宝船

Sheryl Crowなど洋楽中心のコピーバンド「宝船」で歌担当のTEX(テク)です。音楽のことだけじゃなく、日々の「気になること」も書いて参ります。

2012年01月

でもね

こういう↓、ノーテンキな曲も大好き。



何も考えずに、わ〜〜〜っっと唄って、バカ騒ぎしたいな

このバージョンも良いです。


上のバージョンでドラム叩いてたおじちゃんが、
こっちでは右端で、一生懸命ギター掻き鳴らしてるのが好き

業務連絡なり〜

宝船、次回スタジオ。
2月3日(金)20〜23時
下北沢リンキー2

そろそろ、完成させたいのであります。

とは言っても

ちょっと前のアルバムになりますが、時にはこういう曲もやりたくなるもんです。



1995年のアルバム。スウェーデンの女性のブルースシンガー
Louise Hoffsten



このアルバムは、当時タワレコのおすすめコーナーにあった1枚でした。
北欧出身・プラチナブロンドでブルースを歌うという、ちょっと『イメージがないな』という印象。

全然知らない名前(今でも日本じゃ知られてないでしょうね)アーティストでしたが、
「ハーモニカ吹いて歌ってるとは、渋い女性だ!かっこいい!」と思って買いました。

やっぱり情報が少なくて、最近まで「どこの何者?」かは知らないままでしたが、
スウェーデンではいろんな賞を獲っている、かなり有名なアーティストのようです。

ウィキやYouTu等を見ると、私と同い年であること。(それはどうでもいいね
1996年に多発性硬化症と診断された後も、ほぼ毎年アルバムを発表し続けていること、
Bluesパフォーマンスが素晴らしいアーティストであることが見て取れます。



6枚目のアルバム『6』からの1曲。
このアルバム収録曲の動画がほとんどないのはなぜなのかはわかりませんが、
(セールスが悪かったのか内容が本意でないアルバムだったのか
周辺の動画を見てみると、改めて他のアルバムも買ってみたくなりましたよ

これもやってみたいぞと

アコースティック・アレンジつづき

Don Henleyの”Boys of summer”


スライドギターに、Sheryl Crow BandにいたPeter Stroudが参加しているバージョン
(ちょっと音質悪いけど)


レパートリーその2(というか、その後)

Higher Groundから増えてないな〜。

なかなか「宝船」としてLiveをやる機会もないしで、昔のように『ゆるゆる』とした進みになっちゃってますな。

今やってるのは引き続き
Sir Duke…Stevie Wonder

増えてるのは
★I want you back…MJ原曲のSheryl Crow版

★Jet…Wings
★Band on the run…同上
★Sign your name…Terence Trent D'Arby原曲のSheryl Crow版
★Across the universe…映画I am Samサントラよりアコバージョン

こんな感じか。

やりたい曲はたくさんあるけど、その気持ちになかなか『練習ペース』が合いません( ̄○ ̄;)

むむ〜

続きを読む

さてと〜

ギター練習します。


ア〜ンド(&)新ネタ、なんか考えよーっと。



これ、やってみたいんだけど・・・。

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は大きな地震があり、まだその傷も癒えていない実状ですが
今ここに居る私達は、できることをこつこつと積み上げて、前進して参りましょうや!


バンドの事で言いますと、宝船ではなかなかライブをする時間が取れませんが、昨年のように『特別編成』でやってもいいかなあなんて考えてます。

そんなこんなで、本年もよろしくお願い致します〜。(^O^)/
livedoor プロフィール

TEX

最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

livedoor × FLO:Q
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ