体感!オレオレ詐欺!!3〜許すまじ!〜大久保嘉人は素晴しい

2004年10月29日

体感!オレオレ詐欺!!4〜許すまじ!〜

 やっとのことで詐欺に気づいた俺たち。簡易裁判所の職員に「オレオレ詐欺」という言葉を聴いてややカラフルな思い出が蘇ってきたのだす。オレはとある情報をキャッチし、大いに笑い、知り合いという知り合いにそのことを脚色した上で報告し、楽しい時を過ごしたのだった。その情報の内容とは「中学の頃の同級生が『オレオレ詐欺で捕まった』」というものだ。それを聞いた俺は嬉々として「はは、今更オレオレ詐欺かよ、ははは、さらに捕まってやんの、はは、ははははは」満面の笑みを浮かべたものだが、今回そのことを思い出したオレも「ははは・・・」と乾いた笑いを浮かべることになったのでした。はい、まとめです。

 なんと、ナカムラ弁護士には電話をしても繋がらんのです。こりゃあ、決まりだなと思いつつもやはり兄貴の声を聞くまでは不安が残る俺たち。職員に「お金は払ってないんですね、それは良かった。しかし、オレオレは失敗してもその帰り道をひったくるという場合もあるので十分注意してください」と言われ、俺たちは簡易裁判所をあとにした。四谷の喫茶店で一息入れ、親父の「家族の絆を試すテストだったんだな、はは」という言葉が軽く鼻についたが、そこはいつものこと、ということで親父は仕事に戻り、母ちゃんは家に、そしてオレは急いでアルバイトに駆けつけた。焼肉屋を一人で商う獅子奮迅の活躍を見せる店長の姿が涙を誘ったが、本当に泣きたかったのは店長のようで「何もやってねえよ!!まあ、客が来ても断ろうと思ってたけどよ」というセリフの後に気づいたように俺への心配の言葉をかけてきたほどだ。少々恥ずかしながらも「オレオレ詐欺」でした、といった内容を話し、携帯を持ちながらいつも通り肉を切ったり、運んだり・・・。

しかし兄貴から一向に連絡が来ない。あれほど着信を残し、あんなにメールを入れたのに。まあ、いつものことと言えばそうなのだが。そして母ちゃんからは兄貴の連絡待ちのメールが入る。バイトを終え、急いで家に戻るといまだ心配そうな表情で毛布に包まり、ソファーに座る母ちゃんの姿があった。確かにオレもまだまだ心配な気持ちはあったためネットで「オレオレ詐欺」と検索を始めた。やはりもの凄い数のヒットがあり、同じような体験談や予防策などが山ほど載っていた。その手口の共通点は事故の被害にあったとされる人が今回のように小学生であったり、妊婦さんであったりとよりパニックを起こしそうな人物を設定していた。さらには今回の兄貴である立場の人の携帯を繋がらなくするような手口もあるようだ。無言電話やイタズラ電話を大量にかけ、電源を切らせたり、携帯の一時利用停止の手続きまで行うこともあるようだ。

他にもその家庭の息子が医者であることを知っていて「医療ミスをおかした」、または海外に息子がいる家庭には「海外でトラブルがあった」などといってオレオレ電話がかかってくるケースもある。父親の仕事場を知っていることもあるとか。そう言えば、今回の件でもオレは兄貴の電話番号を言ってしまったため、兄貴に不審な電話がかかってきたかもしれない。

結局、高笑いした兄貴の声を聞けたのは次の日の朝だった。オレも一緒に笑ってしまったが、母ちゃんは兄貴の声を聞き泣いてしまった。と、これで一件落着!お金も払わなかったし良かったね、というところだが、今日大変なことがわかった。近所の母ちゃんの知り合いにもかなりの確率でオレオレ電話がかかってきているらしいのだ。おそらく人に言わない人もいるだろうし、金を払ってしまったら間違いなく人には言わないだろう。我が家周辺だけでもものすごい事件件数になる。

いろんな手口がネットやテレビで紹介される度に奴らの手口の巧妙さは増していくだろうし、今回のように失敗すれば失敗するほど奴らはその失敗を次に生かすだろう。盛り場であそこが良くなかった、あれが悪かった、こう来たらどうする、などと意外に熱心にミーティングを重ねているかもしれない。「人が死んだ」という衝撃はあまりに大きい。絶対に許されることではないし、オレはその架空の小学生の女の子の冥福だって祈りたい気分だ。

これからオレオレ電話がかかってくることがある人がいたならば無理なことかもしれないが出来るだけ冷静に相手の話を聞き、引っかかったフリをして、逮捕につなげ、一泡拭かせて欲しいと思う。俺がやってやりたいところだが、犯人さんたちよ!もうウチにはかけないでくれ。また騙されてしまいそうだ。お願いね。

しかし、しかしだ、今回こう書いてみて相手と一番かかわっているのはどう見ても俺、どう考えてもおかしな不可解なことを言われているのもオレ。もしかしたら、一番騙されたのは俺で、オレが馬鹿であほでオタンコナスだからこんな大事になってしまったのかもと今ではちょっぴり恥ずかしい。

でもよ、こんなことすんじゃねーよ!!犯人たちは是非地獄に落ちてください。閻魔様お願いします。ばーか、ばーか、ばーかばーかばーか・・・・・・。

tetuo2 at 11:01│Comments(2)TrackBack(0) オレオレ詐欺 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by タキ   2005年01月26日 23:36
今更だけどこれちゃんと読ませていただいたよ。久々に時を忘れてのめり込ませていただきますた。おもろかったってかホント怖いな・・・実際に払っちゃわなくてよかったよ。うちのおかんにも警告しておき、肝に銘じておくわ。。。
2. Posted by yuka   2005年05月13日 14:36
はじめまして。保釈金詐欺の実体験読まさせていただきました。私は今保釈保証金のみを立替すると言う会社に勤務してます。ので人事ではないと思い感想を書かせていただきます。
まず書いてあるとおり、刑事事件をおかしてしまっても、日本の法律ではまだ起訴前の保釈は認められてませんので、捕まってすぐに保釈させてあげることはできません。
保釈制度はありますが、保釈請求しても約5割の人しか実際に保釈されません。
私は勤務している会社は、こういう詐欺事件が多発してしまったら、どうすれば皆さんに信用してもらえますかねー?本当に低金利で(期間4ヶ月、立替金の4パーセント手数料、事務費3万円、前払い)で仕事している人にとっても、大打撃です。ふざけんなーと言う感じです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
体感!オレオレ詐欺!!3〜許すまじ!〜大久保嘉人は素晴しい