2018年05月11日

伏線多すぎなのに、結局何もわからない! パニックホラーの最高峰『ドラゴンヘッド』とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

伏線多すぎなのに、結局何もわからない! パニックホラーの最高峰『ドラゴンヘッド』とは?




 名作といわれるマンガの重要な要素、それは「伏線」ではないでしょうか。いかに作品中に多くの伏線をちりばめ、ラストまでに美しく回収するか、そして伏線が張られれば張られるほど作品は壮大になり、面白くなっていくともいえます。

 もちろん、伏線を張りまくり、大風呂敷を広げまくった挙げ句にまったく回収されないまま打ち切られてしまったマンガもあり、これは世間的にはガッカリ作品の評価を与えられてしまいます。

 ところで、世の中にはさんざん張りまくった伏線をほとんど回収することなく、むしろ「伏線? 張ってたっけ?」ぐらい開き直ったラストシーンを描いてるにもかかわらず、傑作と評される突然変異的作品も存在します。それが、今回ご紹介する『ドラゴンヘッド』です。

⇒続きを読む <日刊サイゾー「ザオリク的マンガ読み」へ>


ブログが本になりました!
「なんだ!?このマンガは!?」
 レビューを読む
 Amazonで見る
 Kindle版も登場!
ブログ本第二弾!!
「このマンガ 恐るべし・・・!!」
 レビューを見る
 Amazonで見る
 Kindle版も出ました!


伏線多すぎなのに、結局何もわからない! パニックホラーの最高峰『ドラゴンヘッド』とは? を携帯で見る この記事のQRコード
BLACK徒然草(a black leaf) facebookページ
 ■a black leaf 人気記事(はてブ
 ■逆アクセスランキング