2017年06月23日

ドキッ!まるごとゴルゴ!!ゴルゴだらけの任侠マンガ「日本極道史」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドキッ!まるごとゴルゴ!!ゴルゴだらけの任侠マンガ「日本極道史」レビュー




まるごとゴルゴ!(まるごとバナナみたいな感じで)
こんにちはJ君です。そろそろ全国的に梅雨入りのシーズンです。皆さんいかがお過ごしでしょうか。ジメッとした季節になると、心も内向きになります。この状況を打開するためには破天荒なまでにエキサイティングな刺激が必要ですよね!つまり梅雨に読むべきマンガはズバリ任侠マンガなのです!!(強引)

今回ご紹介する劇画「日本極道史 昭和編」の作者は村上和彦先生。任侠劇画の大御所であり、数多くの仁侠映画の監督も務められている、ライフイズ任侠な先生でありますが、その画柄はさいとう・たかを先生をリスペクトしすぎるあまり、ものすごく雰囲気が似ているというか、要するにゴルゴ13ことデューク東郷と瓜二つのキャラが暴れまわるという驚きの作品なのです。   ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:00 固定リンク

2017年04月26日

ロックをマンガにしたのではない、マンガがロックなんだ!最凶にロックなマンガ「ロックロック」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロックをマンガにしたのではない、マンガがロックなんだ!最凶にロックなマンガ「ロックロック」




かつてこれほどまでに「ロック」しているマンガがあっただろうか?
こんにちは、いつもクールに生きたいと願っているJ君です。(クールビズ的な意味で)。ところで皆さんはロックな日常を送っていますか?いやいや、意味分からないんだけど、と言われるかもしれません。例えば一日一回「ああ、それは最高にクールだね!」と言えるような出来事があれば、それはロックな日常と言えるでしょう。例えば今、J君がこうしてタリーズコーヒーでパチパチとテキストを打っている横で、スマホ片手にホットドッグを3本食ってる客がいますが、彼は最高にロックな日常を送っていると言えます。(ただの大食い説あり)

そんな日常を刺激的にする「ロック」な生き様を目指す皆さんに推薦したい図書があります。それが「ロックロック」(ROCKWROK)という作品。ロックをテーマにしてきたマンガはいくつも存在しますが、これほどまでに存在自体がロックしているマンガは他にないのではないでしょうか。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:00 固定リンク

2017年02月21日

法で裁けぬ悪を討つ!魔都TOKYOタラレバ娘「極悪美女軍団 卍(まんじ)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

法で裁けぬ悪を討つ!魔都TOKYOタラレバ娘「極悪美女軍団 卍(まんじ)」




「割礼ーっ!(敬礼のポーズで)」
こんにちは、J君です。当サイトでは法で裁けぬ悪党を成敗する仕置人マンガを不定期にご紹介しています。これは閉塞した社会に喝を入れたいという目的があったりなかったりします。(どちらかといえばない。)

最近も芸能界を突如引退した人気女優が暴露本で「全部言っちゃっ」たり、北のプリンスが暗殺されたりと、一般人にはよく分からない巨大組織の闇を感じる不穏な事件が相次ぎ、皆さんの心にモヤモヤしたものが溜まっているのではないでしょうか。そんなモヤモヤをスッキリさせたい貴方のためにご紹介したい仕置人マンガがあります。その名も「極悪美女軍団 卍(まんじ)」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 23:38 固定リンク

2017年01月04日

ASKAが主人公?チャゲアス公認マンガ「黄昏流星群 C-46星雲」とはどんな作品なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ASKAが主人公?チャゲアス公認マンガ「黄昏流星群 C-46星雲」とはどんな作品なのか




「あれ?この歌、俺が作った歌じゃないか?」
例年のこととはいえ、昨年は特に芸能界で衝撃的な話題が多かったように思います。ベッキー、清原、ショーンK、成宮、SMAPそしてASKA・・・しかし、ASKA氏については先日、お茶作戦からの不起訴処分で、疑っていたいろんな奴らを、今から一緒に殴りに行こうか!という状況になっていることは皆さんご存知の通りかと思います。

そんなASKA氏にインスパイアされた作品が、2011年にマンガ化されていたことはご存知でしょうか。実は弘兼憲史先生の「黄昏流星群」の1エピソードである「C-46星雲」に出てくる主人公のモデルがASKA氏なのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 12:00 固定リンク

2016年05月20日

私のパパは超絶劇画家!? 「平田弘史のお父さん物語」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

私のパパは超絶劇画家!? 「平田弘史のお父さん物語」レビュー




「お父さんてホントスケベなのね・・・・」 「え!?」
漫画家が普段の作風とはうって変わったゆるい感じで私生活をエッセイマンガにするケースというのは少なくありません。以前当サイトでご紹介した桂正和先生の育児エッセイマンガ「キビシイです!!」はいつもと違う画風に加え、先生の意外な一面が垣間見れるユニークな作品でした。

しかし、もしバリバリの劇画家が自分の私生活をエッセイ風に描いた場合どんな感じになるのか?その一つの回答がここにあります。その名も「平田弘史のお父さん物語」という作品。血だるま剣法、薩摩義士伝といった時代物劇画で劇画界をリードし、「AKIRA」や「シグルイ」の題字を手がけ、日本漫画家協会賞文部科学大臣賞も受賞するという国宝級の劇画家が描くゆるーいエッセイ、一体どんな作品なのでしょうか。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:00 固定リンク

2015年08月13日

一緒にヒャッハーしようぜ!!マッドマックスに負けないバイオレンスマンガ「バイオレンス特急」

このエントリーをはてなブックマークに追加

一緒にヒャッハーしようぜ!!マッドマックスに負けないバイオレンスマンガ「バイオレンス特急」




いつも心にV8エンジンを!
こんにちはJ君です。皆さん、30年ぶりに復活したマッドマックスシリーズの最新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」はご覧になりましたでしょうか?この映画は最高ですよ。なにしろ観終わった後の感想が「ヒャッハー!」しか出てきません。

観る度にIQがドンドン下がる!!ものすごい予算と最高のスタッフ、最高の映像でお届けする最高のバカ映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、これに匹敵するヒャッハーできる国内映画は残念ながらなさそうですが、マンガにだったらあります!それが今回ご紹介する「バイオレンス特急」なのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 20:00 固定リンク

2015年05月15日

北斗の拳みたいだけど北斗の拳じゃない!禁断の「北斗の拳 激似マンガ」の世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

北斗の拳みたいだけど北斗の拳じゃない!禁断の「北斗の拳 激似マンガ」の世界




原哲夫先生、武論尊先生、ゴメンナサイ。超ゴメンナサイ。
こんにちはJ君です!4/24に発売した新刊「このマンガ 恐るべし…!!」ですが、Twitterをかぶりつきで見ていると、たまに買ってくれてる人がいらっしゃるので嬉しい限りです。少なくとも5冊は売れている!ありがとうございます!さて、本日語りたいテーマはとある事情により「このマンガ 恐るべし…!!」で紹介できなかった内容になります。そのテーマとはズバリ「北斗の拳マンガ」です。

皆さん、「北斗の拳」は当然ご存知ですよね?では「北斗の拳マンガ」はご存じでしょうか?え、北斗の拳がマンガなのは当たり前だろうって?いえいえ、そうではありません。「北斗の拳マンガ」は北斗の拳にあらず!「北斗の拳」をどこかしらパクって…もとい影響を受けているマンガ全般のことであり、「北斗の拳」とは何ら関係がないのです!(ひでえ)
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:00 固定リンク

2015年01月09日

菅原文太アニキに捧ぐ!ド迫力トラック野郎マンガ「コンドル超特急」

このエントリーをはてなブックマークに追加

菅原文太アニキに捧ぐ!ド迫力トラック野郎マンガ「コンドル超特急」




今回のヒロインは美しき女ダンプ乗り!
2014年は高倉健と菅原文太という日本の男ならだれもが目指すべき二人の偉大なアニキを失った年でありました。男としての指針を失ったアニキ不在の2015年を日本男児はどう生きるべきか…その1つの答えが「トラック野郎」ではないかと思うのです。

2015年当サイト初更新では、今最も男らしいとされる職業「トラック野郎」の世界を描いたマンガ「トラック野郎外伝 コンドル超特急(エクスプレス)」をご紹介したいと思います。時代錯誤も甚だしい壮絶デコトラバトルと11トンクラスの淡いラブストーリーをお楽しみください。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 20:44 固定リンク

2014年10月10日

マダムがお仕置き!悩殺、美魔女グルメ!! 「魔女料理」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

マダムがお仕置き!悩殺、美魔女グルメ!! 「魔女料理」レビュー




落ち込んだりもしたけれど・・・わたしこの町が好きです。
新米魔女のキキと黒猫のジジが奮闘するアニメ「魔女の宅急便」、皆さん知ってますよね?ラストシーンでボーイフレンドのトンボを救出するシーンなんか何度観ても泣けます。ユーミンのテーマソングがまたいいんですよね、映画にベストマッチしてて。ユーミンて単語使ったのすごい久しぶりですけど。

本日ご紹介する作品はそんなかわいらしくも微笑ましい魔女のイメージを完膚なきまでに木っ端微塵に破壊する、本格的に「魔」が宿っている系の女子が出てくる料理マンガ「魔女料理」です。正確にいうと料理マンガですらないのですが、そのあたりは順を追ってご紹介してまいりましょう。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:00 固定リンク

2014年07月30日

危険ドラッグ、ダメ。ゼッタイ!怖すぎドラッグマンガ 「エンドレス・ドラッグ・ウォーズ リスク」

このエントリーをはてなブックマークに追加

危険ドラッグ、ダメ。ゼッタイ!怖すぎドラッグマンガ 「エンドレス・ドラッグ・ウォーズ リスク」




リスクをお忘れだ!!快楽だけじゃ都合よすぎるぜ
今年はドラッグ関係のニュースが特に多いですね。覚醒剤所持容疑の大物ミュージシャンが供述で「SAY YES!」と言ったとか言わないとか(たぶん言ってない)、脱法ドラッグの影響と思われる交通事故も多数発生。その脱法ドラッグは一般公募の結果「危険ドラッグ」に呼称称変更されたというニュースも話題になりました。危険ドラッグ・・・なんとも中二病っぽい真っ直ぐすぎるネーミングですが、ここぞとばかりにマスコミも一斉に「危険ドラッグ」に呼称変更したため話題性は抜群でした。

とにかく今、危険が危ない!ということで、違法&脱法ドラッグの恐ろしさを皆さんと共有すべく、世にも恐ろしいドラッグがテーマのマンガをご紹介いたします。その名も「エンドレス・ドラッグウォーズ リスク」。やだ・・・タイトルがすでに超怖い!
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 18:39 固定リンク

2014年04月25日

私の熱いアイドル活動はじまる! アイドル仕置人「アイドルK」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の熱いアイドル活動はじまる! アイドル仕置人「アイドルK」レビュー





私の熱いアイドル活動、アイ殺(サツ)はじまります!
こんにちは、J君です。巷にはアイドルを題材にしたアニメやゲームが氾濫してますね。アイマスとかアイカツ!とかプリティーリズムとかラブライブ!とか・・・その中でも知名度ダントツなのはやはりアイカツ!なんでしょうね。グッズに関して言えばあのプリキュアシリーズの売上を抜いたとか。あの無限のグッズ展開で我が娘を惑わし、家計を困窮させるあの忌まわしきプリキュアをも超えるとは、アイカツ・・・恐ろしい子!!

とまあウチの家計の話は置いておいて、今回はそんなブームにあやかって当サイトでもアイドル物をレビューしたいと思います。アイドルはアイドルでもただのアイドルじゃない、昼と夜の2つの顔を持つアイドル仕置人のマンガ「アイドルK」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:30 固定リンク

2014年01月13日

マンガはついに前衛芸術の域へ・・・驚愕コマ割りアートの世界 「ガバメントを持った少年」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガはついに前衛芸術の域へ・・・驚愕コマ割りアートの世界 「ガバメントを持った少年」レビュー




考えるんじゃない!感じるんだ!!
あけましておめでとうございます。J君です。相変わらず始動の遅い当サイトですが今年もよろしくお願い申し上げます。一年の中で最も数の子を食べまくるイベント「SHOGATSU」も無事滞り無く終わりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?数の子だけじゃなく黒豆やチョロギを食べた人も多いと思いますが、チョロギってあれなんなんですかね?あんなに立派にトグロを巻いてるブツって巷ではチョロギかウ●コぐらいだと思うんですけど・・・まあ美味いからいいんですけど。

と、新年早々どうでもいいチョロギトークはこれぐらいにしまして、新年一発目のレビューはインパクト重視!マンガでありながらマンガの枠を完全に飛び越え、アートの領域に入ってしまっている凄まじい作品をご紹介します。その名も「ガバメントを持った少年」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 20:30 固定リンク

2013年12月24日

聖なる夜にアマゾネスがやって来る! 女医仕置人マンガ「白衣のアマゾネス」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

聖なる夜にアマゾネスがやって来る! 女医仕置人マンガ「白衣のアマゾネス」レビュー




メリー・アマゾネス!
こんにちは、J君です。世間はすっかりクリスマスですね。今宵貴方はシャンパンにケーキに七面鳥で素敵な女子としっぽりですかいやあ羨ましいですなあ(棒読み)。ところで女子といえば肉食系女子とか森ガールなど○○系女子もすっかり一巡した感があったのですが、最近ではマシュマロ女子なんていうのも出てきてるんですね。きっとゴーストバスターズのアレに勝るとも劣らないセーラー姿の似合う可愛い女子なんだと推察されます。

ただ、そういう女子カテゴリーの中でまだ未開のジャンルがあると思うのですよ。その一つが「アマゾネス女子」です。来年あたりは女子力を究極なまでに高めた男勝りの女傑、やられたらやり返してくる倍返し女・・・すなわちアマゾネス女子が来る年じゃないかと思うのです。・・・ということで本日ご紹介するのはアマゾネス女子が活躍するマンガ「白衣のアマゾネス」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:30 固定リンク

2012年10月22日

「抱かれたい道場」に学ぶ・・・抱かれたい男になるための7つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

「抱かれたい道場」に学ぶ・・・抱かれたい男になるための7つの方法




たった580円(税込)で貴方も抱かれたい男に!
こんにちは、恋愛ナビゲーターJ君です。みなさんは「抱かれたい男」というとどんな人達を思い出しますでしょうか?抱かれたい男・・・いうまでもなく向井理、福山、キムタク、佐藤浩市といった人々のことです。彼らにとって「抱く」とはセクシャルな意味になりますが、我々のようにDNAレベルで彼らと異なっている人種にとって「抱く」とは相撲でいうところのサバ折りやプロレス技のベアハッグと同義にほかなりません。

しかしiPS細胞が発明される昨今、どうやらついにその常識が覆る時がやって来たようです。誰でも抱かれたい男なれる!そんな夢のようなコンセプトのHowToマンガが発売されました。その名も「抱かれたい道場」。これで日本の少子化問題も解決です!!
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 18:33 固定リンク

2011年11月13日

このマンガがクドい! 細かいことが大嫌いなヒーロー 「ザ・松田」

このエントリーをはてなブックマークに追加

このマンガがクドい! 細かいことが大嫌いなヒーロー 「ザ・松田」




いんだよ細けえ事は!
こんにちはJ君です。11月ということでそろそろ年末っぽい雰囲気になって来ましたね。12月になると流行語大賞とかレコード大賞とか欽ちゃんの仮装大賞だとかいろいろ一年の総括っぽい発表がされはじめます。え?仮装大賞は年末じゃないって?いんだよ、細けえことは!!

ところで12月になるとマンガ界でも例年「このマンガがすごい!」が発表されるわけですが、なぜか当サイトでレビューしたマンガは「このマンガがすごい!」にことごとく選ばれません。マンガレビューサイトとしては誠に遺憾なことです。そんなわけで当サイトは今年一番クドかったマンガに「このマンガがクドい!大賞」を勝手に贈ることにしました。そしてそのマンガの名は「ザ・松田」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:49 固定リンク

2011年08月15日

なでしこジャパンW杯優勝記念!?女子サッカーマンガ 「なでしこシュート!」 「騒世記」 レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこジャパンW杯優勝記念!?女子サッカーマンガ2作品レビュー





X-JAPAN、あやまんJAPANそして・・・なでしこジャパン!
そういえばみつまJAPANっていう人もいましたね、こんにちは。皆さんもご承知の通り、なでしこジャパンがドイツW杯優勝という快挙で久しぶりに日本に明るいニュースがもたらされました。サッカーといえば男子のスポーツというイメージが強いので、正直女子サッカーなめてました。なでしこの皆さんに謝りたい。なでしこ繋がりでキョンキョンにも謝っておきたい気分です。(ヤマトナデシコ七変化

そんな「なでしこジャパン」に代表される女子サッカーの世界を描くマンガあるのか?ということで探してみると、いくつか存在していました。今回はそのうち2つの女子サッカーマンガをご紹介します。一つはなでしこジャパン公認の爽やか少女マンガ「なでしこシュート!」、そしてもう一つは・・・ありえないほどドス黒い女子サッカーマンガです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 18:30 固定リンク

2011年05月31日

人間流しそうめんで板前力アップ!? 「新・包丁無宿」 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間流しそうめんで板前力アップ!? 「新・包丁無宿」 後編





人間流しそうめんで板前力アップ!
こんにちはじゃまおくんです。世間ではオムライス嫌いをアピールして女子力アップとか、泥酔おもらしで女子力アップとか、もう「女子力」をつければ何でもありな状況になっておりますが、前回からご紹介している「新・包丁無宿」についても何でもありという意味では共通しております。なにしろモミアゲでおっぱいを揉み上げたりしてますからね。

というわけで前回一部のコアな方限定で反響がありました「新・包丁無宿」レビュー後編です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 23:25 固定リンク

2011年05月19日

対決!妖術使い VS 板前 「包丁無宿」&「新・包丁無宿」 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

対決!妖術使い VS 板前 「包丁無宿」&「新・包丁無宿」 前編





モミアゲでオッパイを揉み上げている!
こんにちはJ君です。トークイベント後、燃えつき症候群に陥っていたため久しぶりの更新です。前回のおにぎり師特集に引き続き、またグルメマンガネタが続きますが、テーマは板前です。おにぎり師よりは現実的な職業ですね。

今回ご紹介するのは「包丁無宿」そしてその続編の「新・包丁無宿」という作品です。板前マンガというとちょっと地味な画を思い浮かべざるを得ないと思いますが、内容はというと、単なる板前マンガの枠を超えたファンタジーゾーンが広がっているのでした。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 20:30 固定リンク

2011年02月03日

戦慄の乳首ティーショット!ゴルフ劇画 「グリーンハンター」

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦慄の乳首ティーショット!ゴルフ劇画 「グリーンハンター」





最強の出オチマンガここに降臨!
世の中には出オチマンガというジャンルがあるのはご存知でしょうか。その名の通り、読者が目にする一発目のインパクトが最も重要であり、作品の内容自体は二の次という作品です。映画でもありますよね、予告編が超面白そうだったのに本編を観たら全然面白くないという・・・具体的な作品名はあえてあげませんけどアレとかアレです。

出オチマンガはたとえば「ファックアイ」「走れエロス」のようなタイトルの時点ですでにオチている作品もありますが、今回ご紹介する「グリーンハンター」のように表紙がいまだかつてないインパクトを持っているのに本編はいたって普通というケースもあります。今回はこの「グリーンハンター」を通して、素晴らしき出オチマンガの様式美の世界を堪能していただきたいと思います。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:00 固定リンク

2011年01月26日

月下のハッカー!?能條純一先生の超ハッキングマンガ 「無力の王」

このエントリーをはてなブックマークに追加

月下のハッカー!?能條純一先生の超ハッキングマンガ 「無力の王」




あンた、液晶モニターが煤けてるぜ。
こんにちは、J君です。突然ですがITって凄いですよね!昨年は「ウィキリークス」ってのが話題になりました。ウィキリークスっていうのは世界中の機密情報を匿名でガンガン告発できてしまう凄いサイトですが、なにより凄いのは、運営している中の人が国際指名手配されちゃってるところです。国際指名手配ってルパン以外でもされるんですね・・・やっぱり銭形のとっつあんが捕まえに来るんでしょうか。

そして今年は「ソーシャル・ネットワーク」なんて映画も公開されたりして、一大ハッカーブームが来そうな予感がしないでもない気がする昨今なのですが、我が国におわします神レベルのスーパーハッカー伝説を描いたマンガが存在するのはご存知でしょうか?その名も「無力の王」という作品です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:28 固定リンク

2010年12月10日

究極のギャグ劇画降臨!超ふくしま政美伝説 「超市民F」

このエントリーをはてなブックマークに追加

究極のギャグ劇画降臨!超ふくしま政美伝説 「超市民F」





劇画は筋肉で描くんじゃ!!
「爆劇画」「劇画肉弾頭」「全身劇画家」これらは全てふくしま政美先生に与えられた称号である・・・。こんにちは、J君です。皆様はふくしま政美先生という漫画家をご存知でしょうか?当サイトでは過去にふくしま政美先生の「聖マッスル」「超劇画・聖徳太子」という作品をご紹介してそのあまりのインパクトに全員ドン引き・・・もとい、多くの反響を頂きました。

そのふくしま政美先生が自らをネタにした漫画家マンガを描いていたのです。その名も「超市民F(エフ)」。しかもこのマンガの雑誌掲載時のキャッチコピーが萌え全盛の時代にぶち込む「汚い爆弾(ダーティーボム)」となっています。もう全くの意味不明!しかし間違いなく本作こそふくしま先生の最高傑作であるとJ君は断言したいです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:32 固定リンク

2009年12月24日

文学界最大のタブー!? 「走れ!エロス」 レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

文学界最大のタブー!? 「走れ!エロス」 レビュー





エロスは激怒した!
こんにちは、J君です。いよいよ今年もクリスマスがやってきました。クリスマスといえば性夜ですね。こんな日に 当サイトに訪れる奇特な方々は大抵クリスマスよりクリ〇〇スが好きなんじゃないかという推測のもとに今年もお下品更新です。

ちなみに昨年のクリスマス更新「ファックアイ」は昨年を通して最も反響があったレビューでした(うち7割が苦情)。そして今年のレビューは「走れ!エロス」です。はい、元ネタは世界のDAZZこと太宰治先生の「走れメロス」であることが小学生の目にも明らかですね。果たしてどんなエロスが走ってるんでしょうかね。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンク

2009年09月06日

無駄にハードボイルドなラーメンマンガ 「ラーメン狩り」

このエントリーをはてなブックマークに追加

無駄にハードボイルドなラーメンマンガ 「ラーメン狩り」





このラーメンはポンコツだっっ!
こんにちはJ君です。ウーパールーパーが丼になるご時世、皆様いかがお過ごしでしょうか?本日は日本人ならみんな大好きなラーメンを題材にしたマンガをご紹介いたします。

といっても単なるラーメンマンガに非ず。なぜか無駄にハードボイルドタッチで描かれた、硬派でストイックなラーメンマンガです。その名も「ラーメン狩り」。オヤジ狩りならぬ「ラーメン狩り」です。果たしてどんな風に狩られるというのでしょうか・・・?
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:13 固定リンク

2008年09月21日

ムダにスケールがデカい麻雀マンガ「海雀王」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ムダにスケールがデカい麻雀マンガ「海雀王」





海が雀卓、船が麻雀牌!
こんにちは、J君です。人類は麻雀ができる人とできない人の2種類に分けられるといいます。J君は残念ながら後者の部類に入るため、今まで麻雀マンガを取り上げてきませんでした。何しろ読んでて意味が分からないのでレビューも難しかったのです。

しかし「麻雀マンガ」はすでに一大ジャンル確立しており、同時にネタの宝庫でもあるという非常に魅力的なジャンルです。そこで当サイトが本日ご紹介する麻雀マンガは「海雀王」という作品。麻雀自体よりもそのムダなスケールのデカさにシビれて頂きたい逸品です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:12 固定リンク

2008年06月14日

女子高生仕置人マンガ「闇のレオタード」

このエントリーをはてなブックマークに追加



この世から去世奈落(サヨナラ)しなっ!!
こんにちは、J君です。世の中に悪がはびこると、法では裁けない悪を討つ仕置人が現れるといいます。多発する凶悪犯罪やガソリンの値上げ・・・こんな時代だからこそ必要なのは仕置人の存在なのかもしれません。というわけで久々に仕置人マンガシリーズのご紹介です。

どうせお仕置されるなら、若くてピチピチしたギャルの方がいいのではないでしょうか?そんな皆様のニーズに応えて今回ご紹介するのは、なんと新体操部の女子高生による仕置人マンガ「闇のレオタード」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:39 固定リンク

2007年09月17日

本当は怖い聖徳太子「超劇画・聖徳太子」

このエントリーをはてなブックマークに追加

本当は怖い聖徳太子「超劇画・聖徳太子」




試験に出ない方の聖徳太子
はい皆様、こんにちはJ君です。本日のテーマはズバリ、聖徳太子。そうお札にもなった日本古代史最大のヒーロー、聖徳太子です。

聖徳太子に対して抱く皆さんのイメージといえば、博学、聡明、聖人君子・・・そんな完全無欠の存在じゃないかと思うのです。しかし・・・それはあくまでも歴史が作り上げたイメージ。必ずしも真実であるとは限らないのです。もしかしたら本当の聖徳太子はエログロマッチョだったのかもしれない・・・。山川出版社の教科書あたりには決して載らない聖徳太子の闇のストーリー。それが本日ご紹介する「超劇画・聖徳太子」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 15:29 固定リンク

2006年04月02日

シオン 〜闇のソムリエ〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

必殺ソムリエ仕置き人「シオン〜闇のソムリエ〜」





黒(ノワール)を、黒のワインを頼む・・・
こんにちは、J君です。皆さんはワイン、お好きですか?え、ワインが好きどころか血液自体が赤ワインで飼い犬の名前がシナモンちゃん?・・・そういう電波系はお帰りください

いきなり話がそれてしまいましたが、ワインといえば普通赤ワイン、白ワイン、ちょっと変わったところでロゼのワインのことを言いますよね。しかし今回ご紹介するのは、客に「黒いワイン」を提供するというソムリエのマンガ、その名も「シオン〜闇のソムリエ〜」でございます。もちろん、当サイトが紹介するマンガですから、「ソムリエ」「神の雫」のような正統派ソムリエマンガとは全く別物であることはいうまでもありません。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:17 固定リンクTrackBack(1)

2005年10月08日

獅子たちの荒野

このエントリーをはてなブックマークに追加

第二の野望の王国「獅子たちの荒野」



この世は荒野か・・・なら思い切り駆けめぐろう!獅子のように!
当サイトでは過去に多くのマンガを紹介してまいりましたが、その中でどのマンガが一番面白いか?と問われれば、迷わず「野望の王国」であると断言することができます。「この世を支配するのは金と暴力」をテーマに東大法学部の学生が、天才的頭脳を悪用し、暴力団、宗教、警察、そして日本政府までもを牛耳ろうとするその破天荒で前例のない東大生バイオレンスは、J君の人生観を180度変えてしまうのに十分なインパクトを持っていました。

当サイトで紹介した後、実際に読んで「ああ、やっぱりこの世はカネと暴力なんだ!」 「この世は荒野だ!男なら、野望の一つや二つは持っておかないと!」など、野望の王国を読んで人生観が変わった、目からウロコが落ちたという方々から多数意見を頂きました。はたして日本は一体どうなってしまうんでしょうね?(無責任)

しかしその「野望の王国」を生んだ、「雁屋哲×由起賢二先生」のゴールデンコンビが手掛ける作品がもう一つ存在します。その名も「獅子たちの荒野」。この作品も設定こそ違えど、テーマは「この世を支配するのはカネと暴力」というテーマは全く変わっておらず、野望ファンであれば安心してお読みいただける、全ページ余すところ無くバイオレンスな描写満載の非常に厄介なマンガとなっております。そのテーマを象徴するのが以下のセリフです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:26 固定リンクTrackBack(0)

2005年09月11日

聖マッスル/聖(セント)マッスル

このエントリーをはてなブックマークに追加

全裸でマッスルな伝説のヒーロー

オール・アバウト・全裸
こんにちはJ君です。本日もどうやらまた皆さんには一つトラウマを抱えていただくことになるかもしれません。まさに全裸による全裸のための全裸マンガと呼ぶにふさわしい本日の作品は、1977年に週刊少年マガジンに掲載されていた「聖マッスル」(ふくしま政美先生)です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:39 固定リンクTrackBack(16)

2004年04月10日

夜の料理人

このエントリーをはてなブックマークに追加
グルメマンガの異端児「夜の料理人」

「夜」という言葉にはどことなくダークでエロティックな響きを感じさせますね。スクリーンの世界では「夜の帝王」梅宮辰夫、そして「夜のお菓子」なら浜名湖銘菓うなぎパイが有名です。ちなみに「朝のお菓子」すっぽんの郷もありますが今回は関係ないです

そして、今回ご紹介するマンガはまさしくダークでエロティックな香りをあわせ持つ一風変わった大人のグルメマンガ「夜の料理人」です。夜の料理人といっても別に夜食を作る人ではありません。新宿歌舞伎町でちょっと腕の立つ小料理屋を営む主人公の半次郎。しかし、その夜の顔は、法では裁けない小悪党共を包丁一本で闇へ葬る仕置き人なのです。


  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2002年12月15日

野望の王国 (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
サルでもわかる野望教室 【完全版】

男は一旦 野望にとりつかれたら、もう燃えつきるまで猛進するしかありません。
(片岡仁:東大法学部)



力とは、暴力それに金。他に何が必要だと言うんです?
(橘征五郎:東大法学部)



  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)

2002年11月29日

野望の王国 (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
サルでもわかる野望教室

男にとって一番大切なものってなんだろう?
日本男児ならこの世にオギャアと生まれて以来、一度は真剣に考えたことがあるテーマじゃなかろうか?

J君は29年の人生の中で、何度もこのテーマにぶつかっては答えを導き 出すことができませんでした。しかし今なら言える。男に一番大事なもの・・・・それは「野望」だと。

本日ご紹介するのは、今年9月に完全版として復刊された知る人ぞ知る伝説の劇画コミック「野望の王国」

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(3)