最近、小売りのトップ達の「流儀」番組が続くね。

今日はニトリ。

どの社長にも共通してるのは、自営業(父が、または自分が会社を起こして)から大きく成長させた事かな。

そして、必ず出てくるのは「お客さんの笑顔が見たい。」って言う言葉。

物作りの大変さや楽しさがわかっていて、そしてそうやって生まれた商品が売れた(お客さんのニーズと合致した)時の喜び・快感を知ってる人じゃなきゃ務まらないと思う。

商品企画・開発から携わるニトリ社長も良い表現をされてました。

お客さんに価格だけじゃなく品質にもこだわって商品提供できる、結果日本の生活が豊かになるという、『エクスタシー』を感じられる仕事はやめられないと。

この『エクスタシー』という言葉。
ぴったりです。

お客さんの気持ちはどうでも良くて、根本的に「自分の手柄」しか見てないようなトップでは、とうていこの『エクスタシー』を感じる事もないだろうし、人気の店・企業にはなれないだろうね。