キットカトウ



遅くなりましたが試合結果



永田大士 2ー1判定負け


堀川謙一 7RTKO勝ち



でした。



永田は最終12回までの採点ジャッジ全員がドローという大接戦。



12回にジャッジ2人が内藤選手、1人が永田で2ー1の判定負けになりました。




10回に値千金のダウンを奪いましたが11回に逆に距離を潰され、手数が出ず11回が唯一ジャッジ3人全員が内藤選手に付けてるラウンドになりました。



あの場面で意を決して距離を潰して来た内藤選手と



距離の変化に戸惑い手数が減った永田



この違いがチャンピオンとの差で



11回の攻防がこの試合のすべてだったかなと思います。



ただ今回の永田は良かったことも悪かったことも練習通り、任務を遂行しました。



結果はついてこなかったけど大きな一歩を踏み出せたと思います。



ここからはこの1ラウンドの差を取り返しに行くだけ。



また頑張ります。



堀川さんはチャンピオンカーニバル挑戦者決定戦に無事勝ち、来年の日本タイトルマッチを自分の手で掴み取りました。



堀川さんをみることになってから2年ちょっと



いい感じで意思疎通ができてます。



堀川さんのデビューが2000年



自分がみるようになったのが2016年



16年間やってきた堀川さんのボクシングもだいぶ理解してきました。



堀川さんが時間を費やして磨いたキャリアと



自分が堀川さんにしてほしいボクシング



毎回擦り合わせて新しい発見があるので楽しいです。



来年は1発目からタイトルマッチになると思うので応援よろしくお願いします。



そして堀川さんはこれで今年4戦4勝4KO!



38歳でまさに鉄人です(笑)



しかも密かに2018年度三迫ジム新鋭賞を狙ってるらしい(笑)



三迫今年通算 39戦22勝(13KO)17敗(7KO)




国内現役選手試合数一位をひた走る堀川さん。



66B7ABE7-1188-4A41-BFBE-19F234CA4AAB




明日、日本タイトル前哨戦。チャンピオンカーニバル挑戦者決定戦です。



次が54戦目



何年も国内第一線で活躍しているのは伊達じゃありません。



そんな堀川さん




50戦目の前に今までやってきた相手の名前を1戦目から思い返してみて



なんと、順番に全員の名前を言えたらしいです。



それもこれも本当に対戦相手のことをリスペクトして一戦一戦、試合を積み重ねてきたからこそだと思う。



ただ



50戦目
vsフアマイ・カイチョンジム



51戦目
vsナッチャポン・ゲーオクアンロゾート



52戦目
vsモンコル・カムソッマット



タイ人3連戦でさすがに言えなくなったそうです(笑)



堀川さん、次は日本人なので安心して下さい(笑)



そんな堀川さんの前に今日は永田の大一番。



挑戦者としての姿勢をみせていくだけ。



皆さん応援よろしくお願いします。








昨日の佐川の大一番。試合結果は




佐川遼 3RTKO勝ち




でした!




練習通り右を当て




練習通りピンチがあり(笑)




練習通り勇気をもって打ち合い




倒しました。




松本選手に勝つ為の要素を練習で一つずつ増やし、それを試合で実行できた。




松本選手は佐川と同学年で高校生の頃から4冠獲るほどのスター選手。




佐川はアマチュアエリートみたいな言われ方もするけど




アマチュア無冠で大学では最後の最後でスタメン落ち




そんな佐川がプロの世界で、当時の手も届かない程のスター選手を破る。




その背景にドラマがあり




佐川が越えるべき壁だと思い試合を組んでもらいました。




こういう過去の自分を越えるチャンスって人生においてそうそうない。




こっちには過去の自分を越える、その為にあの松本亮とやる。という意識があった




その差が少しだけ出た試合だったかなと思います。




今回ほんとうにたくさんの声援に佐川の背中を押してもらいました。




最後の紙一重の打ち合いに勝てたのもそのおかげだと思います。




応援ありがとうございました。




三迫今年通算 36戦20勝(11KO)16敗(7KO)


このページのトップヘ