2008年04月15日

課長びんびん物語・・・実写版「課長 島耕作」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

課長びんびん物語・・・実写版「課長 島耕作」レビュー





拝啓、島耕作殿。
このたびは社長就任となるそうで誠におめでとうございます。貴殿の夜の営業活動一本で頂点に上り詰める姿はまさにサラリーマン達の憧れそのもの。しかも還暦を過ぎて未だにモテモテ。日本各地でモテモテ。世界規模でもモテモテ。いい加減にしろ!!(怒)

・・・噂では「社長 島耕作」の後には「会長 島耕作」「相談役 島耕作」「国連事務総長 島耕作」などが控えているとかいないとかでシマコー伝説はまだまだ終わらなそう。本日はそんな島耕作シリーズのルーツとなる作品「課長 島耕作」の実写版をご紹介したいと思います。実写版の島耕作を演じていたのはなんと「ディナーショー界の裏帝王」と呼ばれるあのお方だったのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:42 固定リンク

2007年06月06日

黒歴史シリーズ スパイダーマン VS 香港カンフー

このエントリーをはてなブックマークに追加

黒歴史シリーズ スパイダーマン VS 香港カンフー




スパイダーマン in 香港
スパイダーマンの時代ついに到来しましたね、日本最速公開を果たしたスパイダーマン3、皆さん日本国民としてもう当然観ているんじゃないかと思いますが、凄かったですね!スパイダーマンがラスボスに繰り出した空中元彌チョップは最高でした・・・え、そんなの無いって?・・・すみません実はJ君、観てません。3はおろか2も観てません・・・。

というわけで、本日は世界中でフィーバーしているスパイダーマン人気に便乗し、実写版スパイダーマン史上最も黒歴史な作品と誉れの高い「スパイダーマン ドラゴンの挑戦」をご紹介いたします。スパイダーマンが香港カンフー相手に大暴れ!・・・という日本最速公開どころか完璧に日本未公開の作品です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 02:08 固定リンクTrackBack(9)

2007年02月27日

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」後編




蒼井優、蒼井そら、そして青ハヌマーン (字あまり)
こんにちは、J君です。お待たせしました、まるで叶姉妹の二女のように突如として出現したタイのヒーロー青ハヌマーンこと「ジャイアント」がご活躍あそばされる映画、「ジャンボーグA & ジャイアント」後編のお時間でございます。(前編はこちら

それにしても今更ながら驚かされるのは、元々あったジャンボーグAという作品に、ご当地ロケシーンを適当に貼りあわせてびっくりするほどクオリティの低い別モノにしてしまうという・・・これはまさに特撮業界の「おふくろさん問題」と言えましょう。青森まで謝りに来るべきですよ。(進一が)
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 01:33 固定リンクTrackBack(0)

2007年02月11日

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」前編




ええい、タイの特撮ヒーローは化け物か!
こんにちは、J君です。久方ぶりの更新となりますが、皆様お元気でしょうか?J君はそれほど元気ではありません。今回レビューする映画のせいでもうグッタリですよ。

そのヒーローらしからぬサディストぶりで当サイトでも根強い人気を持つタイのヒーロー「ハヌマーン」。ご存知の方も多いかと思うのですが、なんとそれよりも前に日タイ合作映画にハヌマーンをも凌駕するヒーローが存在してやがりました。その名は「ジャイアント」。通称青ハヌマーンと呼ばれるこのヒーローが活躍する映画「ジャンボーグA & ジャイアント」を本日はご紹介いたします。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 17:23 固定リンクTrackBack(6)

2006年08月17日

台湾実写版北斗の拳 part2 「北斗新拳」

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最狂の実写版 台湾版北斗の拳 part2





こんなの、北斗の拳じゃないんだからねっ!
こんにちは、J君です。なんで冒頭がツンデレ風になっているのかさすがに自分でも意味が分かりませんが、前回ご紹介した台湾実写版北斗の拳「北斗之拳」は非常に多くの反響を頂き、北斗の拳という作品の持つ影響力を改めて思い知らされた次第です。

そして今回はその続編「北斗新拳」をご紹介させて頂くわけですが、はっきり言ってこれは酷いです。前作も確かに酷かったですが、続編は紛れもなく世界一酷い北斗の拳であると太鼓判を押せます。そんな史上最凶の台湾実写版北斗の拳「北斗新拳」を早速ご紹介してまいりますが、皆さんどうか今回のテキストを読んで「北斗の拳」を嫌いにならないでください。それだけが心配です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:20 固定リンクTrackBack(1)

2006年07月31日

台湾実写版北斗の拳 part1 「北斗之拳」

このエントリーをはてなブックマークに追加

史上最凶の実写版 台湾版北斗の拳 part1





こんばんは、ゲド戦記レビューのお時間です。
・・・まあウソなんですけど。今回は台湾実写版の北斗の拳をご紹介しようと思うのです。以前当サイトでは、ハリウッド版韓国版などの実写版北斗の拳を取り上げてまいりましたが、この台湾実写版だけはレビューすることについて躊躇していたため今までご紹介できずにおりました。

なにゆえにそれほどにレビューをためらっていたのか?・・・それは、ズバリこの台湾実写版北斗の拳がもはや北斗の拳と呼ぶにはあまりにかけ離れたブツに仕上がっているためなのであります。あまりにもオリジナルなストーリー、そして自由すぎる設定・・・もうこれは「ゲド戦記実写版です」とかいってもバレないんじゃないか?(バレます)それほどに酷い北斗の拳がこの台湾実写版です。韓国版をはるかに凌ぐ史上最凶の北斗の拳をとくと御覧くださいませ。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:05 固定リンクTrackBack(4)

2006年05月24日

「女子高生チェーンソー」「チアリーダー忍者」「女子高生ロボット戦争」

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルに騙されろ!女子高生映画3連発レビュー





男はみんな女子高生が大好き!
こんにちは、J君です。魅惑のワード「女子高生」。この言葉が嫌いな男性は地球上には存在しないと言われて久しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

そんな、女子高生というキーワードに弱い男性の特性を巧みに突き、原題と全く関係のない邦題で話題になった映画が存在します。「女子高生チェーンソー」「チアリーダー忍者」「女子高生ロボット戦争」・・・人はこの三作品をまとめて「女子高生三部作」と名付けました。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:59 固定リンクTrackBack(1)

2006年04月23日

実写版ゴルゴ13 千葉真一バージョン

このエントリーをはてなブックマークに追加

パンチパーマの刺客 実写版「ゴルゴ13」





あ、ドラゴンの目をしたおじちゃんだ!
こんにちは、J君です。本日は実写版「ゴルゴ13 九竜の首」をご紹介したいと思います。主役のゴルゴ13を演じるのは、日本が世界に誇るアクションスター・サニー千葉(千葉真一)です。

実写版ゴルゴ13は以前当サイトで1回ご紹介しているのですが、そちらは高倉健バージョン。前回ご紹介する時にも高倉健バージョンと千葉真一バージョンのどちらをご紹介するか悩んだのですが、ある決定的な理由のために千葉ゴルゴは却下、高倉ゴルゴの採用となったのでした。その決定的な理由とは・・・
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 18:18 固定リンクTrackBack(1)

2006年02月25日

ハヌマーンと5人の仮面ライダー 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

白い悪魔再び ハヌマーンと5人の仮面ライダー 後編





タイのクールビューティー!サディスト界の金メダリスト!!
さあ、ハヌマーン様オンステージの時間ですよ。こんにちは、J君です。どうやら巷では、このクールビューティーな動画を巡ってハヌマーン&ウルトラ兄弟の評判がライブドアの株価のごとく乱高下中の模様・・・。そんな中、衝撃の問題作「ハヌマーンと5人の仮面ライダー」後編をいよいよレビューいたします(前編はこちら)。

ハヌマーン物の前作にあたる「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」ではハヌマーンがいかにも「俺はタイのウルトラマン」面して戦っていましたが、今度は「は?ウルトラマン?何のこと?」とばかりに仮面ライダーと仲良く競演しているという・・・どうなんでしょうか、この節操の無さ。一体どのツラ下げて・・・
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 01:10 固定リンクTrackBack(3)

2006年02月19日

ハヌマーンと5人の仮面ライダー 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

白い悪魔再び ハヌマーンと5人の仮面ライダー 前編





仏様を大切にしないやつは死ぬべきなんだ!
こんにちはJ君です。当サイトでは以前「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」という映画をご紹介したことがあるのですが、この作品ウルトラ6兄弟とは名ばかりで、実際はタイの神様、白猿ハヌマーンがウルトラ兄弟を従え、最強怪獣ゴモラを集団リンチしたり生皮を剥いだり仏像泥棒をひねり潰したりするというお子様向けとは思えないサディズム全開のタイ映画でした。

そんな、タイのヒーロー「ハヌマーン」が今度は仮面ライダーと手を組んだ!というすごいタイ映画が存在します。その名も「ハヌマーンと5人の仮面ライダー」。本日はこのタイ直輸入の狂った果実をご紹介してまいりたいと思います。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 12:06 固定リンクTrackBack(7)

2006年02月10日

コイサンマン キョンシーアフリカへ行く (非洲和尚 / Crazy Safari)

このエントリーをはてなブックマークに追加

アフリカが生んだ狂気 コイサンマン VS キョンシー





アフリカの中心でアチョーと叫ぶ。
皆さんは「コイサンマン」をご存知でしょうか?1980年頃に大ブームとなった映画で、飛行機から投げ捨てられたコーラのビンをアフリカの原住民コイサン族のニカウさんが拾い、はじめて見るビンをめぐって一族が大騒動になるという異文化交流(by森本レオ)コメディです。当時は「ブッシュマン」という名前だったのですが、大人の事情によりいつのまにかタイトルが変更になっていました。

この「コイサンマン」シリーズは根強い人気があり、「2」「3」そして「コロッケ吹き替え版」なども存在したようです(コロッケて)。しかしシリーズ中で日本では遂に商品化することがなかった幻の珍品が存在します。その名も「コイサンマン キョンシーアフリカへ行く」というタイトルの作品。タイトルがいきなり壮絶に意味不明なんですが一体どういうことなんでしょうか?
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 01:48 固定リンクTrackBack(2)

2005年12月24日

女淫地獄絵巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

聖なる夜のワイヤーエロアクション







♪クリスマスは誰にもやってく フォーーー!!
こんにちは、J君改めハードJでーす。本日はクリスマス・イヴですね。クリスマスといえば聖夜であると同時に、世界中のバカップル共がベッドという名の四角いリングで組んずほぐれつの性夜であることは言うまでもありませんが、そんな性夜にちなんで、本日はちょっと過激でハードなテキストを半ばヤケ気味に取り上げます。未成年でらっしゃるお子様はこんなサイト見てないで、今のうちに帰って明石家サンタでも観てるといいです

グリーンディスティニー、LOVERS、英雄等々アジア映画のワイヤーアクションもいよいよ究極の域に達していますが、そのアジアが誇るワイヤー技術を18禁映画に応用したらすごいことが起こるのではないか?セイ、セイ、セイ、あるんです。そんな映画が。アジアの誇るワイヤーエロアクションバトルが収録された映画を発見しました。その名も「女淫地獄絵巻」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:01 固定リンクTrackBack(0)

2005年11月23日

女バトルコップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

女ロボコップ in JAPAN





ニッポンのロボコップは女だった!!
すいません、なに言ってんだか分かりませんね。J君ですこんにちは。いやホントびっくりしました。その昔、当サイトのBBSで日本に女ロボコップが存在するという情報を聞いた時は耳を疑いましたが、残念ながらそれはまぎれもない事実でした

今まで、当サイトは「フルメタル極道」「ロボ道士」といったB級ロボコップ映画をご紹介してきましたが、本日ご紹介する「女バトルコップ」をご紹介することによって世界3大ロボコップ映画がここにコンプリートされるのです(言い過ぎ)。これはすごい事ですよ!そしてその女バトルコップの正体は、なんとあの美人女優なのでした。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:06 固定リンクTrackBack(2)

2005年11月09日

仁義なきニンジャ 香港代理戦争 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

忍者とヤクザの究極コラボ?「仁義なきニンジャ」 後編



今、マドンナ候補もニンジャも刺客が熱い!(意味不明)
アホなKGBとアホな忍者とアホな香港マフィアが織り成す壮大なハードボイルドタッチドラマ、「仁義なきニンジャ 香港代理戦争」後編のお時間がやってまいりました。前編はこちら。念のために断っておきますがこの作品、「仁義なき戦い」とは一切関係ありません。パッケージが酷似しておりますが、全く関係ありません。そもそも原題は「DEATH CODE NINJA」です。もちろん代理戦争なんて微塵も関係ありません。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:32 固定リンクTrackBack(0)

2005年11月05日

仁義なきニンジャ 香港代理戦争 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

忍者とヤクザの究極コラボ?「仁義なきニンジャ」 前編



忍びに明日はない・・・
こんにちは、J君です。今まで当サイトをご覧頂いていた方であればご存知かと思いますが、当サイトでは過去に数多くのダメ映画をご紹介し、非常に多くの方々の失笑をかってまいりました。しかし、今回ご紹介する映画「仁義なきニンジャ 香港代理戦争」は、もしかしたら今までご紹介してきたダメ映画の歴史を塗り替えるキング・オブ・ダメ映画かもしれません。

ストーリーは単純明快で、殺し屋家業を営む夫婦「キラーカップル」が子供が生まれたのを期に、組織を抜けようとするが、組織に裏切り行為とみなされ、夫と子供を殺されてしまいます。そして、残された妻が組織に対して復讐するというストーリー・・・の最初と真ん中と最後に忍者のシーンを挿入しただけといういろんな意味で仁義なき映画です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:01 固定リンクTrackBack(1)

2005年10月02日

ゴールデンボンバー/マイホーム・コマンドー

このエントリーをはてなブックマークに追加

「一番」大味なホーガン主演作2連発

愛と勇気と筋肉と・・・
こんにちは、J君です。本日は久々に映画をご紹介致しましょう。聖マッスルに引き続いて今回もムキムキマッチョがテーマです。なんていうか・・・すみません。でもみんな、こういうのが好きなんだよね!?

そんなわけでだんだんレビューサイト界のハッテン場の様相を呈してきた当サイトですが、もちろん誤解です。ちょっと普通よりムキムキマッチョが多めのごく普通のサイトです。ノンケの方もそうでない方も安心してご覧いただけますよ。

ところで皆さんはハルク・ホーガンてご存じでしょうか?プロレスファンなら知らない人はいないという全米マット界のスーパースター、「超人」ハルク・ホーガンですが、かつては日本でもアントニオ猪木や長州力、スタン・ハンセンなどと激闘を繰り広げたため日本での人気も根強く、コミックボンボンでギャグマンガになったり、某ゆでたまごマンガでも悪役キャラのモデルとして登場するぐらいの知名度でした。

本日はそんな人気プロレスラー、ハルク・ホーガン主演の映画2作品「ゴールデンボンバー」「マイホーム・コマンドー」をご紹介したいと思います。最初に言っておきますが相当に大味です。覚悟しておいて下さいね。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 17:02 固定リンクTrackBack(1)

2005年07月25日

グルメホラー 地獄のシオマネキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一タイトルの長いカニ映画

カニといつまでも・・・
こんにちはJ君です!さあさあ遂にやって来ましたよ。夏のバカ映画三部作の第三弾です。第一弾の銀河ボディコン伝説、第二弾のロボ道士と、確実に皆さんをドン引きさせてきてアクセス数も夏にふさわしくドーンと落ち込んだわけですが、嫌いか?君たちそんなにバカ映画が嫌いか?正直、第三弾を載せるのが怖くて仕方がありませんでした。自分は何を好き好んでこんなに人に嫌われることをやっているのかと。
 
しかし、今回は違います。第三弾はみんな大好き「カニ」がテーマです。皆さんカニ好きですよね?(カニアレルギーの人ごめんなさい)だから今回のレビューでうちのサイトの人気はバンバン盛り返すはず。グルメな人必見!本日ご紹介するのはおそらく日本でも有数の長いタイトルを持つホラー映画、「グルメホラー 血まみれ海岸人食いクラブ 地獄のシオマネキ カニ味噌のしたたり」です。え、なんで引いてるんですか?みんなが大好きなカニなのに!

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 03:40 固定リンクTrackBack(1)

2005年07月13日

ロボ道士

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア最強の抱き合わせ映画「ロボ道士」

めくるめくダメ映画の世界にようこそ!
前回のテキストでご紹介した「銀河ボディコン伝説」に引き続き、今回は夏のバカ映画三部作の第二弾をお送りしたいと思います(つまり第三弾もあります)。その名も「ロボ道士」ロボコップ霊幻道士という映画界の2大スターをガッチャンコした夢のカップリング作品です。ちなみに正式な邦題は「ロボ道士〜エルム街のキョンシー〜」というオリジナリティを1%も感じさせない素敵タイトルで、まさに抱き合わせの宝庫アジア映画の集大成と言っても過言ではありません。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:36 固定リンクTrackBack(3)

2005年07月04日

スペース・プリンセス〜銀河ボディコン伝説〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディコン戦士 夏の陣

日本の夏、ボディコンの夏!
こんにちはJ君です。今年は水不足が懸念されるほどの控えめな梅雨で、すっかり真夏の暑さになってきましたね。暑くなってくると薄着の女性が眩しいですよね。今日はそんな眩しい夏にピッタリ、子供は見ちゃダメ!なセクシーテキストをお送りしようと思います。まあ子供にオススメできないのは今回に限ったことではないですけども
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:18 固定リンクTrackBack(0)

2005年05月13日

国辱的B級映画 カブキマン 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らの国辱ヒーロー!カブキマン 後編

完全に想定の範囲内でした!!
皆さん見ましたか?今週のニュースを、カブキマンレビューのアップに合わせるように中村獅童と竹内結子の婚約発表ですよ!まさに「カブキカップル」(言い過ぎ)。しかも、当代きってのさわやかカップルだとか。なんともうらやましい話じゃないですか。こっちも負けてはいられません。当代きってのさわやかカブキムービー「カブキマン」レビュー後編に参ります。(前編はこちら
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(9)

2005年05月06日

国辱的B級映画 カブキマン 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らの国辱ヒーロー!カブキマン 前編

歌舞伎やってるとモテるよなあ・・・
今や芸能界の話題の中心となった感のある歌舞伎役者。市川海老蔵、市川染五郎、中村獅童、中村七之助・・・どいつもこいつもモテモテです。そんな大人気の日本の伝統芸能歌舞伎をモチーフとしたヒーローがアメリカはハリウッドで活躍していたのはご存じでしょうか?その名も「カブキマン」
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(7)

2005年04月14日

ユニバG物語(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
究極ナルシズムでアジア救済 後編

ユニバG イエァ!!(詳細後述)
幻の天然バナバを追い求め、四年間の歳月をかけ、前人未踏の密林を切り開き、遂に、薬事飲料「ユニバG」を誕生させた。(中略)私はここに誓う。アジア人民のため、この身が朽ち果てる迄、一命を持って、この身を捧げ尽くす・・・

そんな大神源太の兄貴の熱き思い、皆さんは受け止めることができますか?漢なら、きっとできるはず・・・お待たせしました。「ユニバG物語」後編・・・別名、「源様セクシー巨編」です。(前編はこちら

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(5)

2005年04月10日

ユニバG物語(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
究極ナルシズムでアジア救済 前編

私がアジアを救う!!
皆さんは大神源太という男を覚えておいででしょうか?そう、ジー・システムなる詐・・・いや現代の錬金術というにふさわしい画期的な投資システムを考案して(破綻させ)、2002年頃にスポーツ新聞の一面記事を席巻した、ジー・オーグループ大神源太名誉会長、通称「源様」のことです。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 15:38 固定リンク

2005年04月03日

中国超人 インフラマン 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
三国一のヒーロー 中国超人インフラマン 後編



こんにちは。みんな大好き!中国超人インフラマンレビューのお時間です。
皆様は前編でのインフラマンの必殺技の数々を見て、なんだかんだ言っても結局巨大化して敵を踏み潰すのが最強なのか!と悟りの境地に達した方も多いことと思われます。ですが後半ではさらにインフラマンのご都合主義的必殺技のオンパレードをご覧いただくことになりますので、今のうちからツッコミの準備の方をよろしくお願い申し上げます。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2005年03月26日

中国超人 インフラマン 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加
三国一のヒーロー 中国超人インフラマン 前編



特撮ヒーロー大国日本、まさにそう言ってもいいでしょう。ウルトラマンはもちろん、宇宙刑事ギャバンを元祖とする宇宙刑事シリーズ、秘密戦隊ゴレンジャーを始祖とする戦隊シリーズ、さらにはイケメン文化がすっかり浸透した仮面ライダーシリーズ等々、我が国のヒーロー達はあげればキリがありません。

しかし、驚くべきことに中国にも特撮ヒーローが存在していたのです。それも飛び切り強いヤツがです。その名も「中国超人インフラマン」。中国超人・・・国の名を背負い、文字通り中国が威信をかけて送り出すスーパーヒーロー。どこぞの魔法戦隊あたりとは全然重みが違いますね。もちろん中国超人といってもこの人ではないので誤解なきようお願いします。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)

2005年03月12日

極道・最終戦争 オーバー・キル 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
極道最終戦争 in リトルトウキョー 後編



教科書では教えてくれないニッポンのお時間がやってまいりました。
こんにちは、本日のテキストは「明日の日本文化を考える」J君の提供でお送りします。前回のテキストを読んでくださった方はもうお分かりかと思いますが、私たちの知らない隠れた日本文化はまだまだたくさんあったのです。そのうちの一つが「不死鳥の印」です。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2005年03月07日

極道・最終戦争 オーバー・キル 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加
極道最終戦争 in リトルトウキョー 前編


リトルトウキョーの悪夢再び!
LAリトルトウキョーを舞台とし、刑事とジャパニーズヤクザの抗争を通して捻じ曲がった日本文化の数々を伝えた伝説の名作「リトルトウキョー殺人課」。以前当サイトでもこの作品をご紹介し、「切腹」「女相撲」「女体盛り」といった、日本独自の伝統文化の素晴らしさを皆様にお伝えしてきました。

そして今回、「リトルトウキョー」「ヤクザ」この二つをキーワードとした新たなる映画をJ君は発見いたしました。この作品は、まことに遺憾ながら「リトルトウキョー殺人課」よりもはるかにとんでもないことになっていたのです。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2005年02月05日

原始猿人バーゴン 水曜スペシャル 川口浩探検シリーズ 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加
男汁1000% 川口浩隊長VS原始猿人

これは断じてやらせではない。ドキュメンタリーである。
2005年1月、J君の数十年来の夢が一つ叶いました。水曜スペシャル川口浩探検シリーズの復刻DVD発売。これをどんなに待っていたことか・・・。本日はそんな川口浩探検隊のDVD発売を記念いたしまして、是非とも彼らの活躍をご紹介したいと思い立ったわけです。川口浩、いわゆるゴッド。川口浩隊長とは日本が誇る冒険野郎の唯一神なのです。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

原始猿人バーゴン 水曜スペシャル 川口浩探検シリーズ 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
男汁1000% 川口浩隊長VS原始猿人(ネタバレ編)

★ここから先はネタバレを含みます★
前編はこちら
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2004年11月06日

プルガサリ 伝説の大怪獣(北朝鮮映画) 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
激突!将軍様VS大怪獣 後編

大きくなって、とても硬いのよ!
・・・ええと、上記はプルガサリのヒロイン、アミのセリフの抜粋です。つまり、プルガサリは鉄ばっかり食べているので鉄のようにカチンコチンだと言いたいのです。テキストの出だしがだんだんスポーツ新聞の見出しのようになってきましたが、気にしないで下さい。そのうち「プレスリーは生きていた!」とか書くかもしれません(書きません)。

そんなわけで金日成勲章にも輝く北朝鮮史上最強の特撮映画、「プルガサリ 伝説の大怪獣」レビュー後編です。前編はこちら

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2004年11月01日

プルガサリ 伝説の大怪獣(北朝鮮映画) 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加
激突!将軍様VS大怪獣 前編

愛の貧乏脱出大作戦!
思わずみのさんがタイトルコールしてしまいたくなるような映画をたまには御覧になってみませんか?こんにちはJ君です。というわけでハヌマーンの悪夢が冷めやらぬ当サイトが今回紹介する映画は世にも珍しい北朝鮮メイドの幻の怪獣映画「プルガサリ 伝説の大怪獣」です。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(3)

2004年10月25日

UFO仮面ヤキソバン 怒りのあげ玉ボンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のマイケル 栄光の日々



こんにちはJ君です。皆さんはマイケルといえば誰を思い浮かべますか?やはり世界の子供たちに夢と希望とちょっぴりの性の目覚めを教えてくれるスーパースター、マイケル・ジャクソンでしょうか?他にも兄貴たちの情事ことジョージ・マイケルとか、あげればきりがありませんが、日本のマイケルといえばただ一人。ソース顔の第一人者、マイケル富岡のことに決まっていますよね?
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2004年10月09日

ハヌマーン ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
伝説のタイ版ウルトラマン 後編

地球の皆さんこんばんは!
J君です。いや、自分も地球人ですけども。死んだ魚のような目をしてるので、たまにグレイタイプと呼ばれることもありますが大きなお世話です。今日は当サイトにお越し下さった皆様だけに特別に、ウルトラマンの故郷M78星雲の映像をお見せいたしましょう。あの憧れのM78星雲を見られるなんて・・・皆さん、なんてラッキーなんでしょうね。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(7)

2004年10月03日

ハヌマーン ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加
伝説のタイ版ウルトラマン 前編

こんにちはJ君です。皆様はウルトラマンをご存じでしょうか?そう、円谷プロが誇る特撮ヒーローシリーズです。中でも初期のウルトラ兄弟シリーズは現在でもカリスマ的人気があります。初代ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ・・・誰もが一度は聞いたことがある名前なのではないでしょうか?

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(30)

2004年05月23日

FULL METAL極道 / フルメタル極道 (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
極道ロボコップ物語 後編

あったまテッカテーカ


さえてピッカピーカ


それがどうした


ぼく、フルメタル極道



  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2004年05月16日

FULL METAL極道 / フルメタル極道 (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
極道ロボコップ物語 前編

皆さんこんにちはJ君です。本日ご紹介する作品は「フルメタル極道」。人の本能ってのは怖ろしいもので、そのタイトルを知った次の日にはDVDを買ってました。よくCDのジャケ買いってのは聞きますけどね。これは何て言うんだろ。フルメタル買い?

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2004年04月25日

ベルリン忠臣蔵 (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツで頑張る大石君・・・後編

今や女子高生まで「ベル忠」に夢中!
巷で話題騒然の「ベルリン忠臣蔵」後半レビューのお時間がやって参りました。前半はこちらです。

前半では江戸時代は忠臣蔵の志士、大石内蔵助が現代のドイツに蘇り、金持ちのビルや屋敷に不法侵入し次々と強盗事件を引き起こしているところまでご紹介しました。そして事件にまつわる数々の謎が生まれたのです。

  ⇒続きを読む
 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 23:06 固定リンクTrackBack(0)

2004年04月18日

ベルリン忠臣蔵 (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツで頑張る大石君・・・前編

大石内蔵助はベルリンで復讐する!
・・・・言葉の意味はよく分からんがとにかくすごい自信である。
ドイツには日本の歴史を根本から覆す作品が存在します。その名も「ベルリン忠臣蔵」

ええと、誤解しないで頂きたいんですが、今回のネタはメールで情報をいただきました。別にタイトルが「シベリア超特急」に似てるからレビューとかそういう安易な理由では決して!

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 23:03 固定リンクTrackBack(2)

2004年03月21日

少林寺VS忍者 (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
我が妻(忍者)との闘争・・・後編

類似品にご注意!
今業界(=脳内)で話題沸騰の「少林寺VS忍者」ですが、「忍者VS少林寺」「少林拳対忍者」など紛らわしいタイトルのまがい物には注意ですよ!本当の少林寺VS忍者が見れるのはこの「少林寺VS忍者」だけ!(当たり前か)

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2004年03月15日

少林寺VS忍者 (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
我が妻(忍者)との闘争・・・前編

格闘技忍者最強説・・・・

世はまさに格闘技乱立時代。K1、PRIDE、プロレス・・・・一体どれが一番強いのか?男の子達の夢は膨らむばかりですね。だがちょっと待てと。お前等何を生き急いでいるんだと。最近でこそ異種格闘技が次々と行われ格闘技のボーダーレス化が進行していますが、昔の異種格闘技とは戦う者同士がその流儀の威信を背負って命がけで戦う、崇高かつ神秘的なものではなかったか?

本日ご紹介するのは1979年に制作された香港ムービー「少林寺VS忍者」。原題 SHAOLIN CHALLENGES NINJAです。
そう、少林寺と忍者、一体どっちが強えぇのか!?
・・・少年少女なら誰しも知りたい永遠のテーマですよね?(強制)
もちろんここで言ってる「少林寺VS忍者」は鉄拳チンミVSさすがの猿飛のことではありませんので勝手な想像などしないようにお願いします。いろいろと今後の予定が狂いますので。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2004年03月06日

シベリア超特急3

このエントリーをはてなブックマークに追加
無気力「シベ超3」鑑賞記

超超超超超シベ超!  ※RAPシベ超より抜粋

どうもJ君です。日本が誇る視聴者限定カルトサスペンス「シベリア超特急3」レビューのお時間がやって参りました。

前回シベリア超特急2をレビューしてから約1年が経過し、ようやっと今回シベ超3レビューに踏み切ります。 ここ一年ほどシベ超から離れていた、世間一般で言われるところの「シベ超断ち」をしていたのはのはワケがあります。 前作を観賞後、お酒はたしなむぐらいが一番健康にいいように、シベ超は一年に一回ぐらい見るのが一番精神衛生上よろしい。 J君の本能がそう語りかけてきたからなのです。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)

2003年12月28日

映画 超能力者ユリ・ゲラー MINDBENDER

このエントリーをはてなブックマークに追加
実録!スプーン曲げは地球を救う!

時は2003年12月25日・・・クリスマス
J君の家にAmazon.comから小さな小包が届く。「あれ?この時期になんかAmazonで注文してたっけな?」予想をしてなかったクリスマスプレゼントに胸をときめかせながら早速封を開けた・・・




ゲェー!!
J君の家にはクリスマスにサンタではなくてユリ・ゲラーが来ました!

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2003年12月13日

リトルトウキョー殺人課 (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ここがヘンだよハリウッド映画 (後編)

ドルフ・ラングレン曰く 「真の武士は俳句も読む」

ふーん・・・ここで一句
テキトーな、事言ってんなよ、ラングレン(字余り)

今世間ではトム・クルーズ主演の「ラストサムライ」が話題ですが、言っとくけど こっちのサムライの方がもっと凄いぞ!(寒さが来ると書いてサムライ)。 というわけでお待ちかねのラストサムライ・・・もとい「リトルトウキョー殺人課」レビュー後編(ネタバレあり)です。前編はこちら

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)

2003年12月07日

リトルトウキョー殺人課/リトルトーキョー殺人課/リトル東京殺人課

このエントリーをはてなブックマークに追加
ここがヘンだよハリウッド映画 (前編)

ヤッチマイナー!
皆さんはKILLBILL観ましたか?観てない人は観るべきですよ。日本人の義務と言ってもいいでしょう。

そのKILLBILLですが、武士道・日本刀・ヤクザ と言った要素を極端にディフォルメしたタランティーノ監督の日本観が作品に何とも言えない味を出していました。しかしあくまでもネタとして扱ったからエンターテイメントとして成り立つのであって、本気で勘違いしていた場合・・・これはもう怖ろしいほどに寒い結果となることは明白ですよね?

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2003年11月08日

DEATH RACE 2000/デスレース2000年 (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
極上バイオレンス映画 デスレース2000 後編



神は死んだ!(本上まなみ結婚のニュースを聞いた時のJ君のセリフ)
こんにちは。殺って殺って殺りまくって高得点!デスレース2000レビューのお時間がやって参りました。前編はこちら

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2003年11月01日

DEATH RACE 2000/デスレース2000年 (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
極上バイオレンス映画 デスレース2000 前編



アメリカは腐っちまった!
腐敗した大国アメリカ。何故にここまでアメリカは堕ちてしまったのか?こんにちはJ君です。 別にシュワちゃんが知事になったことについて話しているのではなく映画の話です。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2003年10月04日

東宝創立50周年記念超大作「幻の湖」 (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョギング戦国時代 「幻の湖」 (後編)



「ファントムではなく、イーグルだ。イーグルはすでに実戦配備についている。」

こんにちはJ君です。東宝創立50周年記念の超大作「幻の湖」レビューのお時間です。(前編はこちら)。 前編のレビューでは、予想に反して大変な反響を頂きました。「日本にそんなすごい映画があったのか、是非見てみたい」と。そうですか、そんなに見てみたいですか「幻の湖」を。


映画をナメるんじゃねえ!

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)

2003年09月28日

東宝創立50周年記念超大作「幻の湖」 (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙まで走れ!「幻の湖」レビュー (前編)



先日は北京原人の件で失礼致しました。どうやら日本映画界の触れてはいけないタブーに思いっきり触れてしまったようです。 あの映画に関わった者の誰もが「無かったこと」にしたい・・・・ 開けてはいけないパンドラの箱を開けてしまったと大変反省しております。

同じあやまちは二度と繰り返さないことでお馴染みの当サイトBLACK徒然草が汚名返上とばかりにご紹介する映画はなんと、 東宝創立50周年記念の超大作と銘打たれた作品。いわば日本映画 の威信をかけて制作されたキングオブ邦画。それが本日ご紹介する 「幻の湖」です。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(4)

2003年08月23日

ヤバすぎる・・・北京原人〜Who are you?

このエントリーをはてなブックマークに追加
私、必然性があれば脱ぎます!

   



ウパー!(挨拶)
本日ご紹介するのは豪華キャストと20億円以上の制作費を投入し、東映の威信を かけて作り上げられた(駄目)映画「北京原人〜Who are you?」です。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(8)

2003年06月14日

クローン人間ブルースリー 怒りのスリードラゴン(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
あぶない!ブルース・リー先生

          



ブルース・リー1号!


イエス!


ブルース・リー2号!


イエス!


ブルース・リー3号!


イエス!


さて問題です!本物のブルース・リーはどれでしょう。
(答え:全部偽物

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)