キットカトウ


次の永田の相手



デスティノ・ジャパン



アマチュア戦績200戦180勝くらいらしい



しかも元オリンピアン。



対する永田



アマチュア40勝20敗。



180勝vs40勝



永田は三迫ジムに来た頃はアマチュアでオリンピックを目指してた。



自分は永田をアマチュアの試合に連れて行きながらもプロに誘うタイミングを伺ってて



次の試合がダメだったら。と思っていた。



でもこっちが言う前に永田の方から、プロになります!って言ってきた。



色々、葛藤があったと思うけど永田自身で現状と現実、この先を考えて判断したんだと思う。



そして、いま日本、東洋共に5位。



タイトル目前。



ここにきてこの相手。



途中で諦めた夢。



それを新しい夢、目標を叶える途中で越えるチャンスがきた。



次、永田が戦うのは過去の自分。



4月21日(金)三迫一門会メインイベントはそういう闘いです。



応援よろしくお願いします。


今日の広島遠征の試合結果は



田中公士 3RTKO勝ち

堀川謙一 3ー0判定勝ち
(WBOアジアパシフィックタイトル獲得)



でした。



いや~



疲れた(笑)



でも疲れ以上に嬉しさと得るものがあった。



まず田中は試合開始から相手をコントロールしていて、1R早々に左ストレートでダウンを奪い余裕がでました。



でも、このまま優位に進むかと思った2Rにまさかの失速(笑)



インターバルで椎野が怒ってました(笑)



その効果で3Rからはまた積極的に攻めてきっちり倒して終わらせた。



アウェーでKO勝ちは本当に気持ちいいですね。



これで田中の次戦は新人王予選。



去年の悔しさを晴らしてほしい。



田中、おめでとう!

image




メインの堀川さんは激闘を制して新チャンピオンになり、2つ目のベルトを手にしました。



三迫ジムに来てからは自分が主にミット持ったりしてるけど



自分とやってることは、料理で言ったら調味料をちょっと足している感じ。



でも一番難しいのは調味料の量。



調味料を入れ過ぎて本来のバランスが崩れてしまわないように気をつけて調整していきました。



アップの仕方も堀川さんのペースで付かず離れず。



前戦の反省を踏まえ、試合までの調整は上手くいったと思います。



試合内容は



相手の反応やパンチが鈍くなるまでが少し苦しかったけど、後半は堀川さんの強さが光りました。



堀川さんは倒しきれなかったことを悔しがってたけど(笑)



自分はこれからもまた堀川さんと一緒にボクシングが出来る喜びと安堵の方が大きかったです。



多分、応援団の方々も同じだと思う。



まだまだ堀川さんのボクシングを見ていたい。



堀川さん、その為にも勝ち続けましょう。



2つ目のベルトおめでとうございます!


image



image



image



三迫今年通算 9戦8勝(5KO)1敗(1KO)

男二人旅、、、、


image




田中と堀川さんの試合の為、広島に来てます。



雪降ってる〜




日帰りなので、ベルトぶん奪って速攻で東京帰ります。


このページのトップヘ