みなさま東医体お疲れ様でした。投擲4年の佐竹です。

会計を務めさせて頂きましたが(引き継ぐまでが幹部代です)、この1-2年間はかなり運動会の方でも活動していたので特に1年生からの認知度が不安です。下級生がたくさん投稿しているのを見て自分も感想を残しておこうと思いました。

自分としてはこの2年間鉄門の試合であまり良い成績が残せてこなかったので(まあ春の六大学対校・関東インカレから始まる試合のサイクルがずれてしまったことに上手く対応できなかったということだと思います、utym先生は異常)、4年の東医体ぐらいしっかり活躍したいと思って気持ちを高めて試合に臨みました。

意気込んで望んだ1日目の円盤投・ハンマー投で全く自分の試合が出来ず、しかも技術が普段より悪いというよりは体が全然動かないせいときました。あら大変。しかもハンマーの失投で足首が痛んでしまい、自分の東医体はこのまま終わってしまうのではないかと悲観的になりました。

しかし出来るだけケアをして2日目に臨むことができ、気持ちだけで砲丸投は3位になることが出来ました。珍しく自分から応援を頼んだこと・応援して頂けたことのお陰です。応援・サポートありがとうございました。

-------------------------------------

振り返ってみると、自分は大学生になるまでスポーツをしてこなかったので、1年生の頃は右も左も分からずに、活躍する先輩方に感銘を受けつつも、"初心者を脱する" ことのみを目指して練習をしていました。練習見学に寝坊するような1年生で、入部しないだろうと当時の先輩方にも思われていたようですが笑、次第に陸上競技にハマっていきました。

当時強い投擲の先輩方がいらっしゃったこともあって指導して頂き、2年の秋には関東インカレにギリギリ出場出来るかどうかくらいの実力になり、また運動会の方々(投擲だけでなく)にもちらほら知り合いが出来たこともあって、そちらにも所属することになり、今に至ります。4年も陸上をしていると、どうしたら記録を伸ばせるかという競技パフォーマンスについてだけでなく、試合特有の緊張感やふわふわとした期待感、不安感も含めて楽しめるようになってきました。

高校生の頃は大学でスポーツ、ましてや陸上をするなんて考えてもみませんでした。人の縁が積み重なって自分を今いる場所に連れてきてくれたし、この先も今の自分が想像出来もしないところへ運んでいってくれることでしょう。

極論、陸上競技というものは競技だけならやろうと思えば自分だけで出来るものですし、他にやることやりたいことがたくさんある大学で集団に属して陸上をすることの理由付け・意味付けというのは自分の中で持っておいた方が望ましいと思います。個人的には、練習は他に人がいないと追い込めないし、自分は他の人を見て他の人も自分を見ていてくれる、それで十分かなあという気がします。競技を通じた他人の感情の発露にも何度も背中を押されてきましたし。

鉄門は(実際趣向・趣味はバラバラな気がしますが)似たような境遇の人からなる小規模な団体で、お互いの人となりを知りやすいですし、大勢が大学でも関わるのでただの陸上仲間より近い存在になりやすいところが魅力なのだと思います。最近たくさん新入生が入ってくれる傾向にあって、今年は初心者の人も多めなので、折角陸上を選んでくれたからには楽しく陸上をやってくれたらと願ってやみません。

引退ブログみたいになったけど引退はしないと思うのでこれからもよろしくお願いします!