◆野球人のみならず読まれてほしい本
この本は、野球人のみならず、社会人の管理職や一般社員が読んでも、間違いなく役に立つ。このような、深い、核心をついた野球理論を構築し、本にすることができる野球人も少ないであろう。実際に12球団の監督やコーチを勤めている、また勤めていた人であっても、ざらにはいないであろう。だからこそ、落合博満という人間は、プロ野球選手としても、さらには監督としても、超一流の実績を残せたのだと納得させる本。

◆強い目標と情熱、そして頭の良さ
落合は、「もう8センチ自分の身長が高ければ、こんなに頭を使わなかった」と書いているが、とことん考えて超一流になったのだろう。落合の持って生まれた野球センスというのもあるけれども、それに加え頭を使って、超一流に上り詰めたのだということを納得させられる。また落合は、いつも高い目標を掲げていた。それを強い情熱でもって成し遂げている。目標と情熱、考える力が落合を偉大な選手にしたとも言える。

◆洞察力
私は、最近までこの本の存在を知らなかった。そしてこの本が、中日の監督を務める前の、現役引退後に書かれたこともすごい。落合は、いい意味でも悪い意味でも「オレ流」と言われ、マスコミなどから攻撃を受けても自分流を貫いてきた人。これには、この落合という人間が考え抜いて、「信念」にまで昇華した考えがあったのである。
落合の兄が、どこかで「落合は、選手よりも監督のほうが合っている。なぜなら人間の心理をとてもよく知っているからだ」というようなことを言っていたが、確かに落合は、人間の心理をよく知っていると思った。これだけの洞察力を持った人間は少ない。このような人間は、どのような世界でも頭角を現す人間であろう。

◆自分で考えさせること
落合のコーチング理論を一言で表すならば、「自分で考えさせること、ほめて育てること」であろうか。これは、名指導者などに共通するものであろう。簡単なようでなかなかできないことである。「責任は全部自分が持つ、でも、当事者にも取らせないといけない」「野球は選手が主体」「部下を信頼し、気持ちよく仕事をしてもらう」という考えも一貫している。「理由を説明して納得させることがだいじ」とも言っている。
「人を育てる作業はデリケート、ひとつの成功例が次にも当てはまるとは限らない」と言うことも言っている。落合という人間が、柔軟性に富んだ頭脳を持っていると言うことであろう。一度の成功事例をすべてマニュアル化して、すべてに当てはめようとして失敗する人間はとても多いであろう。落合は、このような頭脳を持っている。

◆世間のイメージとのギャップ
この本を読んでいると、落合という人間が、きめ細かい神経を持ち、優しさや思いやりも深いのではという感じがした。「いやなものはいや、嫌いなものは嫌い」、そういう思いも見て取れる。マスコミなどで攻撃されるのは、取材に協力的ではなく、このようなはっきりした性格が攻撃の対象となったのかもしれないと感じた。そして、その記事を読んだりした野球ファンも、たいがい落合に対しては、よいイメージを持っていないであろう。
新聞記者にとっては、高慢で偉大な野球人を叩く、格好のチャンスだったのかもしれない。新聞記者も、感情で動くであろうし、嫉妬の塊でもあろう。新聞記事は、その程度のものと考えてもいいのかもしれない。