2016年10月20日

読んでも描けない!?マンガ界が戦慄する禁断の書「サルでも描けるまんが教室」 ”サルまん” レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

読んでも描けない!?マンガ界が戦慄する禁断の書「サルでも描けるまんが教室」 ”サルまん” レビュー




ちんぴょろすぽーん!!
人間誰しも、単なるサラリーマンになるよりも、己の才能一本で勝負してみたいなんて願望があるものです。特にマンガ大国日本ですから、漫画家になってみたい人も多いのではないでしょうか?最近はWEBからデビューするなんていう道もあったりして、ド素人がスターになれる可能性も出てきましたし、正直言うとJ君だって漫画家になりたかったよ!俺にもS村河内守氏のような才能があれば・・・(自分で描く気はないらしい)

とまあ、ゴースト的な話は置いておいて、明日のクールジャパンを背負って立つかもしれない漫画家のタマゴさんが読んでおくべき究極のマンガHowTo本を本日はご紹介しましょう。マンガ界を戦慄させた伝説の名著「サルでも描けるマンガ教室」。通称”サルまん”です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 23:10 固定リンク

2016年02月10日

君は模型(プラモ)界最強のアイドル「プラモのモ子ちゃん」を知っているか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

君は模型(プラモ)界最強のアイドル「プラモのモ子ちゃん」を知っているか?




プラモを塗装する時は、筆を火で炙るべし!!
こんにちはJ君です。みなさん、プラモ作ってますか?たぶん作ってませんよね!当サイトではいろんなジャンルのマンガを紹介していますが、当サイトの三大不人気ジャンルというのがありまして、「プロレス」「車」そして「プラモ」がテーマのマンガを取り上げると全く皆さんからのリアクションがないという状況に陥ります。寂しいなあ、もっとみんなプラモ作ろうぜ!まあ、J君もプラモはガンプラブーム以来すっかりご無沙汰なんですけど!

ところがどっこい近年は、「艦隊これくしょん」「ガールズ&パンツァー」などの影響により、戦艦や戦車などのプラモ・・・いわゆるスケールモデルがちょっとしたブームになっているそうです。萌えキャラとメカを掛けあわせると関連プラモが売れるという現象が発生するんですね。しかし萌えといえば・・・彼女のことを忘れてはいけません。かつてプラモ界随一のアイドルとして君臨したあの娘、その名も「プラモのモ子ちゃん」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:37 固定リンク

2016年01月17日

英語はマンガで覚える時代ッ!「北斗の拳で英語を身につける本」「ジョジョの奇妙な冒険で英語を学ぶッ!」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語はマンガで覚える時代ッ!「北斗の拳で英語を身につける本」「ジョジョの奇妙な冒険で英語を学ぶッ!」レビュー




You are already dead! (お前は もう死んでいる)
J君です。ついつい無意識に英語が出ちゃいました。ごめんあそばせ。
皆さんは「インバウンド」という言葉をご存知でしょうか、今は観光地だとかホテルだとかラオックスだとかに外国人が日本に大量にやってきていてウホウホ状態らしいんですよ。これが多分東京オリンピック開催の2020年ぐらいまで続くんじゃないかと。だからこれからは外国語が大事!っていうことらしいんですよ。

J君も一介のサラリーマンですから上司に「これからはインバウンドの時代だ!英語を勉強しろ!!」なんてプレッシャーを掛けられてまして、「なーにがインバウンドだ!リバウンドなら毎日してるっつーの!」と言い返したくなる気持ちをグッとこらえ、英語を勉強しようと思い始めた今日このごろです。でもね、マンガで培われたこの身体、悲しいことにマンガを通さないと一切勉強できない身体になってるんです。そこで調べたら出てきた救世主が本日ご紹介する二冊!「北斗の拳で英語を身につける本」「ジョジョの奇妙な冒険で英語を学ぶッ!」なのであります。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:56 固定リンク

2015年08月24日

サウナ×水風呂で合法トランス状態! 究極サウナ道 「サ道」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

サウナ×水風呂で合法トランス状態! 究極サウナ道 「サ道」レビュー




サウナでニルヴァーナを体験せよ!!
こんにちはJ君です。今回は銭湯とか健康ランドでお馴染みサウナの話をします。なんとびっくり、サウナって極めると超キモチいいトランス状態になれるんだそうですよ。もちろんサウナだから完全合法です!業界(サウナ業界)ではその状態を「ととのった!」というらしいんです。全然知りませんでしたね。

本日はそんなサウナ極め道を追求するエッセイ&マンガ作品、「サ道」をご紹介しましょう。コレを読んだらあなたも即効でサウナに行きたくなるに違いありません。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:04 固定リンク

2015年04月22日

新しいBLACK徒然草本「このマンガ 恐るべし…!!」を自画自賛レビューしてみる。今度の表紙は「清野とおる」先生!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいBLACK徒然草本「このマンガ 恐るべし…!!」を自画自賛レビューしてみる。今度の表紙は「清野とおる」先生!




君がッ!買うまで 自画自賛をやめないッ!
こんにちは、J君です。単刀直入に言うと、4月28日に新刊が出ます。みんな買ってね!!(単刀直入すぎ)。新刊の名前は「このマンガ 恐るべし…!!」というタイトルです。前著「なんだ!?このマンガは!?」が発売されたのが2010年ですからもうかれこれ5年近く経過しておりまして、「あー、そんな本出してたね」「え、こんなウ○コみたいなブログでも本出してんの?」みたいな様々な感想がお有りでしょうが、前著の売れ行きがアレだったため次はありえないと思っていたBLACK徒然草本、第二弾が出るみたいなんですよ!もう毎日が出版記念一人立食パーティですよ!(富士そばで)

さて、今回の表紙イラストはなんと清野とおる先生に描いていただいております。「ウヒョッ!東京都北区赤羽」の作者でありドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」の原作者でもある清野とおる先生による入魂の赤ら顔をご覧ください。これだけでも買う価値有りですよね!?(ていうか清野先生の作品と間違って買われるのを狙ってます)
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:34 固定リンク

2013年06月30日

「東京都北区赤羽」と「東京トワイライトゾーン」に学ぶ東京珍スポットの世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

「東京都北区赤羽」と「東京トワイライトゾーン」に学ぶ東京珍スポットの世界



セットされった未来人♪
こんにちは、J君です。「東京都北区赤羽」というマンガがあるのはご存知でしょうか。J君が今一番ハマっているマンガなのですが、東京の人以外あまり馴染みのない・・・そして東京の人でも誰もが知ってるというほどの知名度でもない「赤羽」という土地にスポットを当て、赤羽に出てくる変な人や変な店、変なスポットなどを清野とおる先生が面白おかしく紹介しているエッセイマンガです。赤羽界隈ではワンピースよりも売れているというぐらいなので、もしかしたら知っている方も多いかもしれません。

実は「東京都北区赤羽」はTwitterやメールなどで絶対J君向けだから読んだほうがいいよ!と数年前からおすすめされていたのですが、薦められると意地でも読みたくなくなる性分なのでしばらく敬遠していたんですよね。で、先日ついつい読んでみたらものの見事にズッポリとハマってしまいました。なんだよ、こんなに面白いならもっと早く教えてよ!!(※教えてもらってます)
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:17 固定リンク

2013年05月14日

本物の中二病をお前に見せてやる・・・!! 「我が名は魔性」 レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

本物の中二病をお前に見せてやる・・・!! 「我が名は魔性」 レビュー



「わがままな浜省」・・・ではありません。
こんにちはJ君です。突然ですが、皆様は子供の頃に書いた恥ずかしい小説やマンガなどの作品を大人になったある日、突然見つけてしまったらどんな行動に出ますか?恥ずかしさのあまり見なかったことにして削除しますか?ひと通り読んで自分だけの胸にひっそりとしまっておきますか?なるほど、それが人として本来とるべき行動なのかもしれません。しかしこのスマートフォン時代に皆さんがやるべき行動はそれではありません。ズバリ「電子書籍にして出版する」です。

黒歴史あるところにBLACK徒然草あり。ということで、本日は中二(14歳)だった頃に書いた黒歴史な小説を電子書籍で出版してしまったという勇者の作品「我が名は魔性」をご紹介します。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:02 固定リンク

2013年02月17日

ディズ●ー&ミ●キーの禁断の謎がついに判明!? マンガ「実録日本のタブー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズ●ー&ミ●キーの禁断の謎がついに判明!? マンガ「実録日本のタブー」




もしかしたらこれが当サイト最後の更新かもしれません・・・
こんにちは、J君です。みなさんはディ●ニーランドに行ったことはありますか?
現代において一人で行きづらいスポットは焼肉、ボーリング、カラオケ等々いろいろありますがその最高峰といえるのがこのディズ●ーランドではないでしょうか?なにしろ一人ディズニ●ランドという行為は一部ではあの便所飯をも超えるハードなスポーツとして認定も受けているほどで、その過酷さが分かるというものですね。オリンピックの正式種目に認定されるのも時間の問題かもしれません。

ただ、今回は別に一人デ●ズニー特集をしたいわけではありません。誰もが知っている●ィズニーランド、そしてそのホストキャラクターたるミッキ●マウスですが、知られざる謎が多いのもまた事実ですよね。その誰も触れることが許されないタブーの領域に真っ向から斬り込んだ命知らずなマンガがあります。その名も「実録・日本のタブー」。これこそ全国の一人ディズニ●ランダー達に捧げたい作品であります。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:36 固定リンク

2012年12月14日

誰も得しないけど寒いので・・・無理やり「懐中しるこ」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰も得しないけど寒いので・・・無理やり「懐中しるこ」レビュー




カレーとお汁粉は飲み物です!(たぶん)
こんにちは懐中しるこ評論家のJ君です。底冷えする日々が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。こんな寒い日にぴったりなのはカフェオレとかホットココアとかキムチ鍋だとか人それぞれだとは思うのですが、なにか大事なものを忘れてないでしょうか。そう、日本人なら汁粉(しるこ)だろうと思うわけです。いやいや、俺はしるこじゃなくってぜんざい派だ!という貴方。OK、OK、なかなかいいセンスしてる。

しることぜんざいの違いは諸説ありますがざっくり言って、こしあんか粒あんかの違いであり些細なものです。きのこの山とたけのこの里のように永遠に分かり合えることのない宗教戦争では決してない。そう、俺たちは分かり合える。何がいいたいかといいますと、本日はしるこ(ぜんざい)の中でもあまり語られることのない「懐中しるこ」というまさに忙しい現代人にふさわしいモバイルスイーツをご紹介したいのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:41 固定リンク

2012年08月14日

「ラーメン二郎」VS「天下一品」 マンガで学ぶラーメン界の2大カリスマ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラーメン二郎」VS「天下一品」 マンガで学ぶラーメン界の2大カリスマ




アブラナシヤサイカラメマシマシ
こんにちはJ君です。皆さんラーメン食べてますか?食べてますよね?当サイトにお越しの皆様の平均的な1日の摂取カロリーは3000kcalという統計データがありますのでたぶん一日最低2杯はラーメン食べてるんじゃないかと思っております。間違えた、3000kcalは当サイト管理人の平均摂取カロリーの間違いだった!死んじゃう!このままだと背脂に挟まれて死ぬ!

さて、それはともかく読むだけで太れるブログを目指している当サイトとしましてはどうしても通らなければいけない道、それがラーメン。今回はラーメン界の東のカリスマ「ラーメン二郎」と西のカリスマ「天下一品」についてマンガでお勉強したいと思います。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:58 固定リンク

2012年02月27日

魅惑の激甘スイーツ「シベリア」&マンガ版「シベリア超特急」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

魅惑の激甘スイーツ「シベリア」&マンガ版「シベリア超特急」レビュー




魅惑のスイーツ「シベリア」とは?
寒いですねえ。これだけ寒いとブログの更新も滞っちゃうってもんですよね!?そう、最近当サイトの更新頻度が低いのはズバリ寒いせい!(責任転嫁)ところで寒いといえば北、北といえばロシア。ロシアといえば誰もが頭に浮かぶのがシベリアじゃないかと思うわけですが、今回は「シベリア」にちなんだ2つのアイテムをご紹介いたします。

一つは「シベリア」という名の究極激甘スイーツ。もう一つは故・水野晴郎先生の遺作にして邦画史上に残る迷作「シベリア超特急」のマンガ版です。お察しの通り今回の2つのアイテムは完全に「シベリアつながり」という理由だけで紹介しています。その他に一切の理由はございません。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 23:44 固定リンク

2010年10月22日

BLACK徒然草本「なんだ!?このマンガは!?」を自分でレビューしてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

BLACK徒然草本「なんだ!?このマンガは!?」を自分でレビューしてみる





レビューという名を借りた、ただの宣伝です!
こんにちは、向こう一年ぐらい印税ネタで弄られることが確定している男、J君です。
すでに日記等でウザイぐらい告知させていただいております通り、BLACK徒然草のマンガレビューが「なんだ!?このマンガは!?」という名で出版されることとなりました。

というわけで今回は自分の本を自分でレビューいたします。普段以上に客観性を欠いたレビューとなること請け合いですが、どう転んでも宣伝臭くなるのはご容赦ください。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:06 固定リンク

2009年11月14日

中華料理で悩み解決!「周富徳の中華人生相談」

このエントリーをはてなブックマークに追加

中華料理で悩み解決!「周富徳の中華人生相談」





中華料理を食えば悩みは大抵解決!
こんにちは、J君です。皆さん中華食べてますか?J君はラーメン、餃子をはじめとして週に3日は中華を食べる中華大好き人間です。おかげさまで先日の人間ドックの結果で肥満度「D」というハイスコアを叩き出しました。デブだけに「D」ってうるさいわ!という今日このごろですが、それはともかく本日は久しぶりの人生相談レビューです。 

今回ご紹介するのは最近あまり見かけないですが、中華料理の達人としておなじみの周富徳先生による著書「周富徳の中華人生相談」です。なんとこの本、先生の人生相談の回答の後に必ず周先生秘伝の中華レシピが載るという、人生相談なのか料理本なのかよくわからない相当異色の構成になっています。中華と人生相談のまさかのコラボ・・・一体どんなことになってるんでしょうか。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 14:03 固定リンク

2009年08月22日

ネタ系(?)セレブ飲料「グラソー ビタミンウォーター」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネタ系(?)セレブ飲料「グラソー ビタミンウォーター」レビュー





浜田じゃない方のブリトニーが愛飲!
こんにちは、J君です。夏もすっかり終わり気味ですが、皆さん、夏休みは何処に行かれたんでしょうか?今年の夏はなぜかこぞって山梨県に行くのがブームでしたよね。マスコミの力って恐ろしいですね。

ところで先日、お中元で「glaceau vitaminwater(グラソー ビタミンウォーター)」なる飲み物をたくさん頂いたのですが、これがなかなかインパクトがあるブツでした。せっかくなので本日はこれをレビューしてみたいと思います。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 16:43 固定リンクTrackBack(0)

2009年02月08日

究極のグルメ武士道・・・「野武士のグルメ」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

究極のグルメ武士道・・・「野武士のグルメ」レビュー





野武士のグルメ・・・そういうのもあるのか!
こんにちは、J君です。皆さん、独り飯してますか?ラーメン屋で餃子を頬張っては「なるほどこういうタイプか」とか言ってみたり「カルボナーラとシーザーサラダでチーズがダブってしまった」とか心の中でつぶやいたりしていないでしょうか?だいぶ独り飯病が進行しているようですね。実によい傾向です。

最近のJ君はといえば、独り飯の頻度がさらに加速しておりまして「独り飯道とは、これ即ち武士道なり」的な悟りの境地に至っております。本日レビューするのはそんな心境にまさにピッタリの本「野武士のグルメ」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:15 固定リンク

2008年10月06日

女人禁制!ハードボイルド人生相談「試みの地平線」

このエントリーをはてなブックマークに追加

女人禁制!ハードボイルド人生相談「試みの地平線」





童貞なんですがどうしたら・・・ ⇒ ソープへ行け!
こんにちは、J君です。皆さんは「試みの地平線」という本をご存知でしょうか?ハードボイルド作家、北方謙三先生がヤリたい盛りの中高生男子向けモテマニュアル本「ホットドッグ・プレス」に連載していた、悩める若者たちのための人生相談コーナーです。

その内容はまさにハードボイルド人生相談であり、そこには一貫して「男とは何か?」という熱いテーマがあります。今日、ケータイ小説「あたし彼女」なんかが流行るご時勢だからこそ、「試みの地平線」をご紹介して、真の男の生き様とは何かということについて、改めて考え直してみたいと思います。ちなみに・・・あまりにハードボイルドすぎる内容のため今回は女人禁制です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:24 固定リンク

2006年04月11日

かにぱんマニアックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

かにぱんマニアックス





最近、仕事が狂ったように忙しくなりまして、日記の更新ペースが目に見えて落ちてきてるんですけども、こういう状況になってはじめて気付いた。日記を書かないとフラストレーションが溜まりまくるみたいなんです。そうさ、オイラは日記依存症・・・。(=ネット廃人)

ま、そんなわけで、本日は仕事が忙しくて頭に来たのでちょっとパンチのきいた日記を書いてみようと思った。 J君は以前よりやろうと思っていて、あまりに面倒くさくて実現できなかった企画があります。それが「かにぱんでアレすること」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 23:51 固定リンクTrackBack(1)

2005年12月31日

宇宙食でフルコース(おせち料理編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙食でフルコース(おせち料理編)







おせちもいいけど宇宙食もね!
こんにちはJ君です。さていよいよ年末も佳境に入ってまいりましていよいよ残すところあと約1日になりました。大掃除をするも良し、ちょっと遅めの年賀状を作るも良し、年賀状がもう間に合わないので喪中ってことにしてしまう(ヴァーチャル喪中)も良しであります。(良くないか)

そんな中、来るべき新年の準備に欠かせないものといえばおせち料理作りですよね?お正月に食事を作らなくても良いように、あらかじめ日持ちのする料理をつくってお重にするおせち料理。日持ちのする食材・・・ちょっとまって!それならおせち料理には宇宙食がピッタリなんじゃないでしょうか?「O・SE・TI」そう、J君は2006年のおせち料理に新世代のおせち料理、宇宙食おせちを提案いたします。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:01 固定リンクTrackBack(3)

2005年09月04日

ブログの女王謁見イベントレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の対決 ブログの女王VS実写版DBは実現するか?


こんにちは、J君です。本日の記事はちょっといつもと勝手が違って、イベントレポートです。小鳥ピヨピヨのいちるさんから、日本一のトラックバック記録保持者であるブログの女王「眞鍋かをり」さんをブロガー達で囲むイベントがあるんですが、参加されませんか?というありがたいお誘いを頂きまして、そもそもJ君て全然「ブロガー」じゃなくね??という根本的な疑問もそこそこに、早速会場である新宿タイムズスクエアの紀ノ国屋に行ってまいりました。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:22 固定リンクTrackBack(25)

2005年08月16日

神秘納豆 クレオパトラの幸せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピラミッドパワーが宿る・・・魅惑のクレオパトラ納豆

納豆はピラミッドパワーで美味くなる!
日々ネタ探しに余念の無い男、J君は本日もネタを探して「ExciteBitコネタ」なるページを眺めていたら、とんでもない納豆を紹介しているページを発見。

そこに掲載されていた納豆は想像を絶するものでありました。ピラミッドの形をしたパッケージ、そして従来のクレオパトラの概念を覆すようなイラスト・・・神秘だ、神秘すぎる!いかようかん以来の壮絶なネタの香りが漂うこの「神秘納豆 クレオパトラの幸せ」。J君はセレブの誇りにかけて、じっちゃんの名にかけて(まあ嘘ですが)、この究極の納豆に挑んでみることにした。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:27 固定リンクTrackBack(0)

2005年05月22日

オニオングラタンスープバトル

このエントリーをはてなブックマークに追加

自称「日本一オニオングラタンスープを食べた男」


皆さんはオニオングラタンスープ、お好きですか?J君はここだけの話、かなり好きです。J君のように毎日の食事におけるファミレスの占有率が暴力的なまでに高い人間にとって、定番メニューであるオニオングラタンスープはそれこそ毎朝の味噌汁のように生活になくてはならないものとなっています。先週は1週間で9杯食べましたが特に体に異変もなく、まだまだ元気です

それにしてもフランスの家庭料理であるオニオングラタンスープは何ゆえあそこまでファミレスに定着してしまったのか?日本で屈指のオニオングラタンスーピストであるJ君は主要なファミレスでのオニオングラタンスープ採用状況をチェックしてみました。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(5)

2005年01月21日

談話室滝沢レポート2005

このエントリーをはてなブックマークに追加
談話室滝沢レポートR(リターンズ)

2005年1月、ある肌寒い冬の日の池袋で、ふと当サイトBLACK徒然草管理人J君(セレブ歴3年)は思った。「そういえば、最近滝沢行ってねえな・・・」滝沢とは、「談話室滝沢」という東京は新宿・お茶の水・池袋のみに存在するセレブ的異空間。都内にお住まいの人なら看板ぐらいは見覚えがあるかもしれない。しかし、店内にまで入ったことがある人は意外と少ないのではないか。なぜならば、その看板に漂うオーラが、一般人を気軽に入店させない「何か」を持っているからに他ならない。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(9)

2004年09月26日

喫茶マウンテン 名古屋レポート2

このエントリーをはてなブックマークに追加

探検隊シリーズ第一弾(名古屋レポート)
「八丁味噌の名産地尾張名古屋の聖なる山にカルピスラベンダー氷は存在した!」 後編

皆様・・・・・こんにちは、J君です・・・・。名古屋レポートの後編です。(前編はこちら
人はなぜ山に登るのか・・・えーと・・・、そこに山があるからさ、って誰か言ってましたよね。あー、でも誰も言ってないかもしれない。よくわかんない。(動揺気味)

一般的に「聖なる山」と言いますと、アンデス山脈ですとか、チベットですとか、そういうのを指すんですけども、名古屋で聖なる山と言いますと「喫茶マウンテン」を指すそうです。・・・・アホか。名古屋アホか!(怒)
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)

2004年09月25日

ナナちゃん 名古屋レポート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

探検隊シリーズ第一弾(名古屋レポート)
「八丁味噌の名産地尾張名古屋の聖なる山にカルピスラベンダー氷は存在した!」 前編

人はなぜ山に登るのか・・・そこに山があるからさ
かつての登山家の有名な言葉である。そう、登山家たるもの山がある以上登らなければならないのである。夏休みの休暇を取って名古屋に行くことになったJ君一行は(一人だけど)、事前に気になる情報を入手した。名古屋には「聖なる山」がある・・・聖なる山を登頂し、そこにそびえ立つ「何か」を制した者だけが真の名古屋を語ることができるという。

なるほどそうか、行くからには名古屋の本当の姿をレポートしなければいけないのではないか?一探検家としての使命がJ君一行(一人)を駆り立てる。しかし聖なる山の登頂は相当な危険を伴うという。今回の探検では死者が出るかもしれない
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(2)

2004年09月10日

函館銘菓いかようかん レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
函館の刺客「いかようかん」レビュー

ヤツは突然やって来た。そう、函館からの刺客・・・・・

「いかようかん」

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)

2003年12月23日

セレブ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドキッ!セレブだらけのクリスマス・イブ
  ⇒続きを読む
 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2003年03月25日

スネ夫論

このエントリーをはてなブックマークに追加
スネ夫の有る風景



「スネ夫論」
最近スネ夫が静かなブームだと聞く。そういえば、渋谷あたりでも心なしかスネ夫ブルーのTシャツに短パンといういでたちの若者が増えてきた気がする。髪だってよくみれば皆スネ夫リーゼントではないか。

それも無理はない話だ。スネ夫こそ我々が求めていた21世紀のヒーロー像なのだから。ジャイアンがもたらした暴力による正義はもはや過去の産物。昭和の遺物なのである。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2002年10月24日

アブトロニック?腹筋マシーン大解剖!

このエントリーをはてなブックマークに追加
特命リサーチ・アブX


  ⇒続きを読む
 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2001年10月12日

談話室滝沢レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
激ヤバな喫茶店

この世には、まれに至高の喫茶店が存在します。その名は「談話室滝沢」

この喫茶店に勝る個性を持った喫茶店を俺は他に知りません。「談話室滝沢」とは東京は池袋・新宿・お茶の水など、微妙に若者の嗜好をはずした繁華街に存在する喫茶店。グレードで言えばルノアールなどに匹敵すると思われ、ちょっと高級な部類に入ります。

まずネーミングの「談話室」。ここからしてなんだか分かりません。何度目を凝らしてみても喫茶店とは一言も書いてないのですが、ちゃんとメニューサンプルの入ったショーケースが店の前に置いてあるのでとりあえずお茶を飲める所なんだな、と言うことはかろうじて分かります。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)