2005年01月

2005年01月28日

キムタクさん四月新ドラマ!!!

「久しぶりに参加させていただく“物作り”に向けて、エンジンを温めています。完走できるよう、スタッフ、キャストとともにすてきなTEAMができたらなあ、と思います。待っててください」。お言葉ありがとうございます。さすがすぎて、何を言っているのかわかりません。

tetuo2 at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2005年01月27日

バレンタインデイ(ハート)

 さて、いよいよ三週間を切ったバレンタインデイ、女の想いと想い、男の意地と意地が激しくぶつかることでしょう。楽しみですね。そんな最中、菓子会社と広告代理店が作ったイベントに踊らされてるなんて馬鹿だなんだいう輩がいることでしょうが、鬱陶しいですね。男女が色めき立つこの時期にそんな趣深さを微塵も感じさせない馬鹿は放っておいて是非是非この一大イベントを楽しもうではありませんか。思えばこんな馬鹿で仮性包茎なワタクシにもカラフルな思い出の一つや二つあります。懐かしいですね、折角出来た彼女との待ちに待ったバレンタインデイ、どれだけ幸せな気持ちになれるのだろうと思いを馳せる私、結局14日は連絡が「ただいま電源が入っていないか電波が・・・」なんていう機械的なお姉さんの声だけで、人伝えで16日に市販のチョコレートを貰った記憶は今でも鮮明に心の宝箱にしまっておりますよ。さらに時を遡るのなら、そうそうあれは中学生の頃の話、身長がゆうに175cmはあろう稲中井沢似の女の子が何の因果か成長の著しく遅れた可愛い私に恋をしたバレンタインデイ、ワタクシの下校時を待ち伏せしておりましたね、シャイな私はその姿を見るや否やダッシュで逃げるという実に男らしい行動に出たわけですが、相手は完全に発育しているピチピチ女性、こちらは成長度15パーセントの憎たらしい顔をしたイガグリボーイ、簡単に追いつかれ、無理矢理プレゼントを手渡されたわけですが、それでもやはり嬉しい気持ちになるものです。バレンタインデイって本当にいいものですね。是非今年も人生の記録に深く刻まれる素敵な事件を期待しましょう。もういい年なため下駄箱も机の引き出しもないのが非常に残念ですが、ジャニーズにチョコをモーニング娘にカミソリを送りつける余裕があるのなら是非ワタクシにのところに着払いで結構ですので何かしら送って頂けると私の母親も安心することと想います。是非宜しくお願いいたします。頑張れ!トニー。

tetuo2 at 13:35|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 日記 

2005年01月26日

海外ドラマ

 昔、母ちゃんと兄貴が熱心に魅入っていたビデオがあった。そのビデオは続き物で当然最初にワン、そしてツー、さらにスリーと続きどこまで続いたのかわからないがエイトとかあったような気もする。さらに驚くべきことにツーだけがツーのスリーだフォーだとあり、全部で一体いくつあるのかもわからないほどそのシリーズは長かった。そのシリーズの名は「V(ヴイ)」。内容は全く覚ていないがざっと調べてみたところ、なにやらスパイだの陰謀だの最近聞き覚えのあるような単語が並んでいたため、ははーんと思った。今も昔もこれからもみんなこんな感じが好きなんだなと。

まあ、何故こんなことを思い出して一人満足しているかというと、我が家に来客がありまして、その客がですね、俺が別に観なくてもいいや、別に知らないわけじゃねーんだぞ、知ってるけど観ないだけだぞ、勘違いすんなよ、と思っていたとある海外ドラマの最初の巻だけ持っていただけならまだしも、わざわざ家に上がり込んできたくせに、すごい勢いで眠り始めたわけ。こちらとしてあんな話やこんな話を入念に準備して待っていたのに、そんな気も知らずに、「よく他所様んちでそこまで安らかな表情で眠りますね、ほんま尊敬するで」というくらいぐっすりでついつい布団を掛けてあげました。こうなったらその海外ドラマでも観るか、毎日の約束事である手淫でもするしかなくなるわけで、「人がいるのにそんな・・」って思う可愛らしい俺はその「24」を観始めたわけです。別に面白くもねーんだろ・・・。続きを読む

tetuo2 at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 芸能 

国会が盛り上がってるぞ

 小泉首相様が舐めた態度で国会を沸かせた。たまたまリアルタイムで観ていたわけだが、案外面白い。森さんの時に観たかったな。

tetuo2 at 01:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

「24(トゥウェンティーフォー)」

 私の名前は鉄雄、どうでもいいだろうけどニートだ。世界では様々な事件が起きているが、直接俺に関係しているものはない。2005年1月24日、この日も特に俺の人生で長い一日と言えることはないだろう。

0:00 バイトが終わり、店長に隠れてこっそりビールを飲む。隠れて飲むビールは格別だ。家に帰る前、コンビニに寄るが、立ち読みだけして何も買わずに帰る。家に着き、やかんに火をかけ、PCの電源を入れ、お気に入りのスウェットに着替える。やはりこの服装は落ち着く。コーヒーの出来上がりとPCの立ち上がりがぴったりと合う。ちょぉ嬉しい。メールを確認。特に大事なメールは届いていない。いつものことだ・・・。

1:00 メール確認も終わり、ネットを開く。MSNで気になるニュースを確認。今日もいろいろ起きてるんだなあ。ブログを適当にチェック。何だよ、毎日更新してんの俺だけかよ。他のHPも覗く。特に変わったことはない。ブログでも書こう。コーヒーが甘くて美味い。MSNメッセンジャーにサインイン。誰もいねーよ。

2:00 胸が痛む。タバコの吸いすぎだろう。眠くなってきた。TVの画面も砂嵐になってきた。寝るか?寝よう。

3:00 眠ってる。せめて良い夢みたい。

4:00 眠ってる。せめて良い夢みせてくれ。

5:00 眠ってる。何か物音が聞こえる。母ちゃんが起きたのか。犬の散歩か。頑張れよ。続きを読む

tetuo2 at 01:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 芸能 

2005年01月22日

土曜日、晴天

 土曜日である。空は雲ひとつなく日光が優しく世界を包み込んでいるようだ。どこか時がゆっくりと流れているようにも感じる。晴天、素晴しい。俺は自室でPCに向かっている。悪い?何か、文句あんの?

tetuo2 at 13:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

DEEP LOVE〜健作の物語〜

 さて、現在日本において最もイケテル出会いとはどのようなものか御存知でしょうか。世の中には多くの素敵な出会いがあります。曲がり角でぶつかったり、その時財布を間違えて持っていってしまったり、その後会って財布を渡したり、これだけでも何だから食事でもとなったりと世の中は素敵な出会いに溢れていると言えましょう。しかし、その中でもベストオブ出会い、MOSTオブ出会い、至上の出会いと言えるオシャレなものは「クラブでナンパ」という私の人生の辞書で検索するのでは少々時間を要するものであるのです。まずクラブとは下り調子の発音ではなく、上り調子の発音でありまして、じゃあ実際何なんだい?と言われますと、どうやら音楽好き、踊り好きを自称する若者方が、音楽嫌いな奴っていんの?という突っ込みも何のそので夜な夜な集い、酒を飲み、時には禁止薬物も厭わない乱痴気騒ぎをする場所のようで、男子諸君はいつもよりワルに、女子の方々は心なしかSEXYな出で立ちにになるようで、そこでの出会いは、翌日以降自慢のネタになるらしく、皆さんこぞって「クラブでナンパ」を繰り返すらしいのです。実に羨ましいお話です(まじ)。そんな現世で最もイケテル出会いを果たした男がいました。その勇敢な者の名は健作。そうこの話はディズニー社がテーマパークを作ってしまうほどファンタジーなピーナッツの名産地千葉県に生み落とされた肌の黒い一人の切ない戦士の物語だ。続きを読む

tetuo2 at 11:17|PermalinkComments(3)TrackBack(2) DEEP LOVE・デート 

2005年01月20日

だってコーヒーは苦いから

 歯医者に行く。如何にして俺の健康極まる歯が虫歯になったのかの究明を歯科医師、歯科衛生士、俺で始める。歯は磨いてる。一日に一度は。本来は三度磨け。そうですね。甘いものが最近好きだ。そう言えばそろそろあれですね。あれってあれですよ。バレンタインデイ。知らないんですか。チョコは好きですよ、歯科衛生士さん。そんな顔すんなよ。他?んー、コーヒーかな、砂糖を病気になるほど入れた甘い甘いコーヒーね。美味いんだ。甘くて。そうなの、やっぱり。そのせいなんだ。コーヒー飲んだら口をゆすげ?そうだね。でも、コーヒー飲むと気持ちよく眠れるんだ。なら砂糖を控えろ?そうだね。でもだめだよ。だってコーヒーは苦いから。そんなことより、アンタ本当は虫歯完璧に治せるんだろ、1回でさ。さらに言うと、アレだろ。虫歯にならない薬くらい開発されてんだろ。別に出せとは言わないよ。あんたの商売あがったりだもんな、そんなもんあったら。だからいいよ。俺がいってんのはせめて本当のことを教えてくれってことだ。その辺どうなんだよ。虫歯治せるんだろ。教えてくれよ。

tetuo2 at 00:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日記 

2005年01月19日

お姉ちゃんの彼氏はグァム人

 最近、にわかにバイト先が活気づいているのには理由がある。つい最近までは日本語が3割ほど通用しない外国人女性しか女が存在せず、話題に欠くこと山の如しであり、男同士で無意味な話を繰り返し薄ら寒い、おばあちゃんの局部のように乾いた笑いに終始していたのだが、一ヶ月ほど前にアダルト業界や変態業界で最も付加価値のついている日本の宝、女子高生が二人も入ってきたのである。当初、特段気にしていたわけではないが、やはりヌクヌクと育てられ、恋愛中心に人生を送ってきた娘というのは生きが良い。「すごい=MAX」や「そうですか=マジですか」などの言語を巧みに操り、こちらのおっさん連中を楽しい気分にさせてくれる。少し話をすれば「彼氏が部屋に来るとやたらやりたがって、ウザイ」などと言ってくる。ウザイんですか。マジですか。勿論制服姿も新鮮味があり、とても良いと思う。そんな中、一つ面白い話を聞かせてくれたのだが、その女子高生のうちの一人の姉は俺と同じ歳で、どっかでOLをして人生を謳歌しているらしく、その彼氏というのが実に華々しいというかトロピカルというかマジですか、といった人であるらしい。続きを読む

tetuo2 at 12:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2005年01月18日

MIXIってどうなの?

 昨日のこと、大学時代の友人にMIXIというものに招待され、早速登録とこのブログのリンクをしてみた。しかし、どうもMIXIのサイトデザインを見る限り気味が悪い。どうなんだろう、MIXI。20万人も登録しているようだし、流行ってんのか?少し様子をみてみよう。

tetuo2 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

タイで100バーツで買ったグッチのオシャレなサングラス

 わざわざ大学まで進ませてくれた両親には申し訳ないとは思うが、俺が大学において友達と呼べる人は本当に少ない、いや、少なすぎる。一般的な大学生だと知り合いだけでざっと100人くらい、携帯に入ってる校内の知り合いだけでざっと50人くらい、すれ違いざまに気兼ねなく声をかけられる人が30人くらいはいるのではないだろうか。それが俺ときたら、現在留年してるとはいえ、校内にかろうじで話しかけられる奴、一人という有様でございます。一年前を考えたところで一定の方々以外の知り合いはほとんど存在せず、だからこそその一定の方々を大事に大事にしているのでありまして、つい先日その仲の良かった奴らと久しぶりの飲み会をしたわけですが、別にそれが新年会だったとか、面白かった、いやつまらなかったとかはどうでも良くて、その飲み会の際、タイで100バーツで買ったグッチのオシャレなサングラスを紛失したということが何よりの大事であり、それをたいして大事だと思わない輩がいることが問題なのだ。わかるか、おい。続きを読む

tetuo2 at 02:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 失敗 

2005年01月16日

本当に本当の今度はまじです

 禁煙始まりました。たばこをやめるだけで月に一万円貯金できる。五千ヶ月禁煙すれば家が建つわけだ。頑張ろう。

tetuo2 at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) たばこ 

2005年01月15日

DEEP LOVE〜ティティの物語〜

 昨日、現在ワタクシの知るところ唯一のおっぱいを見ることの出来るTV番組「特命係長只野仁」をPCとザッピングで観ていて非常に驚いたのであります。知っているというとそうではありませぬが、まあ、近い存在のように感じている女性がテレビ画面の中でおっぱい揉まれてやんの。一瞬目を疑いましたが、多分そう、いや絶対そう。しっかり乳首さんだって乳輪君だって全国ネットで流されております。その人はワタクシの結構近い、いや随分、いや、一番近い女性の学生時代のサークル友達でありまして、今回はその子のお話を少しだけしましょう。

 その子の名前を仮にティティといたしましょう。ティティは納豆と肩をぶつけて喧嘩をすることで有名なイバラギだかイバラキだかという土地で生まれ、高校卒業までヌクヌクと温かい家庭で育ちます。高校3年生になったティティは「東京の大学に行きたいんだばってん」と伝統あるイバラギ弁で両親に将来の希望を語ります。手塩に掛けて育てた愛娘が危険で誘惑の多い大都会東京で一人暮らしするなんてそう簡単に許可するわけにはいきませんが、中学校で最初に教わるのがウンコ座りという土地柄に生んだ自分たちにも非があると、両親は断腸の思いで娘を笑顔で東京に送り出しました。その時、父親の頬から流れたものが何であるかは言いますまい。父親だって本当は寂しいダウンタウンボーイなのです。こうしてティティの東京での一人暮らしは始まったのです。続きを読む

tetuo2 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DEEP LOVE・デート 

ところでまた雪が・・・

 また降るんですか。雪が。もう嫌だ。絶対寒いし、足冷たくなるし、どうせすべって転んでおじいちゃんおばあちゃん死んじゃうし、千葉とか静岡あたりでトラックが事故起こすし、母ちゃん鉄雄の散歩行きたがらないだろうし、いいことなんて何もないですよ。小学生も昔ほど喜ばないよ、家でゲームしてるよ。電車も遅れるだろうし、明日の集合時間に新宿東口に誰もいないってこともあり得るよ。そうなったら店の奴が「あとも予約が詰まってますので、帰れ!」なんて言ってきて、雪が降ってるからって土曜の夜、路頭に迷ってなんか嫌な雰囲気になって「じゃあ、ちょっと早いけど帰ろうか」なんてことになるよ。いやあ、困るな。東京ってこんなに雪降るんだっけ、降っても「降ったっけ?」くらいじゃなかった?どうなってんの、暖冬なんだろ?暖冬の方が雪降んの?そうなの、まじ!?そうですか、じゃあ、しょうがないよね。お車で移動する皆様くれぐれもお気をつけください。

tetuo2 at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

「好き」って言われるとやっぱり嬉しい

 今日、「好き」って言われた。こんな素敵なことはそう人生に何度もあることではない。場合によっては生涯最高の思い出の一つにすらなり得る。例えば卒業式であったり、例えば雪の降るクリスマスであったりする。そんな特別な日でなくとも「好き」と誰かに言われて嫌な気がすることはないだろう。人に好意を持たれることは悪い気分ではない。というよりもむしろ日々何のために活動をしているというと誰かに認めてもらうためであり、人に好かれるためであるのかもしれない。だからこそ「好き」という言葉は大きな力を持っている。たとえ言葉に出さなくとも、匂わせるだけで人は喜んだり、浮かれたり、妙なテンションになったりするものだ。そんな経験の多い人は羨ましい限りではあるが、そんな力ゆえ、その力を利用する輩もいるため、「好き」という言葉は魔力になるのだ。そんな魔力に私も幾度となく弄ばれ微かな喜びののち落胆する結果になった経験がある。こうして駆け引きが生まれ、「好き」の純度が薄まってしまうという悲劇を生むことになる。そうなると外人さんよろしくの挨拶代わりに「I LOVE YOU」という行為に転化され、「好き」の特別感はなくなってしまう。こう考えた上でも、やはり人に「好き」と言われることは嬉しいとであり、素直な気持ちの大切さをあらためて知ることになる。たとえ、相手が誰であろうと。続きを読む

tetuo2 at 00:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2005年01月14日

ヤフーオークション惨敗!

 なんか、3000万円被害!とかデカデカ新聞に載っていたヤフーオークションですが、別に自分とは関係ないし、と思い、今更ですが挑戦させて頂きました。何故今頃ヤフーオークション初挑戦かと申しますと俺クレジットカード持ってねーんだもん、面倒くさいじゃん。でもね、高校時代オシャレショップの店員に露骨に嫌な顔をされた俺としては顔合わせないで買い物できるというシステムはもの凄く便利で、さらに雨の日も雪の日も生理の日も関係なく買い物が出来るなんて素晴しいなあ、とは思っていたわけで、いち早くチャレンジしたいとは思っていたわけでして、それでも暇暇とは言うものの、時間の使い方の荒さがモノを言ってどうも本格参入する時間を作れず、時間のみが無駄に流れていったのでして、そんなに時が経過すると、身の回りのものも痛んだり、壊れたり、盗まれたりしまして、そこでついにヤフーオークションに手を出してみたわけです、はい。狙いはオシャレな財布。16800円からスタートです。続きを読む

tetuo2 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

男も身だしなむ時代

 高校時代、俺はサッカー部だったのだが、部活終了後に、今や松坂世代のお母さん代表広末涼子がCMで使っていたようなチューブ式の洗顔料を持ち、急いで、水道まで掛けてゆき、念入りに顔を洗う奴を見るたびに気持ち悪い奴らだ、と思った。なぜなら、日本男子たるもの一日バケツ一杯の冷水のみで全身を清めるべきであるはずで、にもかかわらず親の金で洗顔料を購入し、部活後の疲労最高潮の時であろうと、オナニー後の喪失感絶頂の時であろうと、顔面が脂ぎってきたと自覚したならば、すぐさまその洗顔料でその油を落とした上、青春の象徴である出来物やニキビのケアをするなんて言語道断、今すぐお前はチンポを切り落とせ!と言いたくなるのだ。まあ、実を言うと、俺はニキビなどが大量に顔にへばりついているという経験が一切なく、できても1個、多くて2個というレベルであったため、そいつらの気持ちはわからない。さらに気持ちがわからないという話を続けるのなら、そう言えば、キスとかその先とかを頻繁にする方々はどうも顔に油が乗るという現象自体、一大事なわけで、そりゃあ、童貞を死守し続ける俺にはそんな気持ちは到底わからなかったのだろう。そう考えた上でも、やはり男子が顔を泡立たせ、手の平で優しく撫でている行為を傍から見て気持ちの良いものではないと思う。そしてつい最近とある新聞に、男も身だしなみの時代!などという記事が載っており、どうやら化粧品業界は女相手では頭打ちでこれからは男!男の化粧水やクリームなどの市場拡大を目指すらしい。しかもどうやら、金と時間に余裕のあるお父様方に大人気の雑誌「レオン」などで脳内革命されたおっさんたちがその男性専用化粧品売り場に向かっているようで、気持ちが悪い。続きを読む

tetuo2 at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年01月13日

やっちゃったよ

 風呂上りにうっかりうんちしちゃった。

tetuo2 at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 失敗 

「アイデン&ティティ」

 今朝、目を覚ました瞬間ある決意をした。「もうタバコをやめよう」。何故かはわからないが、幾度となく挑戦し続け、無様に敗れ続けたこの禁煙という大事業に対して今回は確信が持てていた。必ず成功すると。そんな不思議な感覚を持ちながらトイレでようやく朝立ちの収まったポコチンの狙いを定めていると、玄関先から物音が聞こえてきた。現在、我が家には愛犬の鉄雄、母ちゃんと俺、そして週に一度の親父しか住んでいないため、平日の早朝に玄関先から物音がするのはほぼ100パーセント母ちゃんということになる。日課のマラソンから帰ってきたのだ。気持ちの良い汗をかいた表情でリビングまで上がってきた母ちゃんは妙な気を利かせて俺にお土産を持ち帰ってきた。マルボロライト・・・。タバコだ。俺がつい先ほどやめると心に誓った品物を買ってきやがった。「俺禁煙始めたから」なんて言えば、その昔兄貴とダブってしまった「週刊少年ジャンプ」をコンビニに返しに行ったほどのやり手の母ちゃんだからこそ、本気でタバコを返品し、肉まんにでも取り替えてきかねない。そこで、俺は否応がなく禁煙を延期することを決めた。まあ、俺が禁煙を失敗したんじゃなくて、無理矢理失敗させられたということです。俺は悪くないのです。だからこそ、病気になるほど砂糖を入れたコーヒーを準備し、24歳にもなって早朝から昨日レンタルしてきたDVDの片割れ「アイデン&ティティ」の鑑賞を始めたわけだ。続きを読む

tetuo2 at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 映画 

口笛なんか二度と吹きません

最近、気分がよく、口笛を吹いていたのだが、ふと気付いたら、その曲、あのアメリカ合衆国の国歌だった・・・。もう、だめだ、こんなに洗脳されてたなんて。もうラップでも始めるしかない・・・。

tetuo2 at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年01月12日

「CASSHERN」

 サッカー帰り、超寒い。寒いなあ、冷たいなあ、と思ってたら頭の中でユーミンが「ANNIVERSARY」を歌い始めたため、急いでお馴染みのリバティーに行ってCDをレンタルすることを計画したのだった。で、ついでにDVDを二本借りたのだが、そのうちの一本が世界のUTADAの旦那様が作り、日本が誇るおてんば娘広末の元彼氏が主演という実にワイドショー的な色の濃い「CASSHERN」である。実際、今更・・・という気もしたが、邦画部門NO1にランクされていたし、暇だったし、もの凄い暇だったし、とにかく暇だったから、とりあえずレンタルし、たいした高揚感もないまま、家に帰り、愛犬鉄雄と戯れてからタバコを吸い、ヤフーオークションで狙っている一品をチェックした後、飯を食いながら「CASSHERN」をまだソニータイマーリミットまで6年ほど残っているDVDプレーヤーで再生させたのだった。続きを読む

tetuo2 at 22:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 映画 

2005年01月11日

840000000円ゲットだぜ!

168be66e.jpg の顔。素敵な笑顔ですね。おめでとうございます。

tetuo2 at 13:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

ノロウイルスは怖いのか

 ノロウイルスの扱いがもの凄く小さくなっている。広島で7人も死んでるのに。まあ、地震で12万人も死んでるし、シューマッハが10億円寄付したし、ブッシュ大統領も100万円という大金を立派に寄付したようだし、記事としてパンチがないのかもしれないが、いいのかな、ノロウイルス。いわゆる食中毒みたいなものらしいが、どうも怖い、BSEやトリインフルエンザに続き、着々と食料危機に向かっていってるような気がするのはMMRの読みすぎだからか。まあ、チョコレートさえあれば生きていける俺には関係のない話だが。ということで皆様是非たくさんバレンタインをください。待ってます。

tetuo2 at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

一日平均メール送受信数30件なり!

 「なんだい?こりゃ」。どうやら俺はまだまだ世間様から見ればひよっこもひよっこと思われている高校生にも劣っているようです。しかも男子に。女子高生に劣っているのなら「エヘヘ、女子高生に負けちゃったよ」とニヤニヤしてもいられるものだが、体臭も十分に臭い男子高生に劣っているだなんて許せない。しかし、これが現実、なんと16から19の男子は一日平均30件ものメールを送受信しているらしいのだ。マジですか。誰と?どういうことなのか。ふざけるな。親の金でそんなにたくさんメール打つんじゃねーよ。マガジンのグラビアでオナニーをしろ。だってさ、俺、一日多くても10件くらいなんですよ、メール。一切受信も送信もしない日だってあるわけで、10件といっても、うち5件は「あなたは出会いのチャンスを逃してる!!」とか「美人人妻は淋しがり屋」とか「H画像が無料ダウンロード!?」とかの実に興味深い返信する必要のないメールばかりで、さらにうち2件はメーリングリストだったりで、だからこそメールが俺の携帯を震わせた暁にはもの凄い勢いで返信してしまうんですよ!?だからこそ、その30件もメールは不可解でならない。一体、どういった風にメールを活用しているのか検証してみよう。続きを読む

tetuo2 at 09:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2005年01月10日

大久保さんったら!

 1得点1アシスト・・・。エルボーしたり、審判に悪口言ったり、レッドカード貰ったりしろよ。期待はずれもいいとこだ。がっかりだよ。それでも試合後「あの野郎、俺のすねを蹴りやがって」と素敵な発言、次節こそ、飛び切りの一発芸期待させていただきます。頑張れ!大久保さん。

tetuo2 at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年01月08日

市船VS星陵

星陵の本田なんかイケメンでむかつく。俺よりSEXしてんだろーな。負けちまえ。

tetuo2 at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

サッカー冬合宿

 ねみーよ、っていうか外まだくれーよ、お日様昇ってねーよ、まだ6時前だぞ、集合時間はえーよ、ふざけんな、まあ、行くけどさ。ということで「あっデジカメ忘れた」とかなんとか思いながら集合場所にノコノコ歩いて行ったんだけど、何しに行ったかって、正月早々、大勢の子供をはるばる千葉まで連れてってサッカーさせたり、笑わせたりするためで、だからこそ俺の荷物はサンタ衣装(女)を入れたりと必要以上に大きく重くなるわけで、そんな努力も知らずに愛想笑いの一つも出来んチビッコたちには怒りを通り越してチンコでも出してそのお父さんお母さんにヒンシュクでも買ってやろうかなんて気持ちにもなってくる。まあ、そんな気持ちも大人な俺はしっかり隠して「明けまチンコおめでタマキン」と笑顔を振りまき、意地でもトイレに行かせて、バスに乗らせるわけだが、とりあえず酔うな、ゲロを吐くな、素直に「ONE PIECE」でも観て笑ってろ、というか寝かせてくれ。続きを読む

tetuo2 at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

国見VS鹿実

このまま0−1で国見が負けたら笑える。ハハ。

tetuo2 at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

ゼミ長!迫真の演技!

 大学時代の友人であるゼミ長は合コンになると人を貶めてでも己がモテようとする実に男らしい人物である。そんなゼミ長は周りが就職だ大学院だフリーターだニートだと色めきだした最中、とある決断をした。「俺、俳優になる!」と。その決断直後からゼミ長の姿を校内で見かけることは激減し、どうやら本気なんだな、と人々は思い、俺はどうか失敗しますようにと神に祈ったのだった。そんな後押しもあり、実は男前で長身のゼミ長は頑張った、バイトに精を出し、レッスンの金を稼ぎ、バイト先で彼女まで作った。卒業式にも参加せず、多くの舞台や映画を観て、本を読み、レッスンとバイトと彼女とのセックスに明け暮れた。そして消息不明になってから数ヶ月、2004年11月、「舞台やります。是非観に来てください(顔文字)」という一見コギャルのようなメールをメーリングリストで送りつけてきたのだった。俺は是非観に行きたかったがホノルルを走る予定があったため、丁重にお断りをした上、次回の鑑賞を誓うメールを送り返した。そして昨日、ついにゼミ長の舞台を観に行くことに成功した。ゼミ長とは縁もゆかりもない人物をわざわざ誘い、西荻窪にある「遊空間がざびぃ」という小洒落た建物でその舞台は始まった。続きを読む

tetuo2 at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2005年01月07日

いとこが来た!

 1月2日、夕方家に戻ると16歳になったいとこの少年が来ていた。数年ぶりだ。昔の小さかった頃の可愛さも俺の中に残っていて懐かしいとは思ったのだが・・・続きを読む

tetuo2 at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

年越し

 2004、年の瀬のこと、何を思ったか、冷たい雪が降る中、群馬に向かう俺。何を隠そう、年越しを温泉地で過ごそうと分不相応なことを計画してしまったからであり、どうも慣れないことをしようとすると、こんな憂き目にあってしまうものらしい。それでも予約したからには行かねばならないのが、日本旅行業界の掟であり、もし行かなければ、「別に来ないなら来ないで構わないけどお金だけは払えよ、こら!」と言われてしまうのだ。ということで関越道に乗ったあたりで見事に雪が降り始めた。ある人物は「那須では車が一切動かなくなりました。地元に人が牽引してくれたんだけどさあ」とどうやら雪国の方々は温かい心をお持ちだという有力情報を俺にくれた。パーキングエリアで飯を食い、再び車を走らせると、道が白くて美しい。さらに進むと景色も真っ白でより美しい。もう少し進むと「チェーンをしないとここから一歩も進ませないよ」といった門番を職業にする男二人が現れ、二人で群馬に向かっているのに不思議な話だが、寒い中、俺一人でチェーンを慣れない手つきで取り付ける。実はワタクシ雪道は初体験なものの、免許を持っていないとき後部座席に座っていて長野の坂道を滑り落ちるという死ぬ思いをしているため、雪道が最高に怖いなんてもんじゃなく超怖い。さらには、関越道でおそらく廃車だろうと思われる事故を三つも観てしまい、お前らは本当に運転がド下手だな!!という気持ちと共に俺だってそんなに巧くはないよ、と思ってしまい、恐怖は高まるばかりだ。ということで2004年最後の戦いが始まったのだった。続きを読む

tetuo2 at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年01月04日

冬合宿

 五時に起きてわざわざ寒い中、千葉県長生郡という場所へ行く。わざわざ子供を引き連れて。なんかここんとこ忙しい。寝よう。

tetuo2 at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年01月03日

2005年スタート

 明けましておめでとうございます。厄年も終わり、今年は素晴しいことが起こるに決まってる。楽しみでなりません。今年も宜しくお願い致します。

tetuo2 at 02:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記