鉄職人、温故知新のものづくり

製造業での技術伝承を中心に 書いています。

汎用旋盤MS-850リミットスイッチ調整

こんにちは

すでに工場はストーブを入れてます。



さて、仕事の話です。

先日のことですが、治具を作ろうとしたら旋盤が回らない!

いろいろ調べた結果、リミットスイッチみたいなので調整しなおしました。


リミットスイッチ



うちの汎用旋盤には、インバーターをつけていますので、

ブレーキをかけた時、機械付属のマグネットスイッチ用と、

インバーターの回転停止用の二つのリミットスイッチが必要です。

 (必要みたいです。電気屋さんに配線してもらいました)

上がマグネットスイッチ用で下がインバーター用です。

2つ同時に作動してくれるのが理想なのですが、リミットの当たりとなっている

鉄の板にかなりのガタがあり季節によっても微妙に変わります。

ねじ切りなどで、慣性状態(モーター電源OFF・ブレーキOFF)に

したい場面があるため、ブレーキペダルをチョンと踏んで操作が出来るように調整しています。

また、ブレーキペダルを踏んでから利き始めるストロークも出来るだけ

短くしなければ、ねじの切り上げの時など操作しにくくなってしまいます。

微妙な調整です。

鉄の板をブランコのようにして左上のマスターシリンダーを押してます。

鉄の板の下は、ワイヤーでブレーキペダルに繋がっています。

旧式のMS-850はこの方式です。正直あまり調子良くありません。

肝心の調整ですが、ブレーキから足を離すと両方のリミットスイッチが(ON)に

ならなければいけないのですが、片方のリミットスイッチが(ON)にならない状態になってました。

ブレーキから足を離しても鉄の板がストロークエンドのボルトまで戻りません。

ちょっと原因を調べましたが、ブレーキペダルと鉄の板を繋いでいるワイヤーが、
 
方向を変える為に複雑に曲がっていて、何箇所も当たりが付いてます。

原因追求はあきらめて、鉄の板を引っ張っているバネを強くすることにしました。



バネ



これがまた調整し辛かったです。ねじで調整できるようにしてほしかったです。

この機械は、マスターシリンダーを三回交換してますし、ディスクブレーキも

何度か調子取ってるし、今回もブレーキ関係に付随。

旧式MS-850はブレーキ関係がネックみたいですね。

私の機械だけかな・・・


電子書籍 

「未来職人を育てる極意」
  :時代遅れの町工場からハイテク化にもの申す

に当社の技術伝承の考え方を詳しく書いてます。
アマゾンより@99円でお求め頂けます。 




ホームページもぜひご覧ください!
 汎用旋盤職人養成
  西尾鉄工所のホームページ







にほんブログ村 教育ブログ 専門教育へ
にほんブログ村

「汎用旋盤職人養成講座」後半を終えて

こんにちは、

このまま秋だと思ったら、

また夏のような気候ですね。御自愛ください。




さて、当社初めての「汎用旋盤職人養成講座」

後半三日間も無事終了することが出来ました。

前半三日間と合計六日間の講座でした。


基本が大切ですので、そこは何度も繰り返し覚えて貰いました。


例えば、チャッキングでは、

振れの出し方やチャックにやさしい掴み方などを実習しました。

振れの出し方などは、なぜこのようにするかを説明し、

受講者の方に理解してもらうようにしました。


また、仕上げの工程では、

工作機械の構造を説明し、

だからこのような方法を取ることを説明しました。

下の画像が受講者様より依頼のあった、今回の実習の課題です。


課題



正直 初心者には、かなりハードルが高いですので、

後で見直して何度でも練習できるように、

工程表を用意し持って帰ってもらいました。




三時の休憩の様子です。(私、白髪が目立つようになってきました 笑)


三時休憩-1




コーヒーとおやつで一休みです。


おやつ、コーヒー






最後に、皆さんに感想をお聞きすると、

「実際に仕事をしている工場なので、機械や道具置きなどの配置が参考になった」

と言った私が想像していない感想も頂きました。公の機関ではこれは無理ですね。


初めてということもあり、私としても反省すべき点が見つかりましたので、

今後に繋げて行きたいと思います。

受講いただいた方々、お疲れ様でした。

汎用旋盤も設備されたみたいですので、少し間を置き見に行かせてもらいます。




電子書籍 

「未来職人を育てる極意」
  :時代遅れの町工場からハイテク化にもの申す

に当社の技術伝承の考え方を詳しく書いてます。
アマゾンより@99円でお求め頂けます。
 




ホームページもぜひご覧ください!
 汎用旋盤職人養成
  西尾鉄工所のホームページ




にほんブログ村 教育ブログ 専門教育へ
にほんブログ村

「汎用旋盤職人養成講座」前半を終えて

こんにちは、

夏はすっかり終わり、秋の風が感じられます。

人それぞれに当てはまる文字がありますね。

・・・の秋。





さて、先日、当社が構想を練りだして約6年になる

「汎用旋盤職人養成講座」に、初めてのお申し込みをいただきました。

しかも、私が出版した電子書籍をお読み頂てのお申し込みです。

うれしさが何倍にもなりました。

講座の内容は構想当初より、お申し込みいただいた方のご要望をお聞きし、

それに沿った形で当社がカリキュラムを立てると言う方法を考えていました。

今回は、「木工旋盤の治具や工具を作りたい」というものでした。

依頼者様は、木工旋盤の仕事をされている会社の方、三名様で、

社長様と社員の方二名様です。(掲載の承諾をいただいてます)



IMG_20170915_154523




皆さん木工旋盤の職人さんです。

近日中に、汎用旋盤(金属加工用)を設備する予定のため、

当社にお越し頂き、講義と私の加工しているところを見て頂きました。

IMG_20170915_154702





IMG_20170915_154638

作りたい品物を何品か提示頂き、その品物を課題として進めていきました。

皆さん、木工旋盤を使ってらっしゃるので、理解が早かったです。

社長様は、おそらく汎用旋盤(金属加工用)も使えると思います。

期間は、前半三日間 + 後半三日間の合計六日間です。

9/13・9/14・9/15で無事前半三日間を終了することが出来ました。

反省するところは反省し、後半につなげたいと思ってます。



電子書籍 

「未来職人を育てる極意」
  :時代遅れの町工場からハイテク化にもの申す

に当社の技術伝承の考え方を詳しく書いてます。
アマゾンより@99円でお求め頂けます。 



ホームページもぜひご覧ください!
 汎用旋盤職人養成
  西尾鉄工所のホームページ







にほんブログ村 教育ブログ 専門教育へ
にほんブログ村
電子書籍を出版しました
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ