2005年03月

2005年03月31日

てつこの愛知万博狂騒その3

てつこの万博ファーストインプレッション
という訳で、嫁に怒られる覚悟で会社帰りに万博寄ってきました(笑)。
寸前まで悩んだんだけど、リニモの発車時刻を見たらちょうどいい時間
だったので…。

でリニモ初乗車。
万博6
なんだか随分狭いイメージです。当然ながら、浮かんでいる感覚は全く
味わえませんでした。線路のガタンゴトン感は確かにないけど、結構
揺れます(笑)。ボディ剛性の問題なのか、やたらミシミシ言うのも
気になりました。藤が丘〜杁ヶ池公園駅までは安全運転ですが、それ以降は
急に速度が上がり、結構快適。じょじょに近づいてくる会場も窓から良く
見えて、期待も高まります。

会場に着いたのは19時15分頃。既に帰宅ラッシュがピークを迎えていました。
北ゲート入場口はさすがにガラガラ。驚いたのは、ボクの様に全期間入場券
で入場する人だけでなく、この時間に当日券を購入している人が結構
いたという事。うーむ、贅沢だなあ。

道に沿っていくと、企業パビリオンが見えました。トヨタ館と日立館が
かなりの存在感で輝いていました。
万博10
この辺りの人気が高いパビリオンは、まだまだ長蛇の列が出来ており、
時間がないボクはとても並ぶ事ができませんでした。すると「夢みる山」
の前で整理券を配布していたので、思わずもらってしまいましたが
上映時間が8時からという事で、ちょっと見られそうにないので断念。
万博1
↑これ持って帰ってきちゃってよかったのかなぁ…。

まあ、今回は偵察という事で、巷で言われている食べ物なんかの値段を
調査する事にしました。
万博11万博12万博2
確かに割高ではあるけど、フツウのテーマパーク並?「水が600円」「コーラ
が600円」「カレーやうどんは全部1000円」というのはガセだった様です。
まあ、確かに1000円のポップコーンはあったけどさ(笑)。コンビニの
ファミリーマートにも立ち寄ってみましたが、ここは普通のコンビニと
同じ値段です。ただお腹を満たしたいという人はコンビニを利用した方が
いいかも知れません。

企業パビリオンは早々と諦めて、各国のパビリオンを見て回る事にしました。
全部のパビリオンを廻るつもりのボクは、とにかくどこでもいいから消化
していかなければならないのです。

北ゲートからほど近いグローバル・コモン1に到着。こちらはアジア地区
になっています。サウジアラビア(国旗が好きw)、カタール、パキスタン、
スリランカ、イラン、バングラデシュ館をそれぞれ観覧。中身は…ボクの
筆力ではうまく言い表す事ができません(控えめな言い方)。スリランカ館
なんかは郷土品の制作の実演が見れたりするのですが、この時間は人が
少ない上に疲れちゃってたのかみんなぼーっと座ってるだけでした(笑)。
万博3
↑スリランカ館の前で民俗音楽の演奏が。あまりにも人がいないのが気の毒
だったので、30秒程立ち止まってあげました。

万博8万博7
↑カタール館だったかにあったお人形。子供には見せられないなw

万博9
↑まだ工事中のイエメン館。正式公開は3/31になっていました。

韓国館のすぐ近くまで来たのですが、残念ながら時間ぎれ。早々に帰宅
する事にしました。広い。とにかく広すぎ。動きやすい服装と、荷物を
極限まで減らす事は重要かな、と思いました。

…まあ、今回のレポートはあまり意味がないでしょう。だって30分しか
会場にいなかったんですから
(笑)。でも大体、平日に来ればこの
時間は食堂もかなりすいてるし、交通機関は大体快適。一番混んでいるのは
お土産屋さん。それが分かっただけで収穫はありました。

tezzco at 11:38|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 愛qp地球博 

2005年03月30日

とんでもトンきち

「おかあさんといっしょ」という番組があります。番組自体は40年も続いている
ので、恐らく誰でも、子供の頃見た記憶があるでしょう。ボクのように
このトシになっても現役で見ている人がどれくらいいるかは分かりませんが(笑)。
まあ、子供の番組と言ってもお父さん・お母さんも一緒に観ているうちに
ハマってしまって、歌のお姉さんやお兄さんに黄色い声を浴びせる人の数も
決して少なくはないんですけどね(笑)。そういえば、体操のお兄さんと
デ・ポンのお姉さんはやめちゃうんですねえ。残念です。

…とまあ、興味のない層には全然分からない話は控えますが(笑)。以前から
度々取り上げている「おかあさんといっしょ」の歌についてです。

実は、ボクは「おかあさんといっしょ」の曲のファンです。シンプルな歌詞、
それを乗せる妙に複雑な曲(笑)、素朴な絵…。この3つがうまく合わさると、
ボクのツボをぐいぐい押しまくる名曲が突然出てきたりするのです。

子供が生まれてから、子供よりもむしろボクが感動してしまった曲は何曲も
ありました。「ぼくときみ」「あめふりりんちゃん」「わたぼうし」等等…。
「今月の曲」は一ヶ月の間毎日流れるので、月に一度の更新の日をいつも
楽しみにしています。





どうも、ここしばらくはそういった名曲があまり出てきていない気がして
ならないです。いや、どうも最近は子供向けの曲しかないような…。
まあ、子供向け番組なんでそんな文句を言っても仕方ないのですが(笑)。
週間少年ジャンプのボなんとかというマンガを見て、大きなお姉さんが文句を
言うようなものです


子供には心地よいメロディーを、大人にはノスタルジィや隠された悲しみを
感じさせてくれるようないい曲が聞きたいなあ…。よろしくお願いします、
さかたおさむお兄さん(笑)。

さて、こないだ嫁が買ってきた「おかあさんといっしょ」の雑誌に2004年の「今月
の歌」が全部載っている歌詞ページがあったのでその中の一曲を紹介しましょう。
2004年10月に流れていた「とんでもトンきち」という曲です。こぶたのトンきちが
主人公の、ストーリー仕立ての歌。例によってアレなので、ストーリーのみを
紹介してみます。

こぶたのトンきちが、広場でみんなと遊んでいると、トンビが颯爽と大空で
宙返りをします。その様子に、みんなは拍手喝采!

トンビに嫉妬してしまったトンきちは、つい「おいらだってあれくらいできるよ!
あの木の上から飛んでみせる!」などとウソをついてしまいます。

みんなはトンきちが飛ぶのを見たいとはやし立て、トンきちは高い木に登るハメに
なってしまいます。ウソをついてしまった事を後悔するのですが、もう引っ込みが
つきません。木の上で絶体絶命のトンきち。カウントダウンするみんな。
さて、トンきちの運命はいかに!?


1.ウソだった事を正直に告白し、みんなに謝る。みんなは許してあげる。
2.覚悟を決めて飛んだトンきちを、トンビさんが助けてくれる。
3.本当にトンきちは飛んでしまう。やればできるんだ!
4.ハンサムなトンきちは突如反撃のアイデアが思いつく。
5.助からない。現実は非常である。


答え5…答え5…答え5…

1あたりだったら「ウソは正直に謝りましょう」という教訓めいた内容ですし
(そう?)2、3ならばファンタジックで童謡としては許せる。4と5を選ぶ人は
JOJO好きです。

しかし、本当の歌詞はこのどれでもないのです。さて、トンきちはどうなった
のでしょうか!?

続きを読む

tezzco at 00:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0) テレビ 

2005年03月28日

なんかこう、やり切れないなあ…。

LivedoorBlogのランキングを見ていて、「社長日記」や「アキバBlog」とは
違うBlogがランキング一位になっているのに気がつきました。タイトルは
つぐみ、どこにいるの?

なんのこっちゃ?と思い見てみると、どうやら小学校5年生の少女が
家出をし、もう12日も行方が分からない、些細でもいいから情報が欲しい、
というBlogでした。

気の毒だなあ、こういうBlogの使い方もあるのかあ、などと見ておりました
が…それがまた、寄せられているコメントなんかが気の毒なものが多くて…。
多くの方は両親を励ましたり本気で心配しているのですが、中には心無い
書き込みも…。今は削除されていますが、以前はつぐみさんの写真まで
掲載されていたようで、それに対する誹謗中傷や「もう殺されてるよ」
などという言葉まで…。

確かにネットに個人情報を載せてしまったやり方については、色んな
トラブルを生む可能性もあるし正しい方法とは言えないかも知れません。
でも、両親の気持ちを察するとそこまで必死だったんだろうなあ、と
思える訳で…。

「テレビのチカラ」という番組がありますが、「インターネットのチカラ」
はそれを凌ぐものではないか、とボクは思っています。ただ、こうした
悪意ある言葉がダイレクトに行き交ってしまう危険性も孕んでいると
思います。今回の件、Blogのお陰でつぐみさんが無事見つかったのならば
それは大いに評価する事でしょうが、現在の所ネットの怖さというのを
知らしめてしまう結果になっている気がします。

でも、これこそがネットというものであり、面白さだとも思うのです。
「言いたい放題」「言いっぱなし」の中にこそ真実があるという可能性
だってある訳です。テレビや新聞などの、どこまで情報操作されているか
分からないメディアでは分からない事が世の中には沢山あります。
それに縛られない情報発信手段がネットだと思うのです。

人権擁護法案だとか、発言の自由を縛る法案なんかが出てきそうな今、
ボクももっと有益なネットの使い方を考えていかなければいけないのかも
知れません。

とまあ、色々書いてしまいましたが、つぐみさん無事に見つかるといいです
ね。

tezzco at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ネット 

てつこの愛知万博狂騒その2

大幅な目標割れ?!愛・地球博

ここ3日間の入場者数の推移をじっと見守っておりました。
開幕初日の3/25は43023人。初の土曜日となる4/26は46115人。そして初の
日曜日となる3/27は56597人。数字だけ見れば「なかなか立派だな」と
思えるのですが、博覧会協会の見込みよりも3日間で30万人も少なかった、
との事…。おいおいちょっと、3日間で45万人の入場を見込んでた!?
そりゃアンタ、見込みすぎというものでは…。確かに最終入場者目標は
1500万人だし、大阪万博の6500万人という数を考えると初日に8万人、
土日に15万人、平均して一日に8万人程度の入場を期待するのは分かります
が…。すでに終わりかけている「万博」という概念、愛知という土地の
世界的知名度なんかを考えるとそこまで伸びない気がしてなりません。

これくらいで「成功した」という事にしておいた方がいい気もしますけどね。
あんまり「人来ない」「人来ない」ばかり言っているとイメージも良くない
ですよ。

上の記事にもありましたが、万博会場に「南北格差」が生まれている、
との事です。確かに、北ゲート近くの華やかな雰囲気に比べて、南の方なんて
森しかない訳だし(笑)、仕方ないのかなあ。まあ、「ご飯などを並ばずに
食べたければ南か瀬戸会場へ向かえ
」という事はよく分かりました(笑)。
今、公式ガイドブック(買っちゃったw)などを見て行きたい場所を色々
リストアップしていますが…。やっぱ三井・東芝館イタリア館がかなり
行きたいですね。あとの外国館は、情報が出てないトコロも沢山あって
行って見ないと分からない(笑)。

てつこの万博狂騒もまだ始まったばかり。頑張って書いていきますよ。
それよりてつこ本人がまず足を運ぶべきだという意見は、真摯に受け止めます(笑)。




tezzco at 11:44|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 愛qp地球博 

花京院…ひとつ謎を考えてくれや…。

子供がやたらとジブリ作品を見ています。

といっても、ウチにあるDVDは「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」の
二本だけ。まあβのビデオとかを探せばナウシカとかラピュタもあるよう
ですが(笑)。とにかく、その二本を何度も何度も見るのです。
もうすっかりセリフとかも覚えてしまい、「魔女の宅急便」に至っては
頭にリボンをつけて、ホウキを跨ぎながら鑑賞しています。なんか
コスプレみたいになっているんですが…。アニメを見せすぎると子供への
悪影響がどうたらとか言う話は、また後で。今はホウキに跨ったまま
マンションの5階から飛び降りたりしないように祈るばかりです(ポケモン
絡みでそんな事件があったな。ソース探したけど昔すぎて見つからなかった)。

で、ボクも子供に付き合ってまた「トトロ」を見返しているうち、ふと
ひとつの疑問点を見つけました。それは、一番最後のシーン、サツキが
無事メイを探し出し、二人でネコバスに乗って自宅へ帰る場面です。
二人がネコバスの中で揺られている時には既に、主題歌「となりのトトロ」
がBGMで流れており、エンディングへまっしぐらです。サツキとメイの
家の屋根の上に乗っかっているネコバス。手を振る二人。ネコバスはすっと
夜空へと消えていきます。

そこのシーン、ネコバスの行き先表示板(というらしい)には、下の様に
書かれています。


す


↑画面をキャプチャするのは著作権云々の問題ではばかられるので、
てつこの書き下ろしで恐縮ですが…。


「す」ってナニ!?


元は、パッケージを見ていて発見して、「ああ、きっとDVDで販売するに
当たって都合の悪い事が書いてあったんだろうな」と想像していたんですが、
DVDを見返してみてもやっぱり「す」と書いてあるんです。本来だったら
ほのぼのとした気分で突入するスタッフロールの直前にこんな謎が…。
ボクは完全に混乱してしまいました。

原画スタッフがイタズラに、自分の名前かなんかを盛り込んだのか、
「スタジオジブリ」の「す」なのか、それとも単純に、ネコバスがこれから
」に帰るのか、と色んな想像をしてみましたが、どれもしっくり
きません。わざわざそんな事をする必要を感じないからです(笑)。

ジブリ作品は、ボクなんかよりも遥かにマニアックに見ている方がいらっ
しゃる訳で、これに気付いた方も当然いると思います。きっと誰かが
結論を出していると思ったのですが、「トトロ す」で検索しても
それらしい記事が引っかかりません(笑)。

もし、この謎をご存知の方がいらっしゃいましたら、てつこに教えて
やって下さいませ!いやホント、切実なのです!


tezzco at 10:19|PermalinkComments(3)TrackBack(0) テレビ 

2005年03月27日

ボクとオカルト(その2)(BlogPet)

きのうなまねこが、ここまで反対したよ♪


*このエントリは、BlogPetの「なまねこ」が書きました。


hamravi at 12:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

タマクロー効果(笑)(BlogPet)

きょうてつこの、ワードがアクセス♪


*このエントリは、BlogPetの「はむらび」が書きました。


hamravi at 12:14|PermalinkComments(1)TrackBack(1)

2005年03月26日

てつこの愛知万博狂騒その1

さてと、24日の開会式が無事終わり、25日には愛・地球博が無事に開幕
したようです。初日の入場者数は43,023で、まあまあだったようです。
初めての土・日である明日・明後日の人入りがどうなるか、ちょっと
注目しておきたいです。

さて、ボクの方はと言えば、パビリオン予約に躍起になっておりました。
この万博では、入場前売り券を持っていれば事前にインターネットや携帯を
使って予約をしておく事ができ、そのシステムを利用すると当日並ばずに
パビリオンに入場できる、というなかなか良い仕組みになっております。

まあ、予約できるパビリオンが一部のものだけだったり、二件までしか
予約できなかったり、「入場を保証するものではありません」という恐ろしげな
注意事項が書いてあったりと、色々な難はあるのですが、ボクはこのシステムを
大いに評価したいのです。某浦安ランドもさっさと導入すればよいのです

で、このシステムを使って空いている時間を検索。4/9に、一番人気の「トヨタ
グループ館
」の予約を取る事ができました。4月はほぼ埋まっていると聞いて
いたのですが、偶然キャンセルがあったらしく滑り込みました。これはかなり
奇跡に近いです。

で、二件まで予約できるのでもうひとつ何か予約しておくか、と公式ページを
カチカチしていたのですが…。これがいかんせん、予約システムが全く
繋がらないのです。

・予約ページに入れない
・予約ページに入れたと思ったら、パビリオン検索でビジー状態になる
・ID認証のページまで行けたと思ったら、勝手にログアウトしてしまう
・また、予約ページに入れない
・入れたと思ったら、ビジー状態に…

これの繰り返し。多分100回くらい同じエラーが出ました。気の短い人だったら
入場券を原子レベルにまで分解していた事でしょう。しかしボクはあくまで冷静
です。ゲーム脳ではない事を証明してみせました。

で、ここ2〜3日全然繋がらなくなって、それではさすがにマズいと思ったのか
メンテナンスが入りました。メンテナンスが終了してから繋いでみると、
やややり方が変わっていて、サーバーへの負担を分散させたようなカンジになって
いました(よく分からないけど)。

よし、と思い再びログイン。すると…やっぱり繋がらない(汗)。
変わってないじゃん!と思いつつ何度もトライ。やはりこれも40回くらいやり直し
ました。気の短い人ならばパソコンもろともちゃぶ台を返していた所でしょうけど、
ボクは大人です。そんなお子様とは違います

すると突然「予約と予約の間には120分以上の間を置いて下さい」という、今まで
見た事のないエラーが出ました。どうやらまた緊急メンテナンスが入ったらしい
のです。すげえ、リアルタイムでプログラムが変化している!ボクはまるで、
第11使徒と戦うリツコ博士のような気分を味わいました

うまく繋がっても「120分の間を開けなさい」と出るので、ちょっと諦めて
家に帰り再チャレンジしましたが、やはりダメ。さらに二時間後にもう一回
挑戦してみると…「予約システムは4/1まで休止します」という、トドメの
ニュースが…。

どうやら、ユーザー管理と交通案内と、携帯のWEBサイトなどを同一のサーバーで
処理していた為、どうにもならなくなったらしく、大幅なシステムの見直しを
するとの事でした。碇指令!やりましたよ!目標を完全に沈黙させました!


…って、喜んでいい訳ねー!!

そんな訳で、このシステム、画期的であるには違いないのですがちょっと見通しが
甘かったですね…。これからも、「見通しが甘い」という言葉を何度使う事に
なるのかな、万博…。


tezzco at 03:25|PermalinkComments(10)TrackBack(2) 愛qp地球博 

2005年03月25日

タマクロー効果(笑)

びっくりした(汗)。

アクセス解析を覗いていたら、いつも大体X人くらいの人が来るウチの
Blogに、この時間で既に2Xの人が来ていました(汗)。ページを見た
回数ではなく、来客の数です。調べたらみんなGoogleから来ていて、
検索ワードが「ニャホニャホタマクロー」もしくはそれに関連する
ものでした…(汗)。アクセス数増えてるのは嬉しいんだけど、
突然倍増してるとびびります(汗)。ましてやここには動画とか置いて
ませんから…(持ってるけどw)。

友達に「ニャホニャホタマクロー」を美少女で描いて、尚且つエロ絵に
しろ、という命令も受けましたがちょっと忙しくてできそうにないなあ…。


tezzco at 13:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 世の中 

2005年03月23日

ガーナサッカー協会会長の名前は「ニャホニャホタマクロー」

うう、トリビア見てて久々に爆笑してしまった(笑)。いや、外国人の方の
名前を笑いものにするのは良くないと分かっているのですが…(汗)。
もう、ホントこのネタはV作った人のセンスに脱帽。やなせたかしさんやら
さくらももこさんが書いた「ニャホニャホタマクロー」の想像図に感動(笑)。
タマクローの歌は「みんなのうた」で流れていた「ラジャ・マハラジャー」という
曲が元ネタなんですが、わざわざあんなVに協力するタマクロー会長のノリの良さに
敬服。…やっぱ「トリビア」は面白いですね。こういうアホ且つ建設的な
番組って大好きです。

一応私も絵描きなんで描いてみました。

タマクロー

…可愛くないな(笑)。今度美少女キャラで描いてみようっと。

でもこれが94へぇ〜ももらえるんなら、ミャンマーの母子福祉協会の
チュー・チュー・スエ」会長とか、骨の中に含まれて
いて骨粗鬆症を促進させると言われている「オステオポンチン
とかもネタになりそうだなあ…。…ダメ?



tezzco at 23:52|PermalinkComments(5)TrackBack(1) テレビ