2005年01月22日

NHK番組改変問題

NHKが旧日本軍の従軍慰安婦制度の責任者裁判を扱った番組で中川経済産業相と安部自民党幹事長代理が圧力をかけ番組内容を歪曲した内容に変更させていた問題。ついにあからさまに国が公共の、しかも客観性と中立性のある放送をするはずのNHKに圧力をかけたことになる。

しかも圧力をかけた当事者が北朝鮮問題で北朝鮮に対し辛口な発言をしている安陪幹事長代理だったというのはちょっと驚き。安陪幹事長代理がやったことは北朝鮮がやっている報道規制となんら変わりがないもの。民主主義の象徴とも思えるような『自由な報道』に圧力をかけるということは、民主主義を否定するような行動に思える。

なんでわざわざ圧力をかけたりしたんだろ。たとえ真実を報道したとしても今の小泉内閣にはなんの影響はないと思うんだけど。それとも真実を知られるのが嫌だったから??NHKは不運続きだね。海老沢会長は辞任するみたいだけど辞任したくらいじゃ失われた信頼はもどってきましぇん。信頼を築くのは何年、何十年とかかるけど、それを失墜させるのはのんの数時間でかんたんにできちゃうんだから。これからNHKはタイヘンだ。

tetu12251 at 06:44│Comments(0)TrackBack(0)政治/経済 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
イラク戦争戦費
Cost of the War in Iraq

(JavaScript Error)

ほっとけない
ホワイトバンド










かてごりー
じこしょーかい
スモーカーゾロ







・男
・ダメな物理系大学院生
・ミスチル好き
・バンプ好き
・ELLEGARDEN好き
・洋楽にはまりつつある
・猫好き
・犬も好き
・L.V.N.O
・最近経済に興味がある
・てゆーかなんでも興味ある
・やたら英語を勉強中
・ドイツ語も勉強中
最近のコメント
カウンター
Profile

tetu12251

Amazonライブリンク