火曜ドラマ 池波正太郎時代劇 光と影 第十話「谷中・首ふり坂」  18/02/13  主演:鈴木勝大  池波正太郎の短編時代小説を一話完結でドラマ化。婿養子の源太郎は気が弱く、精力絶倫の妻に頭が上がらない。ある日、自分の相性にぴったりの大女を紹介されるが…。.
 三浦源太郎(鈴木勝大)は、江戸城・本丸留守居番を務める旗本・三浦忠右衛門(浅雛拓)の養子婿である。体も気も弱い源太郎に対し、妻の満寿子(安藤輪子)は気位が高く薙刀の名手で、夜は精力絶倫女だった。 源太郎は妻に頭が上がらず、夜の生活に我慢して付き合うのだった。
 源太郎が愚痴をこぼせるのは、幼馴染の金子辰之助(佐藤祐基)だけ。その辰之助にからかい半分で連れ出された出会い茶店で、怪力の大女・おやす(是永瞳)を見初めてしまうが…。18/02/13
        
*源太郎 おやすと駆け落ち
正月 源太郎 満寿子の婿養子
-
●金子が源太郎をよしのや に連れて行く
 夜 源太郎が義父に:猪狩道場に通うことにした
翌 金子に:隠れておやすに通う
5日に1度
久兵衛:おやすが他の客を取らないと
 久兵衛に:本気になってしまった
-
2月後 金子に:感謝している おやすのためなら 何でも捨てられる
 久兵衛:今日は 看病で来られないと
夏の夜 源太郎は寝たふりで嫁を帰す
 満寿子にばれる
久兵衛:今日で店を閉める 他の店を紹介する
 おやす:昨夜父が亡くなった 弔いに支度に帰る
 おやすと手伝いに帰る
 満寿子が付けて来て 長刀でかかって来る おやすが満寿子を投げ飛ばす
  源太郎は家に戻らない 実家に事情を書いた手紙を送る
おやすと 久兵衛の田舎に移り住む
休憩所 久兵衛
-
6年目の夏 久兵衛が病死
7年後 江戸に久兵衛を開く
 兄が会いに来る :金子が 満寿子の婿養子 子供3人  家督を継いだが 評判が良くない 暗く陰険 やつれている 屋敷に連れて来い
       
三浦忠右衛門 浅雛拓   江戸城・本丸留守居番を務める旗本 550石
満寿子…    安藤輪子  娘 気位が高く薙刀の名手 精力絶倫女
三津…      高田真衣  下女
三浦源太郎…鈴木勝大92U 婿養子 体も気も弱い
永島主馬               兄
永島左内               父
正代                   母
今村                   家来
金子辰之助…佐藤祐基  幼馴染 次男坊
遊女
久兵衛…    徳井優    出会い茶店よしのや主人 駿河
おやす…    是永瞳    怪力の大女  母死亡
権六                  父 スイカ百姓 病で寝込む
大八車
ナレーター…石住昭彦