布山歯科医院

保険で良い歯科医療を目指す歯科医師からの情報発信です

布山歯科医院にCTを導入して5年が過ぎました。導入当初一番重視したのが患者の被爆線量でした。当時一番低被爆な機種がKaVo 3DeXamiでした。 写真は当時研究論文やメーカーのカタログなど様々な資料から抜粋した被爆線量を一覧にした表です。 ...

歯が原因で上顎洞(副鼻腔)に炎症を起こしてしまうことがあります。耳鼻咽喉科で副鼻腔炎の治療を行なっても歯が原因ですから歯の治療を行なわないと一時的な症状の軽減はしても完治はしません。診断にはCBCTが極めて有効です。 治療には原因の除去が必要ですが根管治療が ...

一般的には健全歯を削って治療することは隣接する欠損部を補うための「ブリッジ」の支台歯にする場合の他はないと思われています。 しかし咬み合わせの治療で強く当たりすぎているような歯は健全歯でも削って咬み合わせの調整をすることはけして珍しいことではありません。咬 ...

4月の診療報酬改定で新しい歯冠修復材料として「歯科用CAD/CAMシステムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴」が保険適用されました。 ...

歯周病で長期間にわたり良好な予後を得る為にはプラークコントロールや歯肉縁下の歯石除去といった「炎症のコントロール」も大切ですが、それにもまして「力のコントロール」が大切だと考えています。 「力のコントロール」を適切に行なう手段としてコーヌスクローネとい ...

布山歯科医院からのお知らせ この数年当医院にて治療を希望なさる患者さんがたいへん多く、ただいまの所診療の予約を取りづらい状況が続いています。 急患の場合は誠意努力しておりますが治療をお急ぎの方につきましてはご不便をおかけし誠にすみませんが他院を受診して頂く ...

スプリントというのは筋の緊張を取ったり、顎関節への負担を軽減したり、咬合を安定させたりすることを目的として使用されるプラスチック製のマウスピースで、夜寝るときに装着します。 従ってオープンバイトそのものの治療ではなく正確にはオープンバイトによって引き起こさ ...

オープンバイトになる原因として一番多いのが舌癖です。嚥下する時舌は通常口蓋部に位置しますが、安静にしている時も常に舌が下顎に位置する低位に有り、嚥下のたびに前歯を内側から押して嚥下する習癖が舌癖と呼ばれるものです。きっかけは幼少期の指しゃぶりに ...

口を閉じて奥歯が咬み合っても前歯が咬んでいない状態をオープンバイト(開咬)と言います。 審美的に良くないばかりか、歯周病の原因になったり、虫歯でもない歯がしみたり痛みが出たり、顎や咀嚼筋の痛み、片頭痛などいわゆる顎関節症を発症してしまう人の割合がきわめて多 ...

今朝来たファックス見て従業員と大笑いしてしまいました。 なんとインターネットの口コミサイトへのやらせ投稿のご案内。 噂には聞いていましたがまさか本当に有るとはびっくりしました。 以下全文 ...

全国紙を発行する某新聞社が「歯科最前線 2013〜後悔しない歯科医院選び〜」というムック本を出版するにあたり全国エリア別ドクターガイド、プロフェッショナルドクター2013選ばれる医師、という特集記事に掲載する歯科医院、ドクターを募集するというFAXが届きました。 掲載 ...

フランス在住のアダム・朋子さんのフランスの歯科事情についてのコラム。 国が違えば医療制度も違います。ベストな医療制度はありませんが日本の健康保険制度は国民皆保険であること、歯科についても補綴まで給付されていることは世界でも例がありません。 歯科医師の数につ ...

先日の市民タイムスのコラムを読んでとても共感を覚えました。 山村先生の言うとおりと思います。 ここで歯科医療の存在意義も問われる訳です。 「本人が自力で食事を嚥下できなくなったら、、、、。」 如何に自力で食事をとっていただけるようにお手伝いが出来るかが歯科医 ...

歯が割れたといっても患者さんの歯では無く、私の右上6が割れました。 ...

前医にて抜歯してインプラント治療を勧められた患者さんの1例です。 初診時左下第2大臼歯は歯肉が腫れて炎症と咬合性外傷によりかなり動揺していましたが病的な歯周ポケットはありませんでした。 ...

長野県中小企業団体中央会の発行する月刊紙にコラム執筆の機会をいただきインプラント治療について書かせていただきました。 ...

昨日所属するスタディーグループの例会でケースプレゼンテーションを行いました。1年に1度の機会なので気合いを入れて準備しました。 タイトルは—前医にてインプラント治療を勧められセカンドオピニオンで来院する患者の傾向と対策ー ...

12月6日地方自治法に基づき宮沢宗弘市長に直接請求した新庁舎建設のあり方を問う住民投票条例は12月16日安曇野市議会に提出されました。 ...

CT撮影による画像もレントゲン写真同様X線の透過像です。 従ってレントゲン写真同様X線による不透過性を失った歯槽骨は写りません。 しかしプロービングで歯根面に付着があることが確認できればそこの骨は歯周治療により再生可能です。 ...

安曇野市選挙管理委員会による署名の縦覧が終わり、異議申し立てがなかったので有効とされた4186名の署名簿とともに住民投票条例案を市長に直接請求しました。 署名いただいた市民の皆様の意志は市長に届けることができました。 皆様のこれまでのご協力に改めて御礼申し上げま ...

ここで言う「付着」とは歯根膜とセメント質の間の結合組織性付着を言います。 プロービングによって得られた歯周ポケットがその歯の根尖まで達していなければそこには結合組織性の付着が存在するはずです。 歯周の炎症と外傷性咬合によりカルシュウム分の脱灰が始まった歯槽 ...

歯科診療における診療行為の中にプロービングと言う診療行為があります。 ...

安曇野市の選挙管理員会による審査結果が出ました。 4396人分の署名簿を市に提出していましたが審査の結果、提出された署名のうち、同じ署名が複数あったり選挙人名簿に載っていない名前が書かれていたりして無効と判断されたものが210人分あったということで、有効分 ...

CT器機に限らず被曝線量はICRP(国際放射線防護委員会)の出している防護基準に基づいて計算されています。国内の関連法令全てです。 近年では1990年に勧告が改定された後、2007年に勧告が改定されています。この背景はチェルノブイリ原発以後低放射線被曝の実態が明 ...

インプラント治療においてCT撮影は今や必要不可欠であるといって過言ではないでしょう。 事前の診断のためにCT撮影を行うことは当然ですが、大切なのは術後のCT撮影だと考えます。 ...

布山歯科医院でHAスプラインインプラントを導入して3年が経過しました。 HAとは骨の主成分であるハイドロオキシアパタイトの略で、HAコーティングされていないチタンインプラントと比較して骨との親和性が高く治癒期間の短縮、初期固定が必要でない、骨が皺粗な上顎骨 ...

根管の破折ポストの切削について質問をいただきました。 銀合金で製作されたメタルコアは時として根管の中で破折してしまうことがあります。 破折したポストは超音波スケーラーの根管用チップで除去を試みますが、どうしてもとれない場合は根管の中に残った部分を削り取るし ...

本日、新庁舎住民投票条例請求署名を安曇野市選挙管理委員会へ提出しました。 4396名もの署名を集めて下さった受任者の方々、署名に協力いただいた市民の皆様には心より感謝と御礼申し上げます。 市民の訴えに行政や市議会がどう答えるのか注目しています。 ... 市長は ...

口唇や頬粘膜にある小唾液腺の導管部が咬傷などにより損傷され唾液の排出ができなくなると内部に唾液が貯留し膨らんできます。 再度の咬傷などにより内部の唾液が排出されても再発してしまうことがほとんどで簡単な手術により原因となっている小唾液腺そのものを摘出してし ...

久しぶりの更新ですがこの間遊んでいたわけではありません。 平成の合併で5町村が対等合併し誕生した安曇野市で今新庁舎の建設が問題になっています。 合併前の協議会では50〜60億円くらいとされていました。 前の市長選挙でも争点となり、建設推進、必要最小限で建設、 ...

14日、松本市歯科医師会臨床セミナーに講師として招かれ、「私の考えるインプラント治療〜信頼される歯科医療を目指して〜」という演題で1時間ほど講演をしてきました。 話を聞いて下さった先生にどれほどお役に立てたかはわかりませんが、一番勉強になったのは症例検討をし ...

患者さんのレントゲン被曝を最小限にするために撮影時患者さんには防護衣を着ていただきレントゲン撮影をします。 従来、口内法レントゲンの場合はエプロン型の防護衣が一般的でした。 布山歯科医院では背中も防護する防護衣を装着していただいています。 パノラマ撮影やCT ...

ベクレルとかシーベルトと言った単語が日常になってしまいました。日本はウクライナ、ベラルーシといったチェルノブイリ周辺国と並ぶ放射能汚染国になってしまったのです。 福島原発の事故が起こる前は一般の人が自然界から受ける放射線以外に被爆することは病院や医院でのレ ...

地震による流通の混乱からか長野県でもいろいろな影響が出ています。ガソリンをはじめスーパーの店頭から様々な商品が消えています。 茨城や仙台の知人とも連絡がとれていますが大学の同級生も休診せざるを得ない状態のところがあります。幸い長野県内ではそういう状態では ...

連日報道される地震の被害。自然の脅威の前に人間はなんと無力な存在かと思います。被災した方々には心からお見舞い申し上げます。 一方原発は明らかに人災、計画停電に右往左往の有様を見ると近代文明の脆さと底の浅さが気になります。 日本人はほんの100年前まで電気の ...

先日お見えになった患者さん、初診は平成2年(1990年)で、もう20年が経過しました。ほとんど保険で治療した患者さんです。 ...

歯根嚢胞とは不完全な根管治療により根尖性歯周炎を起こした歯に見られる嚢胞です。マラッセの上皮残遺から発生するといわれています。 ...

昨年12月8日付けで厚生労働省から歯科診療報酬点数関係の疑義解釈が出ました。その中に歯科用CTについての問いがありました。 ...

歯茎の近くの歯がV字状に削れてしまう症状を楔状欠損といいます。虫歯ではありません 欠損が大きくなると見た目を損なうばかりかしだいに“しみる”症状が強くなることもあります。 ...

唾石とは唾液腺に生じた結石で唾液の排出を妨げると腫れや炎症を生じます。自然に排出されない場合は摘出することになります。 ...

子供のスキー教室の付き添いで木祖村のやぶはら高原スキー場へ行ってきました。途中藪原駅近くの道路標示で気温はー13°。ヒゲも凍り付く寒さでしたが究極のパウダースノーで絶好のスキー日和となりました。 藪原といえば“木曽路”しかありません。帰り道藪原駅近くの湯 ...

CT画像によるインプラント埋入部位の診断は2次元的なレントゲン像とは比較にならないほど正確なものとなります。 特に距離計測は正確な数値が出るので下顎管や上顎洞の位置関係の把握は正確にできます。 ...

農業ネタをもう一つ。昨年の夏植え替えをした松本1本ネギのその後。 植え替えてなおかつ真っすぐな松本1本ネギ作戦は大成功でお裾分けした方々からは非常に好評でした。 曲がっているのが松本1本ネギの特徴といわれていますが、近くの直販所でもネギは真っすぐなものから ...

昨年末、安曇野市内で農業などを営む有志でつくる「安曇野夢フォーラム」が「半農半X(エックス)」をテーマにした冊子「安曇野発!農に生きる仲間たち」を発刊しました。 そこに登場する32人の半農半Xに不肖ながら私も登場させていただきました。 私のことよりも書かれて ...

右上の第1大臼歯の痛みを訴えてきた患者さん。 初診時レントゲンでは特にエンド病変は認められませんでしたが原因歯の根管治療を行いました。 根管治療により自発痛はなくなりましたが咬合痛や違和感がどうしても治まらず原因究明のためにCT撮影を行いました。 ...

下顎の親知らずが痛みだした患者さん。 パノラマレントゲン写真を撮影すると左右に水平埋伏している智歯を確認しました。ところが左右とも歯根が下顎管(神経や血管の通っている管)に近接しているように見えます。 ...

↑このページのトップヘ