2005年11月23日

女バトルコップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

女ロボコップ in JAPAN





ニッポンのロボコップは女だった!!
すいません、なに言ってんだか分かりませんね。J君ですこんにちは。いやホントびっくりしました。その昔、当サイトのBBSで日本に女ロボコップが存在するという情報を聞いた時は耳を疑いましたが、残念ながらそれはまぎれもない事実でした

今まで、当サイトは「フルメタル極道」「ロボ道士」といったB級ロボコップ映画をご紹介してきましたが、本日ご紹介する「女バトルコップ」をご紹介することによって世界3大ロボコップ映画がここにコンプリートされるのです(言い過ぎ)。これはすごい事ですよ!そしてその女バトルコップの正体は、なんとあの美人女優なのでした。

  なぜかシャワーシーン

ドアの向こうでシャワーを浴びているあの美人女優こそ女バトルコップです。

 このショートヘアは??

そう・・・

 

女バトルコップ イズ・・・


 仮面ライダー響鬼風

中村あずさ(元女優)


・・・・・・・えー!!
J君の知りうる限り中村あずさ嬢といえば、清純派女優だったはずですよ!それが何故に?何故に女バトルコップ??彼女のどこにそんな闘争心があるというのか?・・・恐るべしVシネマ。

 怒りに燃えてます


ま、そんなわけでそのインパクトのすごさに思わずストーリーとかどうでも良くなってしまうわけなんですが、一応ストーリーをご紹介しましょう。

舞台は近未来の日本「ネオTOKYO」。世界的な犯罪組織「カルテル」の進出によりネオTOKYOは犯罪と暴力の街と化していた。そんなカルテルに立ち向かうべく警察と協力し最新兵器を開発していた科学者小川は、カルテルの放ったテロリストにより殺されてしまう。そしてフィアンセの御子柴かおる(中村あずさ)が自ら意志を継ぎ女バトルコップの改造手術を受け、カルテルに戦いを挑む・・・・。

 ネオTOKYO

と、まあいかにもVシネマにありがちなストーリーなのですが、見どころは満載です。まず女バトルコップのスーツは特撮ファンをも唸らせるなかなかの作りこみです。

 

 

 

この辺の力の入れ方はさすが特撮王国日本。ロボ道士あたりとは天と地ほどの差があります。そして女バトルコップはさすが最新兵器、本家ロボコップに負けず劣らずメチャクチャ強いです。

 ビクともしません

弾丸をはじき返すのは当然のこと

 サーモグラフィー付

壁の向こうの敵も感知し

 ロックオンしてます

銃の命中率は100%

 まさに人間凶器

腕からはミサイルも飛び出します。ただし女バトルコップとて女のはしくれ・・・、女性らしい部分もあります。例えば・・・

 左耳のトコです

耳ピアスがついてたりとか・・・


 女ですから!

もちろん口紅だってしています。メイクは女優の命ですからね!


 開閉自在

・・・ただし怒ると閉まるんですけどね!
いかに武装したテロリストといえど、生身の人間では女バトルコップの前には歯が立ちません。そこで、カルテルは恐るべき刺客を呼び寄せました。その名も、超能力戦士「アマデウス」


 ピラミッドです

なぜかピラミッドパワーで充電しています。どんな効果があるんでしょうか・・・?(例:野菜が腐りにくい)


 ユニバGイエア!

注)大神源太会長ではありません。(似てるけど)

 サイキック攻撃

アマデウスのサイキックパワーに大ピンチの女バトルコップ


 地球儀が浮いてます

そしてアマデウスを操るカルテル・ネオTOKYO支部のボス・・・佐野史郎!!果たして女バトルコップは、ネオTOKYOを魔の手から救い出すことができるのか!?

 あずさの怒りは頂点に


・・・というわけで、特撮ファンならずとも十分に楽しめる新世代ヒロインのハイパーアクション「女バトルコップ」いかがだったでしょうか?「女に生まれて、女じゃいられない〜♪」という安っぽい歌謡曲風のテーマソングも抜群にイカしています。J君的には、是非とも女バトルコップ VS フルメタル極道という夢の対決も実現して欲しいところなのですが、ラストシーンで・・・

 
闘いは始まったばかりだ!

続編を出す気マンマンだったのできっといつの日かやってくれると信じています。もちろん出すときは「主演・中村あずさ」でお願いします。


■■■

ブログが本になりました!
「なんだ!?このマンガは!?」
 レビューを読む
 Amazonで見る
 Kindle版も登場!
ブログ本第二弾!!
「このマンガ 恐るべし・・・!!」
 レビューを見る
 Amazonで見る
 Kindle版も出ました!


女バトルコップ を携帯で見る この記事のQRコード
BLACK徒然草(a black leaf) facebookページ
 ■a black leaf 人気記事(はてブ
 ■逆アクセスランキング