2006年05月24日

「女子高生チェーンソー」「チアリーダー忍者」「女子高生ロボット戦争」

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルに騙されろ!女子高生映画3連発レビュー





男はみんな女子高生が大好き!
こんにちは、J君です。魅惑のワード「女子高生」。この言葉が嫌いな男性は地球上には存在しないと言われて久しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

そんな、女子高生というキーワードに弱い男性の特性を巧みに突き、原題と全く関係のない邦題で話題になった映画が存在します。「女子高生チェーンソー」「チアリーダー忍者」「女子高生ロボット戦争」・・・人はこの三作品をまとめて「女子高生三部作」と名付けました。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:59 固定リンクTrackBack(1)

2006年02月25日

ハヌマーンと5人の仮面ライダー 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

白い悪魔再び ハヌマーンと5人の仮面ライダー 後編





タイのクールビューティー!サディスト界の金メダリスト!!
さあ、ハヌマーン様オンステージの時間ですよ。こんにちは、J君です。どうやら巷では、このクールビューティーな動画を巡ってハヌマーン&ウルトラ兄弟の評判がライブドアの株価のごとく乱高下中の模様・・・。そんな中、衝撃の問題作「ハヌマーンと5人の仮面ライダー」後編をいよいよレビューいたします(前編はこちら)。

ハヌマーン物の前作にあたる「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」ではハヌマーンがいかにも「俺はタイのウルトラマン」面して戦っていましたが、今度は「は?ウルトラマン?何のこと?」とばかりに仮面ライダーと仲良く競演しているという・・・どうなんでしょうか、この節操の無さ。一体どのツラ下げて・・・
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 01:10 固定リンクTrackBack(3)

2006年02月19日

ハヌマーンと5人の仮面ライダー 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

白い悪魔再び ハヌマーンと5人の仮面ライダー 前編





仏様を大切にしないやつは死ぬべきなんだ!
こんにちはJ君です。当サイトでは以前「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」という映画をご紹介したことがあるのですが、この作品ウルトラ6兄弟とは名ばかりで、実際はタイの神様、白猿ハヌマーンがウルトラ兄弟を従え、最強怪獣ゴモラを集団リンチしたり生皮を剥いだり仏像泥棒をひねり潰したりするというお子様向けとは思えないサディズム全開のタイ映画でした。

そんな、タイのヒーロー「ハヌマーン」が今度は仮面ライダーと手を組んだ!というすごいタイ映画が存在します。その名も「ハヌマーンと5人の仮面ライダー」。本日はこのタイ直輸入の狂った果実をご紹介してまいりたいと思います。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 12:06 固定リンクTrackBack(7)

2006年02月10日

コイサンマン キョンシーアフリカへ行く (非洲和尚 / Crazy Safari)

このエントリーをはてなブックマークに追加

アフリカが生んだ狂気 コイサンマン VS キョンシー





アフリカの中心でアチョーと叫ぶ。
皆さんは「コイサンマン」をご存知でしょうか?1980年頃に大ブームとなった映画で、飛行機から投げ捨てられたコーラのビンをアフリカの原住民コイサン族のニカウさんが拾い、はじめて見るビンをめぐって一族が大騒動になるという異文化交流(by森本レオ)コメディです。当時は「ブッシュマン」という名前だったのですが、大人の事情によりいつのまにかタイトルが変更になっていました。

この「コイサンマン」シリーズは根強い人気があり、「2」「3」そして「コロッケ吹き替え版」なども存在したようです(コロッケて)。しかしシリーズ中で日本では遂に商品化することがなかった幻の珍品が存在します。その名も「コイサンマン キョンシーアフリカへ行く」というタイトルの作品。タイトルがいきなり壮絶に意味不明なんですが一体どういうことなんでしょうか?
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 01:48 固定リンクTrackBack(2)

2005年11月23日

女バトルコップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

女ロボコップ in JAPAN





ニッポンのロボコップは女だった!!
すいません、なに言ってんだか分かりませんね。J君ですこんにちは。いやホントびっくりしました。その昔、当サイトのBBSで日本に女ロボコップが存在するという情報を聞いた時は耳を疑いましたが、残念ながらそれはまぎれもない事実でした

今まで、当サイトは「フルメタル極道」「ロボ道士」といったB級ロボコップ映画をご紹介してきましたが、本日ご紹介する「女バトルコップ」をご紹介することによって世界3大ロボコップ映画がここにコンプリートされるのです(言い過ぎ)。これはすごい事ですよ!そしてその女バトルコップの正体は、なんとあの美人女優なのでした。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 22:06 固定リンクTrackBack(2)

2005年11月09日

仁義なきニンジャ 香港代理戦争 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

忍者とヤクザの究極コラボ?「仁義なきニンジャ」 後編



今、マドンナ候補もニンジャも刺客が熱い!(意味不明)
アホなKGBとアホな忍者とアホな香港マフィアが織り成す壮大なハードボイルドタッチドラマ、「仁義なきニンジャ 香港代理戦争」後編のお時間がやってまいりました。前編はこちら。念のために断っておきますがこの作品、「仁義なき戦い」とは一切関係ありません。パッケージが酷似しておりますが、全く関係ありません。そもそも原題は「DEATH CODE NINJA」です。もちろん代理戦争なんて微塵も関係ありません。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:32 固定リンクTrackBack(0)

2005年11月05日

仁義なきニンジャ 香港代理戦争 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加

忍者とヤクザの究極コラボ?「仁義なきニンジャ」 前編



忍びに明日はない・・・
こんにちは、J君です。今まで当サイトをご覧頂いていた方であればご存知かと思いますが、当サイトでは過去に数多くのダメ映画をご紹介し、非常に多くの方々の失笑をかってまいりました。しかし、今回ご紹介する映画「仁義なきニンジャ 香港代理戦争」は、もしかしたら今までご紹介してきたダメ映画の歴史を塗り替えるキング・オブ・ダメ映画かもしれません。

ストーリーは単純明快で、殺し屋家業を営む夫婦「キラーカップル」が子供が生まれたのを期に、組織を抜けようとするが、組織に裏切り行為とみなされ、夫と子供を殺されてしまいます。そして、残された妻が組織に対して復讐するというストーリー・・・の最初と真ん中と最後に忍者のシーンを挿入しただけといういろんな意味で仁義なき映画です。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:01 固定リンクTrackBack(1)

2005年07月25日

グルメホラー 地獄のシオマネキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一タイトルの長いカニ映画

カニといつまでも・・・
こんにちはJ君です!さあさあ遂にやって来ましたよ。夏のバカ映画三部作の第三弾です。第一弾の銀河ボディコン伝説、第二弾のロボ道士と、確実に皆さんをドン引きさせてきてアクセス数も夏にふさわしくドーンと落ち込んだわけですが、嫌いか?君たちそんなにバカ映画が嫌いか?正直、第三弾を載せるのが怖くて仕方がありませんでした。自分は何を好き好んでこんなに人に嫌われることをやっているのかと。
 
しかし、今回は違います。第三弾はみんな大好き「カニ」がテーマです。皆さんカニ好きですよね?(カニアレルギーの人ごめんなさい)だから今回のレビューでうちのサイトの人気はバンバン盛り返すはず。グルメな人必見!本日ご紹介するのはおそらく日本でも有数の長いタイトルを持つホラー映画、「グルメホラー 血まみれ海岸人食いクラブ 地獄のシオマネキ カニ味噌のしたたり」です。え、なんで引いてるんですか?みんなが大好きなカニなのに!

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 03:40 固定リンクTrackBack(1)

2005年07月13日

ロボ道士

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア最強の抱き合わせ映画「ロボ道士」

めくるめくダメ映画の世界にようこそ!
前回のテキストでご紹介した「銀河ボディコン伝説」に引き続き、今回は夏のバカ映画三部作の第二弾をお送りしたいと思います(つまり第三弾もあります)。その名も「ロボ道士」ロボコップ霊幻道士という映画界の2大スターをガッチャンコした夢のカップリング作品です。ちなみに正式な邦題は「ロボ道士〜エルム街のキョンシー〜」というオリジナリティを1%も感じさせない素敵タイトルで、まさに抱き合わせの宝庫アジア映画の集大成と言っても過言ではありません。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 21:36 固定リンクTrackBack(3)

2003年06月14日

クローン人間ブルースリー 怒りのスリードラゴン(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
あぶない!ブルース・リー先生

          



ブルース・リー1号!


イエス!


ブルース・リー2号!


イエス!


ブルース・リー3号!


イエス!


さて問題です!本物のブルース・リーはどれでしょう。
(答え:全部偽物

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(0)

2003年05月04日

アタック・オブ・ザ・キラートマト! /アタックオブザキラートマト

このエントリーをはてなブックマークに追加
殺人トマトと語らう夕べ



むかしむかし、あるところに次回の更新のネタに困っているテキスト管理人がいたそうな・・・ ああーどうしようネタ切れだ。ネタが切れた以上もはや死ぬしか・・・そんなことを「ブラックジャックによろしく」を読みながら鼻くそほじって考えているゴールデンウイークの昼下がり。

  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(7)

2002年09月20日

究極のZ級ホラー!「死霊の盆踊り」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハリウッド史上最低の映画!「死霊の盆踊り」

お前らホラー映画は好きか?え、なになに?気持ち悪いから見ない?怖いのは趣味じゃない?ホラーなんか見るのは金の無駄だから見たくない?甘ったれるな小僧!

その昔、1980年代の我が国にて、今のCGによる映像とは違い、SFXと言う特殊メイク技術が映画の主流でありました、その技術が最も生かせるフィールドとしてホラー映画ブームが訪れたのです。このブームに便乗して数多くのB級ホラー映画が日本で紹介されました。その中でも死霊のはらわた、死霊のえじき等ゾンビがフューチャリングされた「死霊の○○」系の作品はそれこそ雨後のタケノコのごとく生み出されました。そんな死霊ブームのどさくさ紛れてさりげなくビデオ化された映画、それが今回ご紹介する「死霊の盆踊り」なのです。
  ⇒続きを読む

 このエントリーを含むはてなブックマーク Posted by textsite at 00:00 固定リンクTrackBack(6)