2005年02月

2005年02月28日

友人からのメール

 たった今、とある友人からメールが届いた。俺がメールであることを教えてやったら御礼のメールが着たのだ。「ローソン、いやサンクス」。彼も俺と同じ24歳、つまり松坂世代、俺たちの生涯賃金は松坂の挙式費用に負けるのか!?

tetuo2 at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年02月26日

デートCASE3

 おい、起きろ!何時だと思ってんだ、というか生理なら泊まりにくんな、というより本当に生理なのか、2週間前も生理だったぞ、そんなもんなのか、まあ、いい。とにかく起きろ、もう昼だぞ、いびき掻いてたぞ、起きろ、早く起きろ、普通逆だろ、おきてぇとか言うもんだろ、コーヒーできたぞ、冷めちゃうよ。やっと起きたか、とりあえず挨拶くらいしろ、頭をかくな、腹もかくな、まず携帯チェックすんな、何も言わずコーヒー飲むな、俺もコーヒーの出来を表情から理解すんな。つうか、こいつまだ起きてから喋ってねーよ、すげーな。ん?何?聞こえねえよ、でもわかるぜ、腹減ったんだよな・・・と思ってすでにパン焼いてるぜ。朝はご飯だ?しらねえよ、ふざけるな、とにかく食えよ、お前より早く起きて準備してんだよ・・・ってだから何も言わずに食うな、嫌な顔して食うな、笑顔で食え、で、何か楽しい会話をしてくれ、わかったよ、俺から話すよ、一つ良いのがあるんだ、何か新しいスパが出来たらしいぞ、そうそう、イタリア料理でフォークでクルクルっとして食うと食べやすいんだ、ってちげーよ・・・・違うよ、そうだよ、笑い取ろうとしてわざと間違えたふりしたんだけど、何?悪い?そうだよ、風呂屋だよ、現代版風呂屋が出来たようですが、よければ行きますが、どうですか。何だ?首を立てに振るってことは行くってことだな、よし。行くか・・・えっまじ?そのまま行くの?ジャージじゃん、ふざけるな、オシャレしろ、次からはしろ、行くぞ。わかってる、沈黙は金、車の中は喋らず、景色を観るんだろ、勝手にしろ、もういい、メールもしろ、何なら電話もしろ、出来れば楽しそうにしろ、目つぶって運転してやる、「目が細いからわからない」とかいう突っ込みが欲しい訳じゃねーぞ、本当にするぞ、しちゃうぞ、はあ、なんか疲れたな・・・。続きを読む

tetuo2 at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DEEP LOVE・デート 

ミクシィーの「足あと」は何のためにあるのか

 ミクシィーが随分人気なようで、天下の東京大学をご卒業した30歳の社長様も喜んでいるようで何よりです。で、私もミクシィーに御招待を承り、勝手ながら参加させて頂いておるのですが、何のためにわざわざネットの中で集まって楽しくしなきゃいけないんだい、とか浅はかなことを考えておりました。すいません。今日のこと、ミクシィー画面からコミュニティー検索で我が母校を探してみると、アラ、びっくり、ありやがるのです。なにやら興奮してきた私、最近こんなにも心が躍ったのはエロサイトが私好みの娘をアップしていたときでしょうか。まあ、いいです。で、母校のコミュニティーには20人ほどのメンバーがおりまして、そのメンバーを1人づつ入念にリサーチしていくと、アラ、びっくり、再びいやがります。なんと同級生が4名もおるわけです。伝統ある我が母校は卒業生の数はそれはもう多く、石を投げれば卒業生に当たると言われるほどです。それが、20分の4という高確率で同級生、ネットが好きなのか、友達が少ないのか、とにかくさらに興奮は高まります。ということでその4人のミクシィー紹介ページを観ていてふと思うことが・・・。ミクシィーって「足あと」とかいう無神経な機能が装備されておりまして、私が彼らのページを覗いたことは、彼らの足あとページに刻まれているのですね。そうなると、今まで卒業アルバムと照らし合わせて笑っていた私も、その瞬間笑われる側に回ることを覚悟せねばならないわけで、それを少しでも回避するために好きな音楽の欄にとにかくオレンジレンジと、好きな映画の欄にトレインスポッティングと記入せねばならないのです。というかね、何で、足あとなんてあるのかなあとワタクシ考えてみようと思います。続きを読む

tetuo2 at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年02月24日

俺とちんこ

 世の中のすべての男は二つに分類できる。チンコを出す男と出さない男、もしくは出す必要のある男と出す必要のない男と言い換えることが出来るかもしれない。チンコを何故出すかと言えば、それは勿論笑いを取るためである。笑いを取る最終手段であり最も簡単な手段がチンコを出す、であろう。熟練されてくると、そのチンコの出し方や使い方にまで工夫を凝らし、より大きな笑いに持っていこうと人は努力する。いや、努力する必要がある。人の頭に載せてみたり、着飾らせてみたり、自らの肛門に入れてみたりと日々、チンコを出す男は頭を悩ませるのである。笑いを取るためなのだが、笑いを取る必要があるから笑いを取ろうとするのだろうと私は考える。その根源にあるものは人気者になりたいという人間4大欲(食欲、睡眠欲、性欲、出世欲)の一つ出世欲から来ていると思われる。もとより頭や顔の良いものは、チンコを出して人気を取る必要もないため、その点、やや独創性に欠ける人物であることは言うまでもない。そして最も不幸な者は自分がチンコを出す必要のない側だと勘違いしている者である。確かにその人物のチンコであるから出す出さないはその者の自由であるが、もし出さないことでその人物が不幸になるのなら注意を促してやることが人としての優しさであろう。「俺はチンコなんて出さなくとも充分に笑いも人気も獲得している」と勘違いしているものが世の中には数多くいて、彼らはそれが勘違いだということに死ぬまで気づくことがない。悲劇である。そのようなものには四の五の言わずにチンコを出すように周りの者が勧めてやって欲しい。そして、さらなる問題が、チンコを出しさえすれば万事解決のように考える連中である。冒頭にも話したとおり、チンコは出せば出すほど工夫が必要になる。確かに出す側の者が勘違いし、チンコを出さないのは悲劇ではあるが、そんな勘違いをしていた者たちが何の考えも理念も理想もなしにチンコを出せば、チンコのインフラに繋がり、チンコの価値の低下が起こる。だからこそ、今こそチンコと向き合い、チンコについて真剣に考えなければならない時が来ているのではないか。21世紀はチンコとの共生、チンコの世紀となることを心から願う。

で、私の話だ。続きを読む

tetuo2 at 15:35|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 日記 

風邪は万病の元

 頭が痛いのは風邪をひいたのが原因である。喉が痛いのも鼻水が出るのも風邪が原因である。今、感じている寒気と全身のだるさも風邪のせい、正直風邪をひいた程度でアンタそこまでって言うほど弱気になっているわけなのだが、この風邪をひいたのにはわけがある。俺のせいでは絶対にない。ある高校中退をして暴走族の道に進んだ堀江モンとは正反対の男がいた。いつからか腕には見事な和彫りが(噂によると刺青は和彫りのほうが痛いらしく、故に男らしいとされているらしい)施され、おっぱいパブの店長として六本木を我が物顔で歩いていた。月収は100万円を超え、それでも湯水の如く金を遣い、残った金は少しもないという男らしさ。これじゃいかん、人生考え直さねばと水商売から足を洗い、焼肉屋店長になる、そんな男がおりました。その方が俺に一言「今、俺、ダーツにはまってんだよね、今日行くぞ!」。是非、こんなことは丸の内OLの前では言わないでもらいたいのだが、断る術も俺は持っていない。バイトが終わり、正直嫌々、中野のダーツバーに総勢五人で向かった。早速、マイダーツを取り出し、飲み物を頼み、ダーツの機械にお金を入れる元暴走族、とりあえず4人で勝負することになったのだが、なんとその刺青の男がびりっけつ。心なしか機嫌を損ねてしまったようで、笑顔の絶対量が減ってゆく元おっぱいパブ店長。楽しい時間というのは瞬く間に過ぎてゆくものだが、退屈な時間は例え五分だろうと永遠に感じるもので、それが3時間だったら、それはもう地獄、生き地獄なわけで正直辛い。時刻は午前4時過ぎ、そろそろ帰らせてくれ。続きを読む

tetuo2 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年02月23日

思ったとおりだったな、武田・・・

 そうだよな、村浜みたいなもんに負けたらばれるもんな、そんくらいの怪我でも骨が・・・とか言って、茫然自失みたいな表情しとけばOKだよな。「本当は武田が優勝だった!」とか言われて、ワールドMAXには特別枠で出場だ、さすが、これぞ職人芸だ。ああ、頭痛い。どうにかして欲しいづら・・。

tetuo2 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

武田幸三になら多分勝てるな

 なにやら男臭さで格闘技界では人気な模様の武田幸三氏ですが、はっきり言いましょう。勝てます。僅差ですが勝てます。誰が?いや、俺が。それを証明できないのが心底残念でなりませんが、少しでも納得させてしんぜましょう。まず、武田氏の人気はいかにもうそ臭いではありませんか。私が観戦した(ALL TV)氏の試合は格闘通の言うところの「しょっぱい」試合ばかり、一撃という単語が悲しく浮いていました。小比類巻と肩を並べるしょっぱさではありませんか。何より、一撃を狙っているらしく一切攻撃を繰り出さないところが一番の驚きです。試合前に武田氏は「彼となら殴り合いになるでしょう」などと仰いますが、見事になりません。一昔前のイタリアサッカーのようです。まあ、そして2・3発ハエの止まりそうなパンチを放ち、「良いパンチだぁ!」という解説者の応援と共に試合は終わり、見事判定勝ち、あっそう、おめでとうございます。そして、胸を張って観客の大声援の中、花道を闊歩する姿はまさに男の中の男、格闘技を追求するというよりは男道の求道者として人の目には映るようです。本当かよ。そんな姿ばかり見せてくれるのに、何で、多くの人は武田幸三のファンなんでしょう、「あいつは本物」的な目で温かく見守るのでしょうか。もうわけがわかりません。どう見ても強くないじゃん、多分、本牧喧嘩会の方が強いじゃん。どうなのよ、どうですか。私なら、まあこうですね、まずそのソフトバンクの松中系の顔面を小ばかにしつつ左に回り込み奴の右脳めがけてはじめの一歩で覚えた左フックをお見舞いします。そこで奴が崩れ落ちてきたところをリフティングで鍛えた右ひざを食らわせ一蹴!ということになるでしょう。こんなもんです。それでも強い強いと言われ続ける武田氏ですが、本日なにやら日本代表決定トーナメントとかいうゴールデンタイムに相応しい面々の出場する胡散臭い大会に出場しています。山本KIDの欠場でTBS番組プロデューサーの嘆きが聞こえてきそうですが、それを打ち消すように武田氏の「やったぁーラッキー、相手KIDじゃねーぞーう!!」という大喜びな男らしい奇声が聞こえてくるようです。本当は強くねーんだろ、別にやるっていうならやってもいいぜ!あっでもあれね、今、風邪ひいてますので、それが治ってから宜しくお願い致します。

tetuo2 at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スポーツ 

フーフー

 口でしか息できないヅラ・・・。リコリスにアミノバイタル、ゼリーみたいな奴飲んだからもうすぐ治るヅラ・・・。一昨日あんなことしなければ・・・ちくしょー、あいつのせいだ・・・フー、苦しい、何か寒いづら。

tetuo2 at 19:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

ハァハァ

 寒気に加え、頭も痛くなってきたヅラ・・・。鼻の下も痛いし、本格的に辛いヅラ。あのせいだな、あのせいで、こんな目に・・・。

tetuo2 at 18:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

ううう

 本当に風邪ひいた・・・。喉が痛いづら。

tetuo2 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年02月19日

スラムダンク〜あれから10日後〜

101abedc.jpg 新宿高島屋13階玉寿司の金券を貰ったため、わざわざ新宿に行って、寿司を食った。相変わらず、どこで食っても寿司の味は変わらない。かっぱ寿司は最高だし、肉まんはヤマザキのものが甘くて美味いし、俺はメロンが嫌いだ。そんな味覚障害自慢をしたいわけでもなく、さっと寿司を食って、紀伊国屋書店に寄った。たくさんの本があり、話題の本は平積みされ、「1000の風になって」(講談社版)はいまだ人気のようだ。とりあえず、本を三冊買い(うち一冊は「ニート」懐かしの玄田さん著)、コミック1階のコミックコーナーへ。恥ずかしいけど告白しよう。安野モヨコを買ってしまった。恥ずかしい。でもこれには深い深い理由がある。高校生の頃、中学生の頃には馬鹿にしていた「新世紀エヴァンゲリオン」にはまった。TVアニメ版はビデオで何度も鑑賞し、劇場版は2回も映画館に足を運んだ上、劇場でこっそり撮ってきた映像も2回観た。UCCのエヴァ缶は全種類揃え、カードも買い、日常生活でセリフまで多用していた。監督庵野秀明の本も購読し、さらには普及活動まで行っていた。ガチャガチャの大人買いも敢行した。今でも面白かったとは思うが、そんな危険な状態から生還し、正しい青春を最低限送ったとは思う。そして最近、案外有名なことらしいのだが、「ハッピーマニア」とか「花とミツバチ」とかのイケてる男女を書かせたら右に出るものはいないらしい安野モヨコ嬢が、庵野さんの嫁だと知り、驚いて、さらにはその漫画も出していると知り、読みたくなったわけだ。これで少しは恥ずかしさも薄くなってきただろう。続きを読む

tetuo2 at 10:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 日記 

2005年02月17日

世界選抜VS欧州選抜チャリティーマッチ

 ディフェンス本気じゃないとしても、怪我は絶対にしたくありませんというようなプレーだとしても、やっぱりみんな巧いぞ。本気でDFしなけりゃこのくらい簡単に点取るんだな。新潟チャリティーのスコアレスドローを思い出したら悲しくなってきた。

tetuo2 at 00:14|PermalinkComments(4)TrackBack(1) サッカー 

2005年02月16日

中田浩二移籍!

a23f00b4.jpg見ているだけでお尻の穴が痛い。中田浩二の会見での談、「求められれば何でもやります!」

tetuo2 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

デートCASE2

 今日は俺が遅刻してやる、しかも電車で行ってやる、ザマーミロ。ふふ、15分も遅れてやったぞ、どうだ怒れ、怒ってみろ、俺の気持ちを思い知れ。って来てないじゃん・・・。どういうことだ、ふざけるな。ん?メールか、「家出るの15分くらい遅れちゃった(顔文字)ごめんねぇ(星)あと15分くらいで着くよー(顔文字)」そうですか。もともとまともに来る気ねーんだな、おもしれー、やってやる、今日という今日は切れてやる、さあ、早く来い、来て俺に怒られろ、そして謝れ。15分経ったぞ、早く来い。こねーよ。15分じゃねーのかよ。何?何なの。おっ!きやがった。だから笑うな、笑いながら到着すんな。で、俺も笑うな。笑って許すな。まあ、今回だけはいい、どうする?何?何で電車なのだ?いいじゃねーか、俺の勝手だろ。兄貴が使っちゃっててさ、ごめんよ。俺も嘘ついてまで言い訳するな。買い物したい?勝手に話題変えんな。まあ、いつになく前向きじゃねーか。いいぞ、どこへ行くんだ。っていうか勝手に歩き出すな、目的地を告げろ。まあ、いい。よし、ここで一発、段差でつまづいてやる。よっと・・・こてっ、と。どうだ普通こんな低い段差でつまづかねえぞ、うけんだろ・・・。わかってる見てたくせに見てないふりしてんだろ。もうしねーよ。だからそんな嫌な顔すんな、っていうよりもっと気合入れた服装で着てくれ、アレだ、アレがあっただろ、何で着てこないんだ。どこで着てんだ。ん、ここか?ここで服買うのか、さあ、俺との買い物を楽しめ・・・。さーて試着していいですか?ギャグだ。女物の服を俺が・・・っておい!どんどん進むな、俺を置いていくな、女物の服屋だぞ、1人にするな。何?もう買い終わったの?相談とかしろ、これどうかなあとか言え!わかったよ、次はどうするんだ?もう用はないだと、俺にか!?何だ・・・この街にか、びっくりさせんな。飯は早いな、どうしよう・・。ん?とりあえずグッチにだって?まあ、いい、行くか。グッチはコッチかな・・グッチコッチグッチコッチ、わかってる無視だな、成仏くらいさせてくれ。おお荘厳な門構え、これがグッチか、物欲しそうな顔してやがる、そして俺の方見てやがる、とりあえず笑顔で返しとこう・・・。いずれ買うのか・・・俺。続きを読む

tetuo2 at 01:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0) DEEP LOVE・デート 

復活!吉野家牛丼!!

 2005年2月11日金曜日、一年ぶりに吉野家の牛丼が復活した。俺は松屋の牛丼より吉野家の牛丼が好きだった。吉野家が食券制にしないところやほぼ牛丼一本で勝負している意地っ張りなのか男らしいのかわからないところが好き、というわけではなく吉野家の牛丼の方が美味いと思うからだ。俺の住む中野という街にある中野通りは通称牛丼ロードと呼ばれる区域があり、そこには松屋、吉野家、牛丼太郎と牛丼屋が並び、日々厳しい戦いを繰り広げている。中でも牛丼太郎は200円という低価格で七色に光る肉の乗った牛丼を提供し、これがどういうわけか案外人気だ。そんな中アメリカ産牛肉が輸入しちゃいけないよ、という当局からのお達しによって牛丼一本だった吉野家は苦境に立たされたわけだが、俺は忘れない、安部社長のあの言葉を。「たとえ2・3年売上がなくても社員を食わしていける金はある」。会社は家族という日本企業において鏡となる社長だ。そんな格好のよさも手伝って2・11に牛丼が限定復活するとなれば食いに行くのが男の行動である。行ってまいりました。午後3時、大阪では車が吉野家に突っ込むというアクシデントがあったようだが、中野には関係なし。当然のように吉野家の前には大勢の人が列を成す。当たり前のように最後尾に牛丼を食うためだけに並ぶ。さすが吉野家、多少並んでいようと持ち前の回転の速さであっという間に席に着くことが出来た。そして俺は一年前のように言った。「牛丼大盛りたまねぎ抜き、あと味噌汁と卵ヨロシク」。が、その時だった。続きを読む

tetuo2 at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 日記 

2005年02月15日

火事です

 昨日、世の中はバレンタインデイ、馬鹿なカップルが焼肉屋でチョコレートをあげて、デジカメでパシャパシャと彼氏の喜ぶ表情を撮影している頃、我が家と目と鼻の先にある天理教施設が燃えた。幸い、死者は出なかったようだが、本当に近く、直線距離で200メートルくらい。別に身近な人が被害を被ったということではないし、保険とか信者からの献金とかですぐに立派な建物に建て直されると思うし、それほど大きな事件ではないだろう。小学校で先生刺されたり、ホリエモンニッポン放送株買う、フィリピンで爆破テロや柏原崇丸坊主と見せかけてオシャレとかの方がよっぽど事件性は高いのだろうけど、やはり自分の身近での事件はドキッとしてしまう。TVや新聞を見ているのとは訳が違う。いや、本当は違わないのだろうけど違う気がする。トニーの気持ちも少しは分かる。まあ、そんなもんなんだろうなと思う。イトーヨーカドーの事件の時は心底犯人が許せないと思ったけど、今ではそのことを考えている時間なんてほとんどない。でも、オレオレ詐欺に遭ったことや女に振られたときのことは今でもたまに思い出す。人なんて結局みんな自分のことしか考えていませんよね、とか言ってしまえば楽だが、そんなことでは少し悲しい。だから様々なニュースを見聞きして自分の生活や態度を改めるように務めようと思います。タバコの火は確実に消すぞ。その前にタバコをやめよう。それにしてもとある小学校の裏での火事だったんだけど、その小学校には週一度行っているし、その小学校にはたくさん知っている子がいる。確かにその子たちがどうってことはないけど、良く知ってる場所とかっていうのはドキッとするものだ。

tetuo2 at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

「24」シーズン3まで観終わる。

 ついに「24」をシーズン3まで観終わった。髪を結わったニーナも最高だった。これで普段の生活に戻れるが、どこか悲しい。バレンタインデイはバイトでチョコはサッカー関係のお母さんにしかもらっていない。悲しくなんかない。俺はニーナとメイソンとシェリーが大好きだ。エヴァンゲリオンではミサトさんが好きだ。そう言えば庵野さんの嫁って安野モヨコらしい。キムは巨乳だ。テリーの娘とは思えない。実は俺、日本滞在潜入捜査官なんだよね、秘密だぜ。

tetuo2 at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2005年02月14日

デートCASE1

 何だよ、また遅刻かよ、ふざけるな、つうか何で俺がわざわざ車でこんなとこまでこなきゃいけねーんだよ、っていうか何でわざわざガソリン入れてきてんだよ、何やってんだよ、っていうか早く来いよ。来い、早く来い。来た、何笑ってんだ、何かおかしいことでもあったのか、ごめん?謝るくらいなら早く来い。まあいい。どこへ行くんだ?どこでもいいだ?そう。じゃあ、チェックインということで、それは嫌だ?どこでもよくねーじゃねーか。そうか腹減ったのか?何?焼肉。いいだろう、いこうじゃねーか。焼肉屋に。いっちょ大きな声で歌でも歌って笑いでもとるか。ユーミンがいいだろう・・・・・・・・。おい、外見んな!大声で歌うギャグしてんだろ?ダメか・・。よし気を取り直してしりとりでもしようじゃねーか。よし、俺からだ。キリン・・・。どうだ!?いきなり「ん」だぜ、おもしれーだろ!笑えよ。いまいちか、そうか。まあ、いい。おっ焼肉屋だ。着いたぞ。入るぞ。財布?持ってけよ。何で持っていかなくていいんだ?俺はすでにガソリン代も払ってんだぞ、ふざけるな。いいよ、持っていかなくて・・・。ビールだ、ビールを持ってこい。俺の金だ、飲んでやる。さて注文だ、肉肉野菜・・・何?ユッケが食べたい?980円だぞ、わかってんの?食えよ。おっ来たな。さー焼くぞ。何だか、焼きやすそうだな・・・。笑えよ。焼肉なのに焼きやすいっていうスーパーギャグだぞ。何でわらわねーんだ。変だぞ。っていうか人といるのに携帯をいじるな、メールを打つな、何度もトイレに行くな。というより俺より肉を食うな。7枚のうち俺が3枚かよ・・・。もう一杯飲んで良い?別にいいよって何で俺が聞くんだ!俺の金だ、いくら飲もうといいはずだ。おかしいぞ。何?もう出るのか?俺達より先にいたカップルはまだいるぞ。そうか、それでも出るのか。しょうがない。7854円か・・・2円ある?って財布持ってきてないんだったな。8000円からでお願いします。さあ、帰ろう。コーヒーでも買うか?何おごってくれんのか?悪いな。すげー、美味いよ。ありがとう。高速代は俺持ちだ。コーヒー買ってもらったんだから当然か。おっ、何か新しいビル立ってるぞ、見てみろよ。ん?寝てるのか、そうか、もう夜だもんな。俺も眠いよ。着いたけど?ありがとうだって?そんないいよ、どういたしまして。じゃあ、また。さあ、家に帰ろう・・・。

tetuo2 at 01:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0) DEEP LOVE・デート 

2005年02月10日

マフィアの大ボスは捕まらない

 どうやら「24」のシーズン4が米国で放送開始されたようで、シーズン3を観終わる前から楽しみで仕方がありません。そんな中、今朝は日本代表のダサさからくる怒りから9時前には目を覚まし、新聞をペラペラ眺めていたのですが、国際面のとある記事が私のガラスのハートを見事射抜きました。今の状況にど真ん中の100マイル直球を放り込まれたような感覚です。記事の見出しはこう。「マフィアの大ボス また逃げる」。なんて心躍る見出しでしょうか。マフィアに大ボス、まあ逃げたという言葉を使うとせこい感じを受けますが、きっと華麗に去ってゆき、警察に小粋な「警察諸君、時間の流れ続ける限り、私を捕らえるのは不可能だ。そう、不可能なんだよ・・・」という置手紙でも置いていったことでしょう。ともかくその記事の内容をさらっと紹介すると、その大ボスの名はベルナルド・プロベンツァーノ、「ゴッド・ファーザー」のモデルになったルチアーノ・リッジョの部下だったらしく、40年間警察をひらりひらりとかわし続けている。そして昨年暮れ、イタリア当局が三年がかりで計画した強制捜査も見事くぐり抜けたらしい。警察内部にもスパイがいたりするのだろうか。ロマンがある。さらに捕まった部下の中には大ボス様を裏切った経験のある身の程知らずはがいるのだが、そいつが取調べ中に自殺するというスパイスまで利いている素晴しい感じな上、長年捜査を続けてきたグラッソという検事の暗殺計画まであるようで、現在「24」を観ているものとしては堪らない。世の中には映画や小説、ドラマや漫画よりもドラマティックな事件が今もどこかで起きているのだなあ。俺はPCの前にいる。

tetuo2 at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年02月09日

テレ朝登場!宮本と大黒

 宮本わざわざスーツに着替えてきてやがる。ジャージ姿の大黒、男子の好感度UP。スーツ姿で髪型も直してきた宮本、女性陣の好感度UP。おめでとうございます。

tetuo2 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

日本サッカーのダメさ具合

 とても驚いた。何に驚いたかというと北朝鮮のサッカーになのだが、試合前まではきっと良く走って、体ぶつけて、それでもヘタクソって感じが北朝鮮サッカーの印象だったのだが、試合が始まるとどうも日本よりも北朝鮮の方が良いサッカーをしているように見える。で、良いサッカーって何ですか?ということだが、簡単に言えば誰でも出来るサッカーだと思う。ドイツ人は体がでかいからセンタリングでも上げればでっかいFWがヘディングシュートを決めてくれる。アフリカ人は瞬発力がもの凄いからすげえスピードで相手を置き去りに出来る。こういうのは生まれ持ったものだから仕方がないのだが、そういった能力がなくとも相手に勝てるのがサッカーの魅力に違いないわけで、じゃあ、どうするの?と言われれば素直に丁寧にボールを繋げば良いというのは当然のことだと思う。しっかり止めて繋ぐことは別に特別な身体能力を持っていなくとも出来る。だからテレビ朝日の試合前の特集で日本の作戦はアレックスと加地がサイドからクロスを上げるみたいなことを大袈裟に言っていたが、身長の小さな北朝鮮には勝てるだろうけど、ワールドカップなら屈強なDFに高原、鈴木、玉田とかははじき返されるに決まってんだろ!何が目標なのかいまいちわからん!と思っていた。しかし、試合が始まれば、そんな厳しめの予想すら的外れで、日本は馬鹿みたいにセンタリングを上げ、北朝鮮は丁寧にボールをつなぎチャンスを作っていく。何だか、とても情けない気持ちになってきたのだった。続きを読む

tetuo2 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

おんとし24歳、ただだらだらと生きてきたわけじゃない。この相対的な世界で「俺なりに」という言葉を用いると嘲笑されるかもしれないが、頑張ってきた。それなのに・・・続きを読む

tetuo2 at 18:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

「THE GANG」

ffed7b9d.jpg皆様、ギャングという方たちをご存知でしょうか。ワタクシも噂にしか聞いたことがないため、大人が夜、子供を外出させないための怪談話のような存在だと思っていたのですが、どうやらギャング、実在するようです。ああ、心の底から恐ろしい。そんな真実を目の当たりにしたのは昨日深夜26時、バイトが終わり、お馴染みにレンタルビデオ屋さんリバティーに入店します。リバティーに入店した際、昔なら奥のほうの子供厳禁!コーナーに向かうことが習慣としてあったのですが、最近ではとあるビデオが借りれる状態にあるかのチェックが習慣となっていたのです。そのビデオの名が「ザ・ギャング」、パッケージからして左のような容赦のなさ。そんなビデオを発見した時の興奮といったら、その昔、よこしまな欲望を持って上京したばかりの女性の家のある八王子にノコノコ出向いた際その女性の前で悪そうな車から降りてきた悪そうな奴、いや方に顔面をパンチされ、花血が噴出し、栄光への架け橋を見事に描いた時によく似ておりました。そして毎日のようにリバティーさんに通い、昨日ついに本当についにレンタルすることが出来たのです。急いで、隣のコンビニで食料と飲み物を買い込み、24にもなって立ち漕ぎでチャリを走らせました。家に着き、ビデオを挿入、驚愕の「ザ・ギャング」は始まります。続きを読む

tetuo2 at 14:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 写真つき 

「24〜シーズン3〜」

メイソンのいない「24」なんて気の抜けたジントニックみたいなもんやわ。

tetuo2 at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 芸能 

2005年02月08日

みんな!!イギリスにもニートはいるから安心してね!

 今朝の朝日新聞朝刊を朝もとっくに終わってしまった昼過ぎにパラパラと読んでいるとイギリスがニート対策に力を入れているという記事が載っていて関係ないけど、本当に俺には全然全く関係ないけど、なんか興味を持った。記事を読む限り、現在のジャパニーズニートとブリテッシュニートでは感覚が違うようにも思ったが、確かにニートニートとカタカナの名前をつけて喜んでいる場合ではないらしい。関係ないけど。まあ、イギリスでは「コネクションズ」という組織が義務教育が修了した10代の若者が家庭崩壊や貧困などで職にもつかず学校にも通えず、カツアゲやかっぱらいに走らないようにするのが目的で、結局ニートの存在そのものが社会的コストになるから困るということのようだ。一方、現在日本でニートと聞けば、別に家庭崩壊や貧困などとはなんら関係もなく、なんかやる気しねえっつうか、世の中馬鹿ばっかりで話になんねえよ、そんな奴らと働く気にもならねえし、実際これといってやりたいということもないんだよね、誰かなんか用意してくんねーかな・・・えっ!飯できた?わかってるんだよ!ばばあ!!今、行くっつってんだろ!!みたいなパラサイトしてる人のことを思い浮かべるわけで、どう考えてもそのニートな人自身がグウタラしてるのが悪い、3000歩くらい譲って、そんな雰囲気な社会が悪いということで根本的に話が違うようにも思えるけど、新聞記事をぺらっと読んだくらいで、イギリスのことなんてプレミアリーグと天気が悪く食事がまずいらしいということくらいしか知らないから何とも言えないけど、みんな一生懸命生きたほうが多分楽しいよね、ということでOKなのかなと思う。続きを読む

tetuo2 at 15:49|PermalinkComments(1)TrackBack(1) 日記 

パロディ毒本

 我が家には本がたくさんある。そのほとんどがお父様のものである。少し倉庫を覗けばヘッセだハイネだスタンダールだディケンズだドストエフスキーだヘミングウェイだ中上健次だ坂口安吾だと歴史の教科書に出てくるような偉人さんたちの書物を発見できるわけなのだが、そんな偉人さんに近づこうと、その倉庫で「なんかねえかな」と暇つぶしになりそうなものを探していたら面白そうなものが出てきた。その名も「パロディ毒本」。わけのわからない写真、例えばモナリザの首から下を裸体に合成したものやブラジャーを眼鏡と間違えた禿げた白人のおっさんなどの写真に毒舌なコメントがさらっと書かれたものである。別にそれが面白いとかそんなことを言いたいわけではなく、エロ画像がダウンロード完了したからもう書くのをやめようとかそんなことではない。先に挙げたような本を熱心に読み漁っていたお父様がこのパロディ毒本を読んでどんな顔をしていたのだろう。冷静に分析していたのか、それとも腹を抱えて大爆笑していたのか、別にどうでもいいんだけど父ちゃんもこんなん読んでたんだなと俺は思った。

tetuo2 at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年02月07日

中村か小笠原か

 北朝鮮戦まであと2日、俺が中学生の時、わざわざ高速バスで鹿島まで駆けつけサインを貰おうとするものの、関係者に客の帰り具合をチェックさせ、イガグリボーイだった俺を三時間も待たせた憎きジーコは国内組をスタメンで起用することを決めたようだ。だが、まだわからない。注目は高原と小笠原。「スタメンで出れないならいきたくネーヨ」といった高原、「海外組がひょこり来てスタメンなら、俺すねちゃうよ」と言った小笠原、なかなか面白いことになってきた。どうせ北朝鮮なんかには誰が出たって勝てるんだから、とりあえずこの二人はスタメンから外して火に油を注ぐことを憎きジーコには期待したい。

tetuo2 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年02月06日

おい!こら!

人の気持ちというのは様々な要因でアップダウンを繰り返すものです。今の気分は最悪だ。以上。

tetuo2 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年02月04日

日本VSシリア観戦!

 ガラガラの二階席、若い女性客がよく目に付く。青いユニフォームを着てグランドに立つ11人の選手の半数はヒゲを蓄えている。ウルトラスとかいう団体はどんなプレーにも意味不明な声援を送り続け、わざわざ遠い国から来た選手にブーイングを浴びせる。近くの親父は馬鹿丸出しの野次を飛ばし、近くの子供は試合に飽きたのか騒ぎ出した。試合後、群集の一部となって駅に向かうと「宮本君格好良かったよね」「えー私は玉田君が好きぃ」などという会話が聞こえてきた。ふとモーニング娘のコンサートに行った帰り道でも同じような会話を聞いたことを思い出した。今朝の朝日新聞スポーツ欄によると「日本万全」らしい。その理由はおそらく3−0で勝利を収めたからだろう。どう万全なのかはわからない。北朝鮮に勝つのが万全と言うのなら随分前から万全だと思うが。これが日本サッカー界の現状である。まあ、俺も俺ではるばる埼玉まで電車を乗り継ぎ「なんか言われたらフランス代表買ったって言ってね」と言われ怪しい業者から「11番KAZU」と書かれた代表ユニフォームを購入し、食料と飲み物まで買い込み6000円もするカテゴリー1の座席で観戦しにいってしまうのだから人が良い。朝日新聞曰く「鈴木は不思議なFWだ。足元の技術はそこら辺の高校生より下手糞なのに、大事な時に点を取りやがる」。どうやら日本サッカー界はゲンク鈴木氏の強運に未来を託したようだ。是非頑張ってください。なんか悲しくなってきた。続きを読む

tetuo2 at 02:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0) サッカー 

2005年02月02日

DEEP LOVE〜あほやまチャンの物語〜

 今回ご紹介する方と私が出会ったのは、かれこれ四年ほど前でしょうか。華の女子高生生活を謳歌していたそのお方は私の前に颯爽と現れ、惜しげもなく、無駄にでかい一歩間違えば体育教師のようなサングラスを掛けた、どこからどう見ても浜崎あゆみです、という服装を見せてくれました。その節はありがとうございました。そして開口一番「お前さぁー、いくつ?」と仰います。いくつって何がですか、身長?給料?わかってます、年齢ですね。「20・・・」と元気なく答えさせて頂くと「ふーん」とそっけない対応をされます。一発ギャグで返さなかった私が悪かったと確信しております。そんな親のしつけがなっていない彼女の名はあほやまチャン、一家に一つコンビニがあると言われる大都会東京のど真ん中である中野シティーに、父上の精子が足りなかったのか、時代は中国!!一人っ子政策や!と思ったかはわかりませんが一人娘としてヌクヌクと甘やかされ言葉遣いという意味もわからず育ったシティーガールです。ちなみに喋り方は一時期大流行した馬鹿っぽいゆったりとした型を採用されています。そのヌクヌク感は実家のお風呂にTVが搭載されていることからもすぐに理解できますね。そんなあほやまチャンも無事高校を卒業し、某私立大学に進学します。そこであほやまチャンは恋に落ちたのです。続きを読む

tetuo2 at 10:52|PermalinkComments(5)TrackBack(0) DEEP LOVE・デート 

広告消してやった

 サーバーが重かったりするから、ただでブログやっていることは棚に上げて、広告を消してやった。ザマーミロ。

tetuo2 at 02:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

キッス

 「働く」って何でしょうか。簡単に言うと己の労働力の代価として金を貰うということになるのでしょうか。しかし、こんな労使研究者のようなことを言ってしまうのは元も子もない話で、そんなお金以上のものやお金以外のものがあるからこそその仕事をするし、その仕事場で働くんじゃないでしょうか。近年の若者はどうもお金よりもスキルアップを重視するらしいですね。その仕事場の雰囲気や人が好きなんてこともあるでしょうか。かく言う私も今現在、焼肉屋で働いてきたばかりなのですが、たった時給950円で毎日のように牛の臓器を切り刻み神様であるお客様に提供させていただいております。確かにアルバイト、お金のために決まっています。しかし、真にお金のためであるのならそんなしがない焼肉屋で働くことはなく、恋に溢れる「喜んで!」の掛け声が本気に感じられるような焼肉屋でアルバイトした方がまだましってもんです。では何故、その焼肉屋なのかと言いいますと、別にカンニングの太ったほうががよく来るからとか、俺はマゾヒストで店長様のパンチが心地良いからとかいう理由ではなく、今日のようなハプニングがあるからに他なりません。いや別にそんなことないかも。とにかくこれは今日のこと・・・。続きを読む

tetuo2 at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2005年02月01日

病気だな

 ブログも書かず「24」ばかり観てたら、「24」の中でジャックと一緒に活躍する夢みちゃった。

tetuo2 at 14:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記