こんにちは

少しずつ暖かくなってきました。

昼間の日差しが柔らかくなってきました。春はもうすぐですね。
 


さて、仕事の話です。

毎度注文頂いてる「引っ張り試験片」の加工です。

材質がSCS14ですので鋳造品です。鋳型の合わさる部分にバリが出てます。

以前はグラインダーやサンダで落としてましたが、セーパーで削ることにしました。

例の厄介な突起部があるためこのような生爪を作りました。


①生爪







②V溝




固定側にV溝を掘ってます。また、材料の端面が当たるところもヌスンでます。

材料の画像を撮りわすれましたが、1ロットに2本の試験片があり一本は予備です。

本品は片側の単面が切断され、その面で硬度検査が行われてます。その為全長が

二種類ありますので、ヌスミの溝も2本となります。





上からです。

③上から









移動側です。

④移動側






チャッキングの画像撮るの忘れてしまったので、次の工程を終えた状態の品物を

チャッキングしてます。あしからず。


⑤チャッキング






うちのセーパーのバイスの口金にはタップを立ててあり、その穴を利用して

生爪などを着けて段取りします。もちろんこの口金は自分で作りました。

材質はSKD-11です。焼き入れ研磨してます。もともと金型屋ですので

この材料はお手の物です。 

いろいろ工夫して加工しています。





ホームページもぜひご覧ください!

  汎用旋盤のお助けマン

  西尾鉄工所のホームページ




 

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村