鉄職人、温故知新のものづくり

製造業での技術伝承を中心に 書いています。

受注内容で全体図がよく解る

こんにちは

外はだいぶ暖かくなって来ましたが、工場内はまだ寒いです。

下がコンクリートなので、足元が冷えるからでしょうか。



さて、仕事の話です。

うちにある機械は全て汎用機で、NC機は一台もありません。

「全く時代遅れ」? の工場です。

このような設備の為、依頼頂く仕事は自然と

「NC屋さんが嫌う仕事」となりますので、

うちに来る仕事の内容を見ていると、旋盤加工の全体図がよく解ります。

 

M16 P=2、M20 P=2.5などのネジ切りを汎用旋盤で出来る方がだんだんいなくなってます。

切り上げが出来ないのと、バイトが研げないのがその理由だと思います。

一見簡単そうですが、加工したことのある方ならお解かりだと思いますが、

径が小さくて、ピッチが荒いネジは汎用旋盤では、バイトの材質が超硬は使えず、

ハイスになります。理由は、超硬で使えるであろう最低切削速度から逆算して、

その回転数では切り上げも出来ませんし、機械の親ネジやハーフナットの負担が

大きすぎる為です。

例えば、φ20で切削速度が50m/minとしても主軸回転は約800rpm。

φ16では約990rpmとなり、そのような回転で、ピッチ2.5mmや2mmなどの

送りを掛けては機械が可愛そうですし、ネジの切り上げもほぼ不可と思います。

もう少し回転を落としても使えそうに見えますが、仕上げはだめだと思います。

超硬は、少ない切り込みになるほど切削速度を上げなければ、むしれたような

加工面になってしまうからです。バイトの材質が超硬の場合は使い捨てのチップが

市販されていますが、ハイスになると自分で研がなければなりません。しかも、

超硬とハイスでは、ネジの切り方が違いますので、その切り方が解らないのだと

想像しています。NC旋盤のプログラムに入っているねじ切りパターンや書物に書かれている

ものは、超硬用のもので、そのままハイスには当てはまりません。

このあたりが、各職人さんの腕の見せ所の一つですね。

残念なことに、このような「腕の見せ所」にNC機を使っている方は、興味がないようです。

自分流の技を磨くのはすごく楽しいし、出来た時にはすごい達成感があります。

このようなことをひとつずつ積み重ね、職人は成長していくと思うのですが。

特にバイトは「職人の魂」と言われて来ましたが、この言葉の内容もやがては伝わらなく

なってしまうのでしょうか。うちに持ち込まれる仕事を視て、寂しささえ感じました。



ホームページもぜひご覧ください!

 汎用旋盤職人養成

  西尾鉄工所のホームページ




 

にほんブログ村 教育ブログ 専門教育へ
にほんブログ村

加工硬化

こんにちは

うちの桜もちらほら咲き始めました。

今年は少し咲くのが遅いようです。
 


さて、仕事の話です。

今回は、加工面の誤った認識のことです。

光沢を帯び黒光りしている加工面のことです。

何度も取り上げている技術的な問題なのですが、一向に改善される

気配すらありません。各加工者の技術レベルの低下は言うまでもありませんが、

過剰すぎるコスト削減が背景にあると思います。加工能率の追及です。

「旋削やフルバックの加工面が、光沢を帯び黒光りしていることが良い加工面である」

と思っている方が多いと思いますが、間違っています。光沢を帯び黒光りした加工面は

バイト(チップ)の切れがほんの少し悪い為、表面が加工硬化して形成されたものです。

本当にバイトが切れた加工面は、もっと白っぽい色になります。

そんなことはないと思われる方は、ヤスリをかけて見てください。表面が

硬くなっているのが解ると思います。昔は、旋盤加工などでこのような

仕上がりの加工面になると、「バイトがあんまり切れてないな」と言ったものですが、

今日では、この方がよく切れていると思わされている、様です。もちろん間違ってます。

製造業全体に言えることですが、素人化が進んだ為だと思いますが、

この光沢を帯びた加工面は瞬く間に業界に受け入れられてしまいました。

光沢を帯び黒光りした加工面の方が都合の良い「輩」よって、

誤った認識を植えつけられた様です。

不幸なことと思います。技術が間違った状態で伝わってしまいます。

バイトの砥げない方に、バイトの切れ味が解るはずがありません。



どのようにして広まったかを、旋削を例にあげると、

輩は、白っぽい仕上げ面に加工出来ないため(本当に良く切れたバイトでの加工面)、

その品物を排除することから始まりました。
 

検査の方の取り込みです。

まず、検査の方に「光沢のある仕上がり面の方がバイトが良く切れた良い面だ」

と信じ込ませたのです。

ヤスリをかければすぐに解りますが、白っぽい仕上げ面に加工出来ない業者

(輩の一部)を排除することになりますので嫌がります。

困ったものです。「赤信号みんなで渡れば怖くない」ですかね。

このようにして、本当にバイトが切れた、白っぽい仕上がり面は嫌われ、

少しバイトの切れ味の劣る光沢のある仕上がり面が好まれるようになったのです。

コストを追求するのも大切ですが、本当の技術を認めず、間違った事を正当化するのは、

いかがなものかと思います。このことにより、失われてしまう技術が悔しいです。

なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。

やはり、各個人的な技術力の低下だと思います。各個人の技術が高ければ、間違いを

指摘することが出来ますし、光沢を帯び黒光りした加工面にはそもそもならないのです。

私は、製造業の素人化をなんとしても食い止めねばと思ってます。

微力ながら、技術や職人の真実をブログ、電子書籍等で訴えて行きたいと思っています。

素人化とは怖いものです。






ホームページもぜひご覧ください!

 汎用旋盤職人養成

  西尾鉄工所のホームページ



にほんブログ村 教育ブログ 専門教育へ
にほんブログ村

14号 A 引張り試験片(JIS Z2201)

こんにちは。

冬本番ですね。寒いです。



さて、当社によく注文頂く「引っ張り試験の試験片」です。


特注の鋳造品の為、ロットごとに引っ張り強度を測定するみたいです。

材質はSCS14(SUS316相当の鋳造品)です。

30本/ロット位の数です。

材料(全部)





仕上がり形状は、真中がφ14、両端がφ20、全長が236mm。

下の画像のようになります。

仕上がり(試験片)






さほど難しい加工ではありませんが、材料を見ると厄介な突起があります。

材料(試験片)


いやな突起ですが、この突起があるので当社にお声を掛けて頂けます。

ありがとうございます。工夫して加工いたします。

この突起にはロット番号が刻印してあります。





工夫と言えばこちらも
 
最終工程R仕上げ(修正済み)



R15の仕上げ加工には、自分で作った工具を使います。いつもながら企業秘密です。

バイトはモーマックスの完成バイトです。ストレート部との継なぎ目に

注意して加工します。φ20との角はこれも自作の対抗刃物台にバイトを付けて

面取りをします。一工程でR部完了です。左右対称ですので、ひっくり返して

チャッキングして反対側のR部も同じように加工出来ます。

最後にロット番号を書いて加工終了です。
 
ロット番号





 加工自体はNC旋盤の方が断然速いですが、

鋳造品で突起部があり材質がSUS316となれば

工夫が必要です。当社の出番です。取引先様に気に入って貰えたみたいで、

注文数も増えるという嬉しい連絡も頂きました。

汎用機を使い道具や段取りを工夫し、頑張っていきます。




ホームページもぜひご覧ください!

 汎用旋盤職人養成

  西尾鉄工所のホームページ







にほんブログ村 教育ブログ 専門教育へ
にほんブログ村
電子書籍を出版しました
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ