2017年12月13日

“女体盛り”に特化しすぎたギャンブルマンガ『リーマンギャンブラーマウス』が熱すぎる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

“女体盛り”に特化しすぎたギャンブルマンガ『リーマンギャンブラーマウス』が熱すぎる!




 やってきました忘年会シーズン。今年は日本全国のブラック企業で、宴会芸としてアキラ100%的なことをやらされる不幸な若手サラリーマンが続出することがほぼ確定している今日このごろかと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 ところで宴会芸といえば……そう「女体盛り」の存在を忘れてはいけませんよね! 全裸の女体に刺し身とかを盛り付けて、宴会などで提供するアレですアレ。その名は聞いたことがあるけれど、実際に見た者はほとんどいない……エロ劇画とか、日本文化を勘違いしてるハリウッド映画でたまに出てくる都市伝説のようなメニュー、それが「女体盛り」

 そんな「女体盛り」を大々的にフィーチャーしたギャンブルマンガが存在します。むしろ女体盛りマンガと言い切ってもいいかもしれない、その作品の名は『リーマンギャンブラーマウス』(講談社)。

⇒続きを読む <日刊サイゾー「ザオリク的マンガ読み」へ>  

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURLザオリク的マンガ読み

2017年12月01日

かわいがりなんてレベルじゃない!!力士が死すぎィ!なミステリー小説「大相撲殺人事件」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

かわいがりなんてレベルじゃない!!力士が死すぎィ!なミステリー小説「大相撲殺人事件」とは?




力士が死すぎィ!
こんにちは、J君です。皆さんミステリ小説はお好きですか。もしかして赤川派?それとも西村派?ああ、わかった乱歩派だ!!え、いろいろ古いって?だってマンガしか読まないからよく知らないし・・・。推理小説は江戸川乱歩の「怪人ニャンコ面相」ぐらいしか読んだことのない当サイト管理人のJ君が、数十年ぶりに思わず読んでしまったミステリ小説を本日はご紹介したいと思います。

その作品の名は「大相撲殺人事件」1人の力士が土俵の真ん中で爆死したのを皮切りに、次から次へと力士限定で殺されていき、最終的に幕内力士の40%が死亡・・・もはやビール瓶がどうとか、モンゴル互助会がどうとか言ってる場合じゃないレベルで角界を揺るがす世にも恐ろしいミステリー。そのあまりの奇書っぷりをご堪能ください。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURLネタ

2017年11月22日

男子禁制少女マンガの名作『ベルサイユのばら』は、男が読んでも面白いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

男子禁制少女マンガの名作『ベルサイユのばら』は、男が読んでも面白いのか?




 正直に白状しますと『ベルサイユのばら』を、わりと最近まで読んだことがありませんでした。自称マンガ読みとして、この至高の名作を読んでいなかったのは誠に恥ずべきです。ただ、言い訳をさせてもらうと、いわゆる伝統的様式美にのっとった、全てのコマに花びらが咲き誇っているような少女マンガって、男にとっては読むのに結構勇気がいるんです。

 女子の皆様だって、『ゴルゴ13』とか『野望の王国』とか『マッド★ブル34』みたいな劇画を薦められたら、普通は躊躇しますよね? それと同じです。ましてや、宝塚ファン御用達の『ベルばら』に、僕のような汚いおっさんが土足で踏み込むことなんて、できやしないのです。もし『ベルばら』を読むのであれば、最低でも正装(白い詰め襟服)をした上で、正座して読むのが礼儀というものではないでしょうか?

 ……というわけで、今回は長年避け続けていた『ベルサイユのばら』を読んだ感想を、ありのままに書き綴りたいと思います。

⇒続きを読む <日刊サイゾー「ザオリク的マンガ読み」へ>  

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURLザオリク的マンガ読み

2017年11月13日

永遠のマドンナ『めぞん一刻』音無響子、その抗い難い魔性を検証する

このエントリーをはてなブックマークに追加

永遠のマドンナ『めぞん一刻』音無響子、その抗い難い魔性を検証する




 一度でいいから管理人さんに「管理」されてみたい、そんな今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 管理人さんといっても、ビル管理人やウェブサイト管理人のことではありません。ほかでもない名作ラブコメ『めぞん一刻』の「管理人さん」こと音無響子さんのことです。

 男のロマンを過積載したようなヒロイン・音無響子。「永遠のマドンナ」「日本一可愛い未亡人」「処女以上に聖女」などといった称号をほしいままにする彼女の魅力の秘密は一体何なのか? 今回は、名作ラブコメ『めぞん一刻』を紹介しつつ、音無響子の魅力について語りたい、語り明かしたいのです。

⇒続きを読む <日刊サイゾー「ザオリク的マンガ読み」へ>  

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURLザオリク的マンガ読み

2017年10月29日

ヨッピー著「明日クビになっても大丈夫!」を読んだら、所有しているテキストサイト本をまとめて紹介したくなった件

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨッピー著「明日クビになっても大丈夫!」を読んだら、所有しているテキストサイト本をまとめて紹介したくなった件




キリ番ゲットの方は記念カキコお願いします!(嘘)
こんにちは、J君です。皆さんはテキストサイトって知っていますか?限りなく死語に近い、むしろ呪詛に等しいこのワード。Wikipediaには「テキストサイトとは、インターネット黎明期の1990年代中期から2000年代前期に日本で流行した、日記などの文章をメインコンテンツにしたサイトのうち、特に情報よりもエンターテイメント性(ネタ)を重んじているウェブサイトである。」って、実にウィキっと簡潔に書いてありました。分かりやすい!ちなみに当サイトも2001年にスタートしたテキストサイトの残骸みたいな存在であります。残骸いうな!!

そんなテキストサイトの出身者にして、書いた記事がことごとくバズる今をときめくキングオブWEBライター、ヨッピーさんが・・・あのオレイズム「おっぱいぱぱいぱい」とか書いていたヨッピーさんが、ビジネスマン必見の著書「明日クビになっても大丈夫!」(幻冬舎)を出版したということで読んでみました。その感想を書くという体裁で、過去に出版されたテキストサイト本達をまとめて紹介したい所存です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL書籍ネタ

2017年10月21日

登場人物全員悲劇! 全員号泣! 伝説の体操マンガ『空のキャンバス』が重すぎる……

このエントリーをはてなブックマークに追加

登場人物全員悲劇! 全員号泣! 伝説の体操マンガ『空のキャンバス』が重すぎる……




 日本を代表する男子体操選手といえば内村航平、そして白井健三。白熱する2人のライバル関係もあり、2020年の東京オリンピックに向けて、体操ニッポンの活躍が大いに期待できるところですが、マンガの世界で男子体操マンガっていうと……正直ほとんど思いつきません。しかしただ一つ、突き抜けた存在の作品がありました。

 そう、男子体操マンガの金字塔といえば、今泉伸二先生のた『空のキャンバス』をおいて他にないのであります。「週刊少年ジャンプ」(集英社)誌上において、1986年から87年にかけて連載され、連載期間こそ長くないものの、なんの予兆もなく突如として登場した体操マンガは、その感動的ストーリーでジャンプ読者に多大なインパクトを残しました。

『空のキャンバス』の凄さは、男子器械体操という競技の地味さを補うかのように徹底的に盛り込まれたた「泣き」要素にあります。主人公の北野太一やその周囲の登場人物に、これでもかと言わんばかりに次から次へと襲いかかる苦難。そして作品終盤では、ページをめくるたびに誰かが号泣しているという……これほどまでに暑苦しく息苦しく、あざといまでにお涙頂戴な展開のマンガは、ジャンルに関係なく、なかなかお目にかかれるものではありません。

⇒続きを読む <日刊サイゾー「ザオリク的マンガ読み」へ>  

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURLザオリク的マンガ読み

2017年10月13日

日本最強サラリーマン『島耕作』 その出世遍歴を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最強サラリーマン『島耕作』 その出世遍歴を振り返る




   突然ですが、みなさんは出世してますか? 僕はしてません。それはともかく、僕らの思い描く、 サラリーマンが「出世」するマンガといえば、やっぱり『島耕作』シリーズですよね?

 1983年に「週刊モーニング」(講談社)で連載がスタートした『課長 島耕作』は、派閥にも属さず、自分の信念を貫く、日本一カッコイイ中間管理職を描いたマンガとしてサラリーマンの熱い支持を得てきた作品ですが、約10年間課長を務めた後、ついに部長に昇進、 92年からはタイトルが『部長 島耕作』となります。

 その後は中間管理職の象徴ではなく、エグゼクティブコースに乗ったサクセスストーリーマンガとして『取締役 島耕作』『常務 島耕作』『専務 島耕作』『社長 島耕作』と上り詰め、これで終わりかと思いきや、まさかの『会長 島耕作』がスタートして今に至ります。

 さらに、過去の時代への回帰も行われており、『ヤング 島耕作』『ヤング 島耕作 主任編』『係長 島耕作』、そして大学生時代の『学生 島耕作』までさかのぼっています。もはや野口英世や夏目漱石以上に詳細な自伝が描かれ、いつお札に印刷されてもおかしくないレベルなのですが、とにかく派生作品が多すぎるので、これから読む人のために、それぞれのタイトルを島の人生の時系列に沿ってご紹介してみましょう。

⇒続きを読む <日刊サイゾー「ザオリク的マンガ読み」へ>  

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURLザオリク的マンガ読み

2017年09月15日

毒親エッセイマンガ「酔うと化け物になる父がつらい」が読んでる方もガチで辛かった件

このエントリーをはてなブックマークに追加

毒親エッセイマンガ「酔うと化け物になる父がつらい」が読んでる方もガチで辛かった件




化けモン、ゲットしたくないぜ!!
こんにちは、皆さんは「毒親」という言葉を知っていますか?独身男性を「毒男」と表現することがありますが、それとは違います。ましてや、毒手拳を使う親のことでもありません(そんな奴いねーよ)。そうではなく、過干渉・ネグレクト・DVなど、子供の成長に悪影響を与える親の存在のことです。

ここ数年、毒親をテーマにしたマンガ作品は増えてきました。「ど根性ガエルの娘」なども毒親マンガと言えるかもしれませんが、本日ご紹介するのは、今一番ネットで話題になっている毒親マンガ「酔うと化け物になる父がつらい」です。「化物になる父」というとんでもないパワーワードを持っている作品ですがどんな内容なんでしょうか?
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2017年07月28日

選ばれし最強の10組の嫁と姑!壮大なスケールで描かれる嫁姑バトルマンガ「かんかん橋をわたって」

このエントリーをはてなブックマークに追加

選ばれし最強の10組の嫁と姑!壮大なスケールで描かれる嫁姑バトルマンガ「かんかん橋をわたって」




「嫁とは虐めぬいて鍛えるものです。ククク・・・」
全国の嫁もしくは姑、またはそれ以外の皆様こんにちは。女同士の闘いをテーマにした作品は世の中にいろいろありますが、やはり代表格は嫁姑の闘いではないでしょうか。そう、嫁と姑は古より伝えられし絶対的な対立関係。天使と悪魔、水と油、船越と松居などと同レベルで、決して分かりあうことがなく、争う宿命にあるのです。

今回は、幾多ある嫁姑マンガの中でも、超異色の作品「かんかん橋をわたって」をご紹介したいと思います。何が異色かって、嫁姑マンガとしてはスケールが壮大すぎるのです。規模感的には聖闘士星矢や北斗の拳に匹敵するといっても過言ではない、そんな作品です。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画少女漫画

2017年06月23日

ドキッ!まるごとゴルゴ!!ゴルゴだらけの任侠マンガ「日本極道史」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドキッ!まるごとゴルゴ!!ゴルゴだらけの任侠マンガ「日本極道史」レビュー




まるごとゴルゴ!(まるごとバナナみたいな感じで)
こんにちはJ君です。そろそろ全国的に梅雨入りのシーズンです。皆さんいかがお過ごしでしょうか。ジメッとした季節になると、心も内向きになります。この状況を打開するためには破天荒なまでにエキサイティングな刺激が必要ですよね!つまり梅雨に読むべきマンガはズバリ任侠マンガなのです!!(強引)

今回ご紹介する劇画「日本極道史 昭和編」の作者は村上和彦先生。任侠劇画の大御所であり、数多くの仁侠映画の監督も務められている、ライフイズ任侠な先生でありますが、その画柄はさいとう・たかを先生をリスペクトしすぎるあまり、ものすごく雰囲気が似ているというか、要するにゴルゴ13ことデューク東郷と瓜二つのキャラが暴れまわるという驚きの作品なのです。   ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2017年05月16日

大人のためのドス黒いプリキュア? 「干支天使チアラット」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人のためのドス黒いプリキュア? 「干支天使チアラット」レビュー




最高に「ヘルい」美少女戦士チアラット参上!
こんにちはJ君です。本日は単行本2巻が発売されたばかりの中川ホメオパシー先生入魂の新作「干支天使(エトランジェル)チアラット」をプレゼントしてもらいましたので強めの推しでレビューしたいと思っております。美少女戦士物という事で、この可愛らしい表紙。J君のような40代男子でも思わず「ラブリー!」というセリフとともにキモい笑顔がこぼれてしまいます。

こんなに可愛いらしいキャラクターが出てくるマンガなら子供にも安心して読ませられるね!と思ったあなたは、中川ホメオパシーというマンガ家のことをあまりに理解していない。可愛いすぎる絵柄は所詮カモフラージュにすぎません。最初だけが甘い正露丸糖衣のようなもので、一皮むけばすぐに強烈なドス黒さが顔を出します。そして、その先は狂気と変態が織りなす中川ホメオパシーワールドが広がっているのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2017年04月26日

ロックをマンガにしたのではない、マンガがロックなんだ!最凶にロックなマンガ「ロックロック」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロックをマンガにしたのではない、マンガがロックなんだ!最凶にロックなマンガ「ロックロック」




かつてこれほどまでに「ロック」しているマンガがあっただろうか?
こんにちは、いつもクールに生きたいと願っているJ君です。(クールビズ的な意味で)。ところで皆さんはロックな日常を送っていますか?いやいや、意味分からないんだけど、と言われるかもしれません。例えば一日一回「ああ、それは最高にクールだね!」と言えるような出来事があれば、それはロックな日常と言えるでしょう。例えば今、J君がこうしてタリーズコーヒーでパチパチとテキストを打っている横で、スマホ片手にホットドッグを3本食ってる客がいますが、彼は最高にロックな日常を送っていると言えます。(ただの大食い説あり)

そんな日常を刺激的にする「ロック」な生き様を目指す皆さんに推薦したい図書があります。それが「ロックロック」(ROCKWROK)という作品。ロックをテーマにしてきたマンガはいくつも存在しますが、これほどまでに存在自体がロックしているマンガは他にないのではないでしょうか。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2017年03月15日

美は格闘技!?バッキ刃牙な究極メイクマンガ「メイキャッパー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

美は格闘技!?バッキ刃牙な究極メイクマンガ「メイキャッパー」




メイクで25歳も若返るって、どんだけー!
1こんにちはJ君です。皆さんは普段どんなお化粧をしてますか?え、男だから化粧なんて必要ないって?ノンノン。今や男でもメイクをする時代と言われているんです。その証拠に今時のイケメンと言われる男達はみんなメイクをしています。グレートカブキしかり、グレートムタしかり・・・。

なんか例えがおかしかった気もしますがそれはともかく、あの超有名格闘マンガ「グラップラー刃牙」の作者、板垣恵介先生が描くメイクアップアーティストのマンガがあるのはご存じでしょうか。その名も「メイキャッパー」。ちょっと意外な気がしますが、そこは板垣先生。刃牙に負けず劣らずのバイオレンスなメイクが炸裂するガチムチメイクマンガなのでありました。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2017年02月21日

法で裁けぬ悪を討つ!魔都TOKYOタラレバ娘「極悪美女軍団 卍(まんじ)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

法で裁けぬ悪を討つ!魔都TOKYOタラレバ娘「極悪美女軍団 卍(まんじ)」




「割礼ーっ!(敬礼のポーズで)」
こんにちは、J君です。当サイトでは法で裁けぬ悪党を成敗する仕置人マンガを不定期にご紹介しています。これは閉塞した社会に喝を入れたいという目的があったりなかったりします。(どちらかといえばない。)

最近も芸能界を突如引退した人気女優が暴露本で「全部言っちゃっ」たり、北のプリンスが暗殺されたりと、一般人にはよく分からない巨大組織の闇を感じる不穏な事件が相次ぎ、皆さんの心にモヤモヤしたものが溜まっているのではないでしょうか。そんなモヤモヤをスッキリさせたい貴方のためにご紹介したい仕置人マンガがあります。その名も「極悪美女軍団 卍(まんじ)」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2017年01月25日

滲み出る狂気!戦慄の打切りギャクマンガ 「純情パイン」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

滲み出る狂気!戦慄の打切りギャクマンガ 「純情パイン」レビュー




「ちんちんふくれてるぅ!!!」
こんにちは、J君です。皆様は尾玉なみえ先生をご存知でしょうか。少女マンガらしいポップで可愛らしい画を持ちながら、ブラック、パロディ、下ネタ、不条理ネタなどをミックスした狂気のギャグを繰り出す作風であり、一部では天才と評されながらもその作品の大半が短期間で打ち切りになっている少女漫画家です。

今回は、尾玉なみえ先生が週刊少年ジャンプで華々しく連載を開始するも、読者に受け入れられず13話で壮絶に打ち切られた伝説のギャグマンガ「純情パイン」をご紹介したいと思います。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画少女漫画

2017年01月04日

ASKAが主人公?チャゲアス公認マンガ「黄昏流星群 C-46星雲」とはどんな作品なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ASKAが主人公?チャゲアス公認マンガ「黄昏流星群 C-46星雲」とはどんな作品なのか




「あれ?この歌、俺が作った歌じゃないか?」
例年のこととはいえ、昨年は特に芸能界で衝撃的な話題が多かったように思います。ベッキー、清原、ショーンK、成宮、SMAPそしてASKA・・・しかし、ASKA氏については先日、お茶作戦からの不起訴処分で、疑っていたいろんな奴らを、今から一緒に殴りに行こうか!という状況になっていることは皆さんご存知の通りかと思います。

そんなASKA氏にインスパイアされた作品が、2011年にマンガ化されていたことはご存知でしょうか。実は弘兼憲史先生の「黄昏流星群」の1エピソードである「C-46星雲」に出てくる主人公のモデルがASKA氏なのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2016年12月24日

年末年始はこれを読め!おっぱい新選組「秘密の新選組」

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始はこれを読め!おっぱい新選組「秘密の新選組」




新選組には秘密がいっパイ
12月24日・25日は「ただの年末」説を唱えてはや10数年。J君です。今年もやってきましたね、クリ・・・普通の年末が。コンビニやケーキ屋の店員さんが心なしか赤い服を着ている人が多くて、店内BGMでは山下とマライアとワムの曲がかかりがちな気がしますがいたって普通の年末です。

毎年クリ・・・年末になると、読者がほとんどいないのをいいことに一年を通して最もくだらない、渾身の下ネタレビューを繰り出す当サイトですが、今回はちょっとスケールが大きいです。大河ドラマならぬ「パイがドラマ」。おっぱいがたくさん出てくる新選組「秘密の新選組」をご紹介しましょう。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2016年11月16日

大阪のおばちゃん最強伝説 「オバハンSOUL」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪のおばちゃん最強伝説 「オバハンSOUL」レビュー




薄々気がついてたけど、やはり最強だったか・・・
こんにちはJ君です。いわゆる「大阪のおばちゃん」っていますよね。イメージとしては、ヒョウ柄のアニマルプリントで身を包み、おしゃべり好き、頭はきっついパーマがかかり、買物ではえげつなく値切り倒し、バッグに忍ばせた飴ちゃんをばらまく・・・そんな部族イメージが先行しますが、全体に共通するのがとにかく折れない、ブレない、気にしない、鋼鉄のように強いメンタルです。

そんな大阪のおばちゃんの強さの秘密に迫ったマンガ「オバハンSOUL」を本日はご紹介します。一見たんなる荒唐無稽ババアのマンガであるかのように思われる本作品ですが、そこにはおばちゃんなりの正義感と義理人情、そして感動のストーリーがあったのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画

2016年10月20日

読んでも描けない!?マンガ界が戦慄する禁断の書「サルでも描けるまんが教室」 ”サルまん” レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

読んでも描けない!?マンガ界が戦慄する禁断の書「サルでも描けるまんが教室」 ”サルまん” レビュー




ちんぴょろすぽーん!!
人間誰しも、単なるサラリーマンになるよりも、己の才能一本で勝負してみたいなんて願望があるものです。特にマンガ大国日本ですから、漫画家になってみたい人も多いのではないでしょうか?最近はWEBからデビューするなんていう道もあったりして、ド素人がスターになれる可能性も出てきましたし、正直言うとJ君だって漫画家になりたかったよ!俺にもS村河内守氏のような才能があれば・・・(自分で描く気はないらしい)

とまあ、ゴースト的な話は置いておいて、明日のクールジャパンを背負って立つかもしれない漫画家のタマゴさんが読んでおくべき究極のマンガHowTo本を本日はご紹介しましょう。マンガ界を戦慄させた伝説の名著「サルでも描けるマンガ教室」。通称”サルまん”です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画ネタ

2016年09月16日

祝・優勝!広島カープを愛しすぎて豆腐屋が崩壊寸前! 「広島カープ誕生物語」

このエントリーをはてなブックマークに追加

祝・優勝!広島カープを愛しすぎて豆腐屋が崩壊寸前! 「広島カープ誕生物語」




「すごいのう、広島の野球きちがいは」
こんにちは、ファミスタではいつもCチームこと「カーズ」を使っていたJ君です。広島東洋カープが25年ぶりにセリーグ優勝の快挙ですね!ファンとして実に感慨深いものがあります。まあファミスタあがりのにわかファンですが。

J君のにわか広島ファン話は置いておいて、カープが優勝したこのタイミングでぜひご紹介しておきたいマンガがあります。むしろもうこのタイミングを逃すとこの先紹介する機会がないかもしれない。あまりにカープを愛しすぎて人生まで崩壊寸前になっている主人公を描く作品 「広島カープ誕生物語」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク  この記事をツイートする. | この記事のURL漫画