2016年12月24日

年末年始はこれを読め!おっぱい新選組「秘密の新選組」

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始はこれを読め!おっぱい新選組「秘密の新選組」




新選組には秘密がいっパイ
12月24日・25日は「ただの年末」説を唱えてはや10数年。J君です。今年もやってきましたね、クリ・・・普通の年末が。コンビニやケーキ屋の店員さんが心なしか赤い服を着ている人が多くて、店内BGMでは山下とマライアとワムの曲がかかりがちな気がしますがいたって普通の年末です。

毎年クリ・・・年末になると、読者がほとんどいないのをいいことに一年を通して最もくだらない、渾身の下ネタレビューを繰り出す当サイトですが、今回はちょっとスケールが大きいです。大河ドラマならぬ「パイがドラマ」。おっぱいがたくさん出てくる新選組「秘密の新選組」をご紹介しましょう。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:00 固定リンク

2011年03月08日

大うつけ大集合!?「内閣総理大臣 織田信長」と「サラリーマン信長」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大うつけ大集合!?「内閣総理大臣 織田信長」と「サラリーマン信長」





大切なことはすべて信長が教えてくれた
こんにちはJ君です。わりと政治の話題に疎いJ君が言うのもアレですが、政治が不安定になってくると必ず出てくるのがリーダー待望論です。まさに今の日本に求められているのは混迷する政局を引っ張る強烈なリーダーシップを持った人物の登場ではないでしょうか?

歴史上におけるリーダーの理想像といえば織田信長が筆頭格です。そう、ホトトギスキラーでおなじみのあの武将ですね。リーダー不在の今、もし日本の首相を織田信長にしちゃったらどうなるのだろうか・・・?実はそんな夢物語を実現してしまったマンガが存在します。それが本日ご紹介する「内閣総理大臣 織田信長」です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:30 固定リンク

2008年05月18日

10分で分かる三国志 「横山光輝 アニメ三国志」 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

10分で分かる三国志 「横山光輝 アニメ三国志」 後編





三国志、ツンデレ女武将大活躍編!
こんにちはJ君です。先日はじめてマンガ喫茶で横山三国志を30巻ぐらいまで読んだんですけど、いやー凄かったですね。何が凄いって、このアニメ版と全然別物だったことがですよ。なにしろセイント劉備ラオウな曹操も全然出てきませんから・・・アニメ版三国志をレビューするにあたって一番見てはいけないものを見てしまった気がします。

さて前回、アニメ版三国志レビュー前編では三国志の重要なカギを握る人物としてとして「パンチラ女忍者」をご紹介させていただきましたが、後編ではなんと「ツンデレ女武将」が登場しますよ!ええと、本当にこれは三国志レビューなんでしょうかね?実はホントのタイトルは「涼宮リュウビの憂鬱」とかじゃないですよね?
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 16:59 固定リンク

2008年04月29日

10分で分かる三国志 「横山光輝 アニメ三国志」 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

10分で分かる三国志 「横山光輝 アニメ三国志」 前編





乱世の三国時代、鍵を握るのはパンチラだった・・・!
こんにちはJ君です。皆さんは「三国志」をご存知でしょうか?映画にも小説にもゲームにもマンガにもなっている「三国志」ですから当然ご存知ですよね?「三国志」を知っていることは、人間として生きるための必要最低限の知識であり、もはや義務教育レベルといって差し支えありません。ちなみにJ君は「三国志」について何一つ知りませんけど。

三十路を過ぎた男子として三国志の一つも知らないのはどうかと思い、横山光輝先生の名作マンガ「三国志」を読むことを決意したJ君。しかし「三国志」はなんと全60巻 。今から全部読むのはあまりにかったるすぎ。おまけに漫喫に行く服がない。・・・でも心配ありません。そんな貴方にピッタリの「三国志」を本日はご紹介します。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:27 固定リンク

2007年07月21日

究極の勧善懲悪ヒーロー 「まんが 水戸黄門」

このエントリーをはてなブックマークに追加

究極の勧善懲悪ヒーロー まんが水戸黄門




ビューティフルモーニング オブ 黄門
こんにちは、J君です。日本を代表する時代劇「水戸黄門」、知らない人は皆無だと思いますが、長寿番組だけあって助さんが黄門様に出世してみたり、照英が怪力忍者で登場したり、石坂浩二の黄門様の衣装だけなぜか仲間はずれだったりと、なにかと話題には事欠きません。しかし安定感のある番組ゆえに、刺激と言う意味ではやや物足りない部分もあるのも事実。

そこで本日ご紹介したいのは、水戸黄門史上最も刺激に満ち溢れた作品、「まんが水戸黄門」をご紹介したいと思います。「まんが水戸黄門」・・・タイトルだけ聞くとなんともほのぼのした雰囲気が漂っていますがとんでもない。どんな黄門フリークも腰を抜かすほどの強烈なインパクトをもったアニメだったのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 19:38 固定リンクTrackBack(0)