2014年02月03日

人生で大切なことは全てデパ地下で学んだ・・・デパ地下オンリーマンガ 「デパ地下!」 に学ぶマーケティングの極意

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生で大切なことは全てデパ地下で学んだ・・・デパ地下オンリーマンガ 「デパ地下!」 に学ぶマーケティングの極意




デパ地下で 試食しすぎて 出禁かな(デパ地下川柳)
こんにちはJ君です。今回はいつもと一風変わって自己啓発本ぽいタイトルでスタートさせていただきましたが最近は自己啓発本を読むこともありまして、特にとんでもないタイトルのやつが大好物です。最近だと「ラーメン二郎にまなぶ経営学」とかね。完全にラーメン二郎ってキーワードだけで選んでますけど。

いつも皆さんの人生に1ミリも役に立たないマンガばかりご紹介している当サイトですが、今回は読むだけでデパ地下ビジネスの秘密がわかる・・・かもしれないちょっと賢くなれるマンガをご紹介したいと思います。その名も「デパ地下!」。その名の通りデパ地下限定グルメマンガです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:30 固定リンク

2013年09月22日

やられたらちょっとやり返す1.2倍返し!半沢直樹っぽいマンガ 「銀行員 祥平がんばる!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

やられたらちょっとやり返す1.2倍返し!半沢直樹っぽいマンガ 「銀行員 祥平がんばる!」



やられたらやりかえす!1.2倍返しだ!!
こんにちはJ君です。「半沢直樹」っていうTVドラマがすごい人気ですよね。視聴率が30%超えだとか、あまりに話題なので普段ドラマを観ないJ君も観ているのですがたしかに面白いです。これはヒットするのも頷けます。

当サイトといたしましてはなんとかこの半沢直樹ブームに便乗したい、乗るしかないこのビッグウェーブに!という方針でございまして、一生懸命探しましたよ。半沢直樹に(ちょっと)似ているマンガを!その名も「銀行員 祥平がんばる!」というマンガです。で、それいつレビューするの?今でしょ!
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 20:30 固定リンク

2011年07月18日

哀愁のガンプラ中間管理職 「プラ課長 錦四郎」

このエントリーをはてなブックマークに追加

哀愁のガンプラ中間管理職 「プラ課長 錦四郎」





課長がガンプラ作って何が悪い!
男子にとって永遠不滅のロボットアニメであるガンダムシリーズがこのところまた熱くなってきましたね。「機動戦士ガンダムAGE」「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」などがアニメ化されることが発表され、大人から子供まで楽しめるガンダムラインナップが勢揃いといった趣です。

そのガンダムシリーズの最初の作品である「機動戦士ガンダム」は1980年代にガンプラと呼ばれるプラモデルが社会現象になるほどのブームとなり、ガンダム人気を後押ししていたことは有名です。今回ご紹介するのはそんなガンプラブームを駆け抜けた中間管理職の物語を描くプラモマンガ「プラ課長錦四郎」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:34 固定リンク

2011年04月14日

ビッグになりたいならこれを読め! 「孫がゆく〜孫正義物語〜」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグになりたいならこれを読め! 「孫がゆく〜孫正義物語〜」





「孫 (まご)がゆく」ではありません
ソフトバンクの社長であり日本で一大iPhoneブームを巻き起こした張本人である孫正義社長。先日、東日本大震災に個人資産から100億円を寄付、さらに引退までの役員報酬も全額寄付という発表があり、世間をビックリさせました。

そのあまりの男気溢れる決断力に、「俺、男だけど孫さんになら抱かれてもいい」と思った人が日本中に多数現れたとか現れないとか。もちろんJ君(携帯はドコモ)もその一人です。それにしてもどうしたら孫社長のようなビッグな男になれるのか、今回は孫社長の伝記マンガ「孫がゆく〜孫正義物語〜」から学んでみましょう。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 20:30 固定リンク

2011年03月19日

今こそ読んで欲しい!発電にかける漢達を描くマンガ 「発電ドクター走る!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

今こそ読んで欲しい!発電にかける漢達を描くマンガ 「発電ドクター走る!」





愛の基礎工事修正完了!
2011年3月11日、東日本大震災、多くの方の命が失われ、現在も行方不明の方が多数・・・大変痛ましい状況となっています。さらに首都圏では停電による大混乱、TVでは連日流れる原発のニュース・・・普段何気なく使っている電気というものがいかに人々の生活の根幹に関わっているかということを日本中の人々が痛感しているのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、そんな人々にとって欠かせない「電気」を支える漢達を描いたマンガ 「発電ドクター走る!」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:47 固定リンク

2010年03月24日

数千万の家がサクッと売れる「痛快!!マイホーム」に学ぶセールスの極意

このエントリーをはてなブックマークに追加

数千万の家がサクッと売れる「痛快!!マイホーム」に学ぶセールスの極意





女を口説くように家を売れ!
こんにちは、J君です。人生において最も高い買い物といえば、やはりマイホームではないかと思うのです。 なにせ数千万円から数億円になる買い物です。サラリーマンにとってはそれはもう人生をかけた一大イベントに違いありません。

そんな、人生を左右する買い物であるマイホームですから売る方だって相当大変なのは言うまでもありません。そんな中、まるで女性を口説くかのごとくサクっとマイホームを売ってしまう男がいました。今回ご紹介するのはそんな凄腕営業マンが主人公の画期的な不動産マンガ「痛快!!マイホーム」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 23:51 固定リンク

2009年03月22日

壮絶!リストラマンガの世界 「まだ、生きてる・・・」

このエントリーをはてなブックマークに追加

壮絶!リストラマンガの世界 「まだ、生きてる・・・」





こんなサラリーマン金太郎はイヤだ!
こんにちは、J君です。前回のリストラマンガ「55歳の地図」に引き続き、忍び寄る肩たたきの恐怖に怯えながらの更新です。

課長 島耕作が翌月には派遣 島耕作になっていてもおかしくないという未曾有の大不況を生き抜くためのリストラマンガ第二段は、本宮ひろ志先生の「まだ、生きてる・・・」をご紹介したいと思います。いよいよもって切実なタイトルですね。「まだ生きてる」ってことは、「もうすぐ死ぬ」ことの裏返しとも言えます。うわっ、レビュー前にすごく気持ちがブルーになってきた。レビューするのやめようかな・・・。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:13 固定リンク

2006年05月07日

陶芸バトル「流れ陶二郎 けんか窯」

このエントリーをはてなブックマークに追加

職人マンガの世界 陶芸バトル「流れ陶二郎 けんか窯」





君は粘土のために死ねるか?
こんにちは、J君です。前回の庭師バトルマンガ「庭師一代」に続く職人マンガの世界第2弾はなんと、陶芸バトル。その名も「流れ陶二郎 けんか窯」です。「けんか窯(がま)」とはすなわち陶芸バトルのことなのです。

陶芸なんかでケンカすんなよ・・・と誰しも一瞬思ってしまうわけですがそれはそれ、とにかく陶芸の世界にもバトルがあるとは、ましてやそれがマンガになってるとはJ君のような凡人には全く想像が及ばなかったわけですが、なにせ描いてる作者が凡人でないのだからそれも仕方のない話です。そう、このマンガ、原作はアストロ球団の遠崎史郎先生。そして作者は・・・当サイトではすっかりおなじみのビッグ錠大先生です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 13:45 固定リンクTrackBack(2)

2006年04月08日

日本庭園バトル 庭師一代

このエントリーをはてなブックマークに追加

職人マンガの世界 ガーデニングバトル「庭師一代」





この庭は死んでいる!
こんにちは、J君です。日本には職人マンガというジャンルがあります。メジャーなところでは料理人、特に寿司職人のマンガなどは数限りなく存在しています。どうもマンガの世界では職人といえば、「べらんめえ口調→気むずかしくて頑固→短気でけんかっ早い」というパブリックイメージが強いらしく、職人をテーマにしたマンガでは大抵がバトルに突入する傾向にあるようです。当サイトではそんな日本ならではの伝統文化、職人マンガのディープな世界をお伝えして行きたいと思います。

というわけで、職人マンガの世界第1弾のテーマはズバリ「庭師」。庭師が己の技巧を凝らした庭を見せ合って勝負を決する庭勝負マンガ(今風に言うとガーデニングバトル)その名も「庭師一代」をご紹介いたします。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:57 固定リンクTrackBack(2)

2005年10月23日

ビッグ錠先生のホテル経営マンガ ごくらく王 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の貧乏脱出ラブホ経営マンガ「ごくらく王」 後編



ラブホテル業界仁義なき戦い!
こんにちは、J君です。ニッポンの全ての絶倫ボーイ達にお送りする、異色のラブホテル経営マンガ「ごくらく王」後編のお時間がやってまいりました。前編はこちら

前編では「沼津はラブホテルの激戦地。沼津を制するものはラブホテルを制する」ということを書きましたところ、沼津はラブホテル激戦区というよりイルカが食える町だ!とか、桜海老より干物が有名とか、いやいや、イルカだったら銚子でも食えるとか、あらぬ方向に議論が発展してしまいました。あらかじめ申し上げておきますが、J君は別にこのテキストを通して「漁港の明日」について語りたいわけではございませんので、そこのところご理解をお願い申し上げます。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 16:22 固定リンクTrackBack(0)

2005年10月17日

ビッグ錠先生のホテル経営マンガ ごくらく王 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の貧乏脱出ラブホ経営マンガ「ごくらく王」 前編


沼津を制する者は日本のラブホテルを制す!
こんにちは、J君です。世は空前の株式ブームと呼ばれています。インターネットを利用したデイトレードが一般の人達に普及するようになり、ホリエモンや楽天、村上ファンドといった人達がテレビを賑わすようになり企業買収、M&Aと言った用語も日常的に使われるようになってきました。今後、MIQのようなマネーゲームを題材としたマンガは一層増えていくことでしょう。

しかし、1980年代にすでに本格的な企業経営を題材としたマンガが存在していました。その名も「ビジネス太閤記 ごくらく王」。しかも凡百のビジネスマンガにあらず。なんと、ラブホテル経営マンガなのであります。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:49 固定リンクTrackBack(1)