『 TOMOKO 』 のブログ

My name is Tomoko. I'm a guitarist. http://www.gogotomoko.com

12月2日原宿クロコダイル/Tomoko Trioライブレポート

みなさまご無沙汰しております!やっとブログ書けます。
この日まで、新しい事へのチャレンジで忙しかったです〜〜
札幌とクロコダイルが終わってひと段落です。

クロコダイルでは、新境地であります師匠竹田和夫さんとのデュオ演奏、よりジャジーな選曲も、とても盛りだくさんの内容となりました!

01

ファーストセット、Tomoko Trioです!
ドラム相良ぱっさんさん、ベース金田洋一さん
Tomoko使用楽器は、Vox VSS-1、アンプVox AC-3007
セカンドセットは竹田和夫さんとのデュオ演奏。とても緊張度高かったですが、大変いい雰囲気でした!何を質問するより一緒に演奏させてもらうことが何よりの勉強です!
写真ではエレキギター2本ですが、竹田さんのPRSハローボディーのピエゾと、私のスターストリームのアコギの音色で、とても綺麗なアコースティックサウンドを作りました。大成功!!!
05
ゲストコーナー竹田和夫さん。さすが!!!の一言です!!!
追いかければ追いかけるほど遠くに感じる、、これも進歩のひとつでしょうか。
いつもに増して今夜すごかったです!!!
15253625_1231689240212041_2774499689463313977_n
サードセット、ゲスト信田さんを迎えて。信田さんを「お義父さん」と呼びたくなってしまう気持ちになりました笑・駆け出しの頃から面倒見てもらっていますからね!!一緒に演奏できて嬉しかったです!!!
04
アンコールではスペシャルゲスト全員でロックンロール!!!!
02
ギタリスト高橋マコトさんが来てくれました。新しいスターストリームを弾いてくれました!!
私のストラップ短くて申し訳なかったのですが、、、大迫力のソロでした!!!!
10
楽しかったです!!!!
06
大先輩のみなさまと。
11
みなさま、どうもありがとうございました!
新しいチャレンジが出来る幸せな環境に感謝です。
次回のクロコダイルは5月17日(水)、きっと新譜のレコーディングが終わって((間に合えば))レコ発ライブとなります。大変化したサウンドを、ぜひ聞きにいらしてくださいね〜〜
13

9月18日(日)熊本県益城町・復興応援ストリートライブ

【熊本市】益城町・復興応援ストリートライブ
01

益城町復興市場屋台村、チャリティーライブ無事に終了!!!
会場チラシがすっかり無くなっていて、一昨日下見に来た時はとても心配になり、近所をまわってポスターを貼りに行きましたが!なんてありがたい、40人くらいの街の皆様が来てくれました。
IMG_7467

えらい盛り上がり、普段はやらない曲もリクエストに全部お応えしましたよ〜
おじさん達は踊り出して、子供達は走り回り、おとといポスター貼りに行った店の人もみんなで来てくれて、昨日の阿蘇に来てた人も何人もいて、嬉しかったなぁ〜〜!!
演奏は1人でしたが、会場みーんなで盛り上がって、終わってからもみんなでお話してそれはそれは楽しかった‼️‼️
来て本当に良かったです。このあとみんなでご飯を食べに行こうと言ってくれたのに、帰るのが名残惜しくて、、、益城町のみなさまありがとうございました!!!復興市場のスタッフの皆様もありがとうございました

9月17日(土)ノーキーエドワーズ・熊本地震地震復興応援ライブin阿蘇

この日の模様はビデオにまとめましたよ〜
ずいぶん時間がかかってしまいました、、、お待たせ致しました!
素敵な1日の記録です。



「ノーキーエドワーズ・熊本地震地震復興応援ライブin阿蘇」
全国各地から集まった500人超え満席のお客様!

私は会場の後ろで、FMドラマシティーMARUの時間の「GO!GO!TOMOKOのゴーゴータイム」生中継があり、ラジオで会場の熱気をレポート!!

Tomoko with イエロージャケッツで元気にスタート。
IMG_7482

お楽しみじゃんけん大会ではTomoko使用のVOX VSS-1ギタープレゼントです!
IMG_7484

勝ち残ったのは山口県からおいでのお客様でした。
マイクで「熊本の人にあげたかったのに〜〜」と、言ってしまったのもあってか、
ホテルの受付にこんなお手紙が、、、、
IMG_7455

粋な方ですね。ありがとうございます!!!


Nokieとヒッチハイカーバンド🎵🎵最後はみんなスタンディングオベーションでした!!
20160917_EOS5D_002273


Nokieのグレッチギターオークションは30万にて落札。
阿蘇神社復興の義援金として奉納されました。

TOMOの会で集まった義援金11万円。同じく納めさせてきました。
BlogPaint



主催者、スタッフの皆さま、出演者の皆様も、災害復興や余震の続く大変な中の準備運営、大変お疲れ様でした!!大成功、おめでとうございます。
ご協力頂いた沢山の皆様も、誠にありがとうございました!!!!
協力:KORG、VOX、
20160917_EOS5D_002231

9月16日(金) 益城町から南阿蘇村へ

益城町から南阿蘇村は、国道を通れば通常45分のみちのりですが、
地震被害の影響でいたるところで道路が寸断され、迂回路にて大幅に遠回りして向かいます。ミルクロードを通って行く事にしました。
熊本市で日々更新している迂回路の地図、簡単すぎて現地の人でないとわかりません。
赤いラインは真っ直ぐだけど、実際はぐねぐねした峠で、細い分かれ道もたくさんあるではないですか!!30

携帯のGoogle mapにこの道は表示されませんでした。持って行った九州地図にも、ここまで細い道は載っていなく、レンタカーのナビはGPSで最新情報を反映していました。
ね?ぐねぐねでしょう??とにかく助かった!
32

険しい峠道、しかも大渋滞しています。台風17号が勢力を伸ばしており、今夜にも九州上陸と雨と風が酷くなってきました。
31

写真のところは良いほうです。途中、路肩が崩れていたり、折れた木が落ちていたり、暗くなってきて不安いっぱいでしたが二時間かかってやっと南阿蘇村へ到着。やはりひどい被害状況のままです。
33

9/20にひとりライブをする会場、「ロハス南阿蘇村」
外に特設ステージを作り、野外でバーベキューをしながらライブを・・と準備をして下さっていましたが、この嵐であえなく室内ライブに変更の可能性が高くなりました。
34
ロハス南阿蘇村のオーナー松尾さんと1時間くらいお話しました。
いまだ600世帯が仮設住宅に暮らし、150世帯は水がまだです。
行政はライフラインと緊急のことで手一杯で、刻々と変わる様々な問題が山積みです。例えば流木が川をせき止めているとか、道路に砂利や木があって危険だとか、少しの手伝いがあれば農業を再開できるとか、、松尾さんは全国から集まるボランティアを受入れ寝床と食事を提供しながら、村人のありとあらゆる要望に日々対応しています。
車が乗り入れられない地域もあるそうです。また道路事情から、大雨が降ると通行止めになり簡単に孤立してしまうのでボランティアも集まりにくい。冬に雪が降ったらもっと大変だと話していました。
松尾さんの声の優しいトーンの中に、厳しい現実に立ち向かう覚悟を感じました。この人はひとりでもやり続けるんだろうな。
仮設住宅にもチラシが配られています。こんな所まで来てくれて有難う、どうお返ししたらいいか・・と言われました。涙出ます。
一生懸命演奏させて頂きます!
35


こうして、もう真っ暗になってしまったけど南阿蘇村をあとにして阿蘇市ビラパークへと帰路を急ぎます。すごい大粒の豪雨になってきました。19時からは、9/21の佐賀でのライブのプロモーションで、FM佐賀のラジオ電話出演があります!
電話も電波がつながるか不安になるような山の中におりましたので、とにかくホテルへGO!GO!
放送15分前に無事到着、ホテルのロビーから大声で20分の生放送、無事終了。

お〜〜〜〜なんとか夕食会場に間に合いました。みんなの顔みてほっとしました。長い1日だった。
36
今日は先に「I'm hungry!! 」と言いましたよ!!
美味しいものをたくさん食べるのです。私には元気にギターを弾かなきゃならない理由がいっぱいあるんだから
37

9月16日(金)福岡へ!!九州ツアーの始まり始まり!!

ここは新潟空港。朝9時発の便で福岡へ向かうところです。Nokie御一行9名、山のような荷物を預けて出発です。空港スタッフに英語で話されるけどあえて否定しません笑01
初日9/17は、Nokieチームと一緒ですが、そこからは一人旅となります。
熊本支援チャリティーライブ4回を含む、9日間毎日演奏します。
6チームの共演バンドも各地さまざま、これまでみっちり打合せしてまいりました。
旅全工程

午前11時。福岡空港に到着!!Nokieご一行と別れて
レンタカーに乗り込み、まずは益城町と南阿蘇村に視察に行きます。
それにしても涼しかった新潟から一変して真夏です!!暑いです〜〜〜〜02

レンタカーは、九州復興キャンペーンのおかげで10日間かりて3万円と格安でした。
福岡空港から高速で1時間30分、益城町へ向かいます。
04

益城町に着いてまず目に飛び込んできたのはこういった張り紙です。
06

05

町の様子を撮影しました。







表通りはかなりきれいになっていましたが、一本裏通りに入るとこのような状況です。
10
言葉がありません。
11
マスクをしないと、ちりやほこりでのどが痛くなりました。
12
13
すさまじい地震の威力です。
14
子供たちも、電柱が曲がった危険な道のりを帰宅していました。
15
現地に行って、感じたこと。
あまりに酷い被害を目の前に、とてもじゃないけど軽々しく「頑張って」なんて言えません。
でも実際にここに来ると、がれきのわきから元気に咲いている草花、笑いながら帰宅する子供たち、見守るおじいさん、仮店舗で営業をしているとのポスター、行きかう沢山の車、、絶望だけてはなく、本当に少しづつだけど、前に進んでいるのが感じられます。
崩れた家や、がれきの写真を見て悲惨に思うかもしれませんが、ぜひ伝えたいと思うのは、
生きているって素晴らしい、人間は支えあって強く生きていけるんだという事です。
(※文章の一部はFBフレンドの松浦さんの素晴らしいレポートから表現をお借りしています)
16

こちらが、明後日ひとりライブをする会場、益城町テント村です。
20
中に入ると、やきとりやさん、居酒屋、アンテナショップ、お茶屋さん、床屋さんまであって、夜には地域のみなさんでにぎわうそうです。
21
24時間テレビが置いていったという、素晴らしいステージ、こちらで演奏するのですが、、、、、
行って初めてわかったんですがTOMOKOライブのポスターは届いていないし、フライヤーは足りなくてすぐなくなってしまい、宣伝がうまく行っていないとのこと!!あさってなのに!
22
ようし!ポスター片手に近所のお店をまわりました。ですが、、、
人が集まるセブンイレブン、100円ショップ、ドラッグストア、全部本部の方針でポスターはNGと断られてしまいました。ここまで来て、地域のみなさんに楽しんで頂ける機会を作れないなんて!!お客様3人かもしれない・・・・どうしてもっと早く確認して宣伝出来なかったかとすごく後悔しながら、とぼとぼ車に向かって歩きましたが、私の心のスクリーンに、福岡の書道家河野先生が書いてくれた文字が浮かびました。
24

「そうだった!」
もう一度くるっと向きを変えて、もういちど、近所のお店をまわりました。
こちらのお父さんは、お食事処「道ぐさ」の河端さん。熊本地震の前、今年の3月に神戸から移住してこられ、人生で2度の震災を経験。音楽が好きで神戸ではジャズ喫茶をやっていたそうです。
お団子屋さんのおばあちゃんは1個60円のきな粉餅を笑顔で売ってるもんだから20個買いました。
床屋さんは10/16で閉店するそうです。
みんなポスター貼ってくれました。
もう十分に来た甲斐がありました。
胸がいっぱいです。
23
もし益城町に行ったら、ぜひお食事をしてほしいです〜!
お食事処「道ぐさ」
〒861-2233 上益城郡益城町惣領1435−3 TEL.096-289-5755 店主:河端幸二さん

みんな言葉少なく、目の前のことをただひたすらにこなし続けていました。
元気があるとかないとか与える与えられる、なんて甘いです。
頑張る頑張る言ってるうちはまだまだです。本当に頑張ってる人はたんたんとしています。
私に出来ることは、私自身の事をもっと真剣に磨く事に他ならないと思いました。
明後日のライブ、魂込めて弾かせて頂きます!!!

こうして、益城町をあとにしました。
南阿蘇村へ向かいます。
つづく。。。
最新コメント
QRコード
QRコード
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ