たばこ

2007年09月23日

続く禁煙生活

タバコをやめて4日が経ちました。本日最大の危機は社外での仕事中に何でか会社に戻ることになった、そんな時でした。私は車を軽快に手の平で走らせていたため、自然と運転席の窓を全開にし、とても男らしい直径15センチの二の腕を車外に出し、風を感じていました。するとどうでしょう。無性にタバコが吸いたくなるのです。これは困った。何故なら私は禁煙しているのですからタバコを持っているわけが御座いません。瞬間、買うか!と私の人生を27年間邪魔し続けた悪魔がささやきますが、鋼鉄の意志を持った私は「いや、買わない!会社に戻ったら、誰かに一本だけ貰おう」と強く決めたのです。自分で言うのもなんですが、一度決めたことをやり遂げる実行力は中野区随一と言えるのではないでしょうか?しかし、まだまだ社会人3年目の私は仕事に追われると何かをおろそかにしてしまいがちなヒヨッコな一面も御座います。会社に戻り、用を済ませ、さて仕事場に戻ろう!とエレベーターでエントランスに向かい、車に飛び乗ると、もの凄い勢いでアクセルを踏んだのです。気づいたときには遅かった。「嗚呼、タバコ貰い忘れた」どうしよう、頑張ったから吸えるはずだったのになかったら吸えないじゃないか・・・。ここで勢いを取り戻した私の人生の足を力強く引っ張り続ける小悪魔が甘くしかしはっきりと囁きます。「タバコを買おう!2箱も3箱も買おう!!」しかし、男が一度決めたことそう簡単に撤回するわけもなく、小悪魔の囁きは無視して1箱だけ購入するという意地を見せたのでした。

ということでこんな最大の危機も無事乗り越え、着々と嫌煙家の道を邁進しております。やっぱり禁煙するとご飯が美味しいですね♪「それにしても、また3番目とはね・・・」ってどういうことなんだっ!!!

tetuo2 at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月20日

禁煙初日

1日が過ぎました。今朝、目が覚めると、どうしたわけか禁煙を決意したのです。ちょうどよく前日の残り分も無くスムーズに禁煙生活に突入できたわけですが、何とか1日過ごすことができました。

目が覚め、禁煙を決意し、母ちゃんの作ったおにぎりが昔に比べゆるくなっている事に少々の悲しみを感じ、風呂に入って歯を磨き、「30歳までには剥けるかな」と悲しみを誤魔化しました。風呂上りの一服はへの欲求はあっさりとクリアし、オレンジジュースを飲んで、会社に向かいます。新聞とグレープフルーツジュースをサンクスで購入し、「コーヒーを買わないところが禁煙への固い決意を感じるな」と誇らしく思いながら出社し、新聞を読み、今日すべきことを整理すると一つ下の乞食みたいな3人組が「飯行きますか?」と声をかけてきたので、昼飯を食いに。3人とも人の固い決意も知らずにオーダーを済ますと流れよくタバコに火をつけます。「俺、今朝から禁煙してんだよね」「そうですか」プカーとするので、「そうなんだよ」と目の前に座る一週間前に「退職届」を出した男のマルボロライトを1本貰い気持ち良くタバコを吸います。いや、落ち着くね、こりゃあ。とんかつ定食はとても美味しく、美味しい食事の後の1本は大人のたしなみと言うことで退職届男のタバコをもう1本貰い指が熱くなるまで吸いきりました。

固い決意は続きます。吸いたい気持ちをエヴァンゲリオンの次回劇場版を夢想してニヤつくことで押し殺し、夕方まで、夜中まで懸命に働きます。食後は1本も吸うことなく家路に着くことに成功します。これはいいぞと母ちゃんのタバコをこっそり奪い一服しつつ今後への決意をさらに固いものへと変えていったのでした。

ということで、禁煙初日は3本の喫煙で済ますというこの上ない成果を得ることが出来ました。お金もかかるし、体に悪いしという2大禁煙理由の前者は完全にクリアしてしまったのです。今日はタバコを買っていないのです。そうなると貰いタバコさえやめれば見事完全禁煙の成功です。ゴールは近い!ということで一服して寝ることにします。明日も頑張るぞ!!

tetuo2 at 01:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年09月19日

30歳まで3年切りましたので。

30歳になったらこの世の終わりってことではないですが、30歳と言う現実は胸にドスンと重く圧し掛かるらしいです。だからというわけではないですが、タバコをやめます。お金もかかるし、体に悪いし、体も重くなるし、時間の無駄だしと良いことは何も御座いません。なのでやめます。今朝、目が覚めたとき「タバコをやめよう!」と思いました。ちなみに昨日の朝は500円玉貯金をしよう、おとといの朝は毎日お風呂に入ろうと決意しましたが、すでにそれらは儚い夢になっております。ということで今回の禁煙は本気です。

tetuo2 at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月30日

タバコまた増税

そうか、明日から増税ですか、20円UPですか、3000箱で6万円も値上げですか、これはアレだな、よくあるアレだ、増税の度に幾度となく心に誓っているアレのシーズンが来ましたね。禁煙!!なんてことは今回一切致しません!!3万円分のタバコを買ってやりました。5カートン、1000円も得してやりました。やったぜ。でもですね、何故、今回禁煙をせずに、しかもその逆に不健康街道まっしぐらな行動を取ってしまったかと言うと、別に我が家がガン家系ではないような気がしてきたわけでも、若者のすべてを大人借りして少ない休みを利用したとか、もの凄い嫌いな奴が嫌煙家で副流煙殺人を狙っているとかそういうわけでは御座いません。むしろ本当は辞めたい、辞めたお金で地雷でも撤去する資金に当ててあげたい、でもですね、わたくし非常に意志の弱い仮性野郎でして、そんなどこの誰かもわからない人たちの地雷危機のために胸のつかえスッキリのタバコを辞められないのです。まあ、そんな辞めるとかそんなことは未来のもっと大人になった社会性とモラルそして気品溢れるダンディーワタクシに任せるとして、今はどう考えても辞められないのですね。だからこそ、少しでも危機的状況だと理解させようと思い、5カートンいってやりました。つまりね、たくさん吸うじゃないですか、たくさんあると。それで、驚くほど早くなくなった5カートンを見て、ワタクシ絶望するのです。嗚呼、肺が真っ黒けだと。どうせ、俺の肺がんの執刀医はJ2レベルの医者だと。そうなると死ぬのかな・・・なんてセンチメンタルな気持ちになるに決まってます。そうなれば、もしかしたら、ちょっと未来の私は禁煙を鉄のような意志で開始する可能性がなくもない。そうなればラッキー、見事にタバコが辞められました!と嬉しい気持ちになるはずです。そんなことを考えながら、ワールドカップ準々決勝に備え、ビールとタバコを買いました。別にどうでも良い話です。

tetuo2 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月27日

禁煙生活一週間経過報告

 煙草と縁を切って一週間、体の具合はそこまで良くはない。何かにつけてイライラするし(このイライラは禁煙と関係のないもののような気がするけど)、煙草を吸っているわけでは二のに風邪気味で喉がイガイガし、咳が少し出て、鼻水はもの凄い出る。でも、体はいつもより気のせいかもしれないけど軽く、風邪の治りもいつもより早い上、風邪に気づいた時点から悪化することはなかった。携帯も新しくなった。際立つ問題があるとすれば、口に何かを入れていることが多くなってしまったことくらい。甘いものを良く食べて、心にコギャルを飼う仮性包茎な俺はチョコレートケーキをこの一週間で4つくらい食べ、豆大福を2つも食い、その他は忘れたけど、何かが口に入っている、あっ!飴も良く食べるようになった。煙草を吸っていた頃は、ご飯を楽しいんでいる間に煙草を吸いたくなり、その時点から煙草が吸いたい欲求が食欲に勝ってしまうから、食事を完璧に楽しむという貴族な感覚が薄れていた気がする。でも太るのは困る。煙草も吸いたいかどうかと言うと、まあ吸いたい。車に乗ると特にそう思う。だけど煙草を吸えないような状況を作ってしまったし、とりあえず2月下旬くらいまでは本当に禁煙が続きそうです。まあね、八王子で一目で決して近づいてはいけないとわかる車から飛び出してきた極めて悪そうな人に殴られて以来の煙草だから別に何の愛着もないです。しかも確か女の子の前でぶん殴られて鼻血がさすがに笑っちゃうよってくらい出た以来の煙草だし一切こみ上げる想いみたいなものもないです。そうだよな、やっぱりあの時の悪者のコブシ砕けちゃってたかな、もう箸も持てないだろうな、一言謝りたいな・・・。

tetuo2 at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月20日

本気禁煙2日目

 はっきり言って本気です。ただいま禁煙31時間続行中、今回ばかりは本気です。こうしてパソコンの前にいるとき、車の中、食事の後、我慢のハードルはぐんぐん高くなり、いつしかもういいかと諦めてしまいそうなのをぐっと我慢した31時間。俺、禁煙してんだ、と誰も聞いてないのに言いたくなるし、マジ?すげえじゃん、と目の前で煙草をふかしたり、とても美味しそうに吸ったりして欲しい、そしてくっそぉーとか言いたい、でも自分で言わない限りほとんどの人は俺の禁煙に気づかない。こんな偉業に挑戦しているにもかかわらず、しかも本気で、誰もそれを気にも留めないなんて、英雄が生まれにくいお国柄だということが今回の件で良く理解できました。とにかく今は煙草が吸いたいという欲望が限界付近まで高まってきているはずだから、あと少し、この週末を抜けたら、本当に煙草なんて決して吸いませんという体が軽く、病気にもならず、肌に張りも出て、目覚めも良く、勿論眠りも深く、疲れも溜まらず癒えやすく、優しさに溢れ、文化的で人間的な生活が待っているはずです。煙草を吸っている人は全員肺に穴が開いて苦しんでください。バーカ、ターコ。あっそう言えば灰皿でも捨てよっと。

tetuo2 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月16日

本当に本当の今度はまじです

 禁煙始まりました。たばこをやめるだけで月に一万円貯金できる。五千ヶ月禁煙すれば家が建つわけだ。頑張ろう。

tetuo2 at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月08日

オレ IN HAWAI

 11月、おそらく人生で最もタバコを消費してやった。明日からハワイ、そしてマラソン、多分後悔するだろう。オレがアメリカ人として帰ってきた暁には、ジェイティー!訴えてやる!!うーん、胸が痛い。明日から禁煙します。

tetuo2 at 20:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2004年10月18日

悪夢再び!?

 ちょうど一年前の今頃だったと思う。タバコの吸いすぎと日ごろの不摂生がたたり、喉に強烈な痛みを患い、入院騒ぎにまで発展した。本当に気が狂いそうになるほど喉は痛み、食べ物どころか、水や唾まで飲み込めないほどだった。当然、薬も飲み込めないため。点滴三本を注し、座薬をアナルにぶち込むことでなんとか事なきを得たのだった。本当に苦い思い出で、タバコの吸いすぎには注意しようと心底思ったのである。しかし、時は流れ、ちょうど一年ほど経った今、再び喉が痛い。しかも一年前と同じようか場所が痛い。まだ、食べ物も飲み物も喉を通すことは出来るが、怖い。まあ、いざとなれば去年処方してもらった座薬が一本余っているから、突っ込んでみようと思う。

tetuo2 at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年08月24日

さよなら、シガレット

 どうやら朝起きてすぐタバコを吸う奴はニコチン中毒らしい。朝起きてすぐにタバコを吸いたいなんて思いもしなかった、というのは少し前までの話で、最近は暇も手伝ってか、目が覚める→パソの電源→飲み物→パソを見ながらタバコ2、3本といった具合に朝飯を食べる前にタバコをたくさん吸ってしまっていた。そこに冒頭の話を聞いた。びっくりしてしまった。おらぁ、中毒なのか?タバコなんて大学一年生の時、八王子で悪者に女の子の前で無残にも殴られて、鼻血が2リットルくらい出て、にもかかわらず、その娘の家で愛を体現しようとして断られ、翌朝こっそり帰る途中で、こりゃあタバコでも吸わなきゃやってらんねーやってことで本格的に吸い始めたくらいで、そんなチン毛も生え揃わないうちから親や先生方の忠告を無視するのがアイデンティティーだ!!と言わんばかりにプッカーと吸っていた訳じゃないのに、そんなオレが中毒だと!!!そんな馬鹿な!!ということで禁煙を始めた。災い転じて福となすというのは少し違うかもしれないけど、毒を持って毒を制す、というのはもっと違うけど、そんなことわざも使えるようになりたいなあ、とも思うけど、とにかく禁煙五日目に突入した。続きを読む

tetuo2 at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)