ブログ「わが道を行く」

本業の加工のことや、趣味その他のことを 書いてます。

四ツ爪で2ツ割れの加工



こんにちは

もう2月ですね。

早いものです。


さて、仕事の話です。


1



上の画像のような2つ割れの加工をしました。

マシニング加工した物を支給いただいて、弊社は内径のみ加工しました。





2


16mmの隙間を開けて2つをひっつけて内径のV形溝を加工します。

見たところは、Vベルトの形そっくりです。

入り口の幅が9.22mm、

底幅が3.4mmで両側 R1ですので、ストレート部は計算上1.4mmとなります。

深さが片肉8mm、角度が40°ですので、Trねじの30°より少し広いです。

みなさんならどのように加工されるでしょうか?

材質はS45C(調質)です。

段取り自体は取り付け穴も開いてますので、16mmの板を挟んで、

四ツ爪でつまめば良いので、何てことないのですが、

問題はバイトですね。

まさかこの形状そのままの姿バイトを突っ込むわけにはいきませんので(笑

ちなみに、溝の精度はそんなに必要ないです。

内径の小さい径がφ86、底径がφ102です。(内径部分の厚み14mm)

片肉8mmは案外深いです。しかも底幅が両側 R1で3.4mm。

このような加工を請けるところだんだん少なくなってきましたね。

1セット加工するのに、16mmのかまし板と専用バイト作ります。

それなりにコストかかりますし、技術も必要です。

NC旋盤で加工出来るのかどうかは解りませんが、

バイトが研げないと加工出来ないと思います。

市販のものではおそらく対応不可でしょうから。

もちろん

バイトは職人の魂

ですので非公開です。









電子書籍 

「未来職人を育てる極意」
  :時代遅れの町工場からハイテク化にもの申す

に当社の技術伝承の考え方を詳しく書いてます。
アマゾンより@99円でお求め頂けます。  



ホームページもぜひご覧ください!
  汎用旋盤のお助けマン
   
西尾鉄工所のホームページ












にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村




新年を迎えて

あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろお世話になりました。

本年もよろしくお願い致します。



さて、新年ですが、昨年を振り返っての記事になります。

暮れに更新が出来ませんでしたのであしからず。

弊社には「加工」「技術伝承」の2つの部門がありますが、

技術伝承部門では、弊社が構想を練りだして約6年になる

「汎用旋盤職人養成講座」に、初めてのお申し込みをいただきました。




加工部門では、セーパーの加工の依頼が増えました。

「セーパー」で検索すると弊社がトップに表示される

ことが大きいのかもしれません。

面白いことにV溝を入れる加工が重なりました。
V溝(小)

滑り止めV溝

テ-パーV溝



V溝を入れるとき、サドルをピッチ分送りやすいように

セーパーのクロスの送りハンドルを作りました。

下の画像が旧ハンドルです。
ハンドル(旧)



そして作ったハンドルです。
セーパーハンドル



手を三つにしてますのでハンドルのはめ合いクラッチを

かみ合わせたまま操作できます。



次の画像は深い掘り込みです。

加工時間はご想像ください(笑
深い掘り込み





次の画像は、異型の加工です。

汎用旋盤、汎用フライス盤、セーパーと三台の

機械を使って仕上げました。
異型品





新素材の試験片も作りました。

下の画像のさまざまな形状の湯口から切り出して加工します。
新素材


切り出したところです。
切り取り






弊社製の汎用フライス盤にテンションプーリーも作りました。

ベルトが少し振動してたのがなくなりました。
テンションプーリー





マグネットリフターを購入し、作業能率もアップしました。
設備マネットリフター





ざっとこんな感じです。

汎用機での昔の技術を使う加工の依頼が多くなってきました。

このあたりは私の思っていた通りになってきました。

汎用機と昔の技術を持った職人さん両方とも少なくなってきますので、

それらを持っているところに注目が集まり、やがて両方とも

見直されれば良いなと思ってます。

好き勝手に書いてますブログですが宜しければ

本年もお付き合いよろしくお願い致します。



電子書籍 

「未来職人を育てる極意」
  :時代遅れの町工場からハイテク化にもの申す

に当社の技術伝承の考え方を詳しく書いてます。
アマゾンより@99円でお求め頂けます。  



ホームページもぜひご覧ください!
  汎用旋盤のお助けマン
   西尾鉄工所のホームページ






にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

チャックのハンドルが重い

こんにちは

昼から三時頃までは、暖かいですね。


さて、仕事の話です。

約二ヶ月前に分解・清掃した三ツ爪スクロールチャックの

ハンドルが重くなってきました。

どうもグリスを入れすぎたみたいです。

気温が下がってきてより重くなり、グリスを取ることにしました。

裏の蓋を開けたところです。


グリスべっとり




見たとこ飛び散ってもないし適量みたいですが、

これでも多いようです。

上から灯油をかければ流れると思いやってみましたが、

だめでした。

切り子やスケールがキヤーの歯に挟まってしまいます。

あきらめて、全部ばらして清掃しました。

清掃後の画像です。


清掃後




不思議なもので、使っている時は歯にはかみませんが、

灯油を流すとかみます。

今回は、グリスをやめて摺動面の油を使って組みました。

毎回グリスをつけるのですが、ちょっと多かったのかな。

微妙なところです。



電子書籍 

「未来職人を育てる極意」
  :時代遅れの町工場からハイテク化にもの申す

に当社の技術伝承の考え方を詳しく書いてます。
アマゾンより@99円でお求め頂けます。 
 



ホームページもぜひご覧ください!
  汎用旋盤のお助けマン
   西尾鉄工所のホームページ





にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
電子書籍を出版しました
未来職人表紙-2
   (内容紹介)
  


 


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

鉄職人

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ