季節の終わりに忙しい人と忙しくない人が

2007年10月04日

始めたこと

 会社で中途の社員がクビになりました。何か謎の多い事件でしたが、人は見かけによらないものなのだなあとか思いました。理解に苦しみましたが、なんだかんだ言ってもルンゲ警部のようにその人の立場になって考えてみると案外、まあ、そんなもんなんですねとわかるような気がしてきます。40代で嫁も子供もいて、子供なんてもう随分大きくて、物腰が柔らかで、若い感性もあって、文句も言わず、腹も出ず、ちょっとギャグがつまらないくらいの良いオジサンでした。一緒に働いていて息苦しさうぃ一切感じないタイプでした。確かにバリバリアピールして引っ張ってくぜ!といったタイプではないけど、いろいろな働き方があるし、いろいろな価値がありますので、我が社ではとても貴重な存在だったようにも思います。必死に平均年齢を引き上げてくれた人でもあります。でもやってはいけないことをしたらしいのです。私なんかには事の本当の真相はわかりませんが、予測だけは出来てしまいます。そんなことよりどうするのでしょう、今後、家族いるのに。まあ、人生何があるかわからないということなのでしょうか。

暇があるとつい悪さを企ててしまうかもしれないし、魔が差すかもしれないし、だからこそ何かを必死にやっていた方が良いとも思います。ということで、最近いろいろ始めてます。
 
夜、風呂に入ることにした。そしてストレッチを始めた。ついでに夏を目指して腕立てもしてみた。プレミアからエディウスにした。朝、布団を畳むことにした。朝、早めに起きることにした。バイクを買うことにした。タバコはやめられなかった。昔買ったポルトガル語本を常備することにした。なるべく帽子をかぶらないことにした。食べ物は左側で噛むことにした。人に優しくすることにした。ふふふ。

まあ、どれもむつかしいことではありません。



tetuo2 at 01:40│Comments(0)TrackBack(0) 日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
季節の終わりに忙しい人と忙しくない人が