝国所属の方にとっては、パイロットのトレーナ様がいらっしゃるとかで、比較的なじみの深い場所であるそうなので御座いますが、反乱軍所属の拙僧にとりましては、この様な場所があることすら今回初めて知ったという次第で御座います。無知無能の豚でございます。お遍路 二日目7

このアウトポストの形状は米国のペンタゴンとそっくりで御座います。

 

 

 今回もまた、皆様のお力添えにより、無事日程を終了することが出来たので御座います。誠に有難う御座いました。

お遍路 二日目10無断で宿舎に泊まりこむ図々しい豚でございます。

次回は帝国vs反乱同盟 戦場を経由し、その後レーストラックを目指し、参加などしてみたいと考えておる次第で御座います。

 


お遍路終了後、以前公開チャットディベートにてご一緒させていただいたjacob様のいらっしゃるH鯖へご挨拶に伺ったので御座います。

どういうわけか無一文の拙僧のために、わざわざ先方様より、お仲間とご一緒にお越し下さいました。大変申し訳のう御座います。なんと迷惑な豚で御座いましょうか。

さらに皆様には、殴る、蹴る、火をつける等の暴行を加えていただき、この豚は大変幸せで御座いました!

 

jacob様と、そのお仲間の皆様にぶっていただいているところで御座います  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 14:33Comments(2)TrackBack(1)遍路の豚 でございます

2005年07月29日

<遍路の豚> 初日 <デアリック→失われしアクアリッシュ主戦派の洞窟>

お遍路 初日1
 テイラス・デアリック。
拙僧はこの辺境の街をスタート地点に選んだので御座います。
 
殆ど訪れたことの無いこの地は、この豚めのお遍路スタートの地として、この上なくふさわしいように思えたので御座います。
 
幸いにもチャットチャンネル「OhHenro」を見守って下さる方の人数は拙僧の予想を遥かに上回っており、拙僧は感謝のキモチで打ち震えながら、お遍路第一歩目を踏み出したので御座います。
 
最初は薄暗く、気色の悪い惑星に思えたこの地も、太陽が照り始めるに従い、美しい景観へと変わってまいりました。

お遍路 初日2

 そうこうしておりますと、なんとお仲間のOsy様が応援に駆け付けて下さいました。

Osy様はこのまま初日の目的地の洞窟までお付き合い下さったのでございます。

身に余る幸せ。大変ありがたい事でございます。

 更にしばらく歩を進めますと、遠くからビークルの音が近づいてまいりました。そして何処からとも無く拙僧をぶってくださったのでございます。しかし、一向にお姿がみえません。そのままビークルの音は遠ざかっていってしまったので御座います。

あのパンチの感触は身に覚えが御座います。あのパンチは・・・Daxter様・・・?

いやそんなはずは御座いません。拙僧の妄想および願望がそのように思わせるだけで御座いましょう。

まだまだ修行が足りませんが、お遍路は始まったばかりで御座います。これからこの薄汚れた心を清めて参る所存で御座います。

お遍路 初日3

  

 

 

 

巨大な亀などを横目に更に歩を進めて参ります。

お遍路 初日4

 しばらくしますと、なんとMondaru様がお遍路装束に身を纏い、応援に駆け付けて下さいました。

感謝の言葉も御座いません。ありがたいことで御座います。

さらにJimny様、Pinga様にもお越しいただいたので御座いますが、この豚畜生めは不覚にも(そもそも拙僧などが生まれてきてしまった事自体が「不覚」なので御座いますが・・)SS撮影を失念してしまったので御座います。

ぶって下さいまし!

強く!もっと強く!

ああん!

 

・・・失礼をいたしました・・・。まだまだ邪念が多いようで御座います。

 

お遍路 初日5

目的地、失われしアクアリッシュ主戦派の洞窟へと到着いたしました。

応援に駆け付けてくださった皆様。OhHenroを暖かく見守ってくださった皆様。心の中で拙僧を口汚くののしってくださった皆様。

そんな皆様のおかげで、無事初日の目的を果たすことが出来たので御座います。

このPOIはバッジがもらえるという情報を得ておりましたので、一応皆様とご一緒に中へ入り、特に強いNPCも居なかった為、たやすくバッジを得ることが出来たので御座います。

 お遍路 初日6

特にバッジ以外に獲得できる物はなさそうで御座いましたので、この場にて皆様にお礼を述べさせていただき、そのままログアウト。

お遍路初日はこの様にして無事終了したので御座いました。

 

次回は、失われしアクアリッシュ主戦派の洞窟を出発し、帝國軍アウトポストを目指す予定で御座います。


 チャットチャンネル「OhHenro」をよろしくお願いいたします!

Japan-Katana > Chat-public > OhHenro

コチラにて、お遍路の様子を実況いたしております。画面に余裕のある皆様は、是非画面の片隅に、このチャットタブを展開していただき、拙僧の無様な旅の模様を嘲笑して下さいまし!

なお、発言は自由。応援して下さるなり、罵って下さるなり、全く無関係な雑談もOKで御座います。拙僧の在、不在に関わらずご自由にお使い下さいまし!


<再掲> 

有志の皆様。今週日曜日 7月31日 20時頃 KraytCrossカンティナ へ集合下さいまし!

「男掘彁1萄導で御座います!

参加自由で御座いますので、どなた様も振るってご参加下さいまし!出来ましたら、このブログのコメント欄か、InGameにてTell、またはMailにて参加の旨をお伝え下さると助かるので御座います(衣装の都合がございますので・・・)。

またご不明な点などございましたら、同様に、コメント欄、TellまたはMailにてご遠慮なく質問して下さいまし!

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 22:51Comments(4)TrackBack(0)遍路の豚 でございます

Katana 夏祭り '05 ムービー完成で御座います

ようやく先日の夏祭りのムービーが完成いたしましたので、取り急ぎアップさせていただく次第で御座います。
 
 
右クリックにて保存していただき、ご覧下さいまし!
 

 お遍路企画 <遍路の豚>第一回 は多くの皆様のお力添えにより、無事終了いたしました。道中記は明日の記事にて報告させていただく次第で御座います。
引き続き、チャットチャンネル「OhHenro」をよろしくお願いいたします!
  

2005年07月28日

明日7/28、お遍路企画−遍路の豚−開始予定でございます

明日より、拙僧はお遍路の旅へと出発いたす予定で御座います。

若干の企画変更が御座います。

よくよく考えて見ますと、寺院と名の付くPOIはヤヴィンに数箇所、ダントゥーインに一箇所程度しか御座いません。これでは少なすぎてお遍路の意味が無いのでございます。

そこで、各惑星数箇所ずつPOIを巡礼することにしたので御座います。

初回は、惑星「テイラス」のデアリックから出発し、以下のルートを通る予定で御座います。

スタート惑星 テイラス ルート図でございます 

 

 

 

 

是非、お暇な方はチャットチャンネル「OhHenro」を開いていただき、拙僧の見苦しい旅の実況を聞きながら嘲笑して下さいまし!

 

あるお方より、励ましのメッセージを頂いております。

菅直人様で御座います

 

「がんばれ!」

 

 

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 00:28Comments(0)TrackBack(0)遍路の豚 でございます

2005年07月27日

銀河の豚−新章突入でございます−遍路の豚

わたくしめはここ最近、非常に大きなジレンマを抱えているので御座います。

わたくしめはこれまで、豚の分際でありながら戦闘職をさせていただいて参ったので御座いますが、エンターティナー、特にダンサーへの憧れが日に日に募って参ったので御座います。衆人の見守る中、この薄汚い姿で、世にもみっともないダンスをご披露し、嘲笑されたい!石を投げつけられたい!そんな思いにとり付かれてしまったので御座います。

かといって、戦闘職に未練が無いわけでは御座いません。不浄な豚であるわたくしめ等と狩へ同行して下さった皆様の優しさを忘れたわけではないので御座います。

このジレンマは先日の素晴らしきイベント「夏祭り(現在、夏祭りのムービーを鋭意製作中で御座います。しかしながらログイン時間不足の為、少々難航しております。しばしお待ち下さいまし)で、エンターティナーの皆様の素晴らしきパフォーマンスを鑑賞させて頂いたときに更に強まったので御座います。

わたくしめは居ても立っても居られなくなってしまったので御座いますが、以前のわたくしめであればこのような時、クレイトドラゴン様に殺していただく等して素晴らしき絶頂感を得ることで、それを忘れようとして参ったのでございますが、今回わたくしめは心を入れ替えたので御座います。

わたくしめはある決意をいたしました。

「そうだ!お遍路の旅に出よう!お遍路の旅で心を清め、正しい結論を導き出そう!」

お遍路 出発の決意をするわたくしめでございます

Daxter様がご好意で譲ってくださったお遍路衣装に身を纏い、わたくしめはそう決意したので御座います!

 

 

 

 

 

■「遍路の豚」・・・企画概要

 ○ 四国八十八霊場になぞらえ、ギャラクシー内に点在する寺院を基本  的に徒歩で巡礼

 ○星間移動時は当然ながら船を使用

 ○着陸地点は、敢えて寺院のPOIから遠いところを選択する

 ○一時中断の際は、ビークル使用可。再開時に中断地点までビークルで戻り、そこから再び徒歩で巡礼。

 ○巡礼中にMobなどに殺害された場合は専用チャットチャンネル「OhHenro」後述にて殺害された旨を報告。偶々見ていた方が蘇生しに来てくれるのを待つ。誰も来てくれなかった場合は最寄のクローンターミナルへ。そこからお遍路再開。

 ○専用チャットチャンネル「OhHenro」にて、ログイン時、ログアウト時、死亡時、寺院到着時、現在地、何かあった時その他もろもろの実況を行う。

 ○専用チャットチャンネルは、Japan-Katana > Chat-public > OhHenro

お暇な方、画面に余裕のある方は是非「OhHenro」タブを画面上に展開していただき、わたくしめの馬鹿な旅を見守って頂きとう御座います。

更にお暇な方は、お遍路の旅に少しの間同行して下さると(聞いてくだされば、現在地をお教えいたします)心強う御座いますし、待ち伏せしていただいてぶってくださると更に嬉しゅう御座います。

チャットチャンネルは、発言自由で御座いますので、励ましのお言葉、わたくしめに対する罵声、雑談、猥談等していただけると嬉しゅう御座います。わたくしめが不在の際も、ご自由にお使いいただいて構いません。

参考といたしまして、わたくしめのログイン時刻は22:00から24:00頃が多く、プレイ時間は1〜2時間といったところで御座います。

お遍路の旅は、明後日7月28日頃開始予定で御座います。

 


追加告知!有志の皆様。今週日曜日 7月31日 20時頃 KraytCrossカンティナ へ集合下さいまし!

「男掘彁1萄導で御座います!

参加自由で御座いますので、どなた様も振るってご参加下さいまし!出来ましたら、このブログのコメント欄か、InGameにてTell、またはMailにて参加の旨をお伝え下さると助かるので御座います(衣装の都合がございますので・・・)。

またご不明な点などございましたら、同様に、コメント欄、TellまたはMailにてご遠慮なく質問して下さいまし!

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 01:26Comments(8)TrackBack(1)遍路の豚 でございます

2005年07月16日

うぉっるるらぁあ!長渕だぁあ!

うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ!

 

 

 

 

 

 長渕

「うぉっるるらぁあああ!長渕だぁ!

今日はTetsuharuの野郎が代打日記書いてくれっつうからヨォ、まぁ正直アンマリ乗り気じゃねえんだが、どうしても準備かなんかで忙しくってブログ更新デキネェからって頼まれちまってヨォ。んじゃ、仕方あんめぇって事で引き受けちまったんだよな。」

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

 

哀川

「英二さん。おひさしぶりです。」

 うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ!

  

 

 

 

 

長渕

「うぉっるららららぁああああ!ツネじゃねええかあぁ!英二もツネも役名だが関係ねえやなぁ!ツネぇ!」

 

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

哀川

「もちろんッスよ。英二さん。

ところで、さっき英二さんがおっしゃってた、Tetsuharuの忙しい準備ってぇのは一体なんッスか?」

 

うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ! 

 

 

 

 

長渕

「オゥ。それなんだがな。何でもアイツ、またムービーを撮りたくなったらしいんだ。」

 

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

哀川

「エェ?それってもしかして「男掘廛奪垢?アイツまだそんな血迷ったこと言ってやがるんっすか?くっだらねえ豚っすねぇ。アイツ。」

 

うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ! 

 

 

 

 

長渕

「くぅうぅおるるるっらぁああ!ツネェェェエエエエエ」!

 

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

哀川

「うぎゃっ!い、痛テェ!痛テェッスよ、英二さん!なんで殴るんっすかぁ!」

 

 うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ!

 

 

 

 

 

長渕

「アノナァ、ツネェ。

豚も豚なりに真剣なんだ。確かに完成したムービーは見るに耐えねえかも知れねぇ。臭くって臭くって吐き気がするかも知れねぇ。

だがな、その臭さは、あの豚野郎の本気の証なんだよ。アイツの魂なんだよ。

その魂を、男の魂を、金玉よりも大事な男の魂をヨォ、踏みにじるような事を言うやつはオレァゆるさねえゾ?ナァ、ツネヨォ。」

 

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

哀川

「え、英二さん。最高ッス!やっぱ英二さん最高ッス!

俺が、俺が間違ってましたぁ!」

  うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ!

 

 

 

 

 

長渕

「ヘッヘッヘッへ。ナァに。分かればいいんだヨ。ツネ。」

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

 

哀川

「ハイ!

ところで英二さん、その撮影っつうのは、いつやるんっすか?」

 

うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ! 

 

 

 

 

長渕

「おう。それなんだがな。

なんでも急に仕事の都合が付いたらしくてな。明日らしいんだ。詳しくは

日時:7月17日(日)20:00 

場所:KraytCrossカンティナ(Tatooineからならドコからでもシャトルで行けます)集合

参加資格:特にナシ。ダンススキルも特に必要なし。もちろん高スキルダンサーも歓迎。男性募集。女性も若干名ならば受け入れ可能。

っつう事らしい。」

 

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

哀川

「英二さァん。それいくらなんでも急過ぎませんか?人集まらないんじゃないッスか?」

 

 うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ!

 

 

 

 

 

長渕

「まぁ、アイツもそれを心配してたなァ。」

 

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

哀川

「じゃあ、俺も出てやろうかな?くっだらねえムービーでもアイツの魂ッスからね!」

 

うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ! 

 

 

 

 

長渕

「オゥ。いい事言うじゃねえか。ツネ。それでこそ男だぁ。」

 

 

哀川翔ッス

 

 

 

 

 

哀川

「へへへ。照れるッスよ。

あ、じゃあ、英二さんもムービー出ますヨネ?」

 

 

 うぉるるぅっらぁあ!長渕だぁあ!

 

 

 

 

 

長渕

「絶対ヤダ。」

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 22:44Comments(9)TrackBack(0)代打日記

2005年07月13日

お役立ちマクロで御座います

これまでにも何度と無く申し上げておりますとおり、わたくしめは知能の低い豚でございます。このブログは、その豚が書いたブログでございます。それゆえ、このブログは全く読む価値の無い、実用性に乏しい代物となっておるので御座います。それどころか読み進むに従い、吐き気、めまいを催すお方もいらっしゃる事で御座いましょう。ああ、わたくしめの様な豚は死んだ方が良いので御座いますし、この様なブログは閉鎖した方が良いので御座います。

しかしながら、豚とて哺乳類のはしくれ。人様のお役に立ちたいと常日頃考えているのは事実なので御座います。

そこで今回は、わたくしめが普段用いている大変有用なマクロをご紹介させていただこうと思うしだいで御座います。

◇まずは、わたくしめがライフワークとしております、敬愛するお方のお靴をお舐めする行為を、潤滑に行う為のマクロで御座います。

靴舐めマクロ

 

<使用例>

 

ストームトルーパー様をお舐めしておりますキャッシークでも舐める事しか能が無いのでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストームトルーパー様の死骸をおなめしております シスシャドウ様をお舐め致しております 

 

 

    

 

 

    <靴舐めマクロ応用例>股間舐めマクロ股間舐めマクロ2

 

◇これも非常に使用頻度の高い「ぶって下さいましマクロ」で御座います。

敬愛するお方に、ぶって頂きたくなった際に、スムーズにぶって頂ける非常に汎用性の高いマクロで御座います。

ぶって下さいましマクロ

 

<使用例>

 

ぶって下さいましマクロ使用例ぶって下さいましマクロ使用例その2

 

 

 

 

 

また、きっていただいておるのでございます

Angstrom様にライトセイバーできっていただいておるのでございます。

 

 

 

 

 

 スクイル様にぶっていただいているところでございます

 

 

 

 

◇最後に、比較的最近作成いたしましたマクロをご紹介いたしたいと存じます。

名づけて「パンツフラッシュ」マクロで御座います。

高速でパンツを履き替え、パンツをチカチカさせて相手の目をくらますという、非常にPvPにおいて効果を発揮すると思われるマクロで御座います。

まず、以下の写真のようにファンクションキーにパンツを登録して下さいまし。

パンツフラッシュ

 

無事に登録できましたら、以下のマクロを組んでいただきたいので御座います。パンツフラッシュマクロ*注 pantsの部分には、このマクロにつけた名前を入力して下さいまし。

*注2 toolbarPane03 toolbarSlot00 ナドの数字の部分には、(上部のツールバーの番号−1)の数字を入力して下さいまし。

 

 

これで、延々とパンツを履き替え続けるので御座います。

PvPの目くらまし用としてだけではなく、エンターティナーの皆様の演出などにも非常に有効にお使いいただける可能性を秘めた、我ながら非常によいマクロであると自負しております。

是非、皆様におかれましては、日常的に以上でご紹介差し上げたマクロを有効に御活用いただき、有意義なSWGライフを送っていただけますことを祈念致しまして一本で締めさせていただきたいので御座います。

イヨーッオッ!

 

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 00:01Comments(2)TrackBack(0)お役立ち情報

2005年07月10日

銀河の豚プロローグで御座います

銀河の豚 プロローグ (←クリックにてご覧になれます)をFlashにて作成したのでございますが、出来ることならばコレを上部のタイトル画像と入れ替えたいのでございます。画像の差し替え方法ならば、なんとかこの豚にも分かるので御座いますが、物がFlashとなりますと、途端に手も足も出なくなる知能の低い豚で御座います。
もし、Flashをタイトル部分の画像として使用する方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さいまし。
 
 
百姓一揆スタイルでございます  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 22:05Comments(6)TrackBack(0)豚紹介でございます

2005年07月07日

容姿の素晴らしい方は何を着ても似合うので御座います。

そこかしこを徘徊して回る癖のあるタチの悪い豚であるわたくしめにも、どうやら帰巣本能の様な物は他の哺乳類並みには備わっているようで御座いまして、その日も異臭を放ちつつ、KraytCrossのカンティーナへと戻ってまいったので御座います。
多くのシティーがそうであるように、KraytCrossにおいても、カンティーナはお仲間の溜り場になっているので御座います。
ところが、わたくしめがカンティーナに戻った時には、RedeyesLee様しかお見えになりませんでした。
RedeyesLee様はAFKダンス中で御座いまして、わたくしめはウットリとそのダンスを眺めていたので御座いますが、ふと、
「RedeyesLee様に、パンツを被せたら、非常にキュートなのではございますまいか?」
という考えがわたくしめの脳内を占拠してしまったので御座います。青天の霹靂とも申すべき、このパンツアイデア。
わたくしめは、興奮のあまり呼吸困難になりながらも、震える手でどうにかこうにか履いているパンツを脱ぎ去り、そーっと細心の注意を払いながら、RedeyesLee様の御尊顔にそのパンツを被せたので御座います。

容姿の素晴らしいお方は何を着せても似合うもので御座います

 

ああ!なんと凛々しいお姿で御座いましょうか!エラの張っていないスマートなお顔、耳の辺りに垂れ下がる逞しくも繊細なレクー。それらはあたかも、パンツを被るためにRedeyes様が産まれてきたことを証明しているかの様でございました。

 

 

しばらくRedeyes様をウットリ眺めていると、Osy様がお戻りになりました。そして一言二言発した後、Osy様もリセキされたので御座います。

わたくしめは迷わずOsy様にもパンツを被せることにいたしました。

 

やはり容姿の美しいお方は良くお似合いになりますやはり容姿の優れたお方は何を着せても似合う物で御座います。

 

 

 

 

 

わたくしめも、幼い時分に母親に

「アンタは何を着せても似合うわねー」

と褒められていい気になっておった記憶があるのでございますが、それがとんでもない間違い(母親という物は、わが子が豚であろうとやさしい物なので御座います)であるという事に、自分もパンツを被ってみて気づかされる羽目になってしまったので御座います。

 

豚は何を着ても似合わないのでございます

 

ああ!醜い!なんと醜い豚で御座いましょうか!

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 00:27Comments(2)TrackBack(0)愛おしき殿方

2005年07月05日

ミュージックバトンなるものがこの豚にも回ってきたのでございます。

header
 
 
 
 
 
 
ミュージックバトンなるものが、この豚の手元にも回ってきたのでございます。回して下さったのは、Konatsu様でございます。大変結構なものをまわしていただき、この豚めは、この醜い豚めは喜びの余り、みっともなくも失禁いたした次第でございます。ズボンの裾を伝って流れ出る小便の温かみをクルブシのあたりに感じつつ、早速質問に答えてさせていただくのでございます。
 
■Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
 
18.5MB 
 
比較的最近(豚の分際で)買い換えたパソコンでございますので、いくらも入って御座いません。お恥ずかしい限りで御座います。文化と言う物をまるで理解しない知性の低い豚で御座います。
 
■Song playing right now (今聞いている曲)

 
特に何も聞いていなかったので御座いますが、質問に答えられねば腹を切ってお詫びせざるを得ないのでございます。豚畜生と言えど命は惜しゅうございますので(腹を切る行為そのものには大変興味があるのでございますが)、あわてて音楽をかけることにしたので御座います。
とりあえずパソコンに入っている数少ない曲の中から適当に一曲かけてみると、流れてきたのは
 
ポリスストーリー/香港国際警察(ジャッキーチェン)
 
でございました。
 
■The last CD I bought (最後に買ったCD)
 
本日、ちょっとした理由が御座いまして、衆人の冷ややかな視線を浴びつつCDを2枚買ってまいりました。最後に買ったCDという事ですので、後から手にとった方をご紹介させていただきます。
 
C-C-B Romanticが止まらない Remix Version
 
でございます。表題のとおり、Romanticが止まらないのリミックスバージョンとオリジナルバージョン、リミックスバージョンのカラオケ、オリジナルバージョンのカラオケ、LuckyChanceをもう一度のオリジナルバージョン、カラオケなどが収録されているのでございます。言わずもがなではございますが、Romanticが止まらないのオリジナルバージョンに用が有ったのでございます。
 
■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 
数多くあるので御座いますが、とりあえず思いついたものを羅列させていただきたいのでございます。
 
Little Wing /JimiHendrix
 
Think /Aretha Franklin
 
21st century schizoid man(邦題:21世紀の精神異常者)/King Crimson
 
Always on the run /LennyKravitz
 
Why does it hurt when I pee? (邦題:なんでションベンすると痛いんだろう?) /Frank Zappa
 
■Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
5人と書いてありますが、とりあえず以下のサイトに回させていただきたいと思う次第で御座います。
 
コヤブカズトヨ様、レイザーラモン(住谷様&出渕様)様のユニット、「ビッグポルノ」様のサイトで御座います。
 
レス、いただけるので御座いましょうか・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 23:59Comments(4)TrackBack(2)豚紹介でございます

2005年07月04日

TetsuharuMatsuoka第二回監督作品「男供彜粟でございます

Angstrom様にライトセイバーできっていただいておるのでございます。

 

 

 

 

 

この度、兼ねてより当ブログにて告知させて頂いておりました、TetsuharuMatsuoka第二回監督(豚の分際で!)作品「男供廚完成いたしましたので、ご連絡差し上げるしだいで御座います。

下に直リンクを貼って御座いますので、右クリックにて保存していただき、ご覧下さいまし。

今回、13名もの方々に協力をしていただき、豚は豚なりに、男というものの素晴らしさを、このムービーにてほんの少しだけでも皆様にお伝え出来たのではないかと自負しておるしだいで御座います。

どうぞ、目の毒かとは存じますが、一度ご覧下さいまし!

TetsuharuMatsuoka第二回監督作品「男供

↑UP先にてファイルを削除されて御座いましたので、別のサーバーにUPしなおさせていただいたので御座います。

  

2005年07月02日

TetsuharuMatsuoka第二回監督作品「男供彁1胴霖里任后2隆櫃任后

歌丸です

 

先日道を歩いておりましたら犬が居たので蹴飛ばしました。歌丸です。

Tetsuharuの野郎が本日のムービー作成の準備で忙しいということで、代打日記を頼まれました。歌丸です。

なんでも、本日の集合場所は、KraytCrossのカンティーナに決定したとか。TatooineのいずれかのSPよりシャトルで行けるそうです。集合時間は昨日の告知どおり20時からの予定ですが、なにぶん監督がTetsuharuの阿呆ですので、ダラダラと撮影しておると思われます。お気になさらず遅刻してくださって結構です。歌丸です。

今のところ、Clubの面々が7,8名程参加予定のようです。まだまだ募集しておりますので、現地集合でも結構です。奮ってご参加下さい。移動しておる場合が考えられますので、一度Tetsuharu宛にTellなどを頂き、ご確認下さい。歌丸です。

 昨日の晩、白身魚を食べたら骨が喉につかえ、大変痛かったので、家内を蹴飛ばしました。歌丸です。

 

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 23:50Comments(3)TrackBack(0)代打日記

告知ッス!小野妹子ッス!

小野妹子ッス!ウッス!小野妹子ッス!遣隋使ッス!
 
俺が隋に行っている間に、Tetsuharuのやつったら、調子に乗ってやがるんッスよ。
なんかSWGのムービーの次回作を作るとか豚のクセに意気込んでやがって、告知ムービーを作るのが忙しいとか言いやがって、俺に代打日記頼みやがったんっすよ。
 
俺ムカついちゃって。カチーンときたッス。マジで。普通だったら殴るとこッスよ。
でもね、アイツ、ああいう趣味っショ?殴ると喜んじゃうんッスよ。もう、俺イヤンなっちゃって。どうでも良いやって引き受けちゃったッス。代打日記。
 
今回は、とりあえず次回作の撮影の告知をすれば良いらしいッス。一応しとくっす。
 
日時:7月3日(日)夜8時頃。
場所:明日7月2日(土)告知。
内容:人数次第
 
なめてんッスかね?ホント殺してやりたいっす!
 
あ、なんか、告知ムービー出来たらしいッス。とりあえず、下のリンク右クリックして保存して見て欲しいらしいッス。
 
折角だから見てやってほしいッス。
 
 
参加したい人は、レス欲しいらしいッス。InGameで声かけてくれても良いらしいッス。何様なんッスかね?アイツ。
 
じゃ、隋に帰るッス!
  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 03:37Comments(3)TrackBack(0)代打日記

2005年06月29日

豚はビデオに出演させていただいたので御座います

この豚めは、なんとでしゃばりな豚なのでございましょうか。
ミュージックビデオの巨匠であらせられるHaluzo様(ミュージックビデオ界の村西とおると名高いお方でございます)の新作「SWG’」に出演させていただいたので御座います。
SWG'撮影風景でございます
momo様のサイトにアップされておりますので、是非一度ご覧下さいまし。わたくしめのような豚が出演しているせいで、画面から家畜臭が漂ってくることは否めない事実では御座いますが、わたくしめが出演していないという前提でご覧くだされば、大変素晴らしきビデオであるとお感じになると思うのでございます。
 
わたくしめは約十日間に及ぶ撮影に参加するうち、Haluzo様に恋を(なんと気の多い豚でございましょう!)してしまったのでございます。あまりにキュートなヒップ。あのキュートなヒップでわたくしめを踏みつけていただきたい。願わくば顔面を鼻も折れよとばかりの勢いで、こう、ムギュームギューっと、息が・・息が出来ませぬHaluzo様。うるさい豚め。酸素の無駄遣いじゃ、こうしてくれるわ!がはははは!ムギュームギュー。ハグッハグッ・・・・・クルシキモチイイ!
 
失礼をいたしました。妄想たくましい豚でございます。お許し下さいまし。
 
愛するお方に少しでも近づきたいと思うのは恋する者に共通の感情でございます。それは豚とて例外ではないので御座います。
 
このたびこの豚もHaluzo様に少しでも近づきたい一心でビデオを撮影させていただいたので御座います。
 
とりあえず、こちら(右クリックで保存してくださいまし。アダルトサイトからサンプルムービーをダウンロードするときと同じやり方でございます)にアップして御座いますので、お見苦しい腐れビデオでは御座いますが、一度ご覧いただきたいので御座います。
 
TetsuharuMatsuoka 初監督作品「男」
出演
Osy
Redeyes
Erukara
Og-loc
 
Raru様には撮影用の素晴らしき衣装をこしらえて頂きました。喜びの余り、関係者各位で衣装を身に纏ったまま狩りへと出かけたのでございます。

撮影用の衣装で狩りをする勇猛な殿方の面々でございます

 

 

 

乱れ飛ぶ銃弾。流れる汗。揺れるヒップ。

この豚めは、夢のような時間をすごさせていただいたので御座います!

  

2005年06月26日

チンギス・ハーンでーす☆

チンギス・ハーンでーす☆
こんばんは!チンギス・ハーンでーす☆
 
今日はTetsuharuの糞豚野郎が尖った山の頂上に刺さりっぱなしでブログ更新出来ないっつぅから、今日はボクチンが代打日記を書くのDA!
 
なんか、Tetsuharu曰く、HDDのSWGのフォルダーに一杯SSがタマッてっから適当にスキなの選んで解説しといてくれっつうんだよNE!
 
なんだよそれ。
 
大体ボクチン死んじゃってるから、SWGなんかプレイしたことないっつぅの!ボクチンがプレイするのはニャンニャンだけだっつーの!
 
知ってる?ボクチン一晩で5人子供を作ったって伝説があるんだZE(照)!。
 
まあいいや。TetsuharuのドグサレPCのSWGのフォルダから適当に何枚かSS引っ張り出してみるわ。
 
ん?この画像はまずいだろー。あ、エロフォルダか。なんだよ。エロフォルダは隠しとけっつうの!ま、チョット見るか。
 
***1時間経過***
 
あ、ごめんごめん。いや、あんまり加藤鷹のテクが凄いもんだから。モンゴルにも中々居ないね。アレだけの男は!家来にしてつかわす!がっはっはっは!
 
えーと。SSだったね。んじゃ、適当にコレなんかどうだ?

Daxter様のパンチラでございます

 

ふむー。パンチラか。キライではないゾヨ?

ん?Daxter様のパンチラ・・・・・。

げー!コレ男のパンツかよー!うげー!

全くTetsuharuの糞ゴミ野郎、この趣味いい加減にやめろっつうの!クソー!ギャルのパンティーかと思って、ボクチン思わずモニター舐めちゃったじゃないか!ペッ!ペッ!

お、またパンチラだ。今度は男じゃないみたいだZO!

Tyuya

 

これはTyuyaとか言う人が死んだときにパンツを覗き見した画像らしい・・・。

げー!アイツ死体愛好癖まであるのかYO!あぶねーなーオイ!ヤベーよ、あいつ!

ロクでもないSSばっかりじゃないか。

もういいや、次で最後にするわ。

Big yamada

 

誰なんだコイツは!

大体なんでこんな写真がSWGのフォルダに入ってんだ!

 

 

ダメだ!モンゴルに帰る!

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 20:29Comments(5)TrackBack(0)代打日記

2005年06月22日

この豚畜生は公開チャットに参加させていただいたので御座います。

先日執り行われました、4Gamer様主催による「公開チャット」に、この豚めは何を勘違いしたのか応募し、大変お忙しい4Gamerのスタッフの皆様はさぞやお疲れだったのでございましょう、この豚めは全くの手違いで当選してしまったので御座います。
わたくしめはこれまで、陽のあたる場所とは無縁の人生を送ってまいりました。わたくしめは生活の大半を、菌類が好むのとほぼ同条件の場所(日当たりが悪くジメジメしている)にて過ごしてきたので御座います。
そんなキノコにも劣る、わたくしめの様な哺乳類かどうかも怪しい様な豚が、今回のような突然の大舞台に上がらせて戴き、とても平常で居られるものではございません。わたくしめは用意していたEA様への要望や質問の殆どを失念してしまったので御座います。
 
いまさらでは御座いますが、失念した要望を女々しくも厭らしくもココに記させていただきたく思う次第で御座います。
 
○自宅にて、自分自身にダメージやウーンズを与えることの出来る器具を実装していただきたい。
 
○ムチやロウソクを、ウェポンに追加する予定はありますか?
 
○一切の身動きが取れなくなる衣類の導入を検討していただきたい。
 
○「奴隷の首輪」が装備できないバグを早期に修正していただきたい。大変困っております。
 
○パンツを頭にかぶれないバグ(Daxter様が発見した、重大なバグ)をなんとかしていただきたい。
 
これ程重大な質問、要望を、この豚めは失念してしまったので御座います。町でわたくしめを見かけた折には、どうぞ罵声を浴びせながら後頭部を鈍器などでぶってくださいまし!
 
わたくしめが所属させていただいているClubからは、先生こと、Volten様も参加されており、大変心強うございました。
 
Volten様の御尊顔でございます。
 
 
Volten様の御尊顔で御座います。  

2005年06月15日

この豚畜生は、新たなる喜びを見出してしまったので御座います。

例によって日課である靴を舐める練習をば自宅にて執り行っていたのでございますが、時を忘れて靴を舐めるうち、この程度の事で皆様のご機嫌を伺おうとしている自分自身を恥じる気持ちが沸き起こってきたので御座います。わたくしめは価値の無い豚でございます。その価値の無い豚畜生であるわたくしめが、靴を舐めただけで許されるはずはございません。わたくしめの持って生まれた業は、その程度のものではないので御座います。
そのような考えが(おそらくその考えは、わたくしめにしては珍しくあたっているのでございます)わたくしめの脳内を完全に支配したとき、わたくしめは服を脱ぎ捨て、外へと飛び出していたので御座います。
とにかく人様から遠ざかりたかった。わたくしめは己が恥ずかしくて恥ずかしくて仕方が無く、人様の居ない山奥を目指し、ひた走ったので御座います。
いくつもの山を越えるうち、わたくしめは非常に頂上の尖った山を発見いたしました。わたくしめは直感いたしました。
自分が探していたのは、これであったと。
この豚畜生は己のなすべき事を悟ったので御座います。
わたくしめは、ためらい無く、その山の頂上に己の薄汚れた尻を据えたのでございます。
 
尻を山の頂上に突き刺す豚の姿でございます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜風にヤジロベエのごとく揺らめく全裸の豚。月の光に照らし出されたこの豚の姿はより見苦しく、山々にこだまする、この豚畜生の絶叫はより聞き苦しい。
わたくしめは酔いしれたので御座います。大いなる苦痛に酔いしれていたので御座います。
 
更なる苦痛を求めて、この豚畜生は己が男根をエクスカリバーの剣にみたて(なんと不遜な豚で御座いましょうか!)山頂に突き立てたので御座います。 

股間を山の頂上に突き立てる豚で御座います

 

 

 

 

 

真の勇者にしか抜く事の出来ぬエクスカリバーの剣。わたくしめはエクスカリバーの剣になりたい。真の勇者が抜いてくださるまで、ここでこうしていよう。誰も立ち入らぬ山の頂上に、1人さびしく刺さっていよう。

わたくしめを抜いてくださる真の勇者は、わたくしめをぶってくださるだろうか。その丸太のような太い腕で、わたくしめをぶってくださるだろうか。それはどれ程の快感をわたくしめに与えてくれるのだろうか。

全身を駆け抜ける苦痛に酔いしれ、遠ざかる意識の中でわたくしめはそのような事を考えていたのでございます。

 

  

2005年06月12日

豚は船に同乗させていただいたので御座います。

先日のザ・ラストクラブナイト終了後、この豚めは、Daxter様恋しさの余り、最後の最後まで残っておりました。すると、途方も無い幸せがわたくしめの身に舞い降りたので御座います。
なんと、Daxter様の素晴らしき採掘船に同乗させていただけるとのありがたいお誘いを頂戴いたしたのでございます。この身の程知らずの豚畜生は喜びの余り、本来ならばご遠慮させて頂くべきところを、お言葉を真に受け(なんと愚かな豚で御座いましょう!)同乗させていただいたので御座います。
はじめて入るディープスーペースは驚異に満ち満ちておりました。わたくしめは興奮の余り、よだれを撒き散らしながら船内をはしたなく走り回っていたので御座います。
ふと我に返り、操縦席を見ますと、Daxter様、大変りりしいお姿で操縦桿を握っておられました。

操縦席のDaxter様でございます。Daxter様自身が操縦桿で御座います。

 

 

 

 

 

さすがはDaxter様で御座います。Daxter様はご自身の男性自身を操縦桿としてお使いになっておられました。両手でしっかりと男性自身をお掴みになり、お顔はあくまで正面を見据え、背筋は伸び、両足はしっかりと開かれ、わたくしめは、その余りの美しさに言葉を失ったのでございます。他の乗客の皆様方が窓の外をごらんになっている間、わたくしめはDaxter様を、Daxter様だけを見つめ続けたのでございます!

 

 

  
Posted by tetsuharu_matsuoka at 13:43Comments(5)TrackBack(0)愛おしき殿方