芸能

2011年01月20日

■ドラマ『夜王』聖也さんが△過ぎる

ドラマ「夜王」観ました。主役の聖也さんが△過ぎて震えましたのでご報告です。ドヤ眼力、ドヤ無口、ドヤウォーク、ドヤ演出、ドヤ衣装と男の必須アイテム5拍子がどれも100点満点中6000点の聖也さん。30過ぎましたが、今さらホストでも目指してみようかと思う一方、どう考えても聖也さんにはなれない口惜しさを感じます。ということで、聖也さんの△な部分をここにざっと箇条書きしておきます。ちなみに『夜王』というのは2006年にTBSで放送された「脇役の遼介(TOKIO松岡くん)が歌舞伎町NO.1のホストクラブ『ロミオ』でNO.1ホストを目指すも聖也さんには全く及ばない」というだけのテレビドラマです。

・スーツは基本動物柄な地球に優しくない聖也さんが△
・基本顔のヨリとドヤウォーク時のヒキカットのみの聖也さんが△
・聖也さんカットで必ず大音量で入る意味不明な効果音が△
・接客中、喋らず語らず微笑むのみのエスパー聖也さんが△
・夜のサングラスに疑問を持たせない聖也さんが△
・若手ホストに光速裏拳ビンタ中段+上段コンボで「消えろ」と凄む聖也さんが△
・白スーツ×白コート×赤バラ花束を担いで歌舞伎町をドヤウォークする聖也さんが△
・「下っ端ホストが3カ月以内に俺を抜けなかったらロミオ(ホスト店)はもらいます」と無茶な要求をあっさり通すネゴシエイター聖也さんが△
・「気安く障るな。ホストを舐めるなよ」と女子に本気で凄む聖也さんが△
・「2人で観たいって言いましたよね」と映画館を貸切るトンチ上手な聖也さんが△
・ドヤ聖也「バラ100本じゃ足りませんでしたか?」でギリギリガールズをイチコロな聖也さんが△
・常人「頼む!戻ってきてくれ」聖也さん「勝手にいなくなるな」が△
・常人「頼む!戻ってきてくれ」聖也さん「俺の派閥はまだ動かせるか?」が△
・「二度と俺の前に現れるな。手切れ金だ」と10年前に別れた女の借金5000万円分の小切手を投げ渡す聖也さんが△
・「1カ月以内にこの店のトップになる。3カ月で大阪一の店にしてやる。勝ちたいヤツはついて来い」と微笑しながら凄むも爆笑される聖也さんが△
・本当に1カ月後、道頓堀をドヤウォークする聖也さんが△

さて興味を持った方はDVDでも借りて観てくださいね。必見です。

tetuo2 at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月25日

西野カナ『Best Friend』の歌詞が凄すぎる

頼めば手コキくらいならしてくれそうなルックスで大変話題の女性歌手・西野カナさんに最近注目しているのですが、彼女の放つ性的な軽さはこの際置いておきまして、注目したいのはその歌詞です。コレがなかなか凄く、「そこまで言うか!」という驚愕の内容で綴られているわけです。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
(一部抜粋)
ありがとう君がいてくれて 本当よかったよ
どんな時だっていつも 笑っていられる
例えば、離れていても何年たっても ずっと変わらないでしょ
私たちBest Friend 好きだよ、大好きだよ
(中略)
何でも打ち上げられる ママにも言えないことも全部
誰よりもわかってくれる

嬉しい時は自分の事みたいに喜んでくれて
ダメな時はちゃんと叱ってくれる存在
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
凄くないですか、コレ。何言ってんの、お嬢さん、アホですか、いや凄いです。歌詞というのは詩、つまりポエム、想像力を喚起させる比喩などを用い、その人の中で噛み砕いてもらうことで、その人の思い出になったりするものだと思っていました。もしくはメッセージ性があり、社会に対して何か言いたいことがある、でもソレだってサエコの旦那並みの剛速球ではなく、アーティスト特有の鋭い感性で表現してくれるはず、と思っていました。しかし、どうやら西野嬢の中では違います。歌詞とは詩ではなく、作文、もしくは伝聞だという新解釈を提案、作文とは、まんま読めばいいだけ、わかりやすさが何より大事。だから「例えば」と具体的に事例も挙げることは非常に大切。そんな基本を忠実に守り、小学生並みの作文で提供してくれる西野嬢のホスピタリティには、心からクソな歌詞だと、ただただ頭が下がります。続きを読む

tetuo2 at 00:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年09月03日

青山テルマが身をもってカワイイは作れないことを証明している件


カワイイは作れるなんていう大人の嘘を身を削ってまで暴く姿勢には頭が下がります。唄上手で良かったね。

tetuo2 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月10日

オッス、俺、マナブ

「人生に必要なものは3つある。愛と友情だ」。2つしかねえじゃねえか、だって?おいおい、俺はそんな常識に縛られねえぜ、そこんとこ考えてくれよな、シュールな俺に無粋な突っ込みは恥かくぜ、まあ、そんな話はこの辺にして今日もナイスなナイトを演出するぜ、今日はな、アレだ、夏と言ったらやっぱりアレだ、花火大会、いいだろ、こんな時は俺も浴衣着るぜ、見たことあるだろ?俺の浴衣姿、見たことねえお塩素人はグーグルで画像検索して震えてくれよな、もちろん俺が花火大会に行くんだ、野郎ばっかのはずはない、伊達にアイドルキラーとか呼ばれてねえぜ、BUBUKAの奴らも相当俺のスター性で飯食ったよな、中元送れよな、おっ、きたきた、紹介するぜ、前々から狙ってるスケなんだ、銀座のクラブで知り合った飛び切りイカてるんだ、俺も大人になったよな、10代のアイドルはもう飽きたんだ、大人の女はやっぱりアッチの方も最高だ、今日の夜を孫の代まで語り継がしてやるぜ、おら、どけどけ、俺が通るぞ、道あけんかい、もちろんいちばん良い場所で見るぜ、ここだ、ここ、どーだよく見えるだろ、すげえだろ、この辺で、アレだな、いっちょ端正過ぎる俺の顔で見つめてやるか、これで落ちなかった女はいないぜ、いくぜ、よっと、ほーら、この通り、もうトロリンパだ、よし酒も入ったし、そろそろだな、今日はあそこ、ヒルズの部屋でも使うか、それにしても便利な部屋だぜ、ヒルズの部屋連れてってやるよ、でついて来ない女はいねえぜ、おっと、その前に一端確認だな、もしもし、今日誰もいねえよな?OK、じゃあ、今日は誰もよこさねえでくれよ、PJ、よし、と、さすが俺、抜かりないぜ、この辺のマメさが自分で嫌いじゃない所だ、おし、ついてこいや、いや、待てよ、これは俺としたことが脇が甘かったな、もし俺を付け狙う、パパラッチ供に見られたら面倒だ、別々に入るのがベターだろうな、2時間後に行くからよ、先に入って夜景でも楽しいでおいてくれ、ほら、鍵を渡しとくぜ、ふー、燃えてきたぜ、ユンケルで飲んでおくか…。続きを読む

tetuo2 at 02:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年06月15日

初夏に聴きたい名曲

ある時期からめっきり乗らなくなった車に乗って歌舞伎町を通り過ぎた辺りで流れてきた曲にがっちりハートをキャッチされましたのでご報告させて頂きます。2000曲入ったアイポッドからシャッフルで流れてくる曲ですからたまにこんな奇跡的な出会いを果たすことがあるのです。その曲の名は「熱帯夜」アーティストは今をときめかないSPEEDさんで、曲の内容を聞く限り季節は初夏、まさに6月の良く晴れた日のあかね空が美しい夕方にぴったりの1曲で御座います。MOMENTというアルバムに収録された曲で、メロディー部分は細目が好感度を支えるhiroさんが受け持ち、その切なげな声がメロディーにマッチし27歳の私をオリーブな世界にいざなってくれるようです。若い女の子が歌う曲の良い部分をしっかりと取り入れている点も出来の素晴らしさであり、「少女ラップ」と「語り」の2点が曲調を引き締め格調の高さを感じさせます。ラップはもちろん今やアメリカ人・HITOEさん中心に4人で歌い上げ、語りは上原たかこさんが担当と「私は自分の仕事をするだけです」というプロフェッショナルな一面も感じ取れます。

さて重要な内容ですが、恋する少女の相手がどいうわけかこんなに純情乙女な私を差し置いて他の女とデキてしまったのだが、諦めきれない、だけど返って今まで通りに接することもできなくてもどかしい、やっぱり諦めきれない、眠れない、良い娘じゃいられない、といった深遠でラブな内容の日本語歌詞の合間に「I WANNA BE WITH YOU」というJPOPの必殺ワードを過剰に取り入れ、テンポを上げた所でしっとりと「もしも私が彼女だったらすごくいいよ」とその理由は「尽くしますからね」という一点であるとのストレートな想いをRAPに乗せます。間奏などは入れられないほどそんな想いは高まり、「眠りたい」と「EVERYTIME」をかけた自虐的な駄洒落をサビに採用することで「私」の切ない想いをさらなる高みへと昇華させ、クライマックス寸前の語りでは「今日は今年一番の熱帯夜(中略)もう夜明けが近いよ」と恋心が最高潮まで高まり、初夏の夜に気温では測れない恋心の熱さを表現し、その語りの下手糞具合も少女の想いを計算高く表現しております。これらが完成度高く私の耳から脳髄へと響き渡ったのでした。夏が近づき腕立て伏せも急ピッチで行わねばならない時期になってきたのだなとしんみりしたのもこの曲の効能でしょうか。

こんな素敵な曲と出会い、信号待ちではウンコと少女と恥じらいの組み合わせが大好きな人の本を読みつつ、「明日も昼飯のことをランチと呼ばねばならんのか」とあかね空を遠く見つめ、センチメンタルになったのは久しぶりに車に乗ったせいかもしれません。脳髄に響いた「熱帯夜」で感じた切なさもきっと明日の朝には便となりアナルから流れてゆくことでしょう。

tetuo2 at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月22日

川島さんの鼻が成長しているような気がする

ヨーロッパから帰ってきて以来、学生のような生活に突入しております。昼に起きてサッカー行って、飯食って、何の役にも立たないブログを書いて、オナニーして、テレビ観て、漫画読んで、ダメな本読んで、ズーキーパーブーム再来で、深夜番組観て、現在CL決勝戦チェルシー頑張れをいまかいまかと待っているのその間の深夜番組フジテレビ、おお、久しぶりですね、川島さん、怪我とかいろいろあったみたいだけどワインで出来てるんですってね、失楽園でオナニーしたよ、高校生の頃、あっ、違う黒木瞳の方だった、すいませんとか思ってたら、アラ?やった?その年でやってしまった?成長してないですか、特に鼻、別に自分の金、もしくは旦那様の金でやっていることだろうから問題は一切ありませんし、美しくなることは良いことだと思うし、シャンパーニュのない人生なんてありえないし、どうなの?やったの、大丈夫大丈夫、人よりそういう人いっぱい見てるから別に偏見はあるけど興味本位なんでどうぞ。というかこの際やったやってないは抜きにして、鼻の成長によって川島さんは美しくなったのかというとそうでもない点が問題で、もともとそこらのマダムさんよりは美しかったのに何故そうしてしまったの、という点が川島さんらしくてとても良いとと思うのです。是非カミングアウトする勇気を遠慮せず渋めにラジオかなんかでドーンと発表、ヤフーニュース一面で日本中のマダムに成長ブーム到来ってのを期待します。頑張れ!柳本ジャパン!!最近、女子スポーツを観ると涙が出そうになりますね。

tetuo2 at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月21日

押切もえのブログについて

押切もえと世界に誇る巨人軍投手が熱愛しているらしく、これはホットなネタで正直あんなこととかこんなことの想像しかしなかった自分に嫌気が差しますが、その渦中の人・押切もえのブログを覗くと嗚呼、俺って正常と立ち直ることが出来ました。ありがとう。何が言いたいかというとコメント欄、これが大変、もの凄い数のコメント数なのですが、超ポジティブな内容のコメントしか掲載されていないことから、コメントが載る前に押切もえで飯を食っているどなたかが検閲しているものと思われるのですが、じゃないと整○じゃねえか、とかそんなコメントが載ってしまいますからそれは言いとして、世の中に今のところ約1000近くの頭がお花畑で「好きな色は?」と聞かれれば迷わず「ピンク!!」と答えられる、聞かなくとも「三度の飯よりピンクのハートが大好き」と言ってのけ、幸せな結婚さえ出来れば我が人生に悔いなしな方々がたくさんいるんだなあと思いました。結婚なんてクソですよ。話が多少ズレましたが、その検閲を見事通ったコメントたちの気味の悪いこと、書き込んだのは全員恋に恋する女子中高生だというのなら良いかもしれませんが、そんなはずはなく花も恥らう30女とかも中にいるのだなと思うと涙も出ません。しかししかし、「幸せになってくださ〜い(顔文字)」というコメントをぶっちぎる頭の中がお花畑というよりも、これはもう住所お花畑ではないだろうかと思わせるクリティカルなコメントがたっぷり。ということでそんなオモシロコメントのご紹介。

続きを読む

tetuo2 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月31日

さよならウッチー

 ああ、明日で終わり。ウッチーがついにスポルトから姿を消して、吉本興業の社員の嫁になってしまいます。きっと最近のイライラと正体不明な不安はこのせいだったんだなあ。さらばウッチー。明日はビデオに撮ろうと思います。

tetuo2 at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月26日

TRFの新曲はやっぱり最高

 俺の会社では、声が大きくなり活気付くという有難い訓示を受け有線放送が1日中流れている。社会人になって以来、あの激オモ番組ミュージックステーションを観れていないため、すべての音楽情報は会社で流れる有線放送から得ることになるのは当たり前だ。日によって、有線のスイッチを付ける人によって、流れる内容が変わるのは、まだ一年目の新卒社員がピチピチで、有線のスイッチを入れるという一見単純な行為にも自らの音楽センスが問われている!と意気込みお洒落な音楽を流そうと頑張っていた頃の話で、最近では毎日毎日毎日AYUと修二と彰で体を小刻みに揺らしている。そんな中、何なんだこの曲は!?自然と踊りだしたくなりますよ、何?どうなってるの?超楽しい気分になるんだけれど!?と思っていた曲があります。2時間に1度だけ訪れるその陽気でどこか懐かしい曲、ウンコの都合などで2時間に1度を聞き逃すと一気に退社を考え出すほどの影響力のある曲だ。素晴らしい。で、その曲が何だったか、誰だったかというと、現在8チャンでオンエアー中、魁!音楽なんちゃらという番組が教えてくれました。もう、納得、完全に納得、そういうことだったのね、なるほどね、そりゃそうだ、うんうん、まあ、よく考えたら、そうだろうね、買っちゃうよ、決めたよ、ということでTRFなのね、いやあ、嬉しいなあ、まだこんな曲を出してくれるなんて、嬉しいよ、元嫁のアメリカ人女性のようになってしまったアムロちゃんとは格の違いを魅せつけてくれたんじゃないでしょうか。中田よりKAZUの方が格好いいのもこんなことなのです。明日はCDを買います。正しいお金の使い方をします。

tetuo2 at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月25日

ダブルファンタジー次回最終回!!

 次回で最後!一体どうなるんだ。何で俺の人生にはあんなシーンがないんだよ!時間ギリギリで空港ってのがまあ通例だろうけど、どうなるんでしょうねえ、清水さん徐々に顔に対する額の割合が上がってるように見えるけど、ヨーロッパにお城持っているって言うしねえ、これでこのブログの社長さんが逮捕されたのと重なって、実は金で買えるものの方が少ねーんじゃねえのか、ポイズン!と渋く決めて一件落着ですかね。それにしても、アレだね、みんな、恋に悩むね、いいこと、いいこと。

tetuo2 at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月09日

凄い事実を知ってしまった

蝦ちゃんって三つ子らしいよ。当然、そっくりなんだって。

tetuo2 at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月15日

家なき子、できちった結婚の怪

オーバーオールにランドセル、黄色い帽子をオサゲの上にかぶり、現在の所得格差世界を予言するかのような名言を吐いた安達ちゃん、お父さんとの激闘を乗り越えたと思えば、次なる敵、大魔神の奥様に「今度は戦争だ!」と宣戦布告、社会的問題であったイジメを笑いに変えることに成功とめまぐるしくも大成功を収める思春期を送りました。その後は徐々に肌を露出するという典型的な成長を遂げ、いつの間にか24歳になっていたんですね。で、妊娠、結婚、記者会見という流れでCCガールズ潰しを敢行しました。それにしてもびっくりです。安達ちゃんは今でも幼いランドセル姿の面影が消えないのに結婚だなんて、もう大人なんですね。あんなことやこんなこともしているのでしょうね。こんなことならしっかり定時制高校編家なき子、美容専門学校編家なき子とかもやっててくれれば、わが子が巣立つ気持ちで記者会見を観ることができたのに、子供が結婚して子供を産むという妙な感覚を抱きます。この違和感は多分、安達さんが急に大人になったから持つものだと思います。いつからか、「はい、私は大人なのでそのように扱ってください」みたいな宣言を勝手にしてしまったため、みんなどう扱っていいのやらわからなくなってしまったんじゃないでしょうか。上戸アヤヤみたいな時期がなくて急にCCガールズになってしまった安達さん、子供の頃から芸能界で頑張らされて普通の楽しい青春とは縁がなかったんでしょう。同情はしません。お金ももちろんくれてやりませんが、どうぞお幸せに。

tetuo2 at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月22日

お宝は頂くわ(ハート)

 ルパン3世なんたなかんたらという奴が今日の21時から放送されるようですが、俺は観る事が出来るのでしょうか?確かに言われてみればそれほどのルパンファン、ルパン世代ではないのですが、どうもルパンというのは観なくては!という気持ちにさせる作品です。少し前、ケーブルテレビで初期ルパンが放送されており、偶然五右衛門とルパン仲間になる!!といった内容だったのですが、非常に面白く、敵だった2人が15分ほどで見事に友人になっておりました。とにかく今日も早く仕事を切り上げ撤収せねばと思う次第であります。面倒くさ。

tetuo2 at 08:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年07月08日

久しぶりのスポルト

 ウッチー、少し老けたかな・・・。本当に寝る。

tetuo2 at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月21日

生きがい、始まる!!

 もう俺にはコレしかないです。全日本男児の目指すべき象徴であり、全婦女子の憧れの的である30を越えた今も色黒茶髪を貫く男キムタクさんの新ドラマが始まりました。その名も「エンジン」、今回はレーサーだそうで、まあ、なんと言うかとりあえず頑張ってください。応援してます。もう今更職業なんて関係ないし、名前も関係ありません。キム様が出演しているという事実やその進化し続ける服装、自然で美しく愉快な仕草、声に出して読みたいそのセリフなどが重要なのであって、実際キム様がドラマで恋などをして頂けるのなら文句は何一つないわけで、素直に月9に出てくれてありがとうと申し上げたいだけなのです。ですから、レーサーだろうとニートだろうとホームレスだろうとAV男優だろうとドラマの人気には影響ないものと思われます。一つ欲を言うのなら、どうかキム様の邪魔だけはしないよう共演者ほかスタッフの方々には注意を促しておきたいところです。で、その第一回が先日始まり、わざわざ母ちゃんにビデオを撮ってもらってまで、楽しい時間を過ごさせて頂きました。何よりも意義のある、価値のある時間でした。一時間がこんなにも早く過ぎてしまったことが私の人生にあったでしょうか、いやありません。・・・・・とか下書きしたまま数日経って面倒になりました。ということで以上。

tetuo2 at 08:04|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年03月22日

そんなことより大変なことが・・・

 フジテレビですげえ番組がやってる・・・。筋肉番組買収しちゃったよ。相手が違うぞ。

tetuo2 at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

有名兄弟

 工藤兄弟が何か犯罪紹介番組の再現VTRに登場。なんてこった。新かせたいしゅうとの決闘が懐かしい・・・。

tetuo2 at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月15日

「24」シーズン3まで観終わる。

 ついに「24」をシーズン3まで観終わった。髪を結わったニーナも最高だった。これで普段の生活に戻れるが、どこか悲しい。バレンタインデイはバイトでチョコはサッカー関係のお母さんにしかもらっていない。悲しくなんかない。俺はニーナとメイソンとシェリーが大好きだ。エヴァンゲリオンではミサトさんが好きだ。そう言えば庵野さんの嫁って安野モヨコらしい。キムは巨乳だ。テリーの娘とは思えない。実は俺、日本滞在潜入捜査官なんだよね、秘密だぜ。

tetuo2 at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年02月09日

「24〜シーズン3〜」

メイソンのいない「24」なんて気の抜けたジントニックみたいなもんやわ。

tetuo2 at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月28日

キムタクさん四月新ドラマ!!!

「久しぶりに参加させていただく“物作り”に向けて、エンジンを温めています。完走できるよう、スタッフ、キャストとともにすてきなTEAMができたらなあ、と思います。待っててください」。お言葉ありがとうございます。さすがすぎて、何を言っているのかわかりません。

tetuo2 at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月26日

海外ドラマ

 昔、母ちゃんと兄貴が熱心に魅入っていたビデオがあった。そのビデオは続き物で当然最初にワン、そしてツー、さらにスリーと続きどこまで続いたのかわからないがエイトとかあったような気もする。さらに驚くべきことにツーだけがツーのスリーだフォーだとあり、全部で一体いくつあるのかもわからないほどそのシリーズは長かった。そのシリーズの名は「V(ヴイ)」。内容は全く覚ていないがざっと調べてみたところ、なにやらスパイだの陰謀だの最近聞き覚えのあるような単語が並んでいたため、ははーんと思った。今も昔もこれからもみんなこんな感じが好きなんだなと。

まあ、何故こんなことを思い出して一人満足しているかというと、我が家に来客がありまして、その客がですね、俺が別に観なくてもいいや、別に知らないわけじゃねーんだぞ、知ってるけど観ないだけだぞ、勘違いすんなよ、と思っていたとある海外ドラマの最初の巻だけ持っていただけならまだしも、わざわざ家に上がり込んできたくせに、すごい勢いで眠り始めたわけ。こちらとしてあんな話やこんな話を入念に準備して待っていたのに、そんな気も知らずに、「よく他所様んちでそこまで安らかな表情で眠りますね、ほんま尊敬するで」というくらいぐっすりでついつい布団を掛けてあげました。こうなったらその海外ドラマでも観るか、毎日の約束事である手淫でもするしかなくなるわけで、「人がいるのにそんな・・」って思う可愛らしい俺はその「24」を観始めたわけです。別に面白くもねーんだろ・・・。続きを読む

tetuo2 at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

国会が盛り上がってるぞ

 小泉首相様が舐めた態度で国会を沸かせた。たまたまリアルタイムで観ていたわけだが、案外面白い。森さんの時に観たかったな。

tetuo2 at 01:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「24(トゥウェンティーフォー)」

 私の名前は鉄雄、どうでもいいだろうけどニートだ。世界では様々な事件が起きているが、直接俺に関係しているものはない。2005年1月24日、この日も特に俺の人生で長い一日と言えることはないだろう。

0:00 バイトが終わり、店長に隠れてこっそりビールを飲む。隠れて飲むビールは格別だ。家に帰る前、コンビニに寄るが、立ち読みだけして何も買わずに帰る。家に着き、やかんに火をかけ、PCの電源を入れ、お気に入りのスウェットに着替える。やはりこの服装は落ち着く。コーヒーの出来上がりとPCの立ち上がりがぴったりと合う。ちょぉ嬉しい。メールを確認。特に大事なメールは届いていない。いつものことだ・・・。

1:00 メール確認も終わり、ネットを開く。MSNで気になるニュースを確認。今日もいろいろ起きてるんだなあ。ブログを適当にチェック。何だよ、毎日更新してんの俺だけかよ。他のHPも覗く。特に変わったことはない。ブログでも書こう。コーヒーが甘くて美味い。MSNメッセンジャーにサインイン。誰もいねーよ。

2:00 胸が痛む。タバコの吸いすぎだろう。眠くなってきた。TVの画面も砂嵐になってきた。寝るか?寝よう。

3:00 眠ってる。せめて良い夢みたい。

4:00 眠ってる。せめて良い夢みせてくれ。

5:00 眠ってる。何か物音が聞こえる。母ちゃんが起きたのか。犬の散歩か。頑張れよ。続きを読む

tetuo2 at 01:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年01月08日

ゼミ長!迫真の演技!

 大学時代の友人であるゼミ長は合コンになると人を貶めてでも己がモテようとする実に男らしい人物である。そんなゼミ長は周りが就職だ大学院だフリーターだニートだと色めきだした最中、とある決断をした。「俺、俳優になる!」と。その決断直後からゼミ長の姿を校内で見かけることは激減し、どうやら本気なんだな、と人々は思い、俺はどうか失敗しますようにと神に祈ったのだった。そんな後押しもあり、実は男前で長身のゼミ長は頑張った、バイトに精を出し、レッスンの金を稼ぎ、バイト先で彼女まで作った。卒業式にも参加せず、多くの舞台や映画を観て、本を読み、レッスンとバイトと彼女とのセックスに明け暮れた。そして消息不明になってから数ヶ月、2004年11月、「舞台やります。是非観に来てください(顔文字)」という一見コギャルのようなメールをメーリングリストで送りつけてきたのだった。俺は是非観に行きたかったがホノルルを走る予定があったため、丁重にお断りをした上、次回の鑑賞を誓うメールを送り返した。そして昨日、ついにゼミ長の舞台を観に行くことに成功した。ゼミ長とは縁もゆかりもない人物をわざわざ誘い、西荻窪にある「遊空間がざびぃ」という小洒落た建物でその舞台は始まった。続きを読む

tetuo2 at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月29日

「世界の中心でアイを叫ぶ」

「あとは好き、全部好き」。最高。名言。涙が止まりません。

tetuo2 at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年11月02日

DISって何だ?

 世の中には「DIS」という素晴しいものがあるらしい。オレもそうだったが普通に日々の生活をを送っている人はその素晴しき「DIS」を目撃することはないだろう(わからんが)。しかし「HIPHOP」というダークでポップでスリリングで帽子を横にかぶるようなイメージの言葉なら聞いたことがあるのではないか。どうやら「HIPHOP」というのは音楽のジャンルにあらず文化、「カルチャーだ!!」とその筋の方々は仰います。「HIPHOP」という文化、いやカルチャーの中にラップ(主に髭で坊主な人)やグラフィック(主に壁への落書き)、ダンス(主にバイリンガルな女)、DJ(主に無口)などがあり、それを総じて「シーン」という口に出すのは少し気が引けるような男気溢れる格好良い言葉で表されることもあるとか。そして今回の主役はそのカルチャーの中のラップを奏でるラッパーさんたちなのである。続きを読む

tetuo2 at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

中野美奈子アナ

 2連続でアイドルネタということで、いい感じに気持ち悪くなっているが、中野美奈子フジテレビアナウンサーの深夜番組ならではの衝撃発言はウッチーのモジモジくん姿と肩を並べる感動を呼んだ。オレがバイトから戻った深夜2時、PCの電源を入れ、TVをつけると、まあ、わけのわからない番組がやっていた。普段から特別観たい番組でもない限り「ついているだけ」という状態が多いため、その番組に関しては「そんなけ可愛かったらモデルとかドラマとかのお仕事これからいっぱいくるでしょう?」という何とも夢のあるセリフくらいしか記憶に残っていない。それから30分ほどマブダチのPCと親交を深めていたわけだが、そんな折に後ろで鳴るTVから聞こえたセリフに興味をそそられた。「ミナちゃん、ミナちゃん!ミナちゃんが一番エッチだなぁ、と思う言葉って何?」視線をTVに向けるとトカゲのようなドラゴンのような緑色のウンコのような人形がチャイナドレスに身を包んだフジテレビのアナウンサー中野美奈子に質問していた。画面の下のほうにはテロップが流れていてその番組がもう終わりだということがわかった。

「ナマ!!」これが中野美奈子の答えだった。えー!ナマってあんた、すげーな、おい、アナウンサーでしょ、何?ナマって、生ゴミ・生足・生肌・生春巻・生半可・名前・なまり・生意気・・・いや、違うよ、わかってんだ、もう24だし、えーあれですよね、ナマって、でも良くないんだ、保険の授業でも習うんだ、そーか、ナマか、ナマねぇ、ふーん・・・と錯乱してからどれほど時間が流れたでしょう。TVの画面は30分観ると死ぬと言われる砂嵐になっていました。いや、驚きました。久しぶりに心が動いたと言うかなんというか、楽しくなければテレビじゃないじゃん!以上。

tetuo2 at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年10月31日

あ・や・や

8598dc2e.JPG昨日、素敵な贈り物を貰った。松浦あやことアヤヤのLIVEDVD「私と私とあなた」だ。コピーのためパッケージがなかったのだが、代わりに著名なイラストレーターにパッケージを書いて頂いた。感謝!!(画像をクリック!)

それにしてもアヤヤはすごい。20歳とも23とも28とも言われているが、そう言われる理由もわかるライブパフォーマンスであった。一見、大人たちが金儲けにアヤヤを利用しているように思われるが、その逆だ。事務所、レコード会社、スポンサーに広告代理店、TV局などを利用し、僕らにはわからない壮大な野望にアヤヤは向かっているように思える。日々努力を怠ることなく。僕らは大きな声で声援を送りながらそれを見守るしかない。

本物URLhttp://suepon.com/ayaya/watashi-anata.html

tetuo2 at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)