2015年05月28日

動画で観るとひときわ泣ける!伝説のリストラマンガ 「まだ、生きてる…」モーションコミック版レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画で観るとひときわ泣ける!伝説のリストラマンガ 「まだ、生きてる…」モーションコミック版レビュー。




伝説のリストラおやじ岡田憲三が動画になって復活!
こんにちはJ君(リストラ予備軍)です。まあ当たり前ですよね、いつも仕事そっちのけでブログ更新のことばっかり考えているんですから(その割に更新頻度が低いけど)、上司にいつ肩叩きされてもおかしくない、ハローワークデビューを夢見るリストラ研究生、RST42(厄年)といったところでしょうか。笑ってないで誰か雇って!

ところで、リストラといえば以前当サイトではリストラされた切ない男達のマンガをご紹介したことがあります。ひとつはリストラ漫画家がお遍路の旅に出る「55歳の地図」。そしてもうひとつは本宮ひろ志先生による伝説のリストラマンガ「まだ、生きてる…」です。今回は株式会社シフトワン様より、「『まだ、生きてる…』が動画化されたのでレビューしてみてちょんまげ!」という主旨のご依頼がありましたので改めてレビューします。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:00 固定リンク

2008年05月18日

10分で分かる三国志 「横山光輝 アニメ三国志」 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

10分で分かる三国志 「横山光輝 アニメ三国志」 後編





三国志、ツンデレ女武将大活躍編!
こんにちはJ君です。先日はじめてマンガ喫茶で横山三国志を30巻ぐらいまで読んだんですけど、いやー凄かったですね。何が凄いって、このアニメ版と全然別物だったことがですよ。なにしろセイント劉備ラオウな曹操も全然出てきませんから・・・アニメ版三国志をレビューするにあたって一番見てはいけないものを見てしまった気がします。

さて前回、アニメ版三国志レビュー前編では三国志の重要なカギを握る人物としてとして「パンチラ女忍者」をご紹介させていただきましたが、後編ではなんと「ツンデレ女武将」が登場しますよ!ええと、本当にこれは三国志レビューなんでしょうかね?実はホントのタイトルは「涼宮リュウビの憂鬱」とかじゃないですよね?
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 16:59 固定リンク

2008年04月29日

10分で分かる三国志 「横山光輝 アニメ三国志」 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

10分で分かる三国志 「横山光輝 アニメ三国志」 前編





乱世の三国時代、鍵を握るのはパンチラだった・・・!
こんにちはJ君です。皆さんは「三国志」をご存知でしょうか?映画にも小説にもゲームにもマンガにもなっている「三国志」ですから当然ご存知ですよね?「三国志」を知っていることは、人間として生きるための必要最低限の知識であり、もはや義務教育レベルといって差し支えありません。ちなみにJ君は「三国志」について何一つ知りませんけど。

三十路を過ぎた男子として三国志の一つも知らないのはどうかと思い、横山光輝先生の名作マンガ「三国志」を読むことを決意したJ君。しかし「三国志」はなんと全60巻 。今から全部読むのはあまりにかったるすぎ。おまけに漫喫に行く服がない。・・・でも心配ありません。そんな貴方にピッタリの「三国志」を本日はご紹介します。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:27 固定リンク

2007年07月21日

究極の勧善懲悪ヒーロー 「まんが 水戸黄門」

このエントリーをはてなブックマークに追加

究極の勧善懲悪ヒーロー まんが水戸黄門




ビューティフルモーニング オブ 黄門
こんにちは、J君です。日本を代表する時代劇「水戸黄門」、知らない人は皆無だと思いますが、長寿番組だけあって助さんが黄門様に出世してみたり、照英が怪力忍者で登場したり、石坂浩二の黄門様の衣装だけなぜか仲間はずれだったりと、なにかと話題には事欠きません。しかし安定感のある番組ゆえに、刺激と言う意味ではやや物足りない部分もあるのも事実。

そこで本日ご紹介したいのは、水戸黄門史上最も刺激に満ち溢れた作品、「まんが水戸黄門」をご紹介したいと思います。「まんが水戸黄門」・・・タイトルだけ聞くとなんともほのぼのした雰囲気が漂っていますがとんでもない。どんな黄門フリークも腰を抜かすほどの強烈なインパクトをもったアニメだったのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:38 固定リンクTrackBack(0)

2005年01月01日

韓国版ガンダム? 惑星ロボットサンダーA

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓流ガンダムがやってきた!

ガンダムも韓流の時代・・・・・
2004年、空前の韓国ドラマブーム。そして、2005年は・・・韓国ブームもついにここまで来ました。そう、日本を代表するロボットアニメ「機動戦士ガンダム」をモデルにしたと思われるアニメが存在したのです。本日ご紹介するのが「惑星ロボットサンダーA」という韓国アニメ。これこそがまさに韓国版ガンダムなのです。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(2)