殺虫剤

2008年11月07日

名前を呼んではいけないアレの話

        ※■警告■※

この日記は、見る人によっては文字列を見るだけで嫌悪感を抱く可能性のある
名前を呼んではいけないあの虫」の名前が連呼される恐れがあります。
極度の「あの虫」恐怖症の方、又は「ゴ○○○」という単語にアレルギー反応がある
方は、閲覧を控えて頂くか、脳内変換フィルタを最大レベルで可動させるなど、
防衛措置を講じる事をお薦めします(画像は出てきません)。

記事へ進む前に、「名前を呼んではいけないあの虫」を心の中で唱え、食欲減退:
過呼吸などといったアレルギー起きた場合はすぐ閲覧を中止し、ブラウザの「戻る」
ボタンなどでページを移動して下さい。


進みますか?
はい
いいえ


とまあ、ものものしく始めてみましたけど(汗)。それ以前にすごい長文なので
読み飛ばされそうだ(汗)。

先日薬局に買い物に行きました。大手チェーンの薬局で、店内は広くてキレイで
明るくて、化粧品やら日用品やら食料も売っている所です。むしろ「薬」と言える
ものは一部にしかなくて、「薬局」だという事を一瞬忘れてしまうような店舗なのですが。


しかしその一角に、異様なスペースがあります。ボクが店に行く度にどうしても
吸い込まれるように立ち寄ってしまう所。明るい店内の中にあって一際異彩を
放っている販売コーナーが。

それは「殺虫剤・殺鼠剤」などの販売コーナーです。周辺は化粧品とか
女性用のアレとかのやわらかな色彩が多い中、赤・黄色・緑・黒などのどぎつい
原色と角ばったフォントが蔓延する「薬局で最も過激な場所」だとボクは思って
います。

薬局に限らず、「こんなに沢山殺せます!」「すぐに死にます!」なんて事をウリに
している商品ってそんな見かけないではないですか(汗)。アーミーナイフの
キャッチコピーには逆にそんなの全く出てこないですよ
(汗)。


ちょっと並べてみましょうか。
デスモアデスラット
ゴキブリフマキラーゴキジェットゴキブリレストラン
蜂退治ハチアブマグナムマックスフォース

ムシコロリ瞬間凍殺

ネズミに対し強い毒性があり1度の喫食で死滅します」/デスラット
まちぶせノックダウン!ダブルジェット!」/ゴキブリフマキラー
秒殺+まちぶせ!」/ゴキジェットプロ
這う虫、瞬間凍殺!」/瞬間凍殺ジェット-85°
プロも悔しがる強力殺鼠剤!」/デスモアプロ

うーむ(汗)。

他にも名前がすごい「ゴキブリレストラン」とか「マックスフォース」とか「アブ・ハチ
マグナムジェット」などなど…。

なんかこういうカッコ良く勇ましいパッケージデザインや、必殺技っぽい名前が
つけられている訳はなんとなく予想できますね。

家庭の中でゴキやらが出現すると、大抵対処するのはお父さんの役目ですよ。
「お父さん、早くやっつけちゃって!」みたいな。そこでお父さんはヒーロー
気取りで「喰らえッ!必殺、マグナムジェーーーーット!!!」と叫びながらトリガーを
引くんですよ。お父さんの家庭内での地位を高めるためと、「自分は正義」だと
思い込ませ、「命を奪う」事に対する罪悪感を薄める効果があったりするんですよ、
きっと。

まったく、ただ「うっとおしい」「キモイ」ってだけで他の生物を殺すなんて、人間とは
なんと傲慢な生き物なのでしょうか。


そんな事はどうでもいいのですが(出たw)こういう恐ろしげな薬剤が並んだ
薬局の殺虫剤コーナーの異様さはどうにかならないものでしょうか。そこで、殺虫剤の
デザインを変更してみたらどうでしょう。

        ゴキジェットスイーツ

GOKI-JET Sweets
あのハリウッド有名女優も愛用!
キモイアレをセレブに撃退♪彼の前で取り出しても恥ずかしくない、ピンクの
殺虫剤。ポーチに入れて持ち歩ける小型ボトルです♪退治の後はさわやかな
ローズの香りが残ります。もちろん効き目もバッチリ!ゴキジェット・スイーツで
アナタも自分磨き頑張って!



…いや、これ持ち歩かれても困るなあ(汗)。デオドラントとかと間違えて自分に
プシューとかいう事故が起きそうだし(汗)。

まあやっぱり今のままでいいや(汗)。←自らちゃぶ台返し


「でも俺はね、あれはやっぱり、名前がいけないと思うね。ゴキと来て、ブリだからな。
あの濁音の続く音はおぞましいよ。あれが『せせらぎ』とか『さらしな』とか、そういう
優しい音の名前なら、まだ、そこまで悪くなかったと思うね」
                            「魔王」/伊坂幸太郎より




tezzco at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)