2017年01月25日

滲み出る狂気!戦慄の打切りギャクマンガ 「純情パイン」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

滲み出る狂気!戦慄の打切りギャクマンガ 「純情パイン」レビュー




「ちんちんふくれてるぅ!!!」
こんにちは、J君です。皆様は尾玉なみえ先生をご存知でしょうか。少女マンガらしいポップで可愛らしい画を持ちながら、ブラック、パロディ、下ネタ、不条理ネタなどをミックスした狂気のギャグを繰り出す作風であり、一部では天才と評されながらもその作品の大半が短期間で打ち切りになっている少女漫画家です。

今回は、尾玉なみえ先生が週刊少年ジャンプで華々しく連載を開始するも、読者に受け入れられず13話で壮絶に打ち切られた伝説のギャグマンガ「純情パイン」をご紹介したいと思います。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:00 固定リンク

2015年02月07日

刑事マンガの最終形態(悪い意味で)…キングオブ打ち切りマンガ「大相撲刑事(デカ)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

刑事マンガの最終形態(悪い意味で)…キングオブ打ち切りマンガ「大相撲刑事(デカ)」




記録より記憶に残るマンガでありたい…
こんにちは打ち切りマンガコレクターのJ君です。当サイトでは過去に幾多の打ち切りマンガをご紹介してまいりました。「サイレントナイト翔」「セコンド」「アカテン教師梨本小鉄」「海人ゴンズイ」…なんかジャンプ作品に偏ってますが、人気投票システムを敷いていた週刊少年ジャンプが打ち切りマンガを生みやすい土壌にあったということは紛れもない事実であります。

ところで打ち切りマンガ打ち切りマンガと人はバカにするけれど、人々の印象に残らない長期連載よりも、強烈なインパクトでマンガ界に爪痕を残す打ち切りマンガのほうがスゴいという考え方もあります。打ち切りマンガは日本人らしいサムライ的美学に基づく散り際の美しさを持っており、もはやアートといっても過言ではありません。そんな打ち切りマンガの中でも最高峰と呼べる作品があります。それが本日ご紹介する「大相撲刑事(デカ)」であります。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:02 固定リンク