なんだこのマンガは378円セール

2011年07月07日

井之頭五郎ストリート最強伝説!孤独のグルメ「三鷹のお茶漬けの味」編

このエントリーをはてなブックマークに追加

井之頭五郎ストリート最強伝説!孤独のグルメ「三鷹のお茶漬けの味」編





飲みニケーションでサブミッション
こんにちはJ君です。待望の孤独のグルメ新作「三鷹のお茶漬けの味」編2011/6/28発売のSPAに掲載されました。前回の大井町のラーメン編ではゴローちゃんがハイクオリティーな名言を連発したため、次回作のハードルがかなり高くなっていたような状況でしたが、今回は全く別アプローチでやってくれました。

なんと今回はお茶漬けを食べようとしてひと騒動が起こります。そして、みんなが大好きなあのシーンを思い起こさせるエピソードが盛り込まれております。(ネタバレになりますのでこれから新作を読もうと思っている方はご注意ください)

念のため「孤独のグルメ」をご存じない方のために簡単に作品をご説明しておきますと、輸入雑貨屋社長の独身貴族のゴローちゃんこと、井之頭五郎が、定食屋とか居酒屋とかの庶民的なお店で飯を食べたり、タンメンの有名な店で冷やし中華を頼んだりするハードボイルドなグルメ作品です。全然説明になってない気がするので、詳しくはこちらこちらをお読みください。

今回の舞台は三鷹のお茶漬けをウリにしている居酒屋さんです。お茶漬けの看板を見たのがきっかけとなり、小津安二郎監督の「お茶漬けの味」を観たことを思い出し、無性にお茶漬けを食べたくて仕方が無くなってしまいました。そしてこの「お茶漬け」居酒屋に入ろうと決意するゴローちゃん。



不審者状態

「酒を飲まないでお茶漬けだけを食べて帰るってアリだろうか」
「うーん、店の中が見えん」
しかし、静岡おでんの時もそうでしたが、お酒が飲めないゴローちゃんは例によって居酒屋に入るのを異様に警戒します。いい大人なんだから、もういい加減開き直っちゃえばいいと思うんですが。



ハイじゃなくて

「ウーロン茶ってありますか?ハイじゃなくて」
自分がお酒が飲めないことに結構ナーバスになっているゴローちゃん。ウーロンハイじゃないことを念押しです。確かに居酒屋でウーロンハイとウーロン茶が間違って出てくることがよくありますね。他にもカルピスサワーとカルピスとか。お酒が飲めない人にとってはウーロン茶とウーロンハイは天と地の差があります。お酒の飲める人にはそれが分からんのです。

「うーん、いきなりお茶漬けというのも変か?」
しかも、いつものごとく気を使ってしまい、お茶漬け以外にもアレコレと別に食べたくもないメニューを頼んでしまいます。しかし・・・心に迷いのある時のゴローちゃんの注文のセンスの無さがまた絶望的です。



うさぎのリンゴまでついてます

ハムエッグにアタリメ
・・・食事したいのかツマミにしたいのかどっちつかずな注文。ゴローちゃん血迷いすぎ!そもそも居酒屋のメニューにハムエッグがあるのもどうなんだろうと思いますけど。



居酒屋でハムエッグか・・・

「飯もパンもなしにハムエッグとは落ち着かんな」
そりゃそうだろ・・・でも完全なる自己責任だよゴローちゃん。さらに迷走は続きます。



イカをショリング中

「アゴが疲れてきた、食べてるんだか処理してるんだか」
アタリメのモーレツな固さに悪戦苦闘するゴローちゃん。固いアタリメを食べる時の表現として「処理」というのはまさに的を射た表現ですね。なんか途中から面倒くさくなるんですよね、食べるのが。でもこれも自己責任だよゴローちゃん。アタリメって一人の時にはあんまり注文しないよ。食べきれないから。



可哀想なシンドウくん

お茶漬けを食べるためだけにお店に入ったはずなのに、オードブルの段階で迷走を続けるゴローちゃんですが、サラリーマン風の別の客が店に入って来てから状況が変わります。アタマのカタそうな部長に引き連れられて入ってきた新人ぽい社員のシンドウくん(メガネキャラ)。どうやらシンドウくんも酒が飲めないようなのですが部長に日本酒を強要されまくって死にそうな表情に。そういえば、大山のハンバーグランチの回でも店主にいじめられて泣きそうな顔をしていたのは呉さんというメガネキャラの人でした。



ゴローの表情に変化が・・・

シンドウくんの様子を見て我らがゴローちゃんの表情が一変
明らかに不満そうですね。ゴローちゃんのこんな表情を見るのは久しぶりです。これはかなり怒ってますよ。そしてついにゴローが動く!



ゴロー動く!

「やめなさいよ」
部長にガツンと言ってやりました。そう、酒が飲めない体質の辛さはゴローちゃんが誰よりも分かっているのです。そして、さらなる名言へ移行。



居残り給食とかね

「人生には大嫌いなものを黙って食べなきゃならない時もある」



カッコイイぜ!

「だけど、人が嫌がるものを無理やり食わせる権利は誰にもない」
まるで世直しをする桃太郎侍のようなカッコいいセリフまわし。まったく仰るとおりですね。
大山のハンバーグランチでの名言以来、久々にゴローちゃんの長ゼリフが飛び出しました。

自分より年下の若造に説教された部長は当然面白くありません。この後、居酒屋の場外でまさかのストリートファイトモードになるのですが、掴みかかる部長に向かってゴローちゃんはここでもガツンとこのセリフです。



バトルモードに突入

「部下と食べものをもっと大切にしろ」
ホントだよ!全くその通り!!部下を大切にしろ、そして給料上げろ!(J君の私情)



藤原組長並の職人技

そして流れるような動作からゴローちゃんの驚異のサブミッションが炸裂。さらに・・・



まさかの投げコンボ

なんとスタンディングアームロックのままブン投げるという荒技です。これは下手すると腕が折れる危険な技です。大山の洋食屋のマスターに決めたアームロックよりさらに進化したコンビネーション!これはものすごく高度な技ですよ!TVブロスのライターさんにアームロックをかけたことのあるJ君が言うんだから間違いありません!!(すごくどうでもいい)



強すぎる・・・

ゴローちゃん、全くの無傷で完全勝利です。それにしても・・・ゴローちゃん強すぎるだろ。さすが祖父譲りの古武道の使い手です。多分祖父は範馬勇次郎クラスの豪傑に違いありません。

そんな感じで、お茶漬け目当てで居酒屋に入ったにもかかわらず、ハムエッグとアタリメしか食べれないというミラクルすぎる展開に陥ったゴローちゃん。結局自分のオフィスで一人で塩辛茶漬けをすするハメになりました。アームロックの代償とはいえなんか切ないですね。



ゴローかわいいよゴロー

「塩辛茶漬けってお湯をかけるとイカがちっちゃく縮こまるのがかわいい」
・・・いや、店で食べれずに結局自分でお茶漬け作ってるゴローちゃんのほうがかわいいと思います。

そんな感じで本日はゴローちゃんの武闘派な一面を見せてくれた「孤独のグルメ」新作、いかがだったでしょうか。こどグルの熱烈なファンとしては、ゴローちゃんにはこの調子で是非テレンス・リー氏あたりと戦っていただき、ストリートファイトの頂点にたっていただきたい次第です。


■■■
ブログが本になりました!
「なんだ!?このマンガは!?」
 レビューを読む
 Amazonで見る
 Kindle版も登場!
ブログ本第二弾!!
「このマンガ 恐るべし・・・!!」
 レビューを見る
 Amazonで見る
 Kindle版も出ました!


井之頭五郎ストリート最強伝説!孤独のグルメ「三鷹のお茶漬けの味」編 を携帯で見る この記事のQRコード
BLACK徒然草(a black leaf) facebookページ
 ■a black leaf 人気記事(はてブ
 ■逆アクセスランキング