2006年02月19日

ハヌマーンと5人の仮面ライダー 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

白い悪魔再び ハヌマーンと5人の仮面ライダー 前編





仏様を大切にしないやつは死ぬべきなんだ!
こんにちはJ君です。当サイトでは以前「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」という映画をご紹介したことがあるのですが、この作品ウルトラ6兄弟とは名ばかりで、実際はタイの神様、白猿ハヌマーンがウルトラ兄弟を従え、最強怪獣ゴモラを集団リンチしたり生皮を剥いだり仏像泥棒をひねり潰したりするというお子様向けとは思えないサディズム全開のタイ映画でした。

そんな、タイのヒーロー「ハヌマーン」が今度は仮面ライダーと手を組んだ!というすごいタイ映画が存在します。その名も「ハヌマーンと5人の仮面ライダー」。本日はこのタイ直輸入の狂った果実をご紹介してまいりたいと思います。

この映画を鑑賞するにあたって最も注意したいポイントは、この「ハヌマーンと5人の仮面ライダー」がタイでロケ撮影されたオリジナルシーンに、日本で製作された東映まんが祭り上映作品「五人ライダー対キングダーク」、そして前述の「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」という三つの素材を切り張りし、無理矢理かつテキトーに編集されている映画だということです。この事情を知っておかないとさっぱりストーリーが理解できません。

実際、J君がはじめてこの映画を観たとき、その意味不明さに唖然としてしまいました。字幕がないからとかそういう次元じゃない意味不明さ。もはや神がかっていると言ってもいいほど。何故にそこまで理解不能なのか?その秘密は日本製作のシーンとタイ製作のシーンのあまりの落差にありました。

例えば、敵のボス「キングダーク」は日本とタイで以下のような違いがあります。


日本製キングダーク

こちらが日本のキングダーク。10メートルはありそうな威圧感十分の巨大ボスです。
一方タイ製作のキングダークは・・・


タイ製キングダーク

銀色の着ぐるみを着たコミカルなオッさんでした。そもそも大きさからして全然違うし。さらに、今回登場する仮面ライダーの1人「ライダーマン」についてもこの通り。



日本でも微妙な扱いだけど・・・

こちらが日本の仮面ライダー4号通称「ライダーマン」
そして、タイ製作のライダーマンは・・・


目が、目が!

ヘルメットの作りが浅いせいなのか、頻繁に目が4つになります(複眼?)。


花粉症対策?

しかも後半ではどっかのテロリストみたいになってるし。勝手にキャラ変えるなよ・・・。


また、日本製作部分が仮面ライダーXがメインであるにもかかわらず、タイの製作スタッフは仮面ライダーV3がお気に入りのようで、タイ部分は勝手にV3メインで製作しているため、途中から全くつじつまが合わなくなってきます。


Xライダーがメインです

例えば日本製作部分では、Xライダーが「俺が仕切る」とばかりに常に画面の中心ですが・・・


納得いかないご様子

タイ製作部分ではV3にメインを奪われたばかりか、バイクを取り上げられて立たされている不憫なXライダーを確認できます。


・・・とこのように日タイ間に生じた様々なギャップを、映像を見ながら瞬時に脳内補完できなければ、本作品のストーリーを理解することは不可能です。まさに神がかった映画といって差し支えないでしょうね。そんな事情すら知らないタイの人達にこれを観せて理解できる人がいるのでしょうか?

というわけで、前置きが長くなりましたが、さっそくご紹介してまいりましょう。オープニングはタイ撮りおろしと思われるシーン。タイの街中を編隊を組んで疾走する5人の仮面ライダー。


明らかに迷惑そう

・・・なのですが、後ろの車がすごく迷惑そうにガンガン煽っています。どうやら仮面ライダーがタイの街に渋滞を引き起こしているようです。


危ないっての!

対向車線もお構いなしにガンガンはみ出す仮面ライダー。迷惑さは暴走族と何らかわりませんね。むしろこっちの方がリアル珍走団ですが。


のんきなライダー達

しまいには、現地のボロ車やスクーターにまで抜かれる始末。のんきに手を振ってる場合じゃないよ・・・。



日本製キングダーク

で、こちらは子分達に命令する敵のボス「キングダーク」。おそらくこれは日本製作のシーンですね。しかしタイ製作のシーンに切り替わった次の瞬間・・・


マッサージタイム?

全然違うじゃん。なにこのコント。



衣装ぐらいどうにかしろよ・・・

しかも手下の戦闘員がベタな銀行強盗みたいなんですけど。どんだけ低予算映画なんでしょうか、この映画は・・・。


呆然とする戦闘員

で、このキングダーク様はどうやら美女の生き血を飲むのがご趣味のよう。壷に入っていた生き血が無くなってご立腹。ダダッ子のように暴れます。そして手下に美女を誘拐してくるように命じます。


壺に血をためるシステム

捕らえられた美女達。怪しげな機械に寝かされると弥生式土器のような壺にどんどん生き血がたまっていく不思議な仕組みです。機械も怪しいのですが、それよりもなによりも美女達の喘ぎ声が・・・


声が必要以上にエロい

「あは〜ん、うふ〜ん」
とても血を抜かれてるとは思えないような艶めかしい声を出してます。もしかして子供向け映画じゃないんでしょうか?これ。ただし、壺一杯に血を抜かれた後も美女達は特に死んだりするわけではなくピンピンしてますので、ちょっと多めの献血をされているような感じなんだと思います。

そんな恐怖の献血魔「キングダーク」を倒し、毎日血を抜かれている美女達を救い出すのが今回の仮面ライダー達の使命です。仮面ライダー勢揃いのわりには微妙な使命ですね。


ベタな地獄

と、ここまでようやっと話が分かりかけてきたところで、突然強引に場面転換が行われます。なにやら死後の世界のようです。至るところで拷問が行われているのでどうやらここは地獄と分かります。


素っ裸ですけど・・・

思いっきりお姉ちゃんがおっぱいポロンで拷問にあってます。さっきの喘ぎ声といい、この映画の対象年齢が全く読めません


たぶん地獄の偉い人

そして地獄の王様が出てきて、罪人達に説教をはじめます。どうやら、お前等は生前に仏様を盗んでバチがあたったのだ、といいたい模様。


白い悪夢再び・・・

そこから先、延々と「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」の映像が倍速で流されます。その間セリフが全く無く、BGMにムエタイの試合の前風の音楽が流れているだけですので観ている方は苦痛極まりない。まさ狂気の沙汰です。

どうやら「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」の映像を回想シーンに使うことで、後ほど強引にハヌマーンが話に絡んでくることの前フリを狙っているようです。こんなに長くて、くどくて、しかも手抜きの前フリは見たことがありません・・・。


盗賊のようなライダー達

というわけで、あまりの酷さにツッコミ続けていたらほとんどストーリーを紹介できませんでした。後編では有り得ない動きをするタイの仮面ライダー達の活躍と、強引に話に割り込んでくるハヌマーンと、例によってヒーロー物とは思えないほどの残虐描写をご紹介していきたいと思います。手に刃物をもった5人の仮面ライダーが盗賊同然に敵に襲いかかるシーン等見どころはたくさんです。ご期待ください。



■■■

ブログが本になりました!
「なんだ!?このマンガは!?」
 レビューを読む
 Amazonで見る
 Kindle版も登場!
ブログ本第二弾!!
「このマンガ 恐るべし・・・!!」
 レビューを見る
 Amazonで見る
 Kindle版も出ました!


ハヌマーンと5人の仮面ライダー 前編 を携帯で見る この記事のQRコード
BLACK徒然草(a black leaf) facebookページ
 ■a black leaf 人気記事(はてブ
 ■逆アクセスランキング