京都祇園入り婿刑事事件簿5 名門華道界を揺れ動かす愛欲のスキャンダル!母と息子の衝撃の過去の秘密  99/7/23 今、解き明かされる入り婿刑事の秘められた過去!!真相を追う息子、坂東流を守ろうとする母 超人気シリーズ!京都府警捜査一課刑事三村邦夫(三田村邦彦)は、祇園のお茶屋「みむら」の、女将加代子(中村玉緒)がぞっこんお気に入りの入り婿だ。
 妻・冴子(藤谷美紀)が坂東流生け花の奨励賞になったというので展覧会場に出かけ、家元夫人・玲子(岸田今日子)に会ったが、なぜかその存在が気になった。五歳の時自分を置いて姿を消した母親ではないかと直感したのだった。折しも坂東家では、高齢の家元は次期家元の座を、長男で先妻の子の龍夫(梨本謙次郎)ではなく、龍夫の妹にあたる養女の和泉(初瀬かおる)に継がせると発表した。玲子は家元の後妻であり、龍夫らは玲子によそよそしかった。
 シリーズ5作目の本作では、初めて主人公・邦夫の出生の秘密が明かされる。*14-09-11 17/10/19
       
*和泉は父に言われ 無名な佐伯を振り、佐伯が自殺
35年前 玲子 風邪の息子・邦夫を家に残し薬を買いに行ってストーブ火事
 玲子が火事から息子を助ける
 隣の妻が焼死、無罪 夫婦不仲
5歳の時 邦夫の両親 離婚 母親がアパートに移る
 邦夫がアパートに通う
 近所に知られ非難され、夏アパートから突然姿を消した玲子 桔梗の花
-
25年前 坂東の先妻 弟子とかけ落ち 和泉が生まれる
 半年後、金がなく芦原温泉東尋坊で交通事故心中
 坂東 和泉を養子に
玲子が後妻に入る
-
和泉と佐伯が恋人
数日前 家元が反対で龍夫が別れさせる
●坂東流展覧会
佐伯が和泉をホテルに呼ぶ
 和泉が花を生ける
 佐伯純也 ホテルで服毒自殺 和泉に振られた
 20:30 和泉が佐伯の部屋で坂東龍夫に電話
 龍夫が美也子に電話で呼ぶ 一緒にホテルに入る
 和泉が 高村美也子の赤いスーツと紫の鬘でホテルを出る
 龍夫が花を持ち帰る
死体 枝の切れ端 塗れた花器
 浅井:佐伯の作 人に見せると出て行った 龍夫は客
 家元:和泉が次期家元 一彦が婿・事務局長にする
 龍夫:北ホテルに人と居た
 木田:赤いスーツと紫の髪
浅井:4,5日前 先生が龍夫と口論 龍夫が一生後悔すると
 龍夫が安い展示に反対 一彦に無視される
 夜 昔の母の写真を確認
枝の切れ端は坂東流の楔
 美代子:前妻は交通事故
 治美:3日前、20時か21時に美也子が電話で早退 無断欠勤
 都の部屋:赤いスーツと紫の鬘
 タクシーから玲子が降りる 妙法寺
 20:30 高村美也子 ←坂東龍夫 境内で転倒死 妻の座強請口封じ
 玲子がイヤリングを置く
龍夫:美也子を隠していた
 玲子に:子供の時に母に捨てられた 離婚後、母のアパートに遊びに行った
 玲子:息子のために花を残した 息子への思いを断ったのでしょう
 冴子が昔の写真を見つける
 課長に:玲子は子供を捨てた母 名乗る気はない
 加代子:恨んではいけない
 タクシーの20時 玲子の下車証言
 玲子:見間違え
 夜 鶴千代:和泉が不倫の子 玲子が先妻殺しの噂
 加代子:芦原温泉で事故死 和泉が養女なだけ
翌 夫婦で福井県芦原に旅行
 刑事;心中 金欠
 チェックイン
 夜 服部:北陸支部
翌 北陸支部:前妻は生花をやらなかった 病院前に生まれたばかりの和泉を残して心中
 寺 加代子が玲子に:良い婿で感謝している
  玲子:子供は龍夫と和泉だけ
襲名披露の日
 冴子と同じ服の女性を見間違える
 浅井:和泉が佐伯の恋人
  工房に摘んだトリカブト
 会場 龍夫に:ホテルを出るときは別人
  龍夫が2人殺し自供 終わるまで公表しないで
  和泉:佐伯を愛していた 父が許さなかった 花を生けに行った 佐伯が目の前で自殺
  式が終わる
 夜 T龍夫:美也子は300万では不満 100倍 家元の妻の座 腕の爪の傷が証拠
 玲子:殺した イヤリングは自分の
 龍夫が玲子に感謝する 後を頼む
玲子:部屋を暖かくして薬を買いに行った 隣の奥さんが焼死 夫が無罪にしてくれた 夫婦仲が悪くなった 離婚 邦夫が来るのが楽しみだった 近所に 息子と楽しんでいると非難された 息子に会わないことにした 母親を名乗る資格はない
 邦夫:会いたかった
 母子の対面
夜 邦夫の誕生日 置屋5人でパーティー
    
福井県 三国芦原線
木田                 北ホテルフロント
坂東龍一郎 西山辰夫  坂東流家元 1万人 病弱  細桔梗
坂東玲子  岸田今日子 後妻 邦夫の実の母
坂東龍夫  梨本謙次郎 先妻の間に出来た子 革新的
先妻                 福井に駆け落ち
不倫相手             坂東流の弟子
坂東和泉  初瀬かおる 養女 不倫相手との間に出来た先妻の実の娘
加納      加治春雄   事務局長
加納一彦  望月栄希   息子
美佐                 お手伝い
井上
佐伯純也  ひかる一平 32 陶芸家
浅井桜子  高岡由香   弟子
高村美也子 秦由香里  龍夫のホステス
治美                  ママ
タクシー運転手
伊藤                 福井県警
服部      ベンガル     2月前 福井で怪しげな華道の家元
 鷹家昌子 雪代敬子 小坂綾 田辺ひとみ 池田勝志 浜田雄志 平井靖 稲健二 浮世亭いちぢ 
        
検事をしていた邦夫の父は母と離婚
坂東玲子  岸田今日子 後妻 邦夫の実の母
5歳の邦夫(回想シーン)平井優也