あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろお世話になりました。

本年もよろしくお願い致します。



さて、新年ですが、昨年を振り返っての記事になります。

暮れに更新が出来ませんでしたのであしからず。

弊社には「加工」「技術伝承」の2つの部門がありますが、

技術伝承部門では、弊社が構想を練りだして約6年になる

「汎用旋盤職人養成講座」に、初めてのお申し込みをいただきました。




加工部門では、セーパーの加工の依頼が増えました。

「セーパー」で検索すると弊社がトップに表示される

ことが大きいのかもしれません。

面白いことにV溝を入れる加工が重なりました。
V溝(小)

滑り止めV溝

テ-パーV溝



V溝を入れるとき、サドルをピッチ分送りやすいように

セーパーのクロスの送りハンドルを作りました。

下の画像が旧ハンドルです。
ハンドル(旧)



そして作ったハンドルです。
セーパーハンドル



手を三つにしてますのでハンドルのはめ合いクラッチを

かみ合わせたまま操作できます。



次の画像は深い掘り込みです。

加工時間はご想像ください(笑
深い掘り込み





次の画像は、異型の加工です。

汎用旋盤、汎用フライス盤、セーパーと三台の

機械を使って仕上げました。
異型品





新素材の試験片も作りました。

下の画像のさまざまな形状の湯口から切り出して加工します。
新素材


切り出したところです。
切り取り






弊社製の汎用フライス盤にテンションプーリーも作りました。

ベルトが少し振動してたのがなくなりました。
テンションプーリー





マグネットリフターを購入し、作業能率もアップしました。
設備マネットリフター





ざっとこんな感じです。

汎用機での昔の技術を使う加工の依頼が多くなってきました。

このあたりは私の思っていた通りになってきました。

汎用機と昔の技術を持った職人さん両方とも少なくなってきますので、

それらを持っているところに注目が集まり、やがて両方とも

見直されれば良いなと思ってます。

好き勝手に書いてますブログですが宜しければ

本年もお付き合いよろしくお願い致します。



電子書籍 

「未来職人を育てる極意」
  :時代遅れの町工場からハイテク化にもの申す

に当社の技術伝承の考え方を詳しく書いてます。
アマゾンより@99円でお求め頂けます。  



ホームページもぜひご覧ください!
  汎用旋盤のお助けマン
   西尾鉄工所のホームページ






にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村