言志四録

源有るの活水は、浮ひょうも自ら潔く、源無きの濁沼は、じゅんさいも亦汚る。


水源のある湧き水では浮き草も清らかであるが、水源のない濁った沼ではじゅんさいも汚らしい。
人生を目的もなくボーッと生きてはならない。志を持ち生き生きと生きよ、との教えである。

本日、土曜日ですが秋分の日です。日祝時間。
出稼ぎの後、日祝時間でお待ちします。
13:30〜15:00LT〜18:00

明日は休み予定でしたが時間変更で開けます、13〜16時。


余、今年、齢八ちつにのぼるも、耳目未だ太い(はなは)だ衰うるに至らず。何ぞ其れ幸いなるや。一息の存する、学廃するべきに非ず。単記して編を成す。呼びててつ録という。嘉永辛亥夏五月 一斎老人自ら題す


私は今年、八十歳に達したが、まだ耳も目もひどく衰えていない。なんとこれは幸せなことではないか。生きている限りは、学問をやめるべきではない。一条ずつ記したものが一編になった。これをてつ録という。
嘉永四年夏五月 一斎老人自ら題す

本日GYMは18時開始です。
小生、17時にはGYMに帰還しますが18時までkidstimeです。

明日、所用でレンタカー飛ばし箕面へ行きます。
時節柄墓参りです。
一般練習時間は18時開始となります。小生は小一時間前に垂水に帰還致しますが17時からkidstimeを予定しております。皆様のお越し18時よりお待ち致します。
昨日も案内致しましたが、当初休み予定でした24日は時間変更13〜16時でお待ちします。

学を為すのは初めは、固より当に有字の書を読むべし。学を為すこと之れ熟すれば、則ち宜しく無字の書を読むべし。


学問を始めるときは、もちろん文字の書かれた書を読んでまなばなくてはいけない。学問が上達してくれば、字の書かれていない書、すなわち天地自然の理を読み取るようにするべきである。

明日、時間変更です。
18時開始。

24日、当初GYM休み予定でしたが時間変更で開けます。
レディースタイムはありません。13〜16時。

経書を読むは、即ち我が心を読むなり。認めて外物となすこと勿れ。我が心を読むは、即ち天を読むなり。認めて人心となすこと勿れ。


聖賢の書を読むことは、すなわち自分の本心を読むということである。したがって、自分の外にあるものを読んでいると見なしてはいけない。自分の本心を読むというのは、すなわち天地自然の真理を読むことである。したがって、本心を私心というように理解してはいけない。

無能の知は是れ瞑想にして、無知の能は是れ妄動なり。学者宜しく仮景を認めて。以て真景となすことなかるべし。


実践を伴わない知識は妄想というものであり、知識の裏づけのない実践は妄動である。学問をする者は心眼をひらいて、仮のありさまを本物とみなしてはならない。

本日休みです。
一月ぶりの休みなんでやりたいこと、しなあかんこと、全てするつもりです。最後は海岸線走って、垂水で「ブラ・ちょい飲み」するつもりです。

夢中の我も我なり。醒後の我も我なり。其の無我たり醒我たるを知る者は、心の霊なり。霊は即ち真我なり。真我は自ら知りて、醒睡に間無し。常霊常覚は、万古に亘りて死せざる者なり。


夢の中の我も我である。夢から醒めた後の我も我である。我が夢の中の我であるか、夢から醒めた後の我であるかを知るのは、心の霊妙な働きである。この霊妙な働きが真実の我なのである。真実の我は、醒めたときも眠れるときも何も差がない事を自ら知っている。真我は常住の霊力であり、常住の知覚であって、永遠に不朽不滅のものである。

明日は休みです。一月ぶり、少し疲れた。
本日は祝日、日祝時間でお待ちします。

 14時にGYM終了致しました。
夕方から風雨強まる予報が出ております。NYSの九州四国の様子を見ますとほぼ直撃避けれそうもない京阪神地域にも激しい雨風が予想されます。
 万全の準備をし台風接近に備えてください。
明日は「敬老の日」、台風一過の下日祝時間でお待ち致します。

波浪警報発令中ですが、2時まで開けてます。
気まぐれですから気が変わったらすいません。

このページのトップヘ