社会人って奴になりましたチャンピオンズリーグを観て

2005年03月30日

アジア予選日本VSバーレーン戦

 さすがいまやスポーツ大好きテレビ局テレ朝、テロップに「日本快勝!!」と力強い文字で出してやがります。快勝ですか。そうですよね、見事に狙いすました先制点を計算どおり守り抜き、余裕の1−0勝ち、相変わらず素晴しいです、日本代表は。香取メンバーも大喜び、スポーツバーも大盛り上がり、千葉在住の川渕キャプテンも今夜はお酒が進むことでしょう。良かった良かった、いやあ良かった。強いて、本当に強いて悪かった点を挙げさしていただくのなら、スシボンバーという最高に格好の良いあだ名を持ち、ブンデスリーガ得点ランキング27位を独走中の高原さんがトラップがヘタな上にボールを放すのが遅いこと、チーム一の愛国者アレックスもボールを離すのが遅く、今日は運良く何度か抜けたように見えたこと、右サイドの茶髪角刈りが性懲りもなく「誰かっ!!」というセンタリングを上げていたこと、スリーバックの右の人が誰なのか分からないことくらいでしょうか。まあ、もうどうでもいいけどさ、最終予選三戦終わったわけだけど、すげえなということだと思うのです。何も攻撃という攻撃をせずに2勝1敗、素晴しすぎる、これなら我らが楽天ゴールデンイーグルスのリーグ制覇も見えてくるというものです。北朝鮮戦、イラン戦では適当なセンタリングからポロリと得点、そして今回に至っては、敵が点を決めてくれやがりました。どう考えても2分1敗でもおかしくないし、2敗していたかもしれない内容でなんと2勝、神がかり的としか言いようがないわけです。それでも今回のバーレーン戦は3戦の中ではまだマシな内容だったようにも思うのです。床屋さんに文句を言えない中村俊輔が良かったとテレ朝が言っておりましたが、世界のフッションリーダー中田の縦パスは唯一攻撃をしようという意思が見られたと思うわけで、まあ、サッカーにおける攻撃というのはパワーとか高さとかスピードと言うよりもボールを繋いで相手を崩すことが誰もが出来る可能性があるわけで、日本はそれを目指すべきだと考えられるわけです。特に今日のバーレーンの守りは「どうぞ、クロスで良いのなら上げて頂戴、さあ、早く!」というようなものでしたので、その通り、クロスを上げていたのでは多分点は入らないわけです。その証拠にコーナーキックを何本蹴っても得点には繋がらねえわけです。それなら中田が何度も試みたようにまずFWに当てて真ん中から崩すべきなのですが、ボールが返ってこない中田の天を仰ぐポーズは実にキマっていて格好の良いものでした。確かにパスのセンスと言うものがあるのなら中村の方が上のような気はします。それでも中田さんがやろうとしていることは重要でトルシエとやろうとしているもう1人の中田とは違うわけです。是非、中田に怒鳴られるのが嫌だとか、タイミングとフッションセンスが合わないとかいう訳の分からない理由で中田さんが代表を外されないことを祈ります。イナモト、太ったな・・・。

tetuo2 at 23:04│Comments(0)TrackBack(0) サッカー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
社会人って奴になりましたチャンピオンズリーグを観て