2009年07月01日

実写版ドラゴンクエスト そして黒歴史へ・・・ 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

実写版ドラゴンクエスト そして黒歴史へ・・・ 後編





最終兵器彼女(魔法使い)
こんにちは、J君です。あからさまに「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売時期に合わせた便乗企画、実写版ドラゴンクエスト「ドラゴンクエスト ファンタジア・ビデオ」のレビュー後編のお時間です。前編はこちら

前編では、勇者が戦ったシーンはスライムとの戦闘たった1回だけで、仲間の賢者と魔法使いをゲットしてしまうという奇跡的な要領の良さで進行しました。なんか全然レベルが上がってなさそうな勇者がこの先待ち受けるものは果たして・・・?
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 16:09 固定リンク

2009年06月21日

実写版ドラゴンクエスト そして黒歴史へ・・・ 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

実写版ドラゴンクエスト そして黒歴史へ・・・ 前編





ドラクエシリーズも実写版の時代へ。
こんにちはJ君です。老若男女が楽しめる国民的ゲームソフト、ドラクエシリーズの最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売が7月11日と迫ってきました。非常に楽しみですね。

ところでドラクエシリーズはもうシリーズ9作目です。システム的にもグラフィックス的にも行き着くところまで行ってしまった感があり、次の10あたりでそろそろ実写化するのではないか・・・?というのが通の見方です。くしくもドラゴンボールも実写化されましたし、ありえない話ではありませんよね。しかし・・・調べてみるとドラクエはすでに実写化されていたのです。その名も「ドラゴンクエスト ファンタジアビデオ」。本日はこのシリーズ中、最も危険なドラクエをレビューいたします。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 20:42 固定リンク

2008年04月15日

課長びんびん物語・・・実写版「課長 島耕作」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

課長びんびん物語・・・実写版「課長 島耕作」レビュー





拝啓、島耕作殿。
このたびは社長就任となるそうで誠におめでとうございます。貴殿の夜の営業活動一本で頂点に上り詰める姿はまさにサラリーマン達の憧れそのもの。しかも還暦を過ぎて未だにモテモテ。日本各地でモテモテ。世界規模でもモテモテ。いい加減にしろ!!(怒)

・・・噂では「社長 島耕作」の後には「会長 島耕作」「相談役 島耕作」「国連事務総長 島耕作」などが控えているとかいないとかでシマコー伝説はまだまだ終わらなそう。本日はそんな島耕作シリーズのルーツとなる作品「課長 島耕作」の実写版をご紹介したいと思います。実写版の島耕作を演じていたのはなんと「ディナーショー界の裏帝王」と呼ばれるあのお方だったのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:42 固定リンク

2007年02月27日

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」後編




蒼井優、蒼井そら、そして青ハヌマーン (字あまり)
こんにちは、J君です。お待たせしました、まるで叶姉妹の二女のように突如として出現したタイのヒーロー青ハヌマーンこと「ジャイアント」がご活躍あそばされる映画、「ジャンボーグA & ジャイアント」後編のお時間でございます。(前編はこちら

それにしても今更ながら驚かされるのは、元々あったジャンボーグAという作品に、ご当地ロケシーンを適当に貼りあわせてびっくりするほどクオリティの低い別モノにしてしまうという・・・これはまさに特撮業界の「おふくろさん問題」と言えましょう。青森まで謝りに来るべきですよ。(進一が)
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 01:33 固定リンクTrackBack(0)

2007年02月11日

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦慄の青ハヌマーン?「ジャンボーグA&ジャイアント」前編




ええい、タイの特撮ヒーローは化け物か!
こんにちは、J君です。久方ぶりの更新となりますが、皆様お元気でしょうか?J君はそれほど元気ではありません。今回レビューする映画のせいでもうグッタリですよ。

そのヒーローらしからぬサディストぶりで当サイトでも根強い人気を持つタイのヒーロー「ハヌマーン」。ご存知の方も多いかと思うのですが、なんとそれよりも前に日タイ合作映画にハヌマーンをも凌駕するヒーローが存在してやがりました。その名は「ジャイアント」。通称青ハヌマーンと呼ばれるこのヒーローが活躍する映画「ジャンボーグA & ジャイアント」を本日はご紹介いたします。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 17:23 固定リンクTrackBack(6)

2006年04月23日

実写版ゴルゴ13 千葉真一バージョン

このエントリーをはてなブックマークに追加

パンチパーマの刺客 実写版「ゴルゴ13」





あ、ドラゴンの目をしたおじちゃんだ!
こんにちは、J君です。本日は実写版「ゴルゴ13 九竜の首」をご紹介したいと思います。主役のゴルゴ13を演じるのは、日本が世界に誇るアクションスター・サニー千葉(千葉真一)です。

実写版ゴルゴ13は以前当サイトで1回ご紹介しているのですが、そちらは高倉健バージョン。前回ご紹介する時にも高倉健バージョンと千葉真一バージョンのどちらをご紹介するか悩んだのですが、ある決定的な理由のために千葉ゴルゴは却下、高倉ゴルゴの採用となったのでした。その決定的な理由とは・・・
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 18:18 固定リンクTrackBack(1)

2006年03月02日

韓国実写版ドラゴンボール

このエントリーをはてなブックマークに追加

【実写版】韓流ドラゴンボールですが何か質問ある?





ハリウッドはもうダメだ!
こんにちはJ君です。本日はそんな「さよならさよならハリウッド」な発言から入らせていただきます。先日「ハリウッド映画化して欲しいマンガ作品」の投票結果でドラゴンボールが見事第一位を飾ったわけですが、現状は残念ながら2002年のハリウッド版ドラゴンボール製作開始のニュース以来、ウンともスンとも続報が聞こえてこないという状態。

ではアジアはどうなのかといえば、以前当サイトでご紹介したとおり、台湾ではすでにドラゴンボール実写版が製作されています(たぶん無許可)。つまり実写版に関して言えばアジアの方がハリウッドより10年は先行しているといえましょう。もうハリウッドに期待してはいけないのです。なにしろアジアにはすでに第二の実写版ドラゴンボールが存在しているのですから!
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:37 固定リンクTrackBack(7)

2006年01月30日

韓国実写版北斗の拳

このエントリーをはてなブックマークに追加

【実写版】韓流北斗の拳ですが何か質問ある?





貴様には実写版すら生ぬるい!
アニョハセヨ!J君です。前回予告編としてご紹介しました「韓流北斗の拳」のレビューのお時間がついにやってまいりました。韓国に実写版の北斗の拳が存在することは、トリビアやこちらのサイトなどですでにご存知な方も多いかと思いますが、実際に観てみますといやーすごい。はっきり言ってハリウッド版と甲乙つけ難いです。(残念な方の意味で)
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:40 固定リンクTrackBack(9)

2005年12月24日

女淫地獄絵巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

聖なる夜のワイヤーエロアクション







♪クリスマスは誰にもやってく フォーーー!!
こんにちは、J君改めハードJでーす。本日はクリスマス・イヴですね。クリスマスといえば聖夜であると同時に、世界中のバカップル共がベッドという名の四角いリングで組んずほぐれつの性夜であることは言うまでもありませんが、そんな性夜にちなんで、本日はちょっと過激でハードなテキストを半ばヤケ気味に取り上げます。未成年でらっしゃるお子様はこんなサイト見てないで、今のうちに帰って明石家サンタでも観てるといいです

グリーンディスティニー、LOVERS、英雄等々アジア映画のワイヤーアクションもいよいよ究極の域に達していますが、そのアジアが誇るワイヤー技術を18禁映画に応用したらすごいことが起こるのではないか?セイ、セイ、セイ、あるんです。そんな映画が。アジアの誇るワイヤーエロアクションバトルが収録された映画を発見しました。その名も「女淫地獄絵巻」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:01 固定リンクTrackBack(0)

2005年10月02日

ゴールデンボンバー/マイホーム・コマンドー

このエントリーをはてなブックマークに追加

「一番」大味なホーガン主演作2連発

愛と勇気と筋肉と・・・
こんにちは、J君です。本日は久々に映画をご紹介致しましょう。聖マッスルに引き続いて今回もムキムキマッチョがテーマです。なんていうか・・・すみません。でもみんな、こういうのが好きなんだよね!?

そんなわけでだんだんレビューサイト界のハッテン場の様相を呈してきた当サイトですが、もちろん誤解です。ちょっと普通よりムキムキマッチョが多めのごく普通のサイトです。ノンケの方もそうでない方も安心してご覧いただけますよ。

ところで皆さんはハルク・ホーガンてご存じでしょうか?プロレスファンなら知らない人はいないという全米マット界のスーパースター、「超人」ハルク・ホーガンですが、かつては日本でもアントニオ猪木や長州力、スタン・ハンセンなどと激闘を繰り広げたため日本での人気も根強く、コミックボンボンでギャグマンガになったり、某ゆでたまごマンガでも悪役キャラのモデルとして登場するぐらいの知名度でした。

本日はそんな人気プロレスラー、ハルク・ホーガン主演の映画2作品「ゴールデンボンバー」「マイホーム・コマンドー」をご紹介したいと思います。最初に言っておきますが相当に大味です。覚悟しておいて下さいね。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 17:02 固定リンクTrackBack(1)

2005年08月21日

実写版 「あしたのジョー」「ルパン三世」「めぞん一刻」「ザ・シェフ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の実写版祭り 4連発

諸君らの愛した実写版は死んだ!なぜだ?
・・・こんにちはJ君です。人気投票の方ではあまりパッとしない実写版シリーズですが、今回は残暑を乗り越えるために景気よく、今まで紹介できずにいた実写版映画を蔵出し4連発で、豪華絢爛にお送りしていきたいと思います。

その4作品としてエントリーされるのはズバリ、「実写版あしたのジョー」「実写版ルパン三世」「実写版めぞん一刻」「実写版ザ・シェフ」。どれも原作マンガはビッグネームですね。それなのに実写版が存在することはあまり知られていない、むしろ意図的に何者かによって無かったことにされている。今回はそんな日の当たることのなかった実写版達の恋しさとせつなさと心強さみたいなものを感じ取っていただければ幸いでございます。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 18:00 固定リンクTrackBack(6)

2004年12月20日

ドラゴンボール実写版「新七龍珠」台湾版

このエントリーをはてなブックマークに追加
アジアからの刺客!ドラゴンボール実写版

いっちょやってやっか!
ハリウッドで実写版ドラゴンボールが撮影される・・・・全世界が驚愕したそんなニュースからはや2年以上が経ち、いまだハリウッド版ドラゴンボールは撮影開始はおろかキャストの話すらでてきません。実写版北斗の拳をはじめとして、今まで数多くの実写版映画をレビューし、実写版の持つ素晴らしさ、魅力を余すところ無く紹介してきた実写版レビューの第一人者、いわば職業的実写版レビュアーであるJ君としては、ハリウッド版ドラゴンボールを心待ちにしていたわけですが、もう待てません。ならば、ハリウッドを捨てアジアに目を向けてはどうか・・・

すると、なんとアジアには存在したのです。実写版ドラゴンボールが!考えてみれば、ドラゴンボールの設定イメージは中国です。実写版もアジアで作られている方がむしろ自然。ドラゴンボールの本場はアジアにあり!というわけで今回ご紹介するのは台湾で作成された実写版ドラゴンボール「新七龍珠」。この実写版業界最大の大物を2004年最後の実写版レビューとしてお送りしたいと思います。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(23)

2002年01月30日

GAMEKING 高橋名人VS毛利名人 (後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファミコン名人カリスマ対決! 高橋名人VS毛利名人(後編)

前編より続きます。

全国2000万人の高橋名人ファンの皆様お待たせしました。(別に待ってねえし2000万人もいねえ)

高橋名人にまつわる噂は様々ありますね。たとえば、警察の1日署長をやっただけなのに、なぜか脱税容疑で逮捕されたことになっていたり、ジョイスティックにバネを入れてインチキ16連射をしているとか、腕に筋肉注射をして痙攣させているとか、全部デマですから。本人がインタビューでデマだって言ってましたから!
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(1)

2002年01月27日

GAMEKING 高橋名人VS毛利名人 (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファミコン名人カリスマ対決! 高橋名人VS毛利名人(前編)

スリー、ツー、ワン、ゼロ、Bugってハニー〜♪

こんばんは、じゃまおくんです。皆さんは名人戦と言うと何をイメージしますか?将棋の世界では羽生名人と谷川名人の対決と言ったところでしょうか。はたしてファミコンの世界では、名人と言えばファミコン名人。ファミコン名人には全国2000万人のファミコンキッズ達の憧れの的であるカリスマが二人存在しました。

ゲームは1日1時間!



一人は、高橋名人(ハドソン)。そしてもう一人は毛利名人(当時フリー)。
そしてこの二人は過去に一度だけ直接対決したことがあるのです。まさにプロレスで言えば猪木VS馬場に匹敵するような世紀の対決。今回ご紹介するのはその世紀の対決を収めた1986年の伝説のムービー「GAMEKING」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(11)