札幌の次の日はJRで岩見沢へ!!!
つい一ヶ月前に岩見沢でライブをしました。
そのときご一緒頂いた地元のバンド「ワンカップビアーズ」にギターアンプをお借りして、満を持しての開催!寒さを覚悟して行きましたが、意外とあたたかい陽気に恵まれました。
すてきなチケットを作って頂きました!

07

会場は50年以上もの歴史をもつ「くらぶいづみ」
ママさんの身の上話は、それはそれは映画を1本見終わったような気持ちになるくらい波乱万丈のドラマがあって、すっかり話に華が咲いてしまいました。最後にちょっとだけ書きますね。
リハーサルも終わって、特別注文のお弁当がすごくすごく美味しかったです!!!!
(写真〜〜〜食べ終わっておりました!残念。)
06

仕掛け人は、古くからライブに来てくださっている清水さん!!
宣伝、広報活動もありがとうございます!!
ライブのお客様がぞくぞくと集まってきて、50名ちかく満席となりました!
まことにありがとうございます!!!
02
スリリングなギターデュオ!とてもとても勉強になります!
ベンチャーズナンバーのリクエストもたくさん!!!
03

竹田さんお似合いですね!!!01

岩見沢のみなさま!!とっても楽しい夜でした!!ありがとうございました〜〜〜05

32169064_1021029978052174_727289008622665728_n



********************************************************


美川憲一が歌う「柳ケ瀬ブルース」の作者、宇佐英雄さん
宇佐英雄さんは北海道釧路の出身ですが、若くして伊豆長岡に出て来て「流し」になり、観光客の前で歌を歌いながら自分の曲を作っていた。たまたま柳ケ瀬に行った時に、自作の「伊豆長岡ブルース」を歌ったところ、偶然居合わせていたレコード会社のディレクターがそれを耳にして、「今度の美川の曲にどうだろうか」というので採用され『柳ヶ瀬ブルース』は120万枚の大ヒットとなる。当時、作詞と作曲は別々の「先生」がやっていたので、今で言う「シンガーソングライター」のさきがけになった方です。その後「釧路の夜」も大ヒット。
表は華やかな世界ですが、裏側で支えてきたのがくらぶいづみのママです。
結婚をして娘さんをもうけるも破天荒すぎる旦那様、「幸せすぎて曲が書けない」という理由で、単身、三島で暮らすんですよね。天才を支えたママ、スーパーカッコイイです!!詳しくはぜひ岩見沢にいってお話聞いてみてくださいませ。

くらぶいづみ/TEL.0126-23-4860
〒068-0023 北海道岩見沢市三条西1丁目ワールドビル1F