気の向くままに...風の向くままに...

メモ帳の気まぐれの「日」記じゃない、日記です。不定記です。
主に日常の話題やゲームの話をお届けします。メインはポケモン。
最近は音ゲーもやってます。

ツイッターでちょっと話題になったのでまとめてみました。

準伝でめざめるパワーを粘る場合、ほぼほぼ特殊型だと思われるので、多少の需要はあるかもしれない。

ただし、あくまで以下の確率は3VがAに割り振られないときの確率であり、
Aが3Vを回避したとしても、Aが自然発生Vの可能性があるため実際には下の確率よりも多少低いです。
もちろん、Aの妥協点が低ければ低いほど確率は下がります。(好みに合わせて[1〜15]/16をかけてみよう!)


ドラゴン 11/80 (13.75%)
悪、氷 1/16 (6.25%)
草、エスパー 7/160 (4.375%)
ゴースト 3/80 (3.75%)
電気、鋼 1/32 (3.125%)
水、地面 1/80 (1.25%)
炎、虫 1/160 (0.625%)
岩、毒、飛行、格闘は該当なし


実用的なタイプで現実的に粘れそうなのは氷ぐらいに見えますね、みんなもポケモンゲットじゃぞ。

こんにちは、めもてふです。
ポケモンサンムーンで現状ガンテツボールが1周につき各種1個しか確認されていないので、使用をためらっている人も多いかと思います。
というわけで、HGSSでガンテツボールにて捕獲可能なポケモンをまとめてみたので、ご参考にどうぞ。
基本的にはこの一覧のポケモンにはサンムーンでガンテツボールを投げる必要がない、ということになります。(一部例外については下記参照)

赤文字は♂のみ♀のみ性別不明なのでHGSS産では夢特性と両立不可能

キャタピー
トランセル
バタフリー
ビードル
コクーン
スピアー
ポッポ
ピジョン
ピジョット
コラッタ
ラッタ
オニスズメ
オニドリル
アーボ
アーボック
ピカチュウ
ライチュウ
サンド
サンドパン
ニドラン♀
ニドリーナ
ニドクイン
ニドラン♂
ニドリーノ
ニドキング
ピッピ
ピクシー
ロコン
キュウコン
プリン
プクリン
ズバット
ゴルバット
ナゾノクサ
クサイハナ
ラフレシア
パラス
パラセクト
コンパン
モルフォン
ディグダ
ダグトリオ
ニャース
ペルシアン
コダック
ゴルダック
マンキー
オコリザル
ガーディ
ウインディ
ニョロモ
ニョロゾ
ニョロボン
ケーシィ
ユンゲラー
フーディン
ワンリキー
ゴーリキー
カイリキー
マダツボミ
ウツドン
ウツボット
メノクラゲ
ドククラゲ
イシツブテ
ゴローン
ゴローニャ
ポニータ
ギャロップ
ヤドン
ヤドラン
コイル
レアコイル

カモネギ
ドードー
ドードリオ
パウワウ
ジュゴン
ベトベター
ベトベトン
シェルダー
パルシェン
ゴース
ゴースト
ゲンガー
イワーク
スリープ
スリーパー
クラブ
キングラー
ビリリダマ
マルマイン

タマタマ
ナッシー
カラカラ
ガラガラ
ベロリンガ
ドガース
マタドガス
サイホーン
サイドン
ラッキー
モンジャラ
ガルーラ
タッツー
シードラ
トサキント
アズマオウ
ヒトデマン
スターミー

バリヤード
ルージュラ
エレブー
ブーバー
ケンタロス
コイキング
ギャラドス
ラプラス
メタモン
ミニリュウ
ハクリュー
カイリュー

オタチ
オオタチ
ホーホー
ヨルノズク
レディバ
レディアン
イトマル
アリアドス
クロバット
チョンチー
ランターン
ピチュー
ピィ
ププリン
ネイティ
ネイティオ
メリープ
デンリュウ
キレイハナ
マリル
マリルリ
ウソッキー
ニョロトノ
ハネッコ
ポポッコ
ワタッコ
エイパム
ヒマナッツ
キマワリ
ヤンヤンマ
ウパー
ヌオー
ヤミカラス
ヤドキング
ムウマ
アンノーン
ソーナンス
キリンリキ
クヌギダマ
フォレトス
ノコッチ
グライガー
ハガネール
ブルー
グランブル
ハリーセン
ヘラクロス
ニューラ
ヒメグマ
リングマ
マグマッグ
マグカルゴ
ウリムー
イノムー
サニーゴ
テッポウオ
オクタン
デリバード
エアームド
デルビル
ヘルガー
キングドラ
ゴマゾウ
ドンファン
オドシシ
ドーブル
ムチュール
エレキッド
ブビィ
ミルタンク
ハピナス

ヨーギラス
サナギラス
バンギラス

ポチエナ
グラエナ
ジグザグマ
マッスグマ
ケムッソ
カラサリス
アゲハント
マユルド
ドクケイル
タネボー
コノハナ
ダーテング
スバメ
オオスバメ
ラルトス
キルリア
サーナイト
キノココ
キノガッサ
ナマケロ
ヤルキモノ
ケッキング
ゴニョニョ
ドゴーム
バクオング
マクノシタ
ハリテヤマ
ヤミラミ
クチート
アサナン
チャーレム
プラスル
マイナン
ロゼリア
ゴクリン
マルノーム
ドンメル
バクーダ
バネブー
ブーピッグ
パッチール
チルット
チルタリス
ドジョッチ
ナマズン
ヤジロン
ネンドール
チリーン
アブソル
ジーランス
ラブカス

ムックル
ムクバード
ムクホーク
ビッパ
ビーダル
コロボーシ
コロトック
コリンク
ルクシオ
レントラー
スボミー
ロズレイド
ミノムッチ
ミノマダム
ガーメイル
ミツハニー
ビークイン
ブイゼル
フローゼル
チェリンボ
チェリム
エテボース
ミミロル
ミミロップ
ムウマージ
ドンカラス
リーシャン
ドーミラー
ドータクン
ウソハチ
マネネ
ピンプク
ペラップ
ゴンベ
マスキッパ
マニューラ
ジバコイル
ベロベルト
ドサイドン
モジャンボ
エレキブル
ブーバーン
メガヤンマ
グライオン
マンムー
エルレイド


間違い等ございましたら、コメント欄なりツイッターなりでご報告ください。

こんにちは、第二回真皇杯の九州予選に参加してきて、ベスト32(予選突破後一落ち)という何とも言いにくい成績を残してきたので記念に記事を書きます。

使用パーティーはこちら。

shinnnou2


以前から読んでくださってる方はありがとうございます。 ほとんど使い回しでございます。
おかげさまで取り立てて個別解説することもないので、新規育成したゼブライカと軽いまとめだけ。


523 ゼブライカ
タイプ:電気
特性:電気エンジン、避雷針 隠れ特性:草食

なんとS116草技を無効でき麻痺にならないという、ジャローダキラーとしてこれ以上ない性能を持つポケモン。
火力補正アイテムを持たせることでナットレイもそれとなく見れるようになります。(ジャイロで結構なダメージ貰うが)
キノガッサにもそれなりの圧力をかけられます。
メガフシギバナは無理、諦めろ。
以上の性能からオクタンからの草技読みでの交換出しが非常に安定するポケモン。 なかなかの可能性を感じたので育成しましたが、実戦で全くジャローダに当たらなかったので供養。


そして、パーティーの解説やら改善案やら。
このパーティーくどいほどまでに草タイプ許さないみたいな感じになってるので、ユキノオーをゲッコウガあたりに変えるともうちょっと汎用性が高くなるのかなあとか思いました。 そう感じたのがオフ前日だったので、回す時間が足りなさ過ぎて諦めました。
今回メガ枠として採用したリザXですが、オクタンと縦横の相性が結構良かったため、オクタン+リザの選出はかなり多かったように思います。 積みサイクル?に近いイメージですね。

ガルーラとニンフィアが非常に重たいので、やはりゲッコウガでけたぐり、ダストシュートを採用して使うのがよさそうです。
連続技や身代わり貫通以外は麻痺撒いて、オクタンで上取ってある程度強引に起点にすることができるので、リザードンで崩せそうなパーティーじゃないな、と思ったらその方向でパーティーを動かすようにしていました。


今回このくらいしか書くことないですね、前回の予選はベスト8だったのでちょっぴり悔しいめもてふでした。

概要
・シングルバトル、フラットルール。
・パーティーは34〜6匹。
・パーティー内で文字が被らないようにする。
(例:ルーラとブリアスは同時に採用できない。)
・一匹のポケモンで文字が被るのは可。
(例:ギギギアル)

(追加ルール草案)
・ポケモンの文字の各文字の全ポケモン中の文字数(下の図を参照)の合計をMPとし、パーティーの合計MPを1200におさえる。 なお1ポケモンに同じ文字がある場合の同じ文字によるMPのカウントは1回とする。
(例:ギアルは「ギ24」「ア63」「ル163」で、MP250。 ギギアルもギギギアルもルギアも同様にMP250。)
備考:各文字のMPが平均40程度だったため、40*5*6を目安としてみました。

参考までに、伝説幻含む全ポケモンの名前に含まれる各文字の文字数がこちら

kanapoke


「ー」「ン」「ル」「ラ」「ス」が100超えてるので大事に使いたいですね。

MPを消費してポケモンを出すって、召喚師みたいですね。


16/1/25 ルールの追加案を追記

去年から公認化されたきゅーぽけの学祭で複数のデザインを担当したので報告記事をポンと。
(ちなみにバトル大会の戦績はゴミうんこうんちだったので割愛)

まず、ポスター。
ポスター2
2枚のうち、こちらが僕のデザインです。
学祭のテーマ「染めよう」に対応させて、それ(某陣取りゲーム)っぽくしました。
関係ないけど、年明けあたりに呼子でイカ食べたい。


続いて、パーカーの裏のデザインです。
2jpg
原案はありぽんさん。
ハクリューとピカチュウでQの文字を作っているのが特徴です。
ちなみに、パーカーの色はブルーとピンクになってるんですが、ハクリューの通常色と色違いになっててオシャレですね(自画自賛)。


最後に、バッヂのデザインです。
バッヂ
学祭が2日間ということと、大会最大参加者数と、単価と、送料の兼ね合いから2デザインを作ることとなりました。
安直にΩR、αSの2デザインにしました。 仕事の話が急だったからね(文句)。


以上が、学祭で僕のしたデザイン担当としてのお仕事でした。
実はそれ以外にも、初心者用に相性表刷ってきたり、子供向けにちょっと塗り絵を用意してみたりもしてましたが、大きな仕事ではないので割愛。

ご来場いただいたみなさん(特に学外からの方)は本当にありがとうございました!
来年もお待ちしております。

こんにちは、第8回神速オフに参加してきました。
結果は予選ブロック勝ち数同率一位のオポネントおよび直接対決により三位で予選落ちという結果で結構悔しいです。

今回使ったパーティーはこちら
ニョロトノラグラージリザードンサンダースギルガルドユキノオー

リザXを使ったことがなかったので、リザX使おう
→雨偽装ラグリザXで組もう
→ノオーも入れてパッと見三天候に見えるようにしてリザードンの方も積極的に偽装して行こう
†完成†


個別解説

ニョロトノ
ニョロトノ@オボンのみ ねっとう/れいとうビーム/アンコール/ほろびのうた 図太いHB
完全に使い回し。 偽装のために入ってるポケモンとは言え、一度も選出してません。

ラグラージ
ラグラージ@リンドのみ がむしゃら/こごえるかぜ/あくび/ステルスロック 図太いHBベース
今回のキーポケモン。 オフ内ではほとんど使用機会はありませんでしたが、試運転中は耐久型を削ったり、受けル相手に火傷や毒を貰って死に際にがむしゃらを撃ったりと結構決まりました。

リザードン
リザードン@リザードナイトX げきりん/ニトロチャージ/じしん/つるぎのまい 意地っ張りHAS(S実数値148)
リザX使ったことないなあで最初に剣舞型を選ぶのが実に自分らしいというかなんというか。 ラグラージからの流れが綺麗に決まれば、剣舞→ニトチャで相手一匹に重傷を負わすことができるのが滅茶苦茶強い。 逆鱗、ニトチャ、剣舞まで決めて、剣舞積んでたらマリルリ相手にもニトチャ→地震で間に合うので、風船じゃないドランに強い地震を採用しました。

サンダース
サンダース@いのちのたま 10まんボルト/めざめるパワー氷/あくび/ひかりのかべ 臆病CS
個体自体は真皇杯のときの流用。 リザXに繋ぐことだけを考えているので、電磁波甘えるのところが光の壁あくびに変わっています。 ボルトとジャローダがいるときに積極的に選出したいポケモン。

ギルガルド
ギルガルド@じゃくてんほけん アイアンヘッド/かげうち/せいなるつるぎ/つるぎのまい 意地っ張りHA
裏のエース。 そういえば弱保型使ったことないなーと思い、採用。 影打ちが一貫して、影打ちで常に上取れる相手に対しては積極的に剣舞を積めるところまで積んで、影打ち連打で決まる試合も。 上を取るって単純だけど、やはり重要な要素だなと考えさせられるポケモンでした。

ユキノオー
ユキノオー@きあいのタスキ ふぶき/ギガドレイン/やどりぎのタネ/ぜったいれいど 控えめHC
5世代で使ってたような感じの使用感があまり変わらない技を採用しました。 零度は守ると迷いましたが、劣勢でもワンチャンを残す意味で零度にしました。 使い回すことを考慮してめざ炎個体です。


技一覧を見て察した方もいると思いますが、全てカロスマーク付き個体です。
大会自体はシーズン12のシングルレート準拠のため、マーク不問なのですが、個人的な意地でカロス産だけで組んでます。
負けた試合も「相手に零度スイクンがいたから負けた」みたいなものはなく、単なる型負けのみなので、ちゃんとレートでもそれなりに戦えるんじゃないでしょうか。 私はマーク解禁消極的反対派なので、ささやかな抵抗としてシーズン12のシングルには潜りませんでしたが。



†本戦†


続きを読む

このページのトップヘ